23. 3月 2016 · (273) 管弦楽組曲《エスタンシア》 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , ,

1940年、ヒナステーラの出世作《パナンビ(蝶)》((272) ヒナステラの《エスタンシア》??参照)のバレエ版を初演したアメリカン・バレエ・キャラバンは、彼に新作を委嘱。25歳のヒナステーラは、国民主義のバレエを作ります。1つはアルゼンチン人の生活に基づいた題材を選んだこと。アルゼンチンの大農場エスタンシアにおける、夜明けから翌日の夜明けまでの忙しい活動をバレエにしたのです。

もう1つは、そこで暮らすガウチョ(アルゼンチンなど南米で牧畜に従事する人)の伝統を結びつけたこと。バレエ音楽(なの)に、ガウチョ文学の代表であるホセ・エルナンデス(1834〜86)の2,316行から成る叙事詩『マルティン・フィエロ Martín Fierro』(1872, 1879)の一部を、歌あるいは語りとして取り入れました1 。都会の男と、彼が心を奪われた美しいエスタンシアの女、彼女の周りのたくましいガウチョという三角関係で味付けし、1941年にバレエ音楽《エスタンシア》完成。

初演前にアメリカン・バレエ・キャラバンが解散。ヒナステーラは《パナンビ》のように《エスタンシア》も管弦楽組曲にし、1943年に初演。すぐに評判に(『マルティン・フィエロ』からの引用は、全て除かれました)。3拍子系リズムの変化や、ガウチョにつきものの楽器ギターの模倣など、民俗音楽の直接の影響が見られます。トロンボーンとテューバの無い2管編成のオーケストラと言えば、ベートーヴェンの時代。でも、様々な打楽器とピアノが加わり、カラフルでにぎやかな音楽になっています。

バレエ音楽《エスタンシア》より4つの踊り op. 8a 

  1. 農場で働く人々〉:3小節フレーズ、3小節目だけ拍子の取り方が変わる(6/8拍子で書かれていますが、3小節目は3/4拍子)「ザザザザン、ザザザザン、ザンザンザン」リズムが、準備無しで平行移動する転調を伴って繰り返されます。クラシック音楽とは異質な野暮ったさ。活気に満ちた農場で働く男たちの、野性的で荒々しい様子を表現しているのでしょう。開けっぴろげな雰囲気のまま終了。
  2. 小麦の踊り〉:4曲中この第2曲のみ、ゆったりと静か。印象派の音楽のような響きも。冒頭はフルート、最後はヴァイオリンの叙情的なソロが入ります。それにしても、なぜこのタイトル Danza del Trigo(Wheat Dance)? エスタンシアの生活と小麦、小麦とダンスとこの音楽がどのように関係するのか、わかりません……。
  3. 牛追い〉:タイトルを英語に直訳すると Laborers of Property 土地で働く者。ガウチョのことですね。リズムが特徴的。シンメトリーを避けていて、先が予測できないのです。8/9拍子で始まりますが、3拍子ではなく3/4 拍子1小節の後におまけの3/8拍子部分が付いて、尻切れトンボみたい。このパターンが、3/4拍子や5/8拍子、7/8拍子の部分を挟みながら繰り返されます。なんだか音楽がバタンバタンしている印象。ティンパニのソロの後、勝ち誇ったように唐突に終わります。
  4. 終幕の踊り(マランボ)〉:マランボは急速で激しいアルゼンチンの民俗舞踏。男たちは機敏さと(肉体的な)男らしさを競います。ヒナステーラはマランボで、農場の女の心を得るためにガウチョたちと競争する都会の男を描きました。高域のピッコロで始まり、ギターをかき鳴らすような忙しい伴奏も。後半は同じ主題が何度も繰り返され、熱狂的なお祭り騒ぎに。タンブリンのロールはセミ、ホルン・セクションは象の騒ぎ、フルートは鳥のさえずりなど、自然の模倣も登場します2

と言葉で説明しても、ヒナステーラの《エスタンシア》の音楽を想像するのは難しいでしょう。是非聖フィル定期演奏会にいらして、実際に聴いていただきたいと思います。

  1. この傾向は、ヒナステーラよりも前の世代から始まっています。Schwartz-Kates, Deborah, Alberto Ginastera: A Research and Information Guide, Taylor & Francis, 2011, p. 5.
  2. Fleming, Beth, Program Notes, Symphony Sillicon Valley.
20. 8月 2014 · (199) 3拍子で始まる協奏曲 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , , ,

