長くなりますが、日本の民族音楽学のパイオニア小泉文夫の、耳の痛い指摘を引用します。

ご存じのように、日本では明治以来、学校で教える音楽といえば西洋音楽です。…(中略)…西洋の植民地であった国は強制的に西洋化されましたから、それに対する反発や、自分たちの文化を守りたいという自我意識が強く働きます。……けれども西洋から侵略されなかった日本やトルコのような国では、西洋の文化に対して楽観的な、善意にあふれた考え方をし、ひたすら西洋に憧れて自国の伝統は捨ててもいいからああいうふうになりたいと、一生懸命まねをしてきました。

もちろん西洋音楽を理解することは必要ですし、西洋音楽に身をさらし、体を浸すことによって私たちの伝統にはなかった豊かな音楽文化を身につけたり、楽しんだりすることができるのも事実です。……けれども、同時にその裏側には、危険や不幸があることを感じなければならない。私たちの場合は、日本音楽のよさがわからなくなってしまったわけです。常磐津も清元も聴いて区別がつかないという潰滅的な状態になってしまいました1

聖フィル♥コラムを読んでくださっている人のなかで、常磐津と清元を聴き分けられる方はかなり稀だと思います。この漢字、どう読むの?という方がおられるかも。大学で音楽学を専攻し、日本音楽の基礎も学びましたが、恥ずかしながら「ときわず」も「きよもと」も三味線音楽という程度の知識。ああ……。

小泉文夫の著作は他にも何冊か読んでいたので、大学に入った年に先生が担当しておられた民族音楽学を受講。当時のノートは、民族音楽の定義に始まり方法論(フィールドワークの方法)、わらべ歌、仕事歌、宗教音楽(仏教音楽)、雅楽と続き、6月1日で終わっていました。年表によると、6月6日検査、15日入院、7月18日手術、そして8月20日死去。享年56歳。

先日行われた、33回忌記念のコンサート「〈民族音楽〉との邂逅――小泉文夫のメッセージ」。1,000席以上の座席が全て埋まった会場で、縁の人や弟子たちによる盛り沢山の演目を見、聴きながら、彼はいったい何十年先を見はるかしていたのだろうと考えました。音楽と言えば西洋音楽の日本(当時も今も変わりません)で、大学時代に地歌の実演に衝撃を受け、卒業後はインドに留学。日本音楽の理論を体系付け、わらべ歌や沖縄地方の民謡をフィールドワーク。世界中(50カ国以上)の音楽を調査・研究した彼が投げかけるのは、「日本人にとって音楽とは何か」2

私事で恐縮ですが、コンサートを聴きながら気づいたことが2つありました。1つは、昨年『オケ奏者なら知っておきたいクラシックの常識』を上梓する際、オーケストラと雅楽の関連についての「なぜ管弦打楽と呼ばないのか (52)(53) 」をどうしても入れたかった理由。日本人でありながら西洋音楽を学び、教え、結果として日本音楽を蔑ろにしていることへの、無意識の罪滅ぼしだったのかもしれません。

そしてもう1つは、元をたどればそれが、小泉先生の影響だったこと。わずか数回でもグローバルで柔軟な視野を持つ小泉先生の講義を受けられたのは、とてもラッキーでした。そして、(彼の直接・間接の弟子である)西洋音楽以外を専門とする友人たちとの付き合いが続いています。彼の教えは、自覚の無いまま私の中で生きていたのです。

それにしても、日本人にとって日本音楽とは、西洋音楽とは、何なのでしょう? 考えれば考えるほど、答えるのが怖くなる問いだと思いませんか?

  1. 小泉文夫『音楽の根源にあるもの』青土社、1977、188ページ(〈国際交流基金〉講演、1977年2月)。
  2. 植村幸生「ごあいさつ」『〈民族音楽〉との邂逅――小泉文夫のメッセージ』(2015年7月5日、東京藝術大学奏楽堂)プログラム。
02. 1月 2013 · (114) ヨシとアシ はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , , , , ,

明けましておめでとうございます。今年も、聖フィル♥コラムをよろしくお願いいたします。

新年と言えば日本音楽(というのも変なのですが。(9) 新年の音楽参照)。今回は、雅楽で主旋律を担当する縦笛、篳篥(ひちりき)についてです((52) なぜ管弦打楽と呼ばないのか参照)。長さ18cmほどの竹製(下図左)で、オーボエのようなダブル・リード属。リードはヨシで作ります。ヨシは、沼や川岸などの湿地に茂るイネ科の多年草(図中)。2〜3mも伸びる軽くて丈夫な茎は、よしずの材料です。

