16. 7月 2014 · (194) セルパンってどんな音? はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , , , , , ,

フランス語で「蛇」の名前を持つ楽器セルパン(図1)。1度見たら忘れられない形ですね。英語では(同じ綴りで)サーペント。円錐管の内径は、およそ1.3cm〜10.2cm。金属製クルック部分も加えると、全長約2.44m! 楽器部分は木製(クルミ)で、孔が6つ(見える側だけで、親指用の孔が無いのが特徴)。でも、唇の振動で音を作る金管楽器の仲間です。孔は3つずつ2カ所に分かれていて、両手で上から押さえます(図1左)が、右手は下から押さえることも(図1右)。

図1:セルパン(右はロンドン、セント・ジェームス・パレスの衛兵交代図より、1790年頃)

図1:セルパン(右はロンドン、セント・ジェームス・パレスの衛兵交代図より、1790年頃)

1590年頃の発明とされ、フランスで聖歌隊(特に定旋律=グレゴリオ聖歌を歌うテノール声部。(85) アルトは高い参照)の補強に用いられました。低音域の楽器で、指孔のおかげで自然倍音以外の音も出せるからですね((42) 神の楽器? トロンボーン参照)。ドイツやイギリスでは、軍楽隊の楽器として使われ始めました(図1右)。ヴァーグナーは《リエンツィ〉でコントラファゴットの代わりに用いています。

図2:メルセンヌ、セルパン(1777)

図2:メルセンヌ、セルパン(1636)

図2は、メルセンヌによるセルパンの楽器図解と音域表(Harmonie universelle、1636-7)。最低音はヘ音記号の下に加線1本のミ(クリックで拡大すると音域表の真ん中あたりのヘ音記号がわかりますから、ファ、レ、シ、と線を下に数えていきましょう)。音域は2オクターヴ以上。リコーダーのように穴を半分開けて半音を出しました。後に孔が増え、音域も拡大します。

いったいどんな音がするのでしょう? テオルボとアーチリュートの伴奏でセルパンがソロをしている動画を見つけました。曲は、ヴェネツィアで活躍した木管楽器奏者ジョヴァンニ・バッサーノ(1560/61〜1617)による、無原罪の御宿りを歌ったパレストリーナの5声モテット〈Tota pluchra es(あなたは全て美しい)〉の器楽用アレンジ(1591、ヴェネツィア)。

素朴で柔らかい音色ですね。聖歌隊の補強に使われたのもうなずけます。テューバのご先祖様(のご先祖様)ですが、それほど低い感じではありません。この動画では1分過ぎくらいから演奏風景になります(が、セルパンがよく見えないのは残念)。テオルボとアーチリュートは、よく似たリュート属の撥弦楽器。向かって左がテオルボで、本来はネックはいずれも左側です。

13. 6月 2012 · (85) アルトは高い はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , , , , ,

女声の低いパートをアルトと呼びますね。でも、アルトはイタリア語で「高い」という意味です。矛盾している? いえいえ、「テノールよりも高い」声部です。現在、高い男声を指すテノールは、中世以来、とても重要な役割を持つパートでした。アマ・オケ奏者のための音楽史第7回は、中世の音楽が私たちに馴染みのある音楽に少しずつ近づいて来た約500年間についてです。

グレゴリオ聖歌は、メロディー1本だけのモノフォニー。バス・ラインも和音もありませんでしたが、やがて、より豊かな響きを求めて対旋律が加えられるようになります。2つ以上の旋律から成るポリフォニー(多声音楽)の誕生です。9世紀末の理論書には、聖歌の各音の下に新しい音を1つずつ加えるシンプルな方法が書かれています。12世紀になると、聖歌より高い音域に、自由で装飾的な対旋律が作られるようになりました。ひとつの母音でたくさんの音を歌う新旋律の下で、聖歌の1つ1つの音は長く引き伸ばして歌われます。聖歌のような既存の旋律を「定旋律」、それを受け持つ声部をテノール(ラテン語の tenere 「保持する」から)、上声を「ディスカントゥス」(ラテン語で「別々に歌う」の意)と呼ぶようになりました。

対旋律をもう1つ加えて、3声のポリフォニーも作られました。14世紀、3つ目の声部はコントラテノール(「テノールに対する」)と呼ばれます。テノールと同じ音域で旋律が作られたからです。でも、音域は同じでも中身は対照的。コントラテノールや、カントゥス(ラテン語で「歌」)とかスペリウス(ラテン語で「最上の」)とも呼ばれた上声が自由に細かく動くのに対し、テノールは相変わらず、定旋律を長い音符で歌っていました。

15世紀(ルネサンス時代!)には4声部がスタンダードに。声部名も4つ必要になりました。1450年頃、コントラテノールがコントラテノール・バッスス(「テノールに対して低い」声部)とコントラテノール・アルトゥス(「テノールに対して高い」声部)に分かれます。長い名前の一部が省略されて、4つの声部は

  • ラテン語:スペリウス(カントゥス、ディスカントゥス)、アルトゥス、テノール、バッスス
  • イタリア語:ソプラノ(カント、ディスカント)、アルト、テノーレ、バッソ

と呼ばれるようになりました。4声部は、豊かな響きを得るための最少の単位。この組み合わせは、1450年頃から現在に至るまで使い続けられています(図1参照)。

図1:4声書法の発展

名前が揃っただけではありません。構成のし方も変わって来ました。初めの頃、テノールの定旋律に合わせてそれぞれの対旋律が作られたため、対旋律同士の音がぶつかることも(大目にみられました)。複数の旋律で構成されるポリフォニーは、横の音楽。縦の響きは、声部間の音の重なりによってその瞬間に偶然生じるものでした。

しかし、最低声部がテノールからバッススに変わったために、現在、私たちが親しんでいる縦の音楽(ホモフォニー)にぐっと近づきました。テノール声部が受け持つ既存の旋律の動きにしばられず、自分で作った低音の上に意図的に音を重ね、縦の響きをコントロールできるようになったのです。もちろん、この間にも作曲家たちは、内声(になってしまった)テノールでは聴き取れないから、定旋律を1番上のカントゥスに歌わせちゃおうとか、逆にテノールならあまり聴こえないから(!?)、流行歌や、恋愛を歌った世俗曲の旋律を宗教曲の定旋律として使っちゃおうとか、ポリフォニーならではのさまざまな試みも続けているのですが。

主旋律とも言える定旋律を担っていたため、別格扱いだったテノール。長い間、音符を長く保持しながら歌うから「tenere 保つ」→テノールと呼ばれたと考えられてきましたが、最近では、ポリフォニーの構造を「しっかりと支える」声部だからと考えられるようになったそうです1

  1. D. Fallows & O. Jander, “Tenor”, New Grove Dictionary of Music, 2nd ed., vol.25, Macmillan, 2001, 284. 図1は、ミヒェルス編『図解音楽事典』日本語版監修 角倉一朗、白水社、1989、230ページを参考にしました。