02. 3月 2016 · (271) コラム番外編:ヴァティカン図書館で調査して来た!! はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , , ,

聖フィル♥コラムを3週お休みしてごめんなさい。ローマ・パリ19日間の調査旅行から戻りました。今回は番外編として、旅行で尋ねた6か所の施設(ヴァティカン図書館、カザナテンセ図書館、ローマ国立中央図書館、サンタ・チェチリア音楽院図書館、サン・ジョヴァンニ・イン・ラテラーノ教会古文書館、パリ国立図書館)から、立ち入る機会が最も少ないと思われるヴァティカン図書館について書きます。

ヴァティカン図書館(Bibliotheca Apostolica Vaticana)のホームページから稀覯本部門長に英語で2度問い合わせをしたところ、英語で丁寧な返事が来ました。実は今回の旅行では、ローマの複数の図書館や教会となかなか連絡がつかず、かなりハラハラさせられました。連絡がついても、英語メールの返事はイタリア語やフランス語がほとんど。ヴァティカン図書館は対応に慣れていると、ありがたく思いました。

ヴァティカン市国では、サン・ピエトロ広場や大聖堂、ヴァティカン美術館以外、外国人の立ち入り禁止。スイス衛兵が見張っています(写真1左上)。私の場合は、稀覯本部門長と何度かメールをやり取りをするうちに入国(!!)が許可されました。プリントアウトして、教皇庁のサンタ・アンナ通用門のポリスに見せるようにという書類(2つの鍵が交差した教皇庁マーク入り)が、添付で届きます。

ヴァティカン市内に入ろうとする人のほとんどは、教皇庁直轄のヴァティカン薬局で薬を買う人たち。彼らは医師の処方箋を見せ、身分証明書を預けて一時的な通行許可症をもらいます。同じ列に並びましたが、身分証明書(パスポート)は図書館カード作成に必要なので、返してもらって図書館の建物へ(写真1右)。パスポートと所属大学の紹介状を出して書類を書き込み、写真入り図書館カードのできあがり。

写真1左上:サンタ・アンナ通用門のスイス衛兵(手前側がヴァティカン市国)。左下:図書館がある回廊の向こうの、サン・ピエトロ大聖堂クーポラ。右:図書館の入口

写真1左上:サンタ・アンナ通用門のスイス衛兵(手前側がヴァティカン市国)。右:図書館入口。左下:図書館がある回廊の向こうに、サン・ピエトロ大聖堂クーポラ。

このカードは、建物の出入り、ロッカーの割り当てと開閉、閲覧申請だけではなく、2階以上の図書セクションのゲートを開けるのにも必要。ゲートを出るとき(たとえば、ロッカー内の水を飲みたいとき)は、閲覧室の係員に手続してもらったカードでなければゲートが開きません。再入室のときも同様。こんなややこしい2重システムはヴァティカンだけ。仕事が終わるまで閲覧室から出るなっていうことですかね??

稀覯本閲覧室は、雑誌セクションや印刷本の閲覧室のさらに奥。それほど大きくない部屋で、多くの研究者が仕事していました。私はアニムッチャやパレストリーナの出版楽譜、ひとりでは持てないような大きく重いミサ曲の手写本を調査((249) 今と同じ?! 16世紀の楽譜参照)。

他にも楽譜の写本を調べている人がいましたし、印刷あるいは手写による宗教の書物を調べている人、大きな巻物をそっと開いてもらって地図を調べている人、彫刻か何かの下絵?(あるいは建物の設計図?)を調べている人、漢字が並んだ薄い紙の古い冊子を調べている人もいました。

2日目からは、スイス衛兵に図書館カードを見せるだけでオーケー。疲れると中庭(写真2)で一休み。落ち着いたオープンな雰囲気の図書館でしたが、驚いたのは資料の複写料金。申し込めば誰でも利用出来ますが、資料1つにつき、A4の白黒コピー最初の1枚が18ユーロ、2枚目から10ユーロって暴利! 他の図書館では、高品質のデジタル複写が高くても1枚3ユーロくらいだったのに。さすが、免罪符の時代から商売上手な教皇庁(!?!)と、感心させられました。