以前、大阪府高槻市に住んでいた時、篳篥奏者の友人が、東京からヨシを取りに来たことがあったので、高槻の淀川河川敷にある鵜殿(うどの)に自生するヨシが、篳篥のリード(盧舌)としてベストであることは知っていました。この鵜殿のヨシ原の上を横断する高速道路の着工が決定されたと聞き、雅楽の伝承の危機!と計画見直しの署名集めに協力したのですが、考えてみたら、篳篥のリードがどういうものでヨシからどうやって作るのか、全くわかりません。この機会にと、友人に聞いてみました1

篳篥に使うヨシは、外径11.5mmくらい。節の間を6cmほどの長さに鋸で切り(図右A)、吹き口になる方の外皮を繰り小刀で削ります(B)。そして、割れないように和紙を張りつけて(C)水に濡らし、炭火の上で温めながら鉄のこてでひしぐ(=押しつけてつぶす。D)。丸くて堅いヨシを水蒸気で柔らかくし、形を変えるのです。それをさらに薄く削って調整します(E)。平らにした部分は丸く戻ろうとするので、ちょうどよい形に保つために、真ん中あたりに「セメ」をはめます(F)。

図1左:篳篥、中:ヨシ、右:盧舌製作の過程(クリックで拡大します)

図左:篳篥  中:ヨシ  右:盧舌製作の過程(クリックで拡大します)

ダブル・リード属でも、篳篥のリードは(つぶされていますが)単体2。よい音を出すためには良いリードが不可欠であることは、オーボエやクラリネット、ファゴットなどと同じ。篳篥のリードとして使用するためには、ヨシの繊維の密度、茎の太さ、肉の厚みなど、微妙な条件を満たさなければなりません。雅楽を伝承する宮内庁式部職楽部では、鵜殿のヨシのみを使用。琵琶湖や利根川などのヨシも試したものの、鵜殿のヨシに叶う品質ではなかったのだそうです3。高速道路を作ってみて、やはり環境に影響があった、ヨシが減ってしまった、ヨシの質が落ちて良い音が出なくなった、では遅すぎますね。

さて、署名集めに協力していただく中で出た素朴な疑問:オーボエのリードもヨシ?

オーボエ奏者さんに「いいえ、ヨシではなく葦(アシ)です!」と言われて、そうかー、篳篥とは違うのねーと、皆といっしょに納得した私。そもそもリード reed って、英語で葦のことだし。

でも! アシとヨシは同じもの。アシは「悪し」に通じるため、「良し」と呼び替えられたのです。さきほど触れた「よしず」は漢字で「葦簀」あるいは「葭簀」、いずれもアシ。篳篥用リードである盧舌の盧もアシですね。

ただ、オーボエやファゴット、クラリネット用リードのアシ=ヨシ材(Arundo donax)は、篳篥用リードのヨシ=アシ(Phragmites communis または Phragmites australis)と異なります。日本語で暖竹(ダンチク)と呼ばれ、径が2〜4cmにも達するイネ科多年草。関東以西から中国、インドなどに広く分布していますが、地中海沿岸に自生しているものがリードとして使われるのだそうです。

  1. このコラムを書くために詳しい情報をくださった htm3nkmrさん、どうもありがとうございました。また、yu-tontonさんにも感謝いたします。
  2. 13/1/17追記:一方、たとえばオーボエのリードは、丸いアシをうすい舟形にし、水につけて半分に折り、裏表両側を削って加工。さらに、折った先端をカットして微調整するというプロセスで作るそうです。したがって、もとは単体ですが、最終的に2枚は離れています。IsaMorimさん、ありがとうございました。
  3. 東儀兼彦の言葉。「SAVE THE 鵜殿ヨシ原:雅楽を未来につなぐ」パンフレットより。図の写真もすべて同パンフレットより(http://www.save-udono.com/)。
02. 11月 2011 · (53) 打楽器は部屋の外?!:管絃と管弦 part 2 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , , ,

(52) なぜ管弦打楽と呼ばないのか:管絃 part 1で紹介したように、雅楽の「管絃」は、平安時代から続く日本の伝統音楽です。私たちは西洋のオーケストラについては詳しいのに、自国の器楽アンサンブルについてはあまり(ほとんど?)知りませんよね。というわけで、 オーケストラとの比較も交えながら「管絃」についてもう少し説明したいと思います。

