10. 4月 2012 · (76) 川畠先生のアンコール《タイースの瞑想曲》 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , ,

花冷えの中、聖フィル第6回定期演奏会にいらしてくださった皆さま、どうもありがとうございました。川畠成道ワールドをご堪能いただけたことと思います。1997年に、英国王立音楽院創立175周年記念コンサートのソリストとして演奏された《スコットランド幻想曲》。1年前の特別インタビューの際、好きな協奏曲としてあげていらしたベートーヴェン((20) 参照)。キャラクターが全く異なる大曲2曲ですが、どちらも圧巻でしたね。演奏後に川畠先生が、「(聖フィルが音楽に)集中し、楽しんで弾いていた」と評してくださったのは、とてもうれしいことでした。

ところで、今回は奥様の川畠知子さんが、賛助としてファースト・ヴァイオリンに加わってくださいました。どうもありがとうございました! 4歳からヴァイオリンを趣味で習い、一度社会に出てから「子どもに音楽を教える仕事がしたい」ということで専門的な勉強をされた知子さん。「1年前の聖フィル客演の時にうらやましさを感じていたところ、今回、是非ご一緒にとお誘いいただき、参加させていただくことにした」と教えてくださいました。実は、ご夫妻の共演(?!)はほとんど初めてだったとか1。お2人と幸せな時間を共有できて、光栄に思います。

さて今回のコラムは、ハープの井上麗先生も加わって1番最後に演奏された、《タイースの瞑想曲》について。ジュール・マスネのオペラ《タイース》中、オーケストラだけで演奏される曲です。

マスネは、ブルッフの4年後にフランスで生まれ(1842〜1912)、パリ音楽院で学びました。1863年にはローマ大賞を受賞((26)クラシック音楽ファンの常識?を参照)。《マノン》(1884)など、未完を含む36のオペラを残しています。《タイース》は1892年〜93年作曲、1894年パリ・オペラ座で初演。歌詞はもちろんフランス語です。

舞台は4世紀末のエジプト。修道士パフニュース(オペラではアタナエル、バリトン)が、アレキサンドリアの人々を退廃させる享楽の女性タイース(ソプラノ)を救おうとして悔い改めさせながら、自分はタイースの美しさに惑わされて、堕落していくという内容です。

第2幕第1場。信仰に生きるよう、タイースに熱心に説くアタナエル。心を動かされながらも彼を誘惑しようとするタイース。2重唱の後、アタナエルは朝まで戸外で待つと告げます。この後、独奏ヴァイオリンとハープを中心にオーケストラが演奏する第2場への間奏曲《宗教的瞑想》が、いわゆる《タイースの瞑想曲》。淫蕩な生活から神の道に入ろうとするタイースの、回心を暗示します。

この音楽は、第3幕でもハープの伴奏とともに戻って来ます。第1場の最後、尼僧院に入るタイースが「さようなら、永久に」と歌う場面。ファースト・ヴァイオリンが奏でる瞑想曲の旋律に、2度と会えないことに狼狽したアタナエルの独白が絡みます。タイースへの煩悩をこらえきれなくなったアタナエルが走り去って第2場が終わると、再び間奏曲として演奏されますが、ここではフルートが旋律(の断片)を担当。

印象的なのは、オペラの幕切れ。激しく愛を告白するアタナエル。それももう耳に入らず「天国の門が開かれ、天使や聖者が……ほほえみながら私を迎える」と歌いながら死んでいくタイース。瞑想曲をバックに、2人は時に独奏ヴァイオリンと同じ旋律、時にその対旋律を歌います。後半は瞑想曲から離れ、劇中で使われた他の動機を組み合わせつつ、静かな中にも劇的なクライマックスへ(タイースの最高音はレ)。アタナエルは絶望の叫びをあげて倒れます(この最後の二重唱「神父様、あなたですのね!」の動画を、下にあげておきます)。

高級娼婦から聖女となったヒロインの、神の愛によって得た真の心の平安を表すような、静かで甘くゆっくりした部分と、享楽と信仰の間を揺れ動く心を表すような、少し急き込んだ中間部分。《タイースの瞑想曲》のキャラクターは、ブルッフともベートーヴェンとも大きく異なります。恍惚としてしまうほど流麗なこの曲を、川畠先生は優美に祈るように、歌い上げておられましたね。

  1. お話を伺った川畠先生、奥様の知子さん、原稿チェックの連絡でお世話になった、川畠成道音楽事務所の齋藤陽子さんに感謝いたします。