03. 8月 2016 · (287) ヴァイオリンのハイ・ポジション はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , , , ,

いつ頃からヴァイオリンのハイ・ポジションを使うようになったのでしょう?? 《ロマンティッシュ》第2楽章ヴィオラの努力目標((285) ヴィオラの出番!!参照)達成のため練習に励んで(?!)いて、不思議に思いました。ヴァイオリン族の弦楽器における左手の位置を、ポジションと言います。ネックの先端寄りが第1ポジションで、ト音(真ん中のドの下のソ)から2点ロ音(ト音記号の上に加線1本のシ)までの音域をカバー。これよりも高い音を出すためには、左手をより高いポジションに移動させなければなりません。

図1は初期のヴァイオリン演奏図((99) 高音域を使わない理由から再掲。2年前に出版した『オケ奏者なら知っておきたいクラシックの常識』の口絵にも入れました。(0) ”パレストリーナ” プロフィール参照)。こんな楽器の構え方では、左手を動かせそうにありませんね。

図1:ヘリット・ドウ『ヴァイオリン奏者』(1665)

図1:ヘリット・ドウ『ヴァイオリン奏者』(1665)

それもそのはず。「ヴァイオリンはその誕生以来16世紀末までは主として舞踏の伴奏に用いられ、現在より短くて幅広いネックと指板をもち、左胸と左手でささえられた。音域は上3弦の第1ポジションのみ(後略)1」。G線は使わなかったということ?!! この奏法、フランスでは18世紀初頭まで残りましたが、イタリアでは17世紀半ばにソナタが盛んになり、ヴァイオリンは旋律楽器に。

ソナタの発展と並行して楽器が改良され、ネックと指板は以前より長くなりました。また、左手が自由に動けるようヴァイオリンを肩の上にのせ、ポジション移動のときは緒止板の右側をあごでおさえるように。ヨハン・ゼバスティアン・バッハが使ったヴァイオリンの音域は、この時代一般的だった3点ホ音を超えて、3点イ音(加線4本)まで2。一方で彼のヴィオラの音域が第3ポジションの2点ト音までなのは、旋律楽器として使われることが少なかったからでしょう。

高いポジションは、次第に低い弦でも使われるようになりました。レオポルト・モーツァルト(1756)とフランチェスコ・ジェミニアーニ(1751)は良いヴァイオリン奏者に、すべての弦で第7ポジションまで弾けることを要求しています3。緒止板の左側でヴァイオリンを保持することで、高いポジションやG線の徹底的な使用を可能にしたのがヴィオッティ(1755〜1824)。1820年にシュポーア(1784〜1859)が初めて固定したあご当てを使用。左手はさらに自由に動かせるようになりました。

と調べてきて、ようやく気がつきました。ハイ・ポジションは、第7ポジションよりも高い位置を一括する呼び方なのですね4。《ロマンティッシュ》のヴィオラの努力目標、私は途中からD線も使うので第7ポジションまでに収まります。ハイ・ポジションとは言わないのでした。

  1. 柴田純子「ヴァイオリン」『音楽大辞典1』、平凡社、1981、135ページ。
  2. 久保田慶一「ヴァイオリン」『バッハ キーワード事典』、春秋社、2012、355ページ。「1点ト音から」書かれていますが、「ト音」の誤りでしょう。
  3. Monosoff, Sonya, ‘Position,’ The New Grove Dictionary of Music, 2nd ed., vol. 20, Macmillan, 2001, p. 207.
  4. 無記名「ポジション」『音楽大辞典5』、平凡社、1983、2350ページ。
29. 6月 2016 · (283) 弦楽器の穴 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , , ,

弦楽器の表板には、左右に2つの穴が空いています。これが響孔。英語の soundhole の直訳ですね。ヴァイオリン属の穴は f の形をしているので、f 字孔と呼ばれます。響孔は初めから f 字型だったわけではなく、変化を繰り返してきました。

ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバスは、弦を擦って音を出す擦弦楽器。このヴァイオリン属のご先祖様ヴィオラ・ダ・ブラッチョ(イタリア語で「腕のヴィオラ」の意味)や、コントラバスのご先祖様ヴィオラ・ダ・ガンバ(「脚のヴィオラ」。(31) 仲間はずれはだれ?参照))も含まれます。元来、リュートのような指で弾いて音を出す撥弦楽器を弓奏したと考えられます。つまり、初めの響孔は円型。リュートでは彫刻が施され、ロゼッタと呼ばれます(図1参照)。