写真2:図書館中庭。植えられているのはシクラメン

写真2:図書館中庭。地植えされているのはシクラメン

16. 7月 2014 · (194) セルパンってどんな音? はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , , , , , ,

フランス語で「蛇」の名前を持つ楽器セルパン(図1)。1度見たら忘れられない形ですね。英語では(同じ綴りで)サーペント。円錐管の内径は、およそ1.3cm〜10.2cm。金属製クルック部分も加えると、全長約2.44m! 楽器部分は木製(クルミ)で、孔が6つ(見える側だけで、親指用の孔が無いのが特徴)。でも、唇の振動で音を作る金管楽器の仲間です。孔は3つずつ2カ所に分かれていて、両手で上から押さえます(図1左)が、右手は下から押さえることも(図1右)。

図1:セルパン(右はロンドン、セント・ジェームス・パレスの衛兵交代図より、1790年頃)

図1:セルパン(右はロンドン、セント・ジェームス・パレスの衛兵交代図より、1790年頃)

1590年頃の発明とされ、フランスで聖歌隊(特に定旋律=グレゴリオ聖歌を歌うテノール声部。(85) アルトは高い参照)の補強に用いられました。低音域の楽器で、指孔のおかげで自然倍音以外の音も出せるからですね((42) 神の楽器? トロンボーン参照)。ドイツやイギリスでは、軍楽隊の楽器として使われ始めました(図1右)。ヴァーグナーは《リエンツィ〉でコントラファゴットの代わりに用いています。

図2:メルセンヌ、セルパン(1777)

図2:メルセンヌ、セルパン(1636)

図2は、メルセンヌによるセルパンの楽器図解と音域表(Harmonie universelle、1636-7)。最低音はヘ音記号の下に加線1本のミ(クリックで拡大すると音域表の真ん中あたりのヘ音記号がわかりますから、ファ、レ、シ、と線を下に数えていきましょう)。音域は2オクターヴ以上。リコーダーのように穴を半分開けて半音を出しました。後に孔が増え、音域も拡大します。

いったいどんな音がするのでしょう? テオルボとアーチリュートの伴奏でセルパンがソロをしている動画を見つけました。曲は、ヴェネツィアで活躍した木管楽器奏者ジョヴァンニ・バッサーノ(1560/61〜1617)による、無原罪の御宿りを歌ったパレストリーナの5声モテット〈Tota pluchra es(あなたは全て美しい)〉の器楽用アレンジ(1591、ヴェネツィア)。

素朴で柔らかい音色ですね。聖歌隊の補強に使われたのもうなずけます。テューバのご先祖様(のご先祖様)ですが、それほど低い感じではありません。この動画では1分過ぎくらいから演奏風景になります(が、セルパンがよく見えないのは残念)。テオルボとアーチリュートは、よく似たリュート属の撥弦楽器。向かって左がテオルボで、本来はネックはいずれも左側です。

「多楽章形式の楽曲において、同じ主題材料を全楽章あるいは数楽章に用いて、性格的統一をはかる手法」を循環形式と言います1。循環形式はしばしば、ベルギー出身の作曲家セザール・フランク(1822〜90)と結びつけられますが、実はルネサンス時代から存在します。たとえばパレストリーナは、(7) クリスマスに聴きたい音楽 part 2でご紹介したミサ曲《今日キリストが生まれたまえり Missa Hodie Christus natus est》において、「パロディ」と呼ばれる循環手法を使いました。

ルネサンス時代のミサ曲は、後の時代のオペラや交響曲のように、作曲家の力量を測る最重要ジャンル。パロディのような複雑な技法が編み出されたのは、このためです。交響曲と異なり、「キリエ」「グロリア」「クレド」「サンクトゥス」「アニュス・デイ」の5楽章は、ミサ典礼の中で続けて歌われるわけではありません。それでも作曲家たちは、循環する素材を用いて、5部分に統一感を与えようとしたのです。

