12. 11月 2014 · (211) リトルネッロ形式 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , , , ,

おかげさまで、2010年11月9日に始めた聖フィル♥コラム、4年目に突入! いつも読んでくださる皆さま、今、初めて読んでくださっている皆さま、どうもありがとうございます。前回、リピエーノ・コンチェルトについて書きながら((210)《オケコン》のルーツ参照)、まだリトルネッロ形式を説明していないことに気づきました。200以上書いたのに、バロック・コンチェルト(ソロ・コンチェルトと、複数の独奏楽器のためのコンチェルト・グロッソ両方)に使われたリトルネッロ形式のコラムが無かったなんて。反省!

リトルネッロは、イタリア語の名詞 ritorno(「戻ること」、動詞は ritornare)に縮小辞 –ello がついた形で、「小さな反復」の意味。1600年頃から、有節アリアの前、間、後などに奏される器楽曲を指すようになりました1。初め、リトルネッロはアリアと分かれていて、登場人物の入退場や舞踏シーン、場面転換などに使われました。17世紀半ば頃、リトルネッロとアリア(の反復)は途切れない一続きに。多くの場合、両者は音楽的に関連させて作られました。

協奏曲にこのリトルネッロ技法が使われるようになったのは、1700年頃。独奏者のためのエピソード部分と、トゥッティ(全合奏)によるリトルネッロの交代が繰り返されます。アリアの場合と同様、エピソード部分ではしばしば、リトルネッロの音型やその一部、装飾形などが使われます。

バロック協奏曲の「急」楽章(つまり第1楽章と第3楽章)は、リトルネッロで始まりリトルネッロで終わるのがお約束。一方、エピソードの数は自由。R1― E1― R2― E2― R3….. という具合に、好きなだけ入れることができます。冒頭のリトルネッロはフル・バージョンですが、それ以外は短縮バージョンが普通。みんなが聴きたいのはソロ。リトルネッロであまりお待たせしてはいけません。

何回くらい反復されるのか、ヴィヴァルディのヴァイオリン協奏曲《秋》op. 8, no. 3, RV 293の第1楽章で数えてみましょう。リトルネッロで始まり(R1)、そのリトルネッロを使った最初のエピソード E1(0:27くらい〜)― R2(0:54〜)― E2(1:03〜)― R3(2:01〜)― E3(2:21〜)― R4(2:47〜)― E4(3:18〜)― R5(4:28〜)。4つのエピソードを挟んで、リトルネッロは5回のようですね。エピソードを全部の楽器で伴奏したり、エピソードの途中にリトルネッロの音型で合いの手が入ったりすることもありますが、トゥッティとソロというよりも、リトルネッロとエピソードの交代と考えてください。

  1. Talbot, Michael, ‘Ritornello,’ The New Grove Dictionary of Music, 2nd ed., vol. 21, Macmillan, 2001, pp. 446-47.
22. 6月 2011 · (34) ドイチュ番号について はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , , , , , ,

前回のシューベルトの未完成交響曲たち を読んで、混乱しているナンバリングだけではなく、ドイッチュ番号とやらも省いてシンプルにしちゃったら?とか、ラテン語で「作品」を意味する opus(オープス、英語読みではオーパス、複数形は opera)の略の op. なら知っているけれど、Dって何?と考えた方、いませんでしたか? たしかにアマ・オケの普通のレパートリーなら、「シューベルト:交響曲ロ短調《未完成》」方式で、曲を区別できます1。でも、不可能な場合もあるのです。

たとえばヴィヴァルディの「ヴァイオリン協奏曲ニ長調」は、現存するものだけでも30曲以上。作曲家本人がつけた番号……なんて、ありゃしません。ジャンル別番号は、大作曲家の中ではベートーヴェンが《エロイカ》出版の際、交響曲だけの通し番号である第3番と記したのが最初(彼にとって、交響曲というジャンルが特別なものであったことの現れですね)2。ヴィヴァルディの約100年後の話です。

これらのニ長調協奏曲の中には、op. 3, no. 9 という番号をもつ曲もあります。これは、1711年に出版された、ヴァイオリン協奏曲集作品3『調和の霊感』の9曲目ということです3。17、18世紀にソナタなどの器楽曲を6曲、あるいは12曲まとめて出版する際には、op. 1 のような作品番号がつけられました。

ただ、出版社が番号をつけることが多かったため、同じ曲なのに出版社によって異なる番号がつけられたり、違う曲に同じ番号がつけられるような混乱も生じました。出版されなかった曲(こちらの方が大多数です)には、当然ながら番号がありません。ベートーヴェン以降の作曲家が自作に番号をつけるようになってからも、出版順にすることが多く、作曲の順序が反映されないことと、全ての作品が網羅されないという問題点は、変わりませんでした。

話をシューベルトに戻しましょう。彼が短い生涯で作った1,000近い曲を研究して作曲年代順に並べ、ドイッチュ番号(D)を与えた主題総目録(1951)を作ってくれたのが、オーストリアの音楽学者ドイッチュ。「全作品」を「一定の規則に従って」並べたというのがポイントです。シューベルトの場合、ピアノのための4つの即興曲op. 90や《魔王》op. 1のような、出版されて作品番号を持つ曲はごくごくわずかです(しかも、作曲年代と作品番号は一致しません)から、特定の曲を探したりある曲を同定するときに、D番号は欠かせません。また、数字から、だいたいの作曲時期を類推することもできます。膨大なデータを手作業で整理してくれたドイッチュさんに感謝! 演奏会のチラシやプログラムなどには、正式名称の一部としてD番号もお忘れなく。

このような番号は、作品番号ではなく作品目録番号と呼ばれます。表1に、主な作品目録番号の略号をまとめました4

[表1 主な作品目録番号の略号]
作曲家 略号 編纂者 番号のつけ方
ヴィヴァルディ RV リオム ジャンル別、調性順、通し番号
J. S. バッハ BWV シュミーダー ジャンル別、通し番号(宗教→世俗)
ヘンデル HWV バーゼルト ジャンル別、通し番号(舞台→声楽→器楽)
ハイドン Hob. ホーボーケン ジャンル別、それぞれ1から
モーツァルト K. またはKV ケッヘル 年代順、通し番号(K6版まで改訂)
シューベルト D ドイッチュ 年代順、通し番号
リスト S. サール ジャンル別、通し番号(舞台→声楽→器楽)
  1. 実は聖フィルでも、「誰も作品番号で識別しないから必要無し」と、第2回定演までのチラシやプログラムの曲目表記は、この方式でした。在京のプロ・オケの中にも、この方式を採用しているところがあります。
  2. 石多正男『交響曲の生涯』東京書籍、2006年、276ページ。
  3.  J. S. バッハは、後にこの曲をチェンバロ協奏曲(という名のチェンバロ独奏曲。BWV 972)に編曲しながら、最新のイタリア音楽書法を学びました。(26) クラシック音楽ファンの常識 ? 参照
  4. ベートーヴェンの作品整理には、op. 以外に2種類の略号が使われます。本人が op.番号を付けなかった曲に、キンスキーとハルムがつけた、WoO(Werk ohne Opuszahl 作品番号無しの作品)番号と、op. も WoO も持たない作品や断片・スケッチなどに、ヘスがつけた Hess 番号です。また、ドヴォルジャークの作品はブルクハウゼルによるB.番号(年代順、通し番号)で整理されていて、チェロ協奏曲 op. 104 は B. 191 だそうですが、まだ使われているのを見たことがありません。