21. 12月 2016 · (299) クリスマスに聴きたい音楽 part 9  はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , , , ,

聖フィル♥コラム12月恒例、クリスマスに聴きたい音楽その9は、ヨハン・ゼバスティアン・バッハのクリスマス・オラトリオ BWV 248です。バロック音楽好きのオケ奏者には(もちろんバロック音楽好きに限らず)、1番人気の名曲でしょう。お待たせしました!

オラトリオはイタリア語で「祈祷所」の意味。「宗教的または道徳的な性格を持つ劇的な物語を、独唱・合唱・管弦楽のために作曲した作品」をオラトリオと呼び、「舞台装置、衣装、演技などを伴わず純粋に音楽的に演奏されるのが通例」です1。クリスマスに聴きたい音楽で最初に取り上げたヘンデルの《メサイア》は、英語のオラトリオの例ですね((6) part 1 参照)。

確かにバッハのクリスマス・オラトリオも、上記2つの条件を満たします。でも、オラトリオという名前にもかかわらず実際は、ルター派プロテスタント礼拝のための教会カンタータ集。コンサートやCDで一続きに聴くことが多いと思いますが、本来は分けて演奏されるべき6つのカンタータです。

なぜ6回分?? 教会暦では、クリスマスから1月6日エピファニー(不思議な星に導かれてベツレヘムに来た東方三博士が、イエスに礼拝した日。ルター派プロテスタントでは、顕現日 けんげんび)までの間を、降誕節と呼びます。この間、教会カンタータが必要な日が6回あったのですね。それぞれの内容は:

  1. 降誕節第1祝日(12月25日)用:主の降誕
  2. 降誕節第2祝日(12月26日)用:羊飼いへの告知
  3. 降誕節第3祝日(12月24日)用:羊飼いの礼拝
  4. 1月1日用:主の割礼と命名
  5. 新年の第1主日(日曜日)用:東方三博士の旅
  6. エピファニー(1月6日)用:東方三博士の礼拝

各カンタータは、曲数やレチタティーヴォ((102) 話すように歌うレチタティーヴォ参照)コラールなどの構成だけではなく、調や伴奏楽器の編成も異なります。もっとも編成が大きいのは、クリスマス第1祝日と第3祝日用で、トランペット3、ティンパニ、フルート2、オーボエ2(持ち替えでオーボエ・ダモーレも)、ヴァイオリン2、ヴィオラ、通奏低音((132) 楽譜どおりに演奏しても足りない場合参照)。もっとも編成が小さいのは第1主日用で、オーボエ・ダモーレ2、ヴァイオリン2、ヴィオラ、通奏低音です。もっとも曲数が多いのはクリスマス第2祝日用で、器楽のみのシンフォニーア(礼拝音楽の幕開けを告げる音楽ですね。(16)「交響曲」は開幕ベル参照)を含む14曲。

先日教会暦の説明をしたら、「クリスマス・オラトリオの謎が解けた」と感謝されました。クリスマスが終わった途端に新年の準備が始まる日本で暮らしていると、年明け6日のエピファニーまでクリスマスが続くなんて想像できないのも無理ありません。クリスマスではなくエピファニーにプレゼントをもらう国もありましたよね((217) クリスマスとは何か参照)。

ちなみに、クリスマス・シーズンである降誕節は、12月25日(正確には24日の日没)から始まり、エピファニー前日に終わるのだそうです2。だから、クリスマスからエピファニーまでを指すのに「クリスマスの12日 Ttwelve Days of Christmas」なのですね。皆さま、どうぞ楽しいクリスマスを。

  1. 服部幸三「オラトリオ」『音楽大事典1』平凡社、1981年、345ページ。
  2. 八木谷涼子『キリスト教歳時記』平凡社新書、2003年、42ページ。
28. 8月 2013 · (148) バッハもヴィオラを弾いていた はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , , , , , ,

ベートーヴェンはボン時代、劇場でヴィオラを弾いていました。シューベルトは、家族で弦楽四重奏をするとき、ヴィオラを担当していました((33) シューベルトの未完成交響曲たち参照)。時代は下がって、ドヴォルジャークはチェコの国民劇場仮劇場オーケストラでヴィオラを弾いていました((30) スメタナとドヴォルジャーク参照)し、ヒンデミットも室内楽やソロ活動をするヴィオラ奏者でした。