図1 管絃の楽器配置

図1 管絃の楽器配置

すでに述べたように、雅楽の中の(舞を伴わない)管絃の楽器編成は、三管二弦三鼓。管楽器は、横笛・篳篥・笙3つのパートを同人数で演奏します。現在は、3人ずつの「三管どおり」(三管編成ですね。図1参照)が基本。楽琵琶と楽箏の絃楽器は、管より少ない2人ずつになることが多いのですが、打楽器(鞨鼓、楽太鼓、鉦鼓)は編成の大小に関わらず、必ず各パート1人ずつです。

雅楽の曲は最初はゆっくり始まり、次第にゆるやかにテンポが上がります。指揮者の代わりにテンポ・メーカーとしてアンサンブルを統率するのは(オーケストラならヴァイオリンのトップですが)、管絃では鞨鼓奏者(図1手前右③)。先端が豆状の2本の細い桴で一定のリズム・パターンを繰り返し打ちながら、少しずつテンポを上げていきます。他の奏者は、阿吽の呼吸でこれに合わせます。

西洋音楽では普通、打楽器奏者は打楽器しか受け持ちません。雅楽の場合、打ちもの専門の奏者はおらず、鞨鼓は楽人たちの中の一の者、太鼓はニの者、鉦鼓は三の者が担当したそうです。つまり打楽器は、管楽器などの経験も豊富で上手な者しか打てなかった。もし演奏に何か問題があれば、鞨鼓奏者は腹を切るくらいの覚悟で臨んでいたといいますから、大変な重責だったのですね1

現在、雅楽を伝承する宮内庁式部職楽部において、楽師たちは三管(笙・横笛・篳篥)から1つ、ニ絃(琵琶・箏)のいずれか、三鼓(鞨鼓・楽太鼓・鉦鼓)はすべて、それに2種類の舞(右舞・左舞)のいずれかと、歌もの(神楽歌・郢曲)すべてを教習します。演奏会で鞨鼓を担当するのは、主席楽長。楽部に限らず現代の雅楽コンサートでは、オーケストラの指揮者のように、鞨鼓奏者が代表しておじぎします。

というわけで、今回のまとめ:

  1. 西洋のオーケストラの歴史は、モンテヴェルディの《オルフェオ》((44) 神の楽器 ? トロンボーン part 2 参照)以来としてもわずか (?!) 400年。一方、日本の雅楽の管絃は1000年以上の伝統を持つ2
  2. その管絃におけるリーダーは、打楽器である。

前回のコラム図2で、打ちものの楽人たちが部屋の外で演奏しているのは、彼らが庶民だからであって、打楽器奏者だからではありません。もしも貴族の管楽器奏者が揃わなければ、あるいは補強が必要であれば、楽人が部屋の外で管楽器を演奏したはずです3。打楽器の皆さま、「打楽器は部屋の外とは、悲しい〜!」なんて、思わないでくださいね。

  1. htm3nkmrさんの情報に感謝します。
  2. 管絃は9世紀ころに新しく生まれた合奏形式。様々な楽舞を伝承するために、大宝律令によって雅楽寮(うたまいのつかさ)が設立されたのは、701年のことでした。
  3. 楽琵琶と楽箏の弾きもの(と歌もの)は、殿上人=貴族以外は演奏出来ませんでした。
27. 10月 2011 · (52) なぜ管弦打楽と呼ばないのか:管絃と管弦 part 1 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , , ,

「オーケストラを管弦楽ではなく、管弦打楽と正確に訳そう!」というのは、日本中の打楽器奏者さんたちの、心の叫び (!?) ではないでしょうか。管&弦楽器だけではなく打楽器も必要な「オーケストラ」(語源は (29) オーケストラは「踊り場」だった!? 参照)を、管弦打楽ではなく管弦楽と訳すのは、確かにとても不公平! しかしこの訳語には、1千年以上の歴史を持つ日本の伝統音楽「雅楽」が、影響しているのです1

雅楽は、5世紀から9世紀にかけて大陸(特に中国の唐)から伝来した楽舞が、日本古来の歌舞と並存して定着したものです。華やかな貴族社会の儀式と結びついて洗練され、今日まで受け継がれてきました。舞の伴奏のための音楽「舞楽」に対して、9世紀ごろに日本で再編成された器楽合奏の形式を「管絃」と呼びます2

