16. 12月 2015 · (264) 飲んだくれでもなかった?! ベートーヴェンの父 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , , ,

2015年12月16日は、ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンの245回目の誕生日です。と言いたいところですが、正確には16日が「誕生日と考えられる」ですね。1770年12月17日に、ボンの聖レミギウス教会で洗礼を受けた記録が残っているからです。

幼いベートーヴェンと言えば、酔っぱらった父親に無理矢理ピアノ(この時代の楽器はフォルテピアノと呼ぶべきですが。(49) ベートーヴェンのピアノ参照)を練習させられたというイメージがありませんか。昔読んだ子供向けの伝記などで植え付けられたように思うのですが、これは史実でしょうか?

ベートーヴェンの父ヨハン・ヴァン・ベートーヴェンは、ボン(ケルン大司教兼選帝侯の居城がありました)の宮廷歌手(テノール)。祖父ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンもバス歌手で、1761年からは宮廷楽長も務めました。職業は世襲の時代。ベートーヴェン、最初は父から音楽を学んだはずです。

実はこのお父さん、生まれた年がわかりません。ボンのどの教会にも、洗礼記録が残っていないのです。父だけではなく、ベートーヴェンの幼い頃もよくわかりません。憶測と作り話はたくさん語られて来ましたが、証明された事実はほとんど無いからです。ベートーヴェンは「いつもピアノのそばに立たされて泣いていた」と伝えられています。ヨハンは激しい気性だったようで、いかにも「ありそう」な話。でも、スパルタ教育の証拠は残っていないのです1

驚いたことに、「酔っぱらった父親」部分も史実では無いそうです。ヨハンが大酒を飲むようになるのは、「妻が亡くなる前のある時期から」2。マリア・マグダレーナが結核で亡くなったのは1787年ですから、ヨハンは、息子の年少時から飲んだくれていたわけではなかったのです。

意外にも(ほとんどの伝記作家の記述とは異なり)、ベートーヴェンが幼い頃の彼の家庭は、それほど貧乏ではなかったそうです。ヨハンは宮廷歌手の仕事以外に、声楽だけではなくピアノやヴァイオリンを教えて収入を得ていました。1780年代半ばまで、彼はそれなりに一家を支えていたのです。

しかしその後、経済状態が悪化。1784年の公式報告にヨハンの声が「とてもひどい」と記されていることから、仕事の手段を失ったと考えられます3。飲酒癖も関係ありそうですね。そして、息子がハイドンに学ぶためにウィーンへ発った翌月、1792年12月18日にボンで亡くなりました。

  1. Kerman, Joseph, Tyson, Alan (with Burnham, Scott G.), “Beethoven,” New Grove Dictionary of Music, 2nd ed., vol. 3. Macmillan, 2001, p. 73.
  2. Ibid., p. 74.
  3. Ibid., loc. cit.
05. 10月 2011 · (49) ベートーヴェンのピアノ はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , , ,

ボンのベートーヴェン・ハウス(ベートーヴェンの生家にある記念館)のおみやげの絵葉書(図1)。彼が所蔵していたピアノが写っています。現在のピアノとどこが違うでしょうか。

図1 ベートーヴェンのピアノ(グラーフ製)

図1 ベートーヴェンのピアノ(グラーフ製)

色や、譜面台の形が違いますね。他には? 注意していただきたいのは鍵盤です。黒鍵が2つ、3つ、2つとまとまっていて、その右に白鍵が2つ。だから、1番右の白鍵はファです。低い方はちょっと見にくいけれど、同じように2つ、3つ、2つと黒鍵をたどると、1番左の白鍵は黒鍵2つの左隣のドです。あれれれ? ピアノって、1番下がラで1番上がドじゃないの……?

そうです。このピアノ、鍵盤の数が違います。現代のピアノは全部で7オクターヴ+3度の88鍵ですが、このピアノはドからファまで6オクターヴ+4度の78鍵。10鍵少ないのです(が、意外な盲点らしく、ピアノ科の学生さんにこの写真を見せてもなかなか気付きません)。

78鍵でも、このウィーンのグラーフ製ピアノは当時としては大きいのです1。ベートーヴェンが所蔵していたピアノは3台現存しますが、1818年に贈られたロンドンのブロードウッド製は、ドからドまで6オクターヴ73鍵(図1の向こう側に見えるのが、それと同型のピアノ)。1803年に贈られたパリのエラール製のピアノは、ファからドまでの68鍵しかありません。

弦を叩く強さによって、弱い(ピアノ)音も強い(フォルテ)音も出すことができるから、ピアノフォルテと名付けられた楽器。弦をはじいて音を出すために音量が小さく、かつ強弱の差が無い鍵盤楽器チェンバロは、このピアノフォルテ(略してピアノ)によって取って代わられました。古典派の時代に改良が進みます。ピアニストとしても有名だったベートーヴェンに、ピアノ製作者たちは最新式のピアノを寄贈し、ベートーヴェンは新しいピアノの特色を活かした曲を作りました。彼のピアノ作品は、音域が広がり音量が増しタッチが深くなるといった、当時のピアノ改良の歴史を反映しています。

ただ、上のグラーフ製のピアノの音を聴くと、現代のピアノの音とずいぶん異なる(特に高音域)ことがわかります。現在のピアノに至るには、フレームやハンマー、打鍵メカニズムなどにまだまだたくさんの改良が必要でした。ベートーヴェンや同時代の人々が聴いたりイメージしたピアノの音は、私たちのそれと似て非なるものだったのですね。現代の楽器と区別するために、ピアノの前身楽器を「フォルテピアノ」あるいは「ハンマーフリューゲル」と呼ぶことがあります(フリューゲルはドイツ語で「翼」)。絵葉書と一緒にもらったCDには、図1のグラーフ製ピアノで演奏したベートーヴェンのピアノ・ソナタ op. 110 と、op. 126 のバガテルが収められていました。同じピアノによるベートーヴェン最後のピアノ・ソナタ op. 111 は、こちらから試聴できます。

  1. マホガニー材、奥行き2.43m。低音域14鍵のみ3重弦張り、残りはすべて4重弦張り。耳が聞こえなくなったベートーヴェンのための特注と考えられています。