図1:ハーレムのリュート、賢王アルフォンソ10世の『ゲームの書』、1283より

図1:ハーレムのリュート、賢王アルフォンソ10世の『ゲームの書』、1283より

弓で擦ると、指で爪弾くよりずっと大きな張力がかかります。そのため、弦は駒の上を通って緒止め板に固定されるようになりました。表板の中央に駒が置かれたので、響孔は半円形2つに分かれ(図2左)、やがて細くなります。フィドル(擦弦楽器を指す英語)の図像の多くはこの形(図2右)。

図2左:14世紀の写本に描かれたフィドル弾き。図2右:フィドルとパイプを奏する天使、Francesco Botticini、c.1475-97

図2左:ボエティウス『音楽綱要』の14世紀の写本に描かれたフィドル弾き。右:フランチェスコ・ボッティチーニ、奏楽の天使より、c. 1475〜97

両端の弦を弓奏するときの邪魔にならないよう、楽器本体の側面にくびれがつけられました。響孔の半円形は、くびれに従って逆の向きに。これが、ヴィオラ・ダ・ガンバの C 字孔です(図3)。やがて、その曲がった柄が反対方向にねじれ、f 字形に。「表板の振動力線を最も阻害しない形」になりました1。13〜15世紀にかけてのことです。このような変化は直線的ではありませんし、様々な変種も存在しますが、擦弦楽器の理想を求めて改良が加えられてきたのです(来週の聖フィル♥コラムはお休みします)。

図3:ヴィオラ・ダ・ガンバ

図3:ヴィオラ・ダ・ガンバ

  1. 『図解音楽事典』ミヒェルス編、白水社、1989年(dtv−Atlas zur Musik, Verlag GmbH & Co., 1977, 1983)、38ページ。
11. 11月 2015 · (259) フルートは横笛ではなかった!? はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , , ,

前回 (258) サルタレッロってどんな音楽?でご紹介した最初の動画、中世のサルタレッロ演奏の団体名は、Flauto dolce でした。フラウト・ドルチェ(イタリア語。直訳すると甘いフルート)が楽器名であることと、でもフルートではないことをご存じですか? フルートはイタリア語でフラウトですが、フラウトが必ずしも現在のフルートとは限りません。

フラウト、あるいは複数形でフラウティと書いてあったら、それは横笛ではなく縦笛。リコーダーです(動画でも、縦笛が活躍しています)。フラウト・ドルチェ、フラウト・ア・ベッコ(flauto a becco 筒口フルート)、フラウト・ディリット(flauto diritto まっすぐのフルート)などと記されることもありました。ドイツ語ではブロックフレーテ blockföte と言いますが、フレーテはフルート(フラウト)。歌口などをブロックのように取り外せる(中学校で吹いたアルト・リコーダーのような)縦笛という意味です1

リコーダーは英語ですね。record はラテン語の recordari に由来する動詞で「覚えている、思い出す」という意味。リコーダーは、中世の吟遊詩人(ミンストラル)のような(昔のことを)覚えている人や物語る人のことで、さらに意味を広げて彼らの楽器にも使われたと考えられます2。リコーダーが楽器として初めて記されたのは、1388年。後にイングランド王ヘンリー4世となるダービー伯の家計記録でした 3

リコーダーは、親指用の穴1つとそれ以外に(通常)7つの指穴を持つ木製楽器。中世に発明され(あるいはヨーロッパに持ち込まれ)、ルネサンス時代は最も一般的な楽器のひとつでした。バロック時代にも引き続き用いられ、バッハも多くのカンタータなどで使用しています。ブランデンブルク協奏曲第2番と第4番では、独奏楽器として活躍しますね。

それでは、横笛の場合はどうしたのか? およそ1735年ころまで、作曲家が横笛を意図するときは必ず、フラウトの後にトラヴェルソと書き加えていました4。traversoは「横の、斜めの」という意味。不自然な構え方(!!)をする楽器が必要なときは、それを明記したのですね。現在フルートと言えば横笛を指しますが、フルート(フラウト)のほとんどの歴史においては、横笛よりも縦笛のほうが支配的だったのです5