練習中は、2分音符=140なんて(まだ)速すぎる〜!とか、付点型に16分休符入れたり入れなかったりする意図は〜?とか、いろいろ考えながら弾くだけで十分忙しいのに、田部井剛先生からまた((195) ウクライナと音楽参照)質問が飛んで来ました。ブラームスに3拍子の曲が多いのはなぜか? 次回定期で演奏するブラームスのヴァイオリン協奏曲第1楽章も3拍子です。というわけで、今回は協奏曲の拍子について。

初めに質問です。モーツァルトの50曲近い協奏曲の中で、3拍子で始まる曲はいくつあるでしょう??

難しい問題でしょう! フルート協奏曲やクラリネット協奏曲など、有名どころ(!?)は3拍子ではない。ピアノ協奏曲はたくさんありすぎて、何がなんだか……。答えは3つ。ピアノ協奏曲第11番ヘ長調、同第14番変ホ長調、同第24番ハ短調、これだけです。ベートーヴェンの協奏曲(ピアノ5、ヴァイオリン1、トリプル1)には、3拍子で始まる曲はありません。ハイドンの代表的な協奏曲(チェンバロ1、ヴァイオリン3、チェロ2、トランペット1)も同様。3人とも、ほとんどの第1楽章を4/4拍子で作曲しています1

既に書いたように、西洋音楽の歴史においてまず生まれたのは、完全分割である3分割でした((110) 3分割から始まった!参照。たとえて言うと、全音符1つが2分音符3つ分)。でも、14世紀に2分割が(も)可能になると、こちらが主流に。ルネサンス時代を通じて3分割は、大規模な曲の中の、あるいは1曲の中の、三位一体に関連する歌詞の部分など、特別な部分や強調する部分を中心に使われました。

バロック時代も、2分割つまり2拍子4拍子が中心。ヴィヴァルディは第1楽章が3拍子の協奏曲も書いていますが、『調和の霊感』作品3の12曲中3曲、有名な《四季》が含まれる『和声と創意の試み』作品8でも、同じく12曲中3曲のみ。バロック組曲の定型に含まれる、スペイン起源の緩やかな3拍子の舞曲サラバンドのように、音楽に多様さやコントラストを与える意味合いが強かったのではないでしょうか。

古典派協奏曲では3拍子で始まる割合がさらに低くなるのは、上に書いたとおりです。秩序や調和、均衡が重視された古典派時代。不安定な3拍子よりも、どっしり落ち着きの良い2拍子系(特に4拍子)が多用されたのでしょう。ロマン派で3拍子の割合が高くなったのは、その反動とも考えられます。ブラームスのヴァイオリン協奏曲以外にも、ショパンのピアノ協奏曲第1番や、聖フィルでも演奏したチャイコフスキーのピアノ協奏曲の第1楽章が3拍子。ヴェーバーのクラリネット協奏曲第1番やクラリネットのためのコンチェルティーノ、サン=サーンスのピアノ協奏曲第5番、チェロ交響曲第2番なども。

ブラームスは6/4拍子で始まる協奏曲も作っていますね(ピアノ協奏曲第1番)。珍しい選択です。今回参考にした名曲解説全集の協奏曲 IIに収められた(カール・シュターミツのフルート協奏曲から、ヴォーン=ウィリアムズのテューバ協奏曲までの)113曲中、6/4で始まるのはこの1曲だけ2。6/8、9/8、12/8拍子の第1楽章が少ないのは、終楽章で使われる拍子だから避けたと考えられますが、6/4はさらに異質3。ブラームスが4拍子で作ったのは、ピアノの第2番とドッペルの2曲ですね。

  1. ハイドンには2/4拍子で始まる協奏曲が1つ、モーツァルトとベートーヴェンは2/2拍子が1つずつ。
  2. 『名曲解説全集9 協奏曲 II』音楽之友社、1980。
  3. 前掲書の中で、8/12拍子で始まる協奏曲は3曲(パガニーニ、ラロ、ピエルネ)、9/8拍子が1曲(エルガー)、6/8拍子で始まるのはマクダウエルのピアノ協奏曲第2番だけでした。

