02. 3月 2016 · (271) コラム番外編:ヴァティカン図書館で調査して来た!! はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , , ,

聖フィル♥コラムを3週お休みしてごめんなさい。ローマ・パリ19日間の調査旅行から戻りました。今回は番外編として、旅行で尋ねた6か所の施設(ヴァティカン図書館、カザナテンセ図書館、ローマ国立中央図書館、サンタ・チェチリア音楽院図書館、サン・ジョヴァンニ・イン・ラテラーノ教会古文書館、パリ国立図書館)から、立ち入る機会が最も少ないと思われるヴァティカン図書館について書きます。

ヴァティカン図書館(Bibliotheca Apostolica Vaticana)のホームページから稀覯本部門長に英語で2度問い合わせをしたところ、英語で丁寧な返事が来ました。実は今回の旅行では、ローマの複数の図書館や教会となかなか連絡がつかず、かなりハラハラさせられました。連絡がついても、英語メールの返事はイタリア語やフランス語がほとんど。ヴァティカン図書館は対応に慣れていると、ありがたく思いました。

ヴァティカン市国では、サン・ピエトロ広場や大聖堂、ヴァティカン美術館以外、外国人の立ち入り禁止。スイス衛兵が見張っています(写真1左上)。私の場合は、稀覯本部門長と何度かメールをやり取りをするうちに入国(!!)が許可されました。プリントアウトして、教皇庁のサンタ・アンナ通用門のポリスに見せるようにという書類(2つの鍵が交差した教皇庁マーク入り)が、添付で届きます。

ヴァティカン市内に入ろうとする人のほとんどは、教皇庁直轄のヴァティカン薬局で薬を買う人たち。彼らは医師の処方箋を見せ、身分証明書を預けて一時的な通行許可症をもらいます。同じ列に並びましたが、身分証明書(パスポート)は図書館カード作成に必要なので、返してもらって図書館の建物へ(写真1右)。パスポートと所属大学の紹介状を出して書類を書き込み、写真入り図書館カードのできあがり。

写真1左上:サンタ・アンナ通用門のスイス衛兵(手前側がヴァティカン市国)。左下:図書館がある回廊の向こうの、サン・ピエトロ大聖堂クーポラ。右:図書館の入口

写真1左上:サンタ・アンナ通用門のスイス衛兵(手前側がヴァティカン市国)。右:図書館入口。左下:図書館がある回廊の向こうに、サン・ピエトロ大聖堂クーポラ。

このカードは、建物の出入り、ロッカーの割り当てと開閉、閲覧申請だけではなく、2階以上の図書セクションのゲートを開けるのにも必要。ゲートを出るとき(たとえば、ロッカー内の水を飲みたいとき)は、閲覧室の係員に手続してもらったカードでなければゲートが開きません。再入室のときも同様。こんなややこしい2重システムはヴァティカンだけ。仕事が終わるまで閲覧室から出るなっていうことですかね??

稀覯本閲覧室は、雑誌セクションや印刷本の閲覧室のさらに奥。それほど大きくない部屋で、多くの研究者が仕事していました。私はアニムッチャやパレストリーナの出版楽譜、ひとりでは持てないような大きく重いミサ曲の手写本を調査((249) 今と同じ?! 16世紀の楽譜参照)。

他にも楽譜の写本を調べている人がいましたし、印刷あるいは手写による宗教の書物を調べている人、大きな巻物をそっと開いてもらって地図を調べている人、彫刻か何かの下絵?(あるいは建物の設計図?)を調べている人、漢字が並んだ薄い紙の古い冊子を調べている人もいました。

2日目からは、スイス衛兵に図書館カードを見せるだけでオーケー。疲れると中庭(写真2)で一休み。落ち着いたオープンな雰囲気の図書館でしたが、驚いたのは資料の複写料金。申し込めば誰でも利用出来ますが、資料1つにつき、A4の白黒コピー最初の1枚が18ユーロ、2枚目から10ユーロって暴利! 他の図書館では、高品質のデジタル複写が高くても1枚3ユーロくらいだったのに。さすが、免罪符の時代から商売上手な教皇庁(!?!)と、感心させられました。

写真2:図書館中庭。植えられているのはシクラメン

写真2:図書館中庭。地植えされているのはシクラメン