22. 1月 2014 · (169) 交響曲と歌曲:マーラーの《巨人》 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: ,

アマ・オケ奏者のあこがれ、オケ・ファンが大好きなマーラーの交響曲。特徴は:

  1. 編成がでかい(「大きい」と言うより「でかい」だと思いませんか?)
  2. 曲が長い(交響曲1曲で演奏会が成立するものも。私、3番1曲だけの演奏会に、タッチの差で遅刻したことがあるんです。第1楽章が終わるまで40分近く、ロビーで呆然と立ち尽くしていました……)
  3. 交響曲と歌曲を近づけた

今回は3について。わかりやすいのは第2、3、4番交響曲。ベートーヴェンの《第九》のように歌付きの楽章が含まれます。自身が交響曲と呼んだ《大地の歌》は、オーケストラ伴奏付きの連作歌曲集。《一千人の交響曲》のニックネームをもつ第8番は、実質的に2部から成るカンタータです。

歌が含まれていなくても、歌曲と近い関係の交響曲があります。たとえば第1番。ソプラノ歌手ヨハンナ・リヒターへの失恋をきっかけに作られた歌曲集《さすらう若人の歌》と、密接に関連しています。4曲とも、マーラーが歌詞も書きました。

第2曲〈今朝、野を行くと〉は、さわやかな曲。第1曲〈いとしい人が結婚する時〉でダイレクトに歌われた失恋の痛みは、忘れられてしまったかのよう。朝の野を歩く自分に、ヒワや釣鐘草が「すてきな世界じゃないですか」と呼びかけます。でも、最後の第3節が進むうち、音楽は次第にテンポを落として切れ切れに。「いや、いや、自分の幸せは決して花咲くものか!」の最終行が、明るい響きの中に切ない余韻を残します。

マーラーの交響曲第1番をご存知の方は、これを聴いて驚かれたことでしょう。第1楽章に〈今朝、野を行くと〉の「旋律が使われている」という解説は、正確ではありませんよね。歌以外のほぼ全て(歌の旋律を楽器に移し、オーケストラごと)が、提示部に使われています。途中に、新しいフレーズを挟んだのかなと思われた方、歌曲の第3節(1’27〜)までお待ちください。第1主題の続きはこちら(1’39〜)。「歌が含まれていなくても、歌曲と近い関係」と書いた意味を理解していただけたと思います。

しかも、歌曲を交響曲に使うという単純なプロセスではなかったようです。マーラーがピアノ伴奏の《さすらう若人の歌》を作曲したのは、1884〜85年。オーケストラ伴奏にしたのは、1990年代。一方、交響曲第1番の第1稿(2部構成5楽章から成る交響詩)の作曲は、1884〜88年1。つまり、歌曲に基づいて交響曲を書き、さらにその交響曲を歌曲に転用したことになります。

一方を他方に組み込むという次元を越えて、両者を行ったり来たりする相互乗り入れの次元へ。第1番第1楽章においてマーラーは、相反する性格を持つ交響曲と歌曲を、「近づけた」と言うよりむしろ融合させたと言うべきかもしれません。

  1. この後もタイトルや副題を付けたり、それらを削り、4楽章構成にして交響曲に仕立て直したり(タイトルは削られたままなので、《巨人》と呼ぶのは正しくないのですが)と、改訂は続きます。
06. 7月 2011 · (36) ドボコンに込められた想いを読み解く はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , , , , ,

ドヴォルジャークのチェロ協奏曲(以下ドボコン)には、彼の歌曲《ひとりにして》が使われています。アメリカで、妻アンナの姉ヨゼフィーナが重病と聞いた彼は、ドボコン第2楽章の中でヨゼフィーナが好きだった《ひとりにして》の旋律を引用しました1。これを奏でる独奏チェロは、molto espressivo(非常に表情豊かに)と指示されています(譜例1参照)。

第2楽章43小節目アウフタクトから独奏チェロ

譜例1 第2楽章 43小節目アウフタクト〜

ヨゼフィーナが1895年5月に亡くなった後、彼は第3楽章コーダを変更。ここでも《ひとりにして》を引用するように書き直しました。ドヴォルジャークは若い頃、女優の卵だったヨゼフィーナに片思いしていたのだそうです。ドボコン解説でよく紹介されるエピソードです。

“Lasst mich allein” というタイトルは、確かに「私をひとりにして」という意味ですが、いったいどんな歌曲なのだろうかと、以前から不思議に思っていました。まさか、好きだとうちあける男の人に対して、放っておいてと拒絶する女性の心情を歌った曲ではないですよね(もしもそんな内容だったとしたら、それを引用するなんてドヴォルジャーク、自虐的過ぎますから)。というわけで、この歌曲について調べてみました。

《ひとりにして》は、1887年末からわずか2週間ほどで作曲された『4つの歌』op. 82 (B. 157) の第1曲。女流詩人オティリエ・マリブロック=シュティーレルによるドイツ語の詩(各4行5連)には、彼を想い焦がれる乙女心が描かれています(下に全訳をあげました)2。「ひとりにして」欲しいのは、「彼の面影を夢に見られるように、彼の面影と共にいられるように」という理由でした。納得!