「管絃」は、貴族たちが互いに技量を披露し合いながら、合奏を楽しむために作られたジャンルと考えられます。平安時代の中頃には、天皇家や貴族層のたしなみとして「詩歌管絃」が広く浸透しました。『源氏物語』にも登場する、桜や月の鑑賞、元服や着袴などの儀式の際に天皇や公卿らが催した管絃の集まりを、「御遊(ぎょゆう)」と呼びます。「花」=桜だったように、「遊び」=雅楽のアンサンブルだったのですね。

管絃に必要な楽器は以下のとおりです。( )内の数字は、図1の数字と対応しています。

  1. 吹きもの (管楽器) : 横笛(おうてき⑥)、篳篥(ひちりき⑦)、笙(しょう⑧)
  2. 弾きもの (絃楽器) : 楽箏(がくそう④)、楽琵琶(⑤)
  3. 打ちもの (打楽器) : 鉦鼓(しょうこ①)、楽太鼓(②)、鞨鼓(かっこ。羯鼓とも③)
図1 管絃の楽器配置

図1 管絃の楽器配置

もともと日本には20種以上の楽器が伝来したそうですが、管絃の編成は三管ニ絃三鼓。この中で平安時代の貴族たちが好んで演奏したのは笙、篳篥、横笛、琵琶、箏などに限られていました。図2では貴族たちがこれら5種類の楽器を演奏しています(左から、篳篥、琵琶、箏、横笛、笙)。一方、アンサンブルに必須の打ちものは、雅楽の職業演奏家である楽人たちが務めました。図2の打楽器奏者はいずれも部屋の外で演奏していて、身分が違うことがわかります3

図2 住吉物語絵巻 断簡(東京国立博物館蔵 鎌倉時代)

図2 住吉物語絵巻 断簡(東京国立博物館蔵 鎌倉時代)

さて、時代は移り明治維新。世襲で雅楽の秘曲を伝承してきた楽人たちは、雅楽の保存とともに西洋音楽の伝習に取り組むことになりました。初めに吹奏楽を学びますが、室内での陪食や宴会に適した音楽の必要性を訴え、明治12年末に「西洋管絃楽協会」が発足4。楽人たちの自主活動として管絃楽の伝習が始まりました。奏する楽器は異っていても、同じ器楽アンサンブル。雅楽と同じ管絃楽の名で呼ぶのは、ごく自然な成り行きだったのでしょう……5

打楽器奏者の皆さま、以上のような長〜い歴史的背景を考慮し、オーケストラ→管弦楽という訳を大目にみてくださるよう、お願いいたします。決して打楽器をないがしろにするわけではありません。このコラムにおいてはこれまで同様、「管弦楽」の語の使用を避け、なるべく「聖光学院管弦楽団」ではなく「聖フィル」を用い、言及が必要になった時は、バルトークの《弦チェレ》ではなく《げだチェレ》という表記を使いたいと考えています。

  1. このコラムのきっかけになった Percussion Players Networkを紹介してくださったhitom-2.25さんにお礼申し上げます(コラムではオーケストラを音楽の種類として書きました)。また、助言してくださった htm3nkmrさんとo3kanさん、どうもありがとうございました。
  2. この糸へんの「絃」が当用漢字に含まれないため、戦後、同音の漢字「管弦」で書きかえられるようになりました。
  3. 明らかに「管絃」という用語に影響していると思われますが、このあたりの事情が書かれた書物を見つけられませんでした。ご存知の方は教えてください。図1、2は『別冊太陽:雅楽』(平凡社、2004)から。他に、寺内直子『雅楽を聴く:響きの庭への誘い』(岩波新書、2011)、増本伎共子『雅楽入門』(音楽之友社、2000)などを参考にしました。11/11/3追記:(53) 打楽器は部屋の外 ?! 管絃と管弦 part 2 もご覧ください。
  4. 塚本康子『十九世紀の日本における西洋音楽の受容』(多賀出版。1993)、pp. 251-2。
  5. 1883年生まれの音楽学者田辺尚雄は、楽語の漢語訳に批判的で、大正14年に出版した『音楽概論』でもコンチェルトについて「例の漢学癖の人は之れを競奏楽と呼んで居る」と書いているそうです。しかし「管絃楽を以て伴奏せしめる」という説明が続くことから、彼が管絃楽という用語は批判せずに受け入れ、使用していたことが伺えます。伊藤和晃「近代日本語における西洋音楽用語の流入と定着の様相」『横浜国大国語研究29』(2011/3)、p. 74。