  1. 久保田慶一『音楽用語ものしり事典』アルテスパブリッシング、2010、129ページ。
  2. Lasocki, David, ‘Recorder,’ The Grove Dictionary of Music, 2nd ed., 21, Macmillan, 2001, p. 37.
  3. Ibid., p. 38.
  4. Lasocki, David, ‘Flauto,’ The Grove Dictionary of Music, 2nd ed., 8, Macmillan, 2001, p. 928.
  5. Brown, Howard Mayer, Jaap Frank, and Ardal Powell, ‘Flute,’ The Grove Dictionary of Music, 2nd ed., 9, Macmillan, 2001, p. 31.

12月15日の聖光学院新講堂こけら落とし公演に向けて、《第九》の練習が始まりました。ファースト・ヴァイオリン ・パートの人たちは、一息ついていることでしょう。ついこの前まで練習していた《新世界》に比べて、《第九》は音域がずっと低いからです。

それにしても《新世界》のファーストは、高音域が多かったですよね。ト音記号の五線の中に納まっているのは数音だけで、ほとんどが上にあふれている段もありました。ボウイングを書き入れようにも、加線が何本も重なって五線と五線の間にすき間がほとんど無い。真ん中のドから3オクターヴ上のドも登場。ト音記号の上に加線2本を補ったドの、さらに1オクターヴ上です。日本語で4点ハ音と呼ばれるこの音が《新世界》の最高音かと思えば、さにあらず。第3、4楽章ではその上の4点ニ音(レ)も使われています。加線は6本! 何の音か、とっさに読めません。

一方、《第九》のファーストの最高音は、ドどころかその3度下のラ。第7ポジションまでです。《第九》に限らず、ベートーヴェンはヴァイオリン・パートでシ♭以上を避けています。

彼がこのように慎重だった最大の理由は、おそらく、当時の楽器が現在の、あるいはドヴォルジャークの時代と異なっていたためでしょう。19世紀初期にはまだ、弦楽器用の肩当てはもちろん、あご当ても無かったのです。あご当てを発明したのはシュポーア(1784〜1859)で、1820年ごろですが、一般に普及するまで時間がかかりました1。肩当ては、ピエール・バイヨ(1771〜1842)が1834年に「厚いハンカチかクッションの一種」を推薦したのが最初2

つまり、《第九》の時代のヴァイオリンやヴィオラは、(86) 見た! さわった!! ヴィオラ・ダモーレの図1のように、本体だけ。しっかりと挟み込んで楽器を構えることができず、不安定でした。これでは左手のポジション移動も制限されてしまいますし、高音域の演奏も容易ではありません。

もちろん、チェロのエンドピンもまだ考案されていませんでした。教則本がエンドピンの使用を初めて提唱したのは1880年頃3。それまでは基本的に、ヴィオラ・ダ・ガンバのように脚で支えながら演奏していたのです。両足で挟み込み、主に左のふくらはぎで支えるだけで中空に保つのですから、やはり楽器が安定しません。《第九》の最高音(ト音記号の五線の真ん中のシ)が《新世界》よりも3度も低い(2楽章の最後にレ♭が登場)のは、このような事情の反映と言えます。

最後に、時代はかなり遡りますが、17世紀後半のヴァイオリン演奏図をご紹介しましょう。オランダ生まれのヘリット(ヘラルド)・ドウ(1613〜75)が1665年に描いた「ヴァイオリン奏者」に基づくリトグラフ。典型的な胸置きポシションです。(59) クリスマスに聴きたい音楽 part 3 で《クリスマス・コンチェルト》をご紹介したときにも書いたように、コレッリ(1653〜1713)の作品のヴァイオリン・パートは、ほとんどが第3ポジションまでで弾けるそうですが、彼が12歳の時に描かれたこの図像を見ると納得。ヴァイオリンをこのように構えたのでは、忙しいポジション移動や高音域での演奏は、ほとんど無理でしょうから。

