04. 3月 2015 · (227) 指揮棒とリュリ はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , , ,

前回、指揮棒を最初に使った指揮者はシュポーアと言われていると書きましたが、えっリュリじゃないの?!と思った方がおられると思います。実際、田部井剛先生が質問なさった際に、リュリをあげた人が複数いました。今回のコラムは「指揮棒を最初に使った指揮者がリュリではない理由」(初めこのタイトルにしたのですが、長過ぎるのでやめました)。

ジャン=バティスト・リュリ(1632〜87)は、杖を床に打ちつけて拍子をとっているときに、誤って自分の足を打ち、それが元で亡くなったという不名誉なエピソードで有名((18)「赤ちゃん交響曲」誕生までの註1参照)。フイヤン教会で自作の《テ・デウム》を指揮していたときでした。踊れなくなるからと足の切断を拒否1。壊疽が広がり、けがから約3ヶ月後に死去。

リュリについて、これ以外にどんなことをご存知でしょうか。宮廷バレエでルイ14世のお相手をして気に入られましたが、実はイタリア出身でしたね((188) イギリスの作曲家ヘンデル?参照)。彼の曲を聴いたことがある方は、あまり多くないでしょう。西洋音楽史の講義では、バロック時代の最重要作曲家の1人として必ず取り上げますが、私も彼の音楽をよく知りません。彼が形を整えたウヴェルチュール(フランス風序曲。(18) 参照)のサンプルとして、叙情悲劇《アルミード》(1686)序曲を講義で使う程度。バレエや宗教曲もたくさん書いたのに、持っているCDはコメディ・バレエ《町人貴族》(1670)だけ。

さて、指揮棒を最初に使った指揮者がリュリでは無い理由に話を戻します。リュリが拍を刻んだ杖って、指揮棒でしょうか? 日本語では杖も棒ですが、ちょっと苦しいように思います。これが1つ目の理由。英語では指揮棒は一般に baton ですが、リュリが使っていたものは stick とか staff と書かれています。もっとも、baton の語源はフランス語で棒、杖という意味の båton。英語になっても、指揮棒やリレーで使うバトンという意味以外に、官位や権威の象徴の職杖、指令杖という意味が出て来ます(リュリはフランス宮廷音楽の実権を握り、オペラ上演を独占。彼の指揮杖をその象徴と見ることができるでしょう)。

もう1つの理由は、使い方。現在の指揮棒は、指揮者が空中で動かすもの。音を出すことは(基本的に)ありません。リュリがもしも短くて細い棒を使ったとしても、やはり現在の意味での指揮棒とは言えませんね。1820年のシュポーアまで待たなければならないのです。

歌い手や楽器奏者、踊り手に聞こえるよう大きな木の杖で拍を打つのは、リュリや《テ・デウム》に限りません。ルソーは『音楽事典』の中で、パリ・オペラ座オーケストラを覆い隠すほどの拍打ちの「耐え難い雑音」について、苦情を述べています2。これが出版されたのは、リュリが亡くなった80余年後の1768年ですが、この方法はその後も続くのです。ただ、「拍を打つ人」=指揮者だったのはフランスだけ。他の地域では、指揮者と言えば兼業(!?)指揮者でした。2種類の兼業、覚えていますか?

  1. Anthony, James R. et al., The New Grove French Baroque Masters: Lully, Charpentier, Lalande, Couperin, Rameau, W. W. Norton, 1986, p. 16.
  2. Rousseau, Jean Jaques, ‘Orchestre,’ Dictionnaire de Musique, Paris, 1768, p. 355. Koury, Daniel J., Orchestral Performance Practices, Univ. of Rochester, 1981, p. 55より。
07. 9月 2011 · (45) いびつな真珠 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , ,

音楽史の7つの時代区分の1つ、バロック時代((27) 音楽史の時代区分参照)。このバロックという言葉が「いびつな真珠」を意味するポルトガル語「バロッコ」に由来するという説は、よく知られていますね。ビーズ専門店で売られている、様々な形の「バロック・パール」と同じバロックです。

真珠は真円であることに価値があります。バロックであるということは、歪んで価値が無いということ。啓蒙思想家ルソーは、『百科全書』補遺(1776)の中でバロックな音楽を以下のように定義しています。

音楽におけるバロック。バロックな音楽というのは、和声が混乱し、転調や不協和音が多すぎ、音の抑揚が難しく、そして無理な動きをしているような音楽を言う1

若いシャイベがバッハの声楽曲を「あまりに技巧的で、誇張され混乱した芸術」と批判したことも思い出されますね((28) バロック時代はなぜ1750年までか?参照)。バッハの音楽はバロックでいやしいと言われたわけです。

これはどういうことでしょうか。たとえばバロック音楽を代表するオペラでは、登場人物の感情が聴衆にしっかり伝わるように、少々大げさでストレートな表現が不可欠です。悲しみや怒りなどを表すには、不協和音や突然の転調が使われました。ルネサンス時代に重視された均整や調和よりもむしろ、動きが求められます。このような新しい感情表現の手法は、保守的な人々の耳に不快に響いたことでしょう。声楽や器楽の即興に用いられる装飾が、時に大げさで悪趣味だったかもしれません。

19世紀末から20世紀にかけて、美術史家ヴェルフリンらによって、まずバロック芸術の中の美術が再評価されました。軽蔑的な色合いを取り除き、前のルネサンス時代の音楽とは対照的な、独自の様式と性格の価値を認めたのです。この考え方をザックス(民族音楽学や楽器学で有名)が音楽史に導入し、「バロック音楽」という論文を書いたのが1920年。今日では語源のネガティヴな意味は薄れ(と言うか忘れられ)、バロック音楽は、率直でいきいきとした感情表出や、躍動感あふれる音楽と捉えられています2

  1. 服部幸三『西洋音楽史:バロック』(音楽之友社、2001)27ページ。ルソーはいびつな真珠ではなく、イタリア語の論理学の用語を語源としてあげています。
  2. フランスではデュフルクのようにバロック時代という用語を避ける傾向がありました。