ヴィオラと言えばもう1人、ヨハン・ゼバスティアン・バッハ。好んでヴィオラを弾いたと、彼の次男、カール・フィリップ・エマヌエルが伝えています1。譜例1は、その(間接的な)証拠と考えられるもの。

譜例1:バッハ作曲《ブランデンブルク協奏曲》第5番 BWV 1050 第1楽章冒頭

譜例1:バッハ作曲《ブランデンブルク協奏曲》第5番 BWV 1050 第1楽章冒頭

ブランデンブルク協奏曲第5番と言えば、バッハの最も人気がある世俗曲の1つ。独奏楽器は、フルートとヴァイオリンとチェンバロ。複数の独奏楽器を持つバロック時代の協奏曲、コンチェルト・グロッソです。でも、全体としてチェンバロの比重が非常に大きく、実質的にはチェンバロ協奏曲と言えます。ブランデンブルク辺境伯クリスティアン・ルートヴィヒに献呈するために(この被献呈者の名前で呼ばれますが、バッハが付けたタイトルは『種々の楽器を伴う協奏曲集 Concerts avec plusleurs instruments』)丁寧に清書された自筆スコアは、上から順に独奏フルート、独奏ヴァイオリン、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、ヴィオローネ(コントラバスのご先祖)、独奏チェンバロ。

チェンバロ・パート右手部分は、最初の和音のみで残りはずーっと空白。左手の楽譜の上には、何やら不思議な書き込みがいっぱい。これは、通奏低音奏者に和音の種類を示す数字で、8分音符のように見えるのは数字の6(3度上と6度上の音を弾けということ。(132) 楽譜どおり演奏しても足りない場合参照)。このオープニング部分では、チェンバロ奏者は独奏者ではなく、通奏低音担当の伴奏者。数字で指示された和音を、即興で充填します。一方、譜例1の最後の小節からは、右手パートも記入されていますね。通奏低音の数字はありません。ここからチェンバロ奏者は独奏者に早変わり。1人2役、大忙し。

話をヴィオラに戻しましょう。ヴィオラのパートは、通常のハ音記号で記譜されていますね。この曲がどうして、バッハがヴィオラを弾いていた証明になるのでしょうか。よく見ると、ちょっと変わったところがありますよ。独奏ヴァイオリン・パートの下、伴奏(リピエーノと呼びます)ヴァイオリンが、1パートしかありませんね。通常は(たとえヴァイオリン協奏曲でも)、オーケストラのヴァイオリンにはファーストとセカンドの2パートあるもの。それなのに、この曲は1パートだけ。これは普通ではありません。

ケーテンの宮廷楽長時代、協奏曲を演奏するときには、バッハはヴィオラを弾きながら指揮していたと考えられます。でも、ケーテン宮廷が新しく購入した、ベルリンのチェンバロ製作家 ミヒャエル・ミートケ作の2段鍵盤チェンバロをお披露目するために作曲されたこの協奏曲では、バッハ自身がチェンバロ・パートを受け持ったことは、まず間違いありません。ということは:

    1. バッハはいつものヴィオラを受け持つことができなかった
    2. でもヴィオラはアンサンブルに必須!
    3. セカンド・ヴァイオリン奏者にヴィオラを担当させた
    4. セカンド・ヴァイオリンを弾く人がいなくなった
    5. ヴァイオリンを1パートのみにした

この場合、リピエーノ・ヴァイオリンのパートは、1人で弾いていたことになりますね。ケーテン宮廷楽団はバッハの頃、16名の団員が在籍していたそうですから、ヴァイオリンが2人というのはちょっと少なすぎる感じ2。でも、弦パートは1人ずつで弾いたと主張するリフキンのような研究者もいます。チェンバロの長く華やかなカデンツァを持つこの協奏曲、意外にも室内楽のように演奏されていたのかもしれません。

  1. 角倉一朗『バッハ:ブランデンブルク協奏曲ミニチュア・スコア解説』全音出版、n.d.、13ページ。
  2. 久保田慶一編『バッハキーワード事典』春秋社、2012、332ページ。
14. 8月 2013 · (146) フルートは持ち替えだった:2管編成完成まで はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , , , , , ,

