06. 4月 2016 · (275) 《古典交響曲》の古典的でないところ はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , , , , , , ,

前回ご紹介したように、《古典交響曲》はプロコフィエフがハイドン風に作った交響曲です。しかし、ハイドン的ではない点もあります。

まず思い当たるのは、第3楽章がメヌエットではないこと。ベートーヴェンがスケルツォに変えるまで((81) 交響曲の中の冗談参照)、4楽章構成の交響曲の第3楽章は、3拍子のメヌエットでした。もともと急ー緩ー急の3楽章構成だった交響曲をより楽しめるように、当時流行していた踊りの音楽を加えたのでしたね((87) 流行音楽メヌエット参照)。

ところが、《古典交響曲》の第3楽章はガヴォット。古典派より前のバロック時代に組曲などに使われた、フランス起源の舞曲です。トリオが挟まる AーBーA’ の形をしてはいますが、4/4拍子でしかも pesante(重く)。むしろ、ゆっくりながら3拍子の第2楽章が、古典的で優雅なメヌエットに近い音楽です。

第2に、楽器の高音域が使われていること。たとえば、《古典交響曲》ではファースト・ヴァイオリンの最高音はレ。五線の上に加線2本のレの、そのまた1オクターヴ上です。加線6本!

ベートーヴェンは交響曲で、ヴァイオリンのラより高い音を使いませんでした((99) 高音域を使わない理由参照)。ハイドンの時代はさらに、使用する音域が狭かったようです。彼が最後に作った104番の交響曲((158) ハイドンの交響曲は106曲!参照)を調べてみたら、第1楽章の展開部の終わりでソを繰り返し使っているものの、他はほとんど加線2本のレ以下。第3ポジションで弾ける範囲です。フルートも、同じくソまででした(《古典交響曲》では、その上のドが当たり前に使われています)。

でも、何よりハイドンっぽくないところは、転調のし方でしょう。ハイドンの時代は、属調(5度上)、下属調(5度下)、平行調(同じ調号を持つ長調と短調)、同主調(同じ音から始まる長調と短調)などの近親調へ、さりげなく転調しました。ところがプロコフィエフは、平気で(?!?)遠隔調へ移ります。

特に目立つ(?)のが、ニ長調からハ長調への転調。主調であるニ長調ではファとドにシャープがつきますから、ハ長調の主音ドはニ長調に含まれません。ところが、この遠い調への転調をプロコフィエフは第1楽章冒頭でいきなり断行。2小節間の上行アルペジオの序奏に続いて、8小節から成る第1主題を主調のニ長調で提示した後、そのままハ長調で繰り返すのです(主題の「確保」と言います)。

ニ長調からハ長調に転調すると、落ち込む感じがします。主音がレからドに1音下がることだけが理由ではありません、シャープ2つの調から調号無しの調への転調は、(シャープが減ることになるので)フラット方向への移動。これが「ずり落ち」感を強めています。第1楽章第1主題がハ長調で再現される際も同様。

落ち込む感じがずっと続くのが、終楽章の第2主題部(43小節〜)。アルベルティ・バス音型による伴奏の和音は、2小節、ときには1小節ごとに自由に目まぐるしく変化。最低音が「レード♯ーシーラーソ♯ーファ♯ーミーレ♯ーレード♯ード」と順次進行で下るにつれて、和音もどんどん下降していきます。「ハイドンがもし今日生きていたら作曲する」ような交響曲という、プロコフィエフの意図が分かりやすく現れた、この曲の聴きどころです。

25. 3月 2015 · (230) ビゼーの大胆ハーモニー はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: ,

先日、カルメン組曲のご指導中に稲垣雅之先生が、「イ長調の曲が突然ハ長調になるから、当時の人は驚いたはず」という意味のことを言われました。えっ?!とあわてる私。言われてみると確かにハ長調ですが、違和感を持っていませんでした。そう、カルメン組曲第1の終曲〈トレアドール〉の話です。

オペラでは1番最初に演奏される、第1幕への前奏曲。「ちゃんちゃかちゃかちゃか ちゃんちゃかちゃかちゃか ちゃんちゃかちゃちゃか ちゃー」というにぎやかな4小節フレーズが3回繰り返され、4回目も前半は同じですが「ちゃんちゃかちゃちゃか ちゃーちゃん」と終わる冒頭部分(どこが違うかわかるよう、下線を引いておきました)。ファ・ド・ソに♯が付いたイ長調の曲なのに、13、14小節では、1拍目と2拍目の低音がナチュラルのドソドソ(譜例1参照)。ハ長調の1度(=トニック)ド・ミ・ソが響きます。

ハ長調とイ調なら、両方とも♯も♭も付かない平行調で、近い調(近親調。(77) 近い調、遠い調参照)。でも、イ調とハ長調は♯3つの調と調号無しの調ですから、かなり遠い関係。何事も無かったようにすぐイ長調に戻るとはいえ、この2小節でえっ?!と思うべきなのに。聴き慣れてしまって異質さを感じません。

