聖フィル♥コラム 新着記事

2016/11/30  (297) 対抗配置を変えたのは誰? 
2016/11/23  (296) 英語で何と言うのか? 対抗配置について
2016/11/16  (295) 天使が奏楽する謎の弦楽器その2
2016/10/26  (294) 謎の弦楽器、プサルテリウム
2016/10/19  (293) 管楽器は弦楽器より偉かった!!?

第15回演奏会の御礼と第16回演奏会のお知らせ

2016/10/30

2016年10月2日(日)の聖光学院管弦楽団(略称:聖フィル)第15回定期演奏会は、
多くのお客様にご来場頂きました。誠にありがとうございました。

エルガーのチェロ協奏曲は、森田啓佑さんの19歳とは思えぬ成熟した演奏に息を飲まれた方も多かったのではないでしょうか?
美しい旋律とともに森田さんの素晴らしいチェロの響きが、皆さまの心に残ったことと思います。

初挑戦のブルックナーは田部井先生の熱いご指導により、長大な交響曲をなんとか本番までに仕上げることができました。
ブルックナーの重厚で壮大な世界観をお届けできましたなら、幸いです。
さて第16回定期演奏会は、ヴァイオリニストの漆原啓子さんをお迎えし、
チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲、
そして 名曲 ラフマニノフの交響曲第2番をお届けする予定です。

是非ご期待ください。

            記
≪聖光学院管弦楽団第16回定期演奏会≫
日時:2017年4月9日(日)14時開演
場所:聖光学院 ラムネホール
曲目:チャイコフスキー 歌劇「エフゲニー・オネーギン」作品24より ポロネーズ
   チャイコフスキー ヴァイオリン協奏曲二長調 作品35  ヴァイオリン独奏:漆原啓子
   ラフマニノフ 交響曲第2番 ホ短調 作品27

指揮:田部井剛

以上/団長:長田邦裕

第15回定期演奏会のご案内

2016/09/04

聖光学院管弦楽団(略称:聖フィル)は、来る10月2日(日)14時より、第15回定期演奏会を開催します。

今回は、チェリストとして2014年全日本学生音楽コンクール及び日本音楽コンクールの同時2冠を達成し、

またこれまでに数々の賞を受賞している若手のホープ、森田 啓佑さんをお迎えし、

エルガーの名曲チェロ協奏曲を、そして、名匠ブルックナーの長大な交響曲、交響曲第4番をお届けします。

ご来場の皆さまの心に響く演奏となりますよう、日々練習に励んでおります。

是非、ご期待ください。

皆さまのご来場をお待ちしております。

15_chirashi

≪聖光学院管弦楽団第15回定期演奏会≫

第15回定期演奏会

日時:2016年10月2日(日)14時開演

開場:13:15

13:30より、ホール入口横のマリア像前にて、団員によるロビーコンサートを行います。

こちらも合わせてお楽しみください。

場所:聖光学院 ラムネホール

曲目: エルガー チェロ協奏曲 ホ短調 作品85

ブルックナー 交響曲4番 変ホ長調 「ロマンティック」(ハース版)

指揮:田部井剛

以上/団長:長田邦裕

第14回演奏会の御礼と第15回演奏会のお知らせ

2016/04/18

2016年4月10日(日)の聖光学院管弦楽団(略称:聖フィル)第14回定期演奏会は、多くのお客様にご来場頂きました。誠にありがとうございました。
アマチュアオーケストラでは珍しいヒナステラのバレー音楽「エスタンシア」は、ラムネホールが大音響で響き渡り、団員が思う以上にお客様から大きなご評価を頂きました。プロコフィエフの「古典」交響曲も、メインのメンデルスゾーン「スコットランド」も、直前まで苦労しましたが、何とか合宿までした練習の成果が出せたのではないかと思います。
さて第14回定期演奏会は、聖光学院50期生の弟さんであり、第83回日本音楽コンクールチェロ部門第1位の若き俊英、森田啓佑さんが登場します。そしてメインは聖フィルとして初のブルックナーに挑みます。

是非ご期待ください。

            記
≪聖光学院管弦楽団第15回定期演奏会≫
日時:2016年10月2日(日)14時開演
場所:聖光学院 ラムネホール
曲目:エルガー チェロ協奏曲  チェロ独奏:森田啓佑
ブルックナー 交響曲第4番 「ロマンティック」
指揮:田部井剛

以上/団長:長田邦裕

第14回 定期演奏会のご案内

2016/02/29

聖光学院管弦楽団(略称:聖フィル)は、来る4月10日(日)14時より、第14回定期演奏会を開催します。
今回は、アマチュアオーケストラでは珍しいヒナステラのバレー音楽「エスタンシア」を演奏します。ヒナステラは1916年、アルゼンチンのブエノスアイレスで生まれた作曲家で、アストラ・ピアソラの師でした。彼の音楽は、血沸き肉躍るリズムの饗宴と言われるほどリズム・和声が独特で、「エスタンシア」でも管楽器が爆裂します。聖フィルの管楽器群の熱い演奏にご期待ください。

プロコフィエフの「古典」交響曲も、メインのメンデルスゾーン「スコットランド」も演奏は大変難しいので、久し振りに箱根で合宿して臨みます。ハード?な練習のあと温泉に浸かりながら。

若いOB団員も増え、益々充実の聖フィルの演奏会に是非ご来場ください。

≪聖光学院管弦楽団第14回定期演奏会≫

第14回定期演奏会チラシ
日時:2016410日(日)14時開演
場所:聖光学院 ラムネホール
曲目:プロコフィエフ 交響曲第1番「古典」 
    ヒナステラ バレー音楽「エスタンシア」組曲
    メンデルスゾーン 交響曲第3番「スコットランド」
指揮:田部井剛

以上/団長:長田邦裕

 

 

第13回演奏会の御礼と第14回演奏会のお知らせ

2015/10/13

2015年10月4日(日)の聖光学院管弦楽団(略称:聖フィル)第13回定期演奏会は、多くのお客様にご来場頂きました。
誠にありがとうございました。
 シベリウス生誕150年に因んで前半のプログラムに取り上げたシベリウス交響曲第6番は、大変難しい曲で本番直前までかなり苦労しましたが、演奏会では何とかこの曲の魅力を引き出すことができたのではないかと思います。メインのブラームス交響曲第4番の熱い演奏とあわせ、聖フィルは着実に前進していると思います。
さて第14回定期演奏会も下記の通り、チャレンジングなプログラムになりました。是非ご期待ください。

≪聖光学院管弦楽団第14回定期演奏会≫
日時:2016年4月10日(日)14時開演
場所:聖光学院 ラムネホール
曲目:プロコフィエフ 交響曲第1番「古典」 
ヒナステラ バレー音楽「エスタンシア」組曲
    メンデルスゾーン 交響曲第3番「スコットランド」
指揮:田部井剛

以上/団長:長田邦裕