《第九》第1楽章のオープニング。セカンド・ヴァイオリンとチェロのかすかな刻みの上に、ファースト・ヴァイオリンが第1主題の断片を「ちゃらーん……ちゃらーん……」と繰り返します。「ちゃらーん」の「ちゃ」は32分音符。8分音符の1/4の音価(音の長さ)です。一方、かすかな刻みは6連符。四分音符に6つですから、八分音符の1/3の音価。伴奏なのに「ちゃ」と微妙にずれています。空虚5度の響き(どのパートもラとミだけ。真ん中にドかド♯が加われば、長調か短調かはっきりするのですが)と相まって、この先、何が始まるのかわからない、なんとなく落ち着かない雰囲気が続きます。

落ち着かない3分割で思い出すのが《魔王》。病気の息子を抱いた父親が嵐の中、馬を走らせるというゲーテの詩に、シューベルトがつけたピアノ伴奏は、最初からずーっと3連符。疾走する馬の描写ですが、それだけではありません。左手の3連符による上向音階とともに、心急く様子、不気味さ、ただならぬ雰囲気を醸し出しています。もしも16分音符だったら(速過ぎて弾けないのはともかく)、これほどの切迫感は得られなかったでしょう。

2本足で歩く私たちには2拍子系の拍子は身についています。特に日本人は、地面にどっしり足をつけた農耕民族。3拍子には縁がありませんでした(騎馬民族なら、早馬のリズムから3拍子を体感できた?)。民謡はもちろん、唱歌・軍歌・童謡もほとんどが2拍子系。ぱっと思い浮かぶ例外は、「ぞーうさん、ぞーうさん、おーはながながいのね」の《ぞうさん》(團伊玖麿作曲)くらい。1拍を3等分する3連符は、さらに人工的で不安定に感じられます。3拍子の舞踏が珍しくないヨーロッパにおいても同様なはず。単に、8分音符ではもの足りなくて16分音符では細かすぎるから3連符にするわけではありません。《第九》のオープニングや《魔王》のピアノ伴奏も、3分割特有の不安定さをうまく利用しています。

ところが!! 西洋音楽の歴史において最初に生まれたのは、3分割でした(と突然、アマ・オケ奏者のための音楽史 (9) に変身)。3はキリスト教の三位一体を象徴する神聖な数。このため3等分は、より完全な分割法と考えられたのです。それに対して2分割は、不完全分割と呼ばれました。

グレゴリオ聖歌の記譜に使われたネウマは、音高を示すことはできます((82) 1000年前の楽譜参照)が、音価を示すことはできませんでした。音符の形によって音価を表す現在のような記譜システムが考えられたのは14世紀。音符は長い方から、マキシマ、ロンガ、ブレヴィス(■)、セミブレヴィス(◆)、ミニマの5種類。ブレヴィス1個をセミブレヴィスに分けるとき、3つに完全分割することと、2つに不完全分割することが可能でした。そのセミブレヴィスをミニマに分けるときも、2種類。これらを組み合わせた4種類の体系が図1です。

図1;ブレヴィスの分割(クリックで拡大します)

各分割を表す記号、メンスーラ記号も考え出されました(図1の最上段)。円は完全を表す記号で、1番左の⦿は、ブレヴィスからセミブレヴィスへも、セミブレヴィスからミニマへも完全分割であることを示します。左から2番目の○は、ロンガからブレヴィスへのみ3分割でブレヴィスからセミブレヴィスは2分割の印です。一方、ロンガからブレヴィスが不完全分割の場合、右側2つのように円ではなく右側が欠けた半円の記号が使われました。

あれれ、1番右側の記号?! そうです。現在、4分の4拍子の記号として使われている C は、アルファベットの C ではありません。14世紀に、不完全分割を表す記号として工夫された半円形です。それ以来何百年もの間、2分割=不完全であることを示し続けているのです1

  1. 14世紀の音楽家や理論家たちは様々な記号を考えましたが、その中で生き残ったのがこの4つです。金澤正剛『中世音楽の精神史』講談社選書メチエ、1998、211−2(図1も)。実際に楽譜に使われるようになったのは、もっと遅いようです。