ドヴォルジャークは最後の第5連を繰り返すことで前半3連、後半3連の構成にし、かなり抑制のきいた音楽を付けています。人知れず燃える想いを象徴するような、静かな分散和音の短い前奏に導かれて、第1連はsotto voceで(声をひそめて)歌い出されます。次第にクレッシェンドして高揚しますが、すぐに引いていきます。

冒頭よりさらに静かな pp で第2連が始まります(pp でこのオクターヴ跳躍を歌うのは、すごく難しそうですね)。前半の旋律は、第1連と同じ。ただ、ロ長調だった第1連に対し、第2連はロ短調です。後半は少しずつ音高も音量も上がり、ff の最高音で歌われる「allein」が前半のクライマックスになります。第3連の旋律線も、それまでと同様に順次進行を多用しながらゆるやかな弧を描き、最後は瞑想するように lasst mich allein を3回繰り返しながら ppp まで静まって一段落。後半3連は、前半3連と同じ音楽で歌われ、まるで祈るようなピアノの後奏が、静かな余韻を残します。

ドボコン第2楽章で引用されるのは、短調に転じた第2連前半の旋律です3。ここで歌われている歌詞は:

私をひとりにしておいて! あなたたちの騒々しい言葉で
私の胸のうちの平安を乱さないで

ふむふむ……。同じ旋律が使われる第5連の歌詞は(譜例2参照):

私をひとりで夢見させたままにして!
彼は私を愛していると言ったのよ! 深い静けさを私に残したままにしておいて

こちらかな。ドヴォルジャークは昔好きだった女性と、彼女が好きだった曲の中の主人公をオーバーラップさせ、他の人にはわからない彼女の熱烈な愛の独白を、独奏チェロで再現させたのではないでしょうか(作曲家の特権ですね)4

《一人にして》39小節アウフタクトから

譜例2 《ひとりにして》39小節アウフタクト〜(クリックすると拡大します)

一方、彼女の死後に書き直した第3楽章コーダでは、第1節(第4節)の長調の旋律が引用されます(468小節〜)。「私にひとりで夢を見させて」という歌曲の冒頭部分を、ヨゼフィーナの言葉としてもう一度思い起こしているのでしょう。ヴァイオリンの独奏にしたのは、「ひとりで」を象徴するためですよね5

チェコ語で歌われた《ひとりにして》、しみじみ素敵です6。ヨゼフィーナを失った悲しみ、彼女の友情に対する感謝、思い出をドボコンに織り込んた小さな喜びなど、ドヴォルジャークの様々な想いを想像してしまいます。

ひとりにして Lasst mich allein

Op. 82 (B. 157), no. 1(Malybrok-Stieler 詩、nyanKo.iwa 訳)

私にたったひとりで夢を見させて、
私の心の恍惚を妨げないで、
私が彼を見てからというもの心に満ちている
すべての幸せ、苦しみをそのまま放っておいて!

私をひとりにしておいて!
私がどこにいても彼の姿を見、彼の声を聞けるように
あなたたちの騒々しい言葉でこの胸の平安を乱さないで!
私を光り輝く彼の面影と二人っきりにしておいて!

私の心を満たす魔法について、訊かないで!
彼の愛、ただ私だけ、私ひとりだけに向けられた愛のおかげで
私が感じているこの上ない幸せは
あなたたちにはどうせわからない。

焼け付くような苦しみ、燃え盛る魅力の
重荷と共に、私を置き去りにして、
そして私の哀れな心よ、あなたをあなたたちに押しつぶして欲しい。
私の心よ、あなたはひとりぼっちで、愛する人から受け取ったものを耐えるのよ。

私をひとりにして、夢を見させておいて!
彼は私を愛していると言ったのよ! この言葉が私にもたらした深い静けさを、
言葉と切り離して私に残したままにしておいて!
憧れのあまり、魂は焦がれ消えゆきそう。

  1. ドヴォルジャークは若い頃、ヴィオラ奏者の収入を補うために2人にピアノを教えていました。
  2. 歌詞を的確に訳してくださった nyanKo.iwa さんに、心から感謝します。
  3. 全音出版のミニチュア・スコアでは、冒頭第1連(長調)の旋律が譜例に使われています。
  4. 追記(2011/07/11):これについては改めて書きたいと思います。
  5. このような個人的な含みを考慮に入れなくても、このコーダ部分は、先の楽章を回想しながら締めくくる循環形式と解釈できます(循環形式については、改めて書きます)。本人も公には「フィナーレはだんだんとディミヌエンドで終わります――第1楽章と第2楽章を思い出しながら」と語っています。
  6. チェコ語版の楽譜は、《孤独な私の魂に》というタイトルで『ドヴォルジャーク声楽作品集』(匂坂恭子編、全音楽譜出版社、1995年)に収められています。