オーケストラで楽器の持ち替えと言えば、フルート奏者がピッコロ、オーボエ奏者がイングリッシュ・ホルン(コーラングレ)、クラリネット奏者が E♭クラやバス・クラ、ファゴット奏者がコントラファゴットという具合に、サイズ(→音域)が異る同族楽器の掛け持ちを思い浮かべると思います(ホルン奏者がワーグナーチューバを持ち替えるのは、少し事情が異なりますが)。フルートが持ち替えって、どういうこと??

盛期古典派とそれに続く時期の、標準的なオーケストラ編成の復習から始めましょう。管楽器(特に4種類の木管楽器、フルート・オーボエ・クラリネット・ファゴット)が2つずつなので、日本では専ら2管編成と呼ばれます。典型は:

フルート2、オーボエ2、クラリネット2、ファゴット2、
ホルン2、トランペット2、ティンパニ、弦

ハイドンがこの編成を使ったのは、最後の第2期ザロモン交響曲群(1794〜95年作曲)だけ。さらに早い1788年に交響曲を書き終えたモーツァルトは、特殊な状況下で作った《パリ》と《ハフナー》交響曲だけしか、2管編成を使うことができませんでした((115) 愛の楽器? クラリネット(2)など参照)。

一方、第1番交響曲(1800年完成)からこの編成を使ったベートーヴェン(やスポンティーニ、メユール、ロッシーニら同時代の作曲家たち)は、変形を始めます。チェロと同じ旋律を演奏していたコントラバスに独自のパートを与え、弦楽4部から弦楽5部へ。また、ホルンを増やしたり(3つ:《エロイカ》、4つ:《第九》)、トロンボーンを加えたり(《運命》《田園》《第九》)しています。

それでは、この編成にたどり着く前はどのような編成だったのでしょうか。初期古典派(1740年代から80年ころ)の標準的なオーケストラ編成は:

オーボエ2、ホルン2、ヴァイオリン2、ヴィオラ、チェロ、コントラバス、ファゴット、
鍵盤楽器(チェンバロかオルガン)、オプションでトランペット&ティンパニ

ヴァイオリン1とオーボエ1、ヴァイオリン2とオーボエ2は、多くの場合、同じ旋律を演奏。チェロ、コントラバス、ファゴット、鍵盤楽器の左手は、同じ低音旋律を演奏(チェロとファゴットは、独自の旋律をもらう場合も)。鍵盤楽器の右手は、和音充填を担当((132) 楽譜どおりに演奏しても足りない場合参照)。

この編成は、ヨーロッパ中のイタリア・オペラ劇場、私的・公開コンサート、重要な礼拝、舞踏会などのオーケストラで使われました。特別な機会では弦の数を増やし、管を倍に。また、特殊効果のために例外的に加えられる楽器も(黄泉の国のシーンでトロンボーン、羊飼いのシーンでシャリュモーなど)。逆に低予算の場合、弦楽器は各パート2人、あるいは1人に減らされたそうです1。やがて

ファゴットが独自のパートをもらって独立、管はオーボエ2、ファゴット2、ホルン2に。
フルートが加わり、フルート1、オーボエ2、ファゴット2、ホルン2に。
フルート2になり、フルート2、オーボエ2、ファゴット2、ホルン2に。
クラリネット2も加わって、フルート2、オーボエ2、クラリネット2、ファゴット2、ホルン2に。トランペットやティンパニも必須の楽器になり、盛期古典派の編成が完成!2

初めの疑問に戻って。フルートはいったい何と持ち替えだったのでしょう? 答えはオーボエ。古典派の初期においてフルートは、しばしばオーボエ奏者によって演奏されたのです。この2つの楽器は交換可能で、同時に用いられないのが普通でした。モーツァルトのフルート協奏曲第1番第2楽章で、第1・3楽章のオーボエに代わって使われるフルート。現在ではフルート奏者が演奏しますが、当時はオーボエ奏者がここだけフルートを吹いたのです。交響曲にもこのような例があります(ハイドンの24番など)。

そういえば、エステルハージ公のオーケストラ奏者は、弦楽器と管楽器(と打楽器)など複数の楽器を担当していましたね((105) ハイドンの給料 (1) 表1の13や19参照)。今ではほとんど考えられないオーボエとフルートの持ち替えですが、当時は朝飯前だったのかな?!!