図1:ヘリット・ドウ『ヴァイオリン奏者』(1665)クリックで拡大します

  1. R. Stowell, ‘Violin,’ The New Grove Dictionary of Music, 2nd ed., vol. 26, Macmillan, 2001, p. 724.
  2. 同上。
  3. T. Russell, ‘Endpin,’ The New Grove Dictionary of Music, 2nd ed., vol. 8, Macmillan, 2001, pp. 198-9.
20. 6月 2012 · (86) 見た! さわった!! ヴィオラ・ダモーレ はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , , ,

ヴィオラ・ダモーレをご存知ですか。「viola d’amore」はイタリア語で「愛(アモーレ)のヴィオラ」という意味。17世紀末から18世紀に使われた擦弦楽器です(図1)。胴の長さはヴィオラとほぼ同じ(でも、サイズが同じだから「ヴィオラ」・ダモーレと呼ぶのではなく、擦弦楽器の総称としての「ヴィオラ」でしょう。(37) ヴィオラはえらい?参照)。なで肩で、図では見えませんが裏板は平らです。いずれも、ヴィオラ・ダ・ガンバ属の特徴ですね。でも、フレットは無く、楽器の構え方や弓の持ち方は、ヴァイオリン属と同じです((31) 仲間はずれはだれ?参照)。

図1:ヴィオラ・ダモーレ(クリックで拡大します)

長いネックにペグ(糸巻き)が14個。駒の上を見ると弦は7本だけ。残りの7個のペグは、共鳴弦を留めています。この共鳴弦、細くて光るせいか音楽辞典などの写真ではよく見えません。どこにどのように張られているのか、以前から不思議に思っていたのですが、先日、実物にさわって確認することができました1。エンドピンのそばに別々に留められた7本の共鳴弦(図2①)は、テールピースの下から駒の穴(図2②矢印)、指板の下を通り、ネックの後ろ側の隙間(図2③矢印)から外に出て、胴から遠いペグへ。真横から見ると、2階建て構造がよくわかりますね(図2④)。1階の共鳴弦は金属、2階の演奏弦はガットです。

図2:ヴィオラ・ダモーレの共鳴弦

7本のガット弦は、時代により作品により、様々に調弦されました。ニ長調の調弦がスタンダードになったのは、18世紀末。共鳴弦は、上の弦に合わせて調弦されます。ヴァイオリン属のような華やかで力強い音は出ませんが、倍音が豊富で、少し鼻にかかった「甘い」音色が愛好されました。アントニオ・ストラディヴァーリも、ヴィオラ・ダモーレの図面を残しているそうです2。指板が広いのは、弦が7本あるから。和音やアルペジオを弾きやすいのも特徴ですが、むしろ、注意しないと隣の弦にもさわってしまって、期せずして和音が鳴るという感じでした。ハイ・ポジションを使わないので、指板は短めです。

この楽器には、渦巻きの代わりに顔(頭?)がついていますね(図1右端)。後ろには羽もあります(図2③)。そう、愛の弓を射るキューピッドです。目隠したキューピッドがついた楽器もありますが、これはルネサンス以来の伝統的な図像で、「恋は盲目」を表します3

炎のような形の長い響孔にも注目してください。ヴァイオリン属の   字孔ともガンバ属の C 字孔とも異ります。この「燃える刀」型の響孔(イスラムのシンボル)や共鳴弦などから、中東地域の影響が指摘されています(インドには、シタールやサーランギのような、共鳴弦をもつ伝統楽器がたくさんありますから)。さらに、円花形の孔もあるのが普通です(図1の、ぎざぎざにカットされた指板の下に、少し見えています)。

ヴィオラ・ダモーレがオブリガート楽器として使われている、バッハの《ヨハネ受難曲》BWV245 第20番のテノール・アリア『熟虜せよ』の動画をあげます(通奏低音はリュートとチェロ)。19世紀以降、ごく稀にしか使われなくなってしまった「愛のヴィオラ」の、くすんだ「甘い」音色をお楽しみください4

