13. 4月 2016 · (276) 何が悲しくてなぜワルツなのか? 《悲しきワルツ》 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: ,

聖フィル第14回定期演奏会を聴きに来てくださった方々、どうもありがとうございました。名前とは裏腹に(??)しっかり現代的な《古典交響曲》、ほとんどの方が初めて聴いたであろう《エスタンシア》、メンデルスゾーンの最高傑作《スコットランド》、いかがでしたでしょうか? コラム恒例のアンコール・シリーズ、今回はシベリウスの 《悲しきワルツ》について。

短調でひっそりと終わるこの曲は、本来アンコールには向かないはず。指揮者の田部井剛先生が説明されたように、選ばれた理由は楽器編成。今回のプログラムは、3曲ともトロンボーン無し。アンコールもトロンボーンが無い曲になったのです。それにしても、フルート1、クラリネット1、ホルン2、ティンパニ(1個のみ)と弦楽器という不思議な編成はなぜ? 途中にフォルテの華やかな部分もあるのに、弦楽器は全て、最後まで弱音器をつけたままなのはなぜ? そもそも、いったい何が悲しくて、なぜワルツなの?

田部井先生が触れておられたように、《悲しきワルツ》は『クオレマ』という戯曲の、付随音楽の1曲に基づきます。義兄ヤンネフェルトが書いた『クオレマ』上演(1903年)は、成功しませんでした。シベリウスは翌年、6曲の付随音楽のうちの第1曲《Tempo di valse lente – Poco risoluto ゆっくりしたワルツのテンポで – 少し決然と》を改訂1。《悲しきワルツ》のタイトルをつけてヘルシンキで演奏しました。

オーボエ、ファゴット、トランペット無しという小編成は、劇付随音楽だったからですね。新しいタイトルの中の「悲しい」は、曲が悲しそうに始まって悲しそうに終わるからでしょう。それではなぜワルツで、しかもなぜ曲中で何度も雰囲気が変わるのでしょうか?

原曲 《ゆっくりしたワルツのテンポで〜》は、『クオレマ』第1幕の音楽。クオレマは「死」という意味で、第1幕では、主人公の母の死が描かれます。病で床についた女性が起き上がって、次々と現れる幻たちと踊るという内容2。音楽に合わせてワルツを踊るのですね。

曲は、シンプルでメランコリックに始まります。初めは1拍目のバスだけ。次に後打ちの和音、9小節目でもの悲しい主旋律が加わります。ゆっくりなのは、病人が踊っているからでしょう。途中で明るく弾んだ感じになったり、優雅になったり、元の静かで憂鬱な感じに戻ったり、急に活発になったりと、なんだか取り留めがないのは、ワルツのパートナーが変わっていくことを表しているのでしょうか。華やかな部分にも弱音器が外す指示がないのは、現実ではなく幻の華やかさであることを示しているのかもしれません。最後はヴァイオリン4つだけが残って3つの和音を弱奏し、余韻を残して終わります。

  1. Wikipedia 日本語版には義弟と書かれていますが、シベリウスは女男男の3人兄弟の真ん中。brother-in-low は義兄です。
  2. マイケル・スタインバーグによる解説。サン・フランシスコ響のホームページより。ワルツの踊るのは幻たちで、彼らは病気の女性を見ようとしないという説明もありました(Music With Ease やそれを引用した Wikipedia 英語版など)。
08. 10月 2014 · (206) ワルツの世紀 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , ,

台風接近による暴風雨と京浜東北線の乱れにもかかわらず、聖フィル第11回定期演奏会にいらしてくださった皆さま、どうもありがとうございました。田部井剛先生の指揮、梅津美葉さんのしなやかで情熱的なヴァイオリン、楽しんでいただけましたでしょうか。コラム恒例アンコール解説シリーズは、(練習中に飛んで来た田部井先生のご質問への回答も兼ねて)ワルツについて。

(129) ワルツとチャイコフスキーに既に書いたように、今回のアンコール《眠りの森の美女》第1幕のワルツだけではなく、チャイコフスキーは三大バレエ全てに優美なワルツを書いています。オペラ《エウゲニー・オネーギン》第2幕冒頭、タチアーナの命名日を祝う舞踏会シーンのワルツも有名。チャイコフスキーって、ワルツのスペシャリスト??

1814〜15年のウィーン会議によって、ヨーロッパ中に広まったワルツ。ウィンナ・ワルツ(ランナー、ヨハン・シュトラウス父子が大成)に代表される舞踏会用ワルツは、オペレッタにも取り入れられ、ウィーン以外でも「肩の凝らない」クラシックの重要なレパートリーに。《ドナウ川のさざなみ》(イヴァノヴィチ)、《スケーターズ・ワルツ》(ヴァルトトイフェル)、《金と銀》(レハール)など、ご存知でしょう。

バレエではチャイコフスキー以外に、ドリーブ《コッペリア》や《シルヴィア》。オペラではグノー《ファウスト》の〈ファウストのワルツ〉、ヴェルディ《ラ・トラヴィアータ》の〈乾杯の歌〉、プッチーニ《ラ・ボエーム》の〈ムゼッタのワルツ〉、リヒャルト・シュトラウス《サロメ》の〈7枚のヴェールの踊り〉、《バラの騎士》の〈オックス男爵のワルツ〉などが浮かびます。