ところで、19世紀の循環形式の開祖(?!)は、ベルリオーズ。恋人の幻影を表わす「イデー・フィクス idée fixe(固定楽想)」を、自伝的作品《幻想交響曲》(1830)の全楽章で、形を変えながら使用しました。初めは優雅なメロディーですが、第5楽章「サバトの夜の夢」では、前打音やトリルを加えEs管クラリネットに担当させて、魔女を連想させるようなグロテスクなものに(ふられた腹いせ!)。この手法に影響された、ヴァーグナーの「ライトモティーフ(示導動機)」や、リストの1つの主題を変容させながら曲を構成する手法((75)《レ・プレ》とソナタ形式参照)も、循環形式の一種と考えられます。

でも、ベルリオーズよりも先に、前の楽章の音楽を循環させた作曲家がいましたね。このコラムでも取り上げました。そうです、ベートーヴェン。《運命》の終楽章で、第3楽章の幽霊スケルツォ(弱音で奏される、トリオの後のスケルツォ)が回想されます((13) 《運命》掟破りのベートーヴェン参照)。また、(旋律とは言えないまでも)運命動機が変形されながら全楽章に使われ((5) 第2楽章の『運命動機』はどこ?参照)、全体を有機的に統一していますから、《運命》をロマン派循環形式の先駆とみなすことが出来るでしょう。

1880年前後から流行したこの形式を、ドヴォルジャークも取り入れています。《ドボコン》でも、終楽章に2楽章で引用した《ひとりにして》の旋律の回想がありましたね((36) ドボコンに込められた想いを読み解く参照)。《新世界》交響曲でも、ホルンによる厳かな第1楽章第1主題(上がって降りる分散和音。(90) 《新世界より》第1楽章の第2主題参照)が、すべての楽章に現われます。

  • 第2楽章:コーラングレの主題が戻って来る直前にトロンボーンが大音響で(96小節〜。前半の上行部分のみ)
  • 第3楽章:第2トリオの直前にチェロ(154〜)とヴィオラ(166〜)が密やかに。コーダでホルン&木管楽器が華やかに(252〜)
  • 第4楽章:展開部クライマックスの直前にファゴット、ホルン、低弦が力強く(190〜。前半の上行部分のみ)。コーダ直前にファゴットと低弦が力強く(275〜)

いずれも印象的! でも、《新世界》で循環するのはこれだけではありません。ドヴォルジャーク、さらに凝った構成を考えました。次回に続く。

  1. 音楽大事典3、平凡社、1982、1207ページ。
20. 12月 2011 · (60) クリスマスに聴きたい音楽 part 4 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , , ,

昨年のミサ曲《今日キリストが生まれたまえり Missa Hodie Christus natus est》に続き、主の降誕を祝うカトリックの典礼音楽をご紹介しましょう。今年、没後400年を迎えたトマス・ルイス・デ・ビクトリア(1548〜1611)のモテット《おお、大いなる神秘 O magnum mysterium》です。

ビクトリアはスペイン生まれ。生地アヴィラの大聖堂少年聖歌隊員として活動したあと、奨学金を得てローマに留学。イエズス会のコレギウム・ゲルマニクムで学びました。1571年に卒業した後は同校で教え、73年にはマエストロ・デ・カッペッラ(直訳すると礼拝堂長)に選ばれています。私がペンネームに名前をお借りしているパレストリーナは、当時ローマ市内のセミナリオ・ロマーノのマエストロ・デ・カッペッラでした。ビクトリアがこの20数歳年上の巨匠と知り合いだったのはほぼ確実で、実際に作曲を教わった可能性もあります。司祭の資格を得て、おそらく85年にスペインに帰国。皇太后マリアに仕えました。