  1. ヴィオラ・ダモーレの写真をコラムに使うことを許してくださった桐山健志さんと、撮影の機会をくださったva-minさんにお礼申し上げます。
  2. M. Rosenblum, “Viola d’amore,” New Grove Dictionary of Music, 2nd ed., vol. 26, Macmillan, 2001, p. 698. 残念ながら、図面に一致する楽器は見つかっていません。
  3. 音楽とは関係ありませんが、パノフスキーの『イコノロジー研究 上』(ちくま学芸文庫、2002)の中に、「盲目のクピド」が分析されています。
  4. 歌詞の日本語訳は「心して思いはかれ、血に染みたる彼の背のいかにすべてにわたりて、天なる御国を映し出だしたるかを! かしこに逆巻き荒れたるわれらが罪の洪水の大波引きしのち、こよなく美わしき(ママ)虹(創世記7,6〜9,17)、神の恵みのしるしとして現れ出でたり」(杉山好訳。クイケン指揮ラ・プティット・バンドによるCDの解説より)。
29. 12月 2011 · (61) 楽譜どおりに演奏してはいけない場合:バロック音楽の付点リズム はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , , , , , ,

私たちにとって楽譜とは、書き付けられた作曲家の意図を、そのとおりに再現すべきもの。でも、例外もあります。今回は、楽譜どおりの演奏が正しくない場合についてです。

譜例1は、(59) でご紹介したコレッリのクリスマス・コンチェルトの原典版スコア1。フラットが1つ足りない調号や2つ並んだ拍子記号など、現代の書き方と違っていておもしろいですね。これを見ながら、 (59) でもご紹介した動画を聴いてみてください。楽譜と違うところがあります。

譜例1 コレッリ:コンチェルト・グロッソ op. 6-8、原典版、冒頭ソロ声部

譜例1 コレッリ:コンチェルト・グロッソ op. 6-8、原典版、冒頭ソロ声部

まず、ピッチが違いますね。バロック時代は、現在に比べて低いピッチで楽器を演奏していました(バロック・ピッチについては、改めて書くつもりです)。他には? 3小節目に注意して聴いてみてください。最後の八分音符が、八分音符の長さよりも短く演奏されています。これは、わざとそう弾いているのです。

バロック時代の音楽には、楽譜どおりに演奏すべきではない場合があります。その代表例が、クラヴサン(=フランス語でチェンバロ)音楽で用いられる、イネガル(=不均等)奏法。同じ長さの音符、たとえば八分音符が6つ記されていても、譜例2の下声のように長短または短長を付けて不均等に演奏します。

譜例2 付点とイネガル奏法

譜例2 付点とイネガル奏法

その影響で、「付点の音型では、長い音符をより長く、短い音符をより短く弾く」という習慣がありました。譜例2では、上声と下声が同時に最後の音を出すべきだからです2。付点の代わりにタイや休符が使われていても構いません。譜例1の3小節目は、八分休符で音を切らずにそのまま前の音を延ばしていると、譜例2の上声と同じ形になります。複付点の記譜法が知られていなかったこの時代。付点を複付点のように演奏するのは常識でしたから、説明を加える必要もありませんでした。

楽譜どおりに弾く時代になると、このような伝統は途絶えてしまいました。しかし、17、18世紀に記された音楽理論書や教育書の研究によって、当時の演奏実態が解明できます。最近では、この動画のようなオリジナル楽器を使う団体に限らず、現代楽器のオーケストラやアンサンブルでも、作曲家が生きた時代の演奏習慣を研究し、それを取り入れて演奏する団体が増えて来ました。音楽学者として、嬉しく思います。

バロック音楽の演奏法は例外も多く複雑ですが、ご興味がある方はまず、18世紀の「3奏法」と呼ばれるクヴァンツの『フルート奏法』(1752)、C. P. E. バッハの『クラヴィーア奏法』(1753 & 1762)、L. モーツァルトの『ヴァイオリン奏法』(1756)をご覧ください。いずれも日本語訳が出ています3

  1. Corelli: Concerti Grossi for 2 Violins, Violoncello, Strings and Basso continuo, op. 6/1-12, New Urtext Edition. Eulenburug, 1997, p. 176。初版(1714)を主要資料にしています。
  2. このような下声が無くても、同様に奏されます。ウヴェルチュールの冒頭では、付点音符で記されていても、実際には複付点以上の長さで演奏されることもありました。
  3. 付点の奏法についても、『フルート奏法試論』(シンフォニア、1976)51-2ページ、『正しいクラヴィーア奏法』(全音、2,000)第1部131-2ページ、『バイオリン奏法』(全音、1974)29-30ページで述べられています。