実用ではない芸術音楽としてのワルツと言えばショパンのピアノ用ワルツですが、シューベルトはそれより前に、演奏会用ワルツをたくさん作りました。ヴェーバーの《舞踏への招待》の「序奏+いくつのワルツ+コーダ」という形は、後にウィンナ・ワルツの定型に。リストは《メフィスト・ワルツ》が有名。4手用ワルツ集を出版したのは、ヨハン・シュトラウスと親しかったブラームス((58) ヨハン・シュトラウス(2世)とブラームス参照)。彼は、4重唱曲集《愛の歌》《新・愛の歌》を、全て(それぞれ18曲と15曲)ワルツで作曲しているそうです。

オーケストラ曲では、ベルリオーズの《幻想交響曲》第2楽章〈舞踏会〉、前回の定演で演奏したサン=サーンスの《死の舞踏》、シベリウスの〈悲しいワルツ〉(オペラ《クオレマ》から演奏会用に編曲)、ラヴェルの《高雅で感傷的なワルツ》や《ラ・ヴァルス》。19世紀から20世紀初めにかけて活躍した作曲家のほとんどが、オーケストラや器楽のためのワルツを手がけています。

でも、絶対音楽である交響曲や室内楽にワルツを取り入れたのは、チャイコフスキーくらい。今回のメイン、交響曲第5番第3楽章や、弦楽のためのセレナード第2楽章がそれ(《幻想交響曲》は標題音楽。絶対音楽ではありません。(173) 《幻想交響曲》の奇妙さ参照)。メヌエットやスケルツォと同様に3拍子とはいえ、完全に意表を突く組み合わせ。それでいて、特に違和感はありません。これだけでも、ワルツのスペシャリストと呼べるかもしれませんね。

17. 4月 2013 · (129) ワルツとチャイコフスキー はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , , , ,

聖光学院の新講堂ラムネ・ホールで行われた、聖フィル第8回定期演奏会にいらしてくださいました皆さま、どうもありがとうございました。オール・チャイコフスキー・プログラム、聖光学院OBとの共演、サプライズなど盛り沢山のコンサート、いかがでしたでしょうか。演奏会を締めくくったのは、弦楽器のピッツィカートで始まるワルツ。王子ジークフリートの誕生日を祝いに集まった村の娘たちが踊る、《白鳥の湖》第1幕第2曲でした。というわけで、今回のアンコール特集はワルツについて。

円舞曲と訳されるように、回りながら滑るように踊るワルツ。新しい社交ダンスとして流行した理由は、宮廷で踊られていた形式ばったメヌエットとは対照的なステップの自由さもさることながら、何と言っても男女の組み方。手をつなぐ、あるいは腕を組む程度(!?)の他の踊りと違い、ワルツは男女がぐっと接近して、抱き合うように組むのがポイント。不道徳だと禁止された地域もあったようです1

舞踏会用の実用音楽ワルツを芸術的に洗練させたのが、ランナーと、「ワルツの父」「ワルツ王」のヨハン・シュトラウス父子。彼らはオーケストラとともに演奏旅行をし、ウィンナ・ワルツは国外でも大人気に((57) ヨハン・シュトラウスは人気者参照)。こうしてワルツは、19世紀から20世紀初頭にかけて、あらゆるジャンルの音楽に使われることになります。

作曲家の国籍にかかわらず、オペラ、オペレッタ、バレエなどの舞踏会シーンにはワルツ。上記の村の娘たちの踊りや《くるみ割り人形》の《花のワルツ》のようにバレエの群舞や、ソロ用にも(むしろ、バレエでは男女2人で踊るワルツは少数)。踊りと言えば、ヨハンではなくリヒャルトの方のシュトラウスが作ったオペラ《サロメ》の《7枚のヴェールの踊り》にも、ワルツが使われています。

一方、踊るためではないワルツもあります。ピアノを弾く人にとって、ワルツといえばショパン! きらびやかな曲、軽い曲、メランコリックな曲など、自由な形式による様々なワルツは、ピアノ初級者のあこがれの的です。プッチーニのオペラ《ラ・ボエーム》の中の《ムゼッタのワルツ》も同様。「私が街を歩けば」と始まるアリアの歌詞に、踊りは全く出て来ません。でも、金持ちのパトロンがいながら元恋人(貧乏画家)の気を惹く、派手なうぬぼれ女のように見えるムゼッタの真の想いを、揺れるワルツのリズムが絶妙に表現しています。

踊りと関係の無いワルツの極めつけは、チャイコフスキー。彼はなんと、交響曲にワルツを入れたのです。ベートーヴェン以来、交響曲の第3楽章はスケルツォ((101) メヌエットからスケルツォへ参照)がお約束。でも、チャイコフスキーは交響曲第5番の第3楽章に、ワルツを使ってしまいました。室内楽も同様。弦楽セレナード第2楽章は、流れるような優美なワルツです(《第九》のように第3楽章が緩徐楽章)。昨年のウィーン・フィル・ニューイヤー・コンサートで、《眠りの森の美女》のワルツなどが演奏されて話題になりましたが、考えてみるとチャイコフスキーはウィンナ・ワルツから、バレエやオペラに留まらない、計り知れない影響を受けています。

チャイコフスキーのワルツと言えば、もうひとつ。ピアノのための18の小品(op. 72)第16番のタイトルは、《5拍子のワルツ》。作曲家がワルツと書いているのだからワルツなのでしょうけれど、これってワルツ? 5拍子では、踊れませんよね。

  1. Lamb, Andrew, “Waltz” New Grove Dictionary of Music, 2nd ed., vol. 27. Macmillan, 2001, p. 73.