  1. J. Spitzer & N. Zaslaw, ‘Orchestra,’The New Grove Dictionary of Music, 2nd ed., vol. 18, Macmillan, 2001, p. 533.
  2. 鍵盤楽器が用いられた時期に関しては、様々な説があります。
19. 6月 2013 · (138) 弦楽四重奏:不公平な編成はなぜ? はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , , , , , , ,

各パートを1人で演奏する音楽である室内楽の中で、最も重要でレパートリーも多いのが、弦楽四重奏曲。ヴァイオリン2人にヴィオラとチェロが1人ずつ。弦楽五重奏やピアノ五重奏などと違って、弦楽四重奏の編成は必ずこの組み合わせと決まっています。

弦楽器って4種類あるのだから、4重奏ならヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバス各1の方が自然ですよね。でもそうではなく、ヴァイオリンが2人。その分コントラバスは入れてもらえない。不公平! 以前書いたように、弦楽器の中でコントラバスだけがヴィオール属の血を色濃く残していますが((31) 仲間はずれはだれ?参照)、それが理由ではありません。

「弦楽四重奏の父」ハイドンがこの(不公平な)編成で作曲したいきさつについて、グリージンガーは伝記の中で以下のように述べています。「フュルンベルク男爵という人が、ときどきちょっとした音楽を演奏させるために、彼の主任司祭、管理人、ハイドン、そしてアルブレヒツベルガーを招いた。男爵はハイドンに、この4人のアマチュアが演奏出来るような曲を何か作るようにリクエストした。当時18歳だったハイドンはこれを受けて、彼の最初の弦楽四重奏曲 op. 1, no. 1 を考案した。それが世に出るや否や、世間一般に良く受け入れられたので、ハイドンは思い切ってこの形でさらに作曲した」1

えーっ、たまたまヴァイオリン2、ヴィオラ1、チェロ1が集まったから、このジャンルが生まれたということ?!? もしも集まった4人のうちの3人がチェリストだったら、ハイドン(とその後)の弦楽四重奏はヴァイオリン1、チェロ3の編成になっていたかもしれないの?!? まさか、そんなはずありませんよね。彼がこの編成のジャンルを「考案」したわけではありません。ちなみに、ハイドンが最初期の弦楽四重奏曲10曲を作ったのは、1757〜62年頃。20代後半です2。18歳なんて、グリージンガーさんサバ読み過ぎ!

不公平な編成の理由は、バロック音楽の通奏低音の中に見つかります。低音旋律楽器と鍵盤楽器の左手が、低音旋律を演奏するのでしたね((132) 楽譜どおり演奏しても足りない場合参照)。前者にはチェロやファゴットだけではなく、コントラバスも含まれます。つまり、チェロとコントラバスは同じパートを演奏していたのです。だから、各パート1人の室内楽ではコントラバスはあぶれて(?!)しまいました。

それならなぜ、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロの弦楽3重奏が主流にならなかったのでしょうか。この理由もバロック音楽のトリオ・ソナタの中に見つかります。トリオとカルテットじゃ1人違う……のではなく、トリオ・ソナタの演奏者も4人でしたね((135) トリオはトリオじゃなかった?参照)。最も一般的だったのは、ヴァイオリン2つとチェロ、チェンバロという組み合わせ。

実はこのトリオ・ソナタは、弦楽四重奏の主要な先駆形態のうちの1つ。2パートのヴァイオリンのかけあいをチェロとチェンバロの通奏低音が支えていたのですが、このバロック時代の伴奏習慣は次第に廃れていきます。チェンバロ(の右手)に代わって、旋律と低音の間を埋めるために使われるようになったのが、ヴィオラ(ようやく登場! (37) ヴィオラはえらい?参照)。でも、ヴィオラ1つで和音充填するのはかなり難しい。そのため、ヴァイオリン1は旋律、2はヴィオラとともに伴奏という分業が普通に。

