19. 11月 2014 · (212) 《オケコン》とリトルネッロ形式 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , , ,

ソロ中心の様々なエピソードを、トゥッティ(全合奏)で何度も「戻ってくる」リトルネッロで挟みながら進む、リトルネッロ形式((211)参照)。バロック時代、ソロ協奏曲やコンチェルト・グロッソ(複数の独奏楽器のための協奏曲)はもちろん、特定の独奏楽器を持たない、伴奏オーケストラだけで演奏されるリピエーノ・コンチェルト((210) 《オケコン》のルーツ参照)にも使われました。ソナタ形式が成立する前の話。でも、バルトークの《オケコン》(1943)第1楽章も、リトルネッロ形式で分析できるのです1

初演(1944)の解説に、バルトークは第1楽章(Introduzione)をソナタ形式と書きました。提示部第1主題は、アレグロ冒頭のファースト・ヴァイオリンが忙しく上がって下りる(より専門的に言うと、「増4度の順次進行と完全4度の跳躍進行2回で上がって、同じく増4度順次進行+完全4度の跳躍進行2回で下りる」)音型。第2主題は、オーボエが隣同士の2つの音を行ったり来たりする、トランクィッロ(静かに)部分。展開部は第1主題で始まり、金管楽器によるフガートも、第1主題(の前半部分)が導きます。

この、何度も出てくる第1主題をリトルネッロ、間に挟まれる部分をエピソードと考えてみてください。R1(下の動画の3:52くらい〜)― E1(4:53〜)― R2(6:25〜)― E2(6:57〜)― R3(7:45〜)― E3(8:40〜)― R4(10:09〜)となります。お約束のリトルネッロで始まらないのは、テンポの遅い序奏部を付けた変形だから。リトルネッロに較べてエピソードは音量が小さく(いずれにもトランクィッロの指定がありますから当たり前ですが)、独奏や重奏が多いことも、リトルネッロ形式の図式にぴったり。

ソナタ形式として分析すると、再現部は第2主題で始まります。上のリトルネッロの記号を使うと、提示部:R1=第1主題部、E1=第2主題部。展開部:R2、E2、R3。再現部:E3=第2主題部、R4=第1主題部。2つの主題を逆の順序で再現した形です(あるいは、第1主題の再現を省略、R4の第1主題をコーダと考えることも)。調の選択も含めてソナタ形式の定型からかなり外れていますが、作曲された時期を考えると、ご本人が書いた「だいたい通常のソナタ形式 a more or less regular sonata form」の範囲内かな2。いずれにしろ、第2主題から再現したおかげで、リトルネッロ形式にきれいにはまります。バロック時代のリピエーノ・コンチェルトという外枠だけではなく、その中身であるリトルネッロ形式も意識し、どちらの形式とも考えられる形に作曲したのでしょうね。

  1. Cooper, David, Bartók: Concerto for Orchestra, Cambridge University Press, 1996, pp. 36-37.
  2. 前掲書、p. 85。伊東信宏の「ミニチュア・スコア解説」(『バルトーク:管弦楽のための協奏曲』音楽之友社、2012、v)では more or less が訳出されず「通常のソナタ形式」と書かれているので、注意が必要です。
05. 11月 2014 · (210) 《オケコン》のルーツ はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , ,

音大の学生さんたちに講義を頼まれて、バルトーク(1881〜1945)の《管弦楽のための協奏曲》通称《オケコン》(1943)を分析中。さまざまな要素が絡み合った、エキサイティングな曲です。でも「題名が既にわけわかんない〜〜」という悲鳴が……。作曲の背景や音楽の内容よりも、まずはタイトルから。

協奏曲、コンチェルトは(もともとは声楽曲を指していましたが)、1つあるいはそれ以上の独奏楽器とオーケストラのためのジャンル。ピアノ協奏曲ならピアノとオケ、ヴァイオリン協奏曲ならヴァイオリンとオケ。「オーケストラのための協奏曲」ならオケとオケ……?? 確かに理屈が通らないかもしれません。でも、初演の際にバルトークご本人が「この交響曲的作品のタイトルは、この作品の中で単一の楽器、あるいは一群の楽器が、『協奏的』、独奏的に扱われる傾向がある、ということに由来している」と解説しています1。オーケストラの中の楽器が代わる代わるソリスト役を務める曲ということ。第2楽章「対による提示」(以前は「対の遊び」)は、特に協奏的。

特定の独奏楽器を持たない協奏曲というジャンルは、実はかなり古くから存在します。そう、リピエーノ・コンチェルトですね。え、リピエーノ・コンチェルトをご存じない?! バロック時代に作られた、複数の独奏楽器を持つ協奏曲がコンチェルト・グロッソ((165) 交響曲?協奏曲? サンフォニー・コンセルタント参照)。その、コンチェルト・グロッソの演奏に必要な伴奏楽器グループを、リピエーノ・オーケストラと呼びます(独奏楽器グループは、コンチェルティーノ)。リピエーノ・コンチェルトは、リピエーノ・オーケストラだけで演奏する協奏曲、つまりソリストがいない協奏曲ということ。

そんなの、協奏曲じゃないだろ!と怒らないでください。たとえば、バッハのブランデンブルク協奏曲第3番。ヴァイオリンとヴィオラとチェロ3声部ずつと通奏低音のための作品で、ブランデンブルク「協奏曲」の1つなのに、独奏楽器はありません。でも、合奏しながらいろいろなパートがソロを受け渡していきます。これがリピエーノ・コンチェルト。後に交響曲の源の1つとなります。

華やかで名人芸的な《オケコン》と、堅実な弦楽アンサンブルであるブランデンブルク第3番を結びつけるのは、難しいかもしれません。でも、第1次世界大戦後の新古典主義の流れの中で、バルトーク以外の作曲家にも作られた《管弦楽のための協奏曲》の原型は、このリピエーノ・コンチェルト。バロック時代のコンチェルト・グロッソの変化形です。特別なソリスト無しにいろいろな楽器のソロを楽しめる、お得で魅力的な曲種ですね。

  1. 訳は伊東信宏「ミニチュア・スコア解説」『バルトーク:管弦楽のための協奏曲』音楽之友社、2012、v。