この「ちゃんちゃか」部分には、実はもう1つ大胆な和声進行があります。「ちゃんちゃか」のうち、1回目と3回目(9小節目〜)は主調のイ長調。2回目(5小節目〜)は下属調のニ長調。イ長調とニ長調は、♯が3つと2つの近い関係ですが、4小節目後半のミ・ソ♯・シの和音が、次の5小節目でレ・ファ♯・ラになるのが問題。ミ・ソ♯・シはイ長調の属和音(ドミナント)ですから、トニックに解決しなければなりません。ラ・ド♯・ミ(あるいは6度のファ♯・ラ・ド♯)に進むべきなのに、レ・ファ♯・ラに直行。

ビゼー:〈トレアドール〉冒頭

譜例1:ビゼー作曲〈トレアドール〉冒頭

ビゼーの大胆さには気づいていたつもりでした。ホセがカルメンを刺す場面で登場する「運命の動機」で、ド♯ーシ♭の増音程(歌いにくいので、通常は避ける)を使ったり、〈ジプシーの踊り〉冒頭で、3和音を下にずらしていくハーモニーを使ったりしていますから。でも、聴き慣れた部分にも「普通はやらない」とか「本来やってはいけない」処理が見つかるのです。《カルメン》世界初演について書かれた「おそらく独創性を目指し過ぎて、時には奇妙さに近づいてしまっている。半音の変化が多すぎて、現代派の大胆さに慣れた耳ですら混乱する」という批評は当然でしょうね1

  1. Victorin Jonçières, La liberté (June 8), New York Opera Project: Carmen, Critical Reception (http://www.columbia.edu/itc/music/opera/carmen/reception.html)より。
19. 4月 2012 · (77) 近い調、遠い調 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , , , , ,

「アマ・オケ奏者のための音楽史」はまだ中世をうろうろしているというのに(すみません、もうすぐ再開します)、新シリーズ「アマ・オケ奏者のための楽典」開始! 第1回目は調について。《レ・プレ》を弾きながら、調号(=調の記号。五線譜の左端のシャープやフラット)を見るだけで、新しい性格の曲と見当がつくなと考えていました。16分ほどの曲の中で調号が、無し→♯4→無し→♯4→無し→♯3→無しと変わります。変わる回数が多いだけが理由ではありません。

調は全部で24あります。長調が12、短調が12。ピアノの鍵盤を思い浮べてください。1オクターヴの中にある12の音(ドレミファソラシだけでなく、黒鍵もお忘れなく!)それぞれを主音として、長調と短調が始まります。たとえば、ハニホヘトイロのハであるドの音からはハ長調とハ短調、レの音からはニ長調とニ短調という具合1

この中には、互いに近い調と遠い調があります。2つの調の音階に共通した音が多ければ近く、少なければ遠いと考えます。近い調を近親調、遠い調を遠隔調と呼びます。近親調は:

  • 属調:ある調の主音から5度上の音(=属音)を主音とする調。たとえば、ハ長調に対してハニホヘトと5つ上がったト長調、ハ短調に対してト短調(その音から数えるんですよね。(62) 新年と音程参照)
  • 下属調:ある調の主音から5度下の音(=下属音)を主調とする調。たとえば、ハ長調に対してハロイトへと5つ下がったヘ長調、ハ短調に対してヘ短調
  • 同主調:同じ主音から始まる長調と短調。たとえばハ長調とハ短調、ニ短調とニ長調
  • 平行調:同じ調号をもつ長調と短調。短調は長調の3度下から始まります。たとえば、ハ長調とイ短調(調号無し)、ニ長調とロ短調(♯1つ)

    24の調

    譜例1:24の調(久保田慶一編『音楽通論』、アルテス、2009、97ページ)

属調は、元の調に較べて調号の♯が1つ増え(♭の場合は1つ減り)ます。調号無しのハ長調の属調ト長調の調号は、♯1つですね。逆に下属調は、調号の♭が1つ増え(♯の場合は1つ減り)ます。調号無しのハ長調の下属調ヘ長調の調号は、♭1つです(譜例1参照。クリックで拡大します。各調の属調は右隣、下属調は左隣)。

属調や下属調に転調しても、元の調と違うのは増えた(減った)調号の音1つだけ。他の6つの音はそのままです。だから近い調なのです。逆に、《レ・プレ》の転調のような、調号無しのハ長調と♯3つのイ長調や♯4つのホ長調は、共通する音が少ない遠い関係。遠隔調です。

(72) 第2主題はようこその気持ちでのソナタ形式の表を思い出してください。第2主題は、主調が長調のときは5度上の調(=属調)へ、主調が短調のときに3度上の長調(=平行調)で提示されます。属調も平行調も近親調。無理無く自然に転調できますし、調号を変えなくても、変化した音に臨時記号を付ければ済みます。

最も近い属調や平行調へ転調させるのが自然すぎてつまらなくなると、《レ・プレ》のように、主調がハ長調なのに第2主題を遠いホ長調で提示したりするようになります((75) 《レ・プレ》とソナタ形式参照)。その代表的な作曲家は……というお話は、また改めて。

  1. ファとソの間の黒鍵を主音とする長調は、嬰へ長調と変ト長調の2つありますが、このような異名同音調は1つと考えます。