というわけで、弦楽四重奏の編成が不公平なのは、バロック時代のトリオ・ソナタがご先祖様の1つだったから。もう1つのご先祖様については、また改めて。

  1. Jones, David Wyn, “The Origins of the Quartet” The Cambridge Companion to the String Quartet. Cambridge University Press, 2003, p. 177(グリージンガーの『伝記』の英訳が引用されている)。大宮真琴はアルブレヒツベルガーを有名な対位法家本人と書いていますが(大宮真琴『ハイドン』音楽之友社、1981、44ページ)、Jonesはその兄弟のチェリストとしています。
  2. Jones, 前掲書、178。
29. 5月 2013 · (135) トリオはトリオじゃなかった? はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , , , , ,

ついこの前、トリオはトリオだった (133) と言っていたのに、今度は逆か、嘘つき!とお怒りの皆さま、すみません。あれは交響曲のトリオの話。第3楽章の中間部トリオのもとをたどると、3重奏で作曲されることも多かった、バロック時代の2つ目の舞曲(第2メヌエットなど)へ行き着きます。でも同じ頃、3重奏ではないトリオも存在していました。今回はそのお話。

バロック時代の最も重要な室内楽形式、トリオ・ソナタ。器楽の中でおそらく最も人気が高く、アマチュアを中心にヨーロッパ中で盛んに演奏されました。編成は、旋律楽器2つと低音楽器(譜例1参照)。イタリアでは17世紀後半から、旋律楽器として専らヴァイオリンが使われましたが、ドイツでは管楽器も好まれ、オーボエ、フルート、リコーダー、ファゴット、コルネットなどが用いられました。低音楽器は、チェロやヴィオラ・ダ・ガンバ、ヴィオローネ(コントラバスのご先祖様)などです。

譜例1:コレッリ作曲トリオ・ソナタ op. 1, no. 1, 第1楽章

譜例1:コレッリ作曲トリオ・ソナタ op. 1, no. 1, 第1楽章冒頭

トリオ・ソナタの音楽的な特徴は、3つの声部、特に2つの上声が音楽的にほぼ対等だったこと。現在のオーケストラ曲や室内楽曲では、ファースト・ヴァイオリンの方がセカンド・ヴァイオリンよりも音域が高いので、ファーストが旋律、セカンドが和声付けあるいは伴奏ということが多いですよね。トリオ・ソナタでも同様ですが、ときには1つのメロディーを2つの旋律楽器が代わる代わる弾いたり、途中でセカンドの音域がファーストより高くなって、メロディーを受け持ったりしました。

でもこれなら、トリオ・ソナタも3重奏でトリオ? いいえ、(132) 楽譜どおり演奏しても足りない場合をお読みの方は、低音声部の上に書かれた6や7などの数字にお気づきですよね。そうです。これは、和音の種類を示す数字。バロック時代の伴奏法、通奏低音です。通奏低音では、低音旋律楽器以外にハープシコードやオルガンのような鍵盤楽器が必要。左手で低音旋律を弾きながら、数字を読み解いて右手で和音を充填して行くのです。したがって、譜例1のトリオ・ソナタを演奏するには、奏者が4人必要1

トリオ・ソナタとは3重奏のソナタではなく、譜例1のように、独立した3つの声部から成るソナタという意味。奏者は4人と限りません。バッハのオルガン用トリオ・ソナタは、1人用(両手+足鍵盤で3声)。同じくバッハの、オブリガート・チェンバロ(両手の旋律が作曲された=即興で右手の和音を補う通奏低音ではないチェンバロ・パート)を伴う独奏楽器ソナタ(フルート用やヴァイオリン用など)は、2人用(独奏楽器1+チェンバロの両手で3声)。トリオが、3重奏つまり3つの楽器編成を意味するようになるのは、古典派以降です。

  1. (133) トリオはトリオだったで例に挙げた中で、リュリの《アルミード》とバッハの《ブランデンブルク協奏曲》第1番のトリオ部分は、3人で演奏する3重奏ですが、《ペルセ》のトリオ部分(第2パスピエ1回目と2回目)は通奏低音付き。4人で演奏します。
08. 5月 2013 · (132) 楽譜どおりに演奏しても足りない場合:通奏低音 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , , ,
譜例1:Corelli 作曲 Concerto Grosso op. 8, no. 6