パレストリーナと並び称されるルネサンスの作曲家ビクトリアですが、イタリア語のマドリガーレやフランス語のシャンソンなど、世俗曲もたくさん作曲した前者とは異なり、生涯、ミサ曲やモテット、《聖週間聖務日課集》など、ラテン語の歌詞を持つ宗教曲しか作りませんでした。

《おお、大いなる神秘よ》は、1572年にヴェネツィアで出版された、ビクトリアの最初の曲集におさめられています。クリスマスの朝課で歌われる、同名のグレゴリオ聖歌(より正確には、レスポンソリウム=応唱という種類)にもとづく、4声の無伴奏声楽曲。同じ旋律を歌いながら1声ずつ対位法的に加わっていくのは、この時代の典型的なオープニングですが、「おお祝福された乙女よ(O beata virgo)」では全声が同じリズムで歌い、歌詞が強調されます。最後のハレルヤ(Alleluia)では一時的に3分割のリズムを用いて、コントラストをつけていますね。

コンパクトで、この後のバロック時代に成立する長短調に近い響きも感じさせるこの《おお、大いなる神秘よ》は、日本でも盛んに歌われています。静謐な雰囲気をお楽しみください。

おお大いなる神秘よ
そして驚くべき秘跡よ
動物たちが見たとは、生まれたばかりの主が
まぐさ桶の中に横たわっているのを。
おお祝福された乙女よ、その胎は値したのだ
主イエスキリストをみごもることに、
ハレルヤ(細川哲士訳)

 

ビクトリアはさらに、このモテットを用いて同名のミサ曲も作っています。ミサ曲《おお、大いなる神秘よ》のキリエは、こちらから試聴できます。

20. 12月 2010 · (7) クリスマスに聴きたい音楽 part 2 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , ,

クリスマスにちなんだ音楽2曲目は、聖光学院の建学精神であるカトリックの、主の降誕を祝うミサ曲『今日キリストが生まれたまえり Missa Hodie Christus natus est』です。作曲者は、私がペンネームとして名前をお借りしている、ジョヴァンニ・ピエルルイージ・ダ・パレストリーナ(1525?〜94)。100曲を超えるミサ曲を作曲し、対抗宗教改革(反宗教改革)時代のイタリア音楽界に君臨しました(彼については、いずれ改めてご紹介するつもりです)。

オーケストラのレパートリーは、ハイドン・モーツァルト・ベートーヴェンのウィーン古典派以降なので(聖フィル第3回定演のグルックのような例外もありますが)つい忘れがちですが、ソナタやコンチェルトなどの「器楽曲」が成立したのは、17世紀のバロック以降。それまでの長い長い期間、音楽と言えば声楽でした。西洋音楽はキリスト教の祈りを出発点にしていて、その祈りは最も神聖な「人の声」によって唱えられ、単純な節回しで歌われていたからです(グレゴリオ聖歌と呼ばれます)。

ミサ曲とは、キリスト教の典礼で1年を通じて変わらない祈りを、ひとまとめに作曲した音楽です。キリエ(憐れみの賛歌)、グローリア(栄光の賛歌)、クレド(信仰宣言)、サンクトゥス(感謝の賛歌)、そしてアニュス・デイ(平和の賛歌)の5部分から成り、歌詞(正確には祈りの文言)は、後のバッハのロ短調ミサ曲や、ベートーヴェンのミサ・ソレムニスでも全く変わりません。

パレストリーナのミサ曲『今日キリストが生まれたまえり』は、同名のグレゴリオ聖歌を用いた自作のモテットの旋律を下敷きにした、8声の無伴奏合唱曲です。8声というのは当時としては大きな編成で、イエス・キリスト誕生の喜びが、4声ずつ2グループの掛け合いで歌われます。ヴェネツィアで始まったコーリ・スペッツァーティ(複合唱とか分割合唱と訳されます)という新しい手法です。

機会がありましたら、是非お聴きになってみてください。オーケストラも楽しいですが、人の声ってやはり音楽の原点だと、改めて感じさせられます。下敷きのモテットの後半とミサ曲中の『グローリア』は、ここから試聴できます。