表1:楽士の給料リスト(1772年1月。クリックで拡大します)

毎日、牛肉500gとワイン2.8リットル(!!)を飲み食いできるほどの現物など、エステルハージ家の使用人中3番目の高給を得ていた楽長ハイドン((106) ハイドンの給料 (2)参照)。今回は部下の楽士たちに焦点を当てて、エステルハージ家における雇用について考えます。

ぼんじゅーるむっしゅさんが指摘したように((100) ホルン奏者が多い理由へのコメント参照)、パート内の序列と給料の金額は、必ずしも一致しません。6人も登録されているホルン(ドイツ語でWaldhorn=森のホルン)奏者の給料は、3番と4番が最も高額。5番、1番と2番、6番と続きます(表1参照。再々掲)。最高額を得るはずの第1奏者は、4番目。

勤続が長い順? いいえ、この6人中の最古参は5番奏者(1761年採用。残りの5人は、1:1763、2:1767、3&4:1769、6:1772で、採用の順番ですが)。生年はエステルハージ家の資料に記録されていない場合が多いので年齢順かどうかは不明ですが、楽器の演奏技術に対する報酬が、年功序列とは考えにくいですね。

それにしても、1番奏者フランツの給料が高くないのは不思議です。彼は同時代の書物において、当時のヴァルブ無しのナチュラル・ホルンで「高音域も低音域もストップ奏法で半音階をやすやすと吹き……彼に匹敵する奏者はほとんど見つけられないだろう」と評されているそうです1。バリトンやヴァイオリンも弾きましたが、すばらしいホルン奏者であったのは間違いないのですが……。

3番オリーヴァと4番パウエルの給料が高い理由もわかりません。ホルン奏者として契約したものの、2人とも劇場オーケストラでヴァイオリンを担当。ただ、彼らは1764年にプラハで、オーケストラのメンバーとして雇われていました2。1769年にエステルハージで新規採用されたときから100ドゥカート(=417 f 30 Xr)の年棒なのは、経験者だからかもしれません(表1の 34 f 22.5 Xr は、このちょうど1/12です)。

ランドンによると、エステルハージ家の歌手や楽器奏者の給料は、ヴィーン宮廷楽団員の給料の額よりも概して高いそうです3。住み込みで食事付き。光熱費や年間の制服も支給されていました。それに、エステルハージの楽士たちの仕事は音楽だけ。演奏や練習をする以外の時間に、通常の召使いとして仕事をするという条件で楽士を雇う宮廷もありましたから、彼らは恵まれていたのです4

しかもエステルハージ家では、年老いたり病気で働けなくなった雇用人に年金を支給していました5。たとえば、勤続17年の後、耳が不自由になって辞めなければならなかったファゴット奏者ヒンターベルガー(表1では第1奏者ですね)には年額230フロリンと薪6クラフター、彼の死後は未亡人に、150フロリンと薪4クロフターが支給されました。楽士たちは、大の音楽愛好家であるのみならず、福利厚生に関しても時代に先んじた考えを持つ領主の元で、老後を心配せずに働くことができたのです。

それに、楽長は暖かくてユーモアを解するハイドン! 《告別》交響曲のエピソードが物語るように、上司だけではなく部下の楽士たちとの関係も良好で、子どもたちの洗礼式に立ち会ったり、結婚の証人になったり、領主への請願が受け入れられるように助けたりしています。エステルハージ家の楽士にとって、ハイドンの作品に接することとはもちろん、素晴らしい楽長とともに働くことが、大きな喜びであり誇りであったことでしょう。

1枚の給料リストに対する、ぼんじゅーるむっしゅさんの疑問から出発したハイドンの給料シリーズは、図らずも、音楽学研究の少々専門的な一端をご紹介する結果になりました。楽曲の話が全然出て来ない、つまらないコラムと思う方もおられるかもしれませんが、音楽学って曲を分析するだけではないのです。作曲家が置かれていた状況や作品が成立したプロセスも、大事な研究対象。そのような背景まで理解することによって、曲をより深く捉えることが可能になるからです。

  1. H. C. Robbins Landon, Haydn: Chronicle and Works, Haydn at Esterháza 1766-1790. Thames and Hudson, 1978, p. 71.
  2. 同上、p. 76.
  3. 同上、p. 92.
  4. 同上、pp. 92-3.
  5. 同上、pp. 34-5.