03. 6月 2015 · (239) opus, WoO, Hess:ベートーヴェンの作品番号 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , ,

ベートーヴェンが作曲した4つのトロンボーンのための《3つのエクヴァーレ WoO 30》をご紹介したら((238)「塔の音楽」)、「WoO って何?」「大文字 O と小文字 o の組み合わせはなぜ?」と質問されました。これはドイツ語で「作品番号の無い作品」を意味する Werke ohne Opuszahl の頭文字。英語なら work without opus number です。ドイツ語では、名詞を大文字で書き始めるのでしたね。これもついダブリュー・オー・オーと読みたくなりますが、ドイツ語ですからヴェー・オー・オー。

ベートーヴェンの作品番号で最も良く使われるのは、もちろん op.。 ラテン語で「作品」を意味する opus(オプス、英語読みするとオーパス)の省略形です。出版社が番号をつけるときに使われます。ですから出版順で、必ずしも作曲順ではありません。

ベートーヴェンは、「一貫性をもって作品番号を付けた最初の作曲家」1。主要な作品に自分で番号を付け、出版しました。いくつかの死後出版も含め、op. は138番(序曲《レオノーレ》第1番)まで。op. 1 の 3つのピアノ・トリオ(1795) のように複数の作品を含む番号もあるので、138番までで172曲分。

かなり多くの作品が出版されたベートーヴェンですが、未出版の作品もたくさん! この未出版=「opus 番号の無い作品」用の番号が、WoO 番号。ゲオルク・キンスキー(1882〜1951)が収集した資料をハンス・ハルム(1898〜1965)がまとめて出版した、いわゆるキンスキー=ハルムの『ベートーヴェン主題目録』(1955)で、WoO 1から205まで整理されました。この中には有名な《バガテル》イ短調 WoO 59も。えっ、そんな曲知らないって?! 別名《エリーゼのために》。ピアノ初心者あこがれのこの曲も、生前は出版されませんでした。

この opus と WoO の他に Hess 番号もあります。ヴィリー・ヘス(1906〜97)が1957年に『旧全集に含まれない作品目録』(1957)を出版。キンスキー=ハルムの WoO 番号1〜205と、その補遺 Anh. 1〜18(Anh. については (237) 参照のこと)とは別に、opus 番号の無い作品を整理。断片的な作品も含め、Hess 番号は1〜335まで。他に、疑わしい作品および偽作を収めた補遺が Hess A 1〜66。キンスキー=ハルムの WoO と重複するものは WoO 番号を使いますが、重複しないものは Hess 番号で示します。

opus、WoO、Hess、キンスキー=ハルムの補遺、ヘスの補遺。ベートーヴェンの作品番号、ややこし過ぎ!などと怒っている場合ではありません。目録化してくれた先人たちに感謝!です。

  1. 大村典子「作品番号」『音楽大事典2』平凡社、1982、967ページ。
01. 12月 2011 · (57) ヨハン・シュトラウスは人気者 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , , ,

聖フィルは先週、第4回聖光音楽祭でヨハン・シュトラウスの作品を演奏しました。「ワルツの父」ヨハン・シュトラウス1世の《ラデツキー行進曲》op. 228と、「ワルツ王」ヨハン・シュトラウス2世(=1世の長男)の《取り壊しポルカ》op. 269。父の曲も子の曲も、作品番号が200番台ですよ。すごいですね!

こう書くと、200くらいでどうしてすごいのと不思議に思う方がいらっしゃるでしょう。モーツァルトのケッヘル番号は600を超えるし、ヨハン・ゼバスティアンのバッハ作品番号も1000を超えます。シューベルトのドイッチュ番号も1000近く。でも、これらは作品目録番号。その作曲家の作品カタログを作るために、研究者が一定の規則に従って作品を並べた順番を示す数字ですから、すべての曲に番号がつけられています。一方op.は、楽譜を出版した際の番号。出版されなかった曲にはop.番号はありません。

シュトラウスの作品表を計算してみると、父は全作品の9割以上、息子も9割近くの楽譜が出版されています1。しかもほとんどが初演の年の出版です。2世のop. 番号はなんとop. 479まで! 番号無しで出版されたものを加えると500曲以上になります。

これって、すごいことですよ。楽譜を出せば必ず売れたということですから。彼らの音楽はそれだけ人気があったのですね。

オーケストレーションの見事さと美しく親しみやすいメロディーは、同時代のヴァーグナーやブラームスからも、高く評価されています。また、イタリア独立運動を鎮圧したラデツキー将軍の凱旋祝賀会用マーチや、ウィーンを囲んでいた城壁の取り壊し工事に由来するポルカなど、常にタイムリーでウィットに富んだ作品を提供し続けたのも人気の理由です。

それにしても、ウィーンにはいつも出版譜を買ってくれるダンス用オーケストラが、そんなにたくさんあったの ?? と思ったら、違いました。父子が作曲したワルツやポルカは、オーケストラ・スコアではなく、まずピアノ独奏用の楽譜として出版されたのです。ヨハン・シュトラウスの新作を、家でピアノで弾いて楽しみたい人がたくさんいたということですね。もちろん多くの作品は、ピアノ連弾やヴァイオリン独奏(ピアノ伴奏付き)用、オーケストラ用としても出版されました2

図1は、ヨハン・シュトラウス2世がイギリスへ演奏旅行した際に作曲した、イギリスの民謡に基づくワルツ《コヴェント・ガーデンの思い出》op. 329(ウィーン、Spina社、1868)のピアノ譜の表紙。1867年に彼はここで、63回のプロムナード・コンサートを指揮したそうです。ヴァイオリンを左手に弓で指揮する彼の姿が、右側の舞台上に見えますね。

図1 ヨハン・シュトラウス2世:《コヴェント・ガーデンの思い出》ピアノ独奏楽譜の表紙

図1 ヨハン・シュトラウス2世:《コヴェント・ガーデンの思い出》ピアノ独奏楽譜の表紙3

  1. Peter KempによるNew Grove Dictionary of Music, 2nd edition, vol. 24(Macmillan, 2001)の作品表(父がpp. 477-78、子がpp. 483-87)を数えました。父は、番号付きで出版された作品がop. 251までで、番号無しで出版された曲が8曲。一方、出版されずに手稿譜で残されている作品は25曲です。息子は、番号付きで出版された作品が op. 479までで、番号無しで出版された作品が33曲、ロシアで出版された作品が10曲。18あるオペレッタ、オペラ、バレエ作品も、番号無しで出版されています。一方、出版されなかった作品13曲と、出版されずに失われた作品61曲が、リストアップされていました。
  2. 劇作品も、ほとんどがオーケストラ用ではなくいわゆるピアノ・ヴォーアル・スコアの形で出版されました。
  3. 同上、481ページより。