譜例1 コレッリ:コンチェルト・グロッソ op. 6-8(クリックで拡大します)

季節外れですみませんが、譜例1は(59) クリスマスに聴きたい音楽 part 3(61) 楽譜どおり演奏してはいけない場合:バロック音楽の付点リズムでご紹介した、アルカンジェロ・コレッリ作曲《クリスマス・コンチェルト》原典版スコアの冒頭。上3段は独奏楽器であるヴァイオリン2つとチェロ((61) 譜例1はこの部分)、下4段は伴奏楽器群(ヴァイオリン2つとヴィオラ、バス)。この6小節間は、1番上と4段目のヴァイオリン I、上から2段目と5段目のヴァイオリン II、チェロとバスの楽譜は、それぞれ全く同じです。

コレッリが書いた7パートを演奏すれば音楽が完成するか? 実はこれだけでは足りません。CDを聴きながら耳を澄ますと、チャカチャカとかポロポロとか、弦楽器以外の音が聴こえます。そう、バロック音楽にはチェンバロ(ピアノのご先祖さまの鍵盤楽器。英語ではハープシコード)が付きもの。でも、スコアにはチェンバロ・パートはありませんね。どこを弾くの?

答えは、1番下のバス・パート。これはコントラバスのバスではなく、Basso Continuo (イタリア語。バッソ・コンティヌオと読みます)のバス。継続される低い音ということで、日本語では通奏低音と呼びます。バロック時代の特殊な伴奏法で、コラムでも既に(詳しい説明をしないまま)何度も使いました。この1番下のパートは、チェロやファゴット、ヴィオラ・ダ・ガンバなどの低音旋律楽器が弾くパートで、チェンバロ奏者も左手で弾きます。

右手で弾くべき楽譜はありません。右手も左手と同じ音をユニゾンで弾く……わけではなく、右手は遊んでいる……わけでもなく、右手は左手の低音旋律に合う和音を即興で弾くのです。譜例1のように、多くは弾くべき和音が数字で示されます。ジャズなどで使うコード・ネームのようなものですね。

譜例1の数字の読み方を簡単に説明します。数字が書かれていない場合は、右手で低音の3度上と5度上の音を弾きます(たとえば1小節目のソにはシ♭とレ)。6と書かれていたら、3度上と6度上の音(たとえば3小節目のシ♭の上には、レとソ)。縦に56と書かれていたら、3度上と5度上と6度上の音(たとえば3小節目の2拍目のシ♮には、レファソ)。いずれも、左手の音も弾いてオーケー。また即興ですから、弾きやすい音域の弾きやすい形で弾きます。たとえば1小節目のソシ♭レの和音は、レシ♭でもシ♭レでもシ♭レソでもレソシ♭でも構いません。

数字に♯♭♮が付いていたら、臨時記号に従ってその数字の音を半音変化させます。♯の代わりに+がついたり、2小節目のように数字に重ねて斜線が書かれることもあります(2小節目ラの上に弾く音は、6♯なのでファ♯とド)。数字が無いところに♯♭♮が書かれていたら、3度上の音を変化させよという意味。

もちろん、指定された和音を延ばすだけではなく、主旋律をまねしたり合いの手を入れたり、長い音符を分散和音で飾ったり、和音の中で自由に即興します。ハープシコード以外に、オルガンやリュートも使われました。通奏低音は記譜の手間が省けますし、楽器によって異なる特徴を活かした伴奏ができます。

というわけで、バロック時代の作曲家はチェンバロ・パートを作曲しませんでした1。現在の演奏用パート譜に含まれるチェンバロの楽譜は、校訂者が(数字から)和音を補ってくれたもの。一つの例に過ぎませんから、時代様式に合う趣味の良い内容であれば、自分なりの即興に変えて弾いてもよいのです。通奏低音はバロック時代のあらゆる編成の曲に使われましたが、古典派の時代になると衰退してしまいました。

  1. チェンバロをオブリガート楽器として使ったり、協奏曲の独奏楽器として使った場合を除く。