26. 10月 2016 · (294) 謎の弦楽器、プサルテリウム はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , ,

(293) 管楽器は弦楽器より偉かった!!? で参照したメムリンクの「奏楽の天使」を再掲します(図1)。キリストから最も遠い(=左端の)天使が奏している不思議な形の楽器は、プサルテリウム(英語ではプサルタリー)。ツィター属の撥弦楽器で、長方形、三角形、台形など、形はいろいろ。平らな共鳴箱に響孔があり、たくさんの弦が張られ、指、または鳥の羽軸などで作られたプレクトラムではじいて演奏します。

図1:メムリンク「奏楽の天使」左パネル

図1:メムリンク「奏楽の天使」左パネル

プサルテリウムは、ギリシア語の psallein(指ではじく)に由来する語。プサルテリオンは直立の角型ハープを指します1。形も構え方もハープそっくりの図像もありますが、今日知られているプサルテリウムは、東洋(イラン)のサントゥール(図2)につながりがあると考えられます。11世紀にムスリム勢力下のイベリア半島で知られるようになったサントゥールは、二等辺四角形。小さなハンマーで弦を打って演奏します(現在では、このような打弦楽器はダルシマーと呼んで、撥弦楽器プサルテリウムと区別しますが)。

図2:サントゥールを演奏する女性(Hasht-Behesht Palace, Isfahan)

図2:サントゥールを演奏する女性(Hasht-Behesht Palace, Isfahan)

サントゥールなどは水平に置いて演奏しますが、プサルテリウムは垂直に縦型に置かれます。メムリンクが描いた、両側が大きく内側に曲がり込んだプサルテリウムは、豚の頭部に似ているとして「豚(の頭)のプサルテリウム」と呼ばれ、14世紀ころ普及しました。楽器を構えやすくしたのですね。一方東ヨーロッパでは、台形を半分にした形の「ボヘミアの翼」と呼ばれるプサルテリウムが使われました。

プサルテリウム psalterium という語は、古くは、聖書に登場する楽器を表すとともに、「弦楽器を持って歌う歌 psalmos」である旧約聖書の詩編(羅: psalmi、英: psalms)も指す言葉でした2。詩編を唱う際の伴奏楽器として、好んで使われたと考えられます。トロンボーンやツィンクのように教会で使われた楽器で、神聖なはずなのに、どうしてキリストから遠いところに(=管楽器よりも低位として)描かれているの?? 楽器のヒエラルキーは、教会での使用の有無で決められたわけではないのかな?? 管楽器が弦楽器よりも高位と考えられたのは、最高位の声楽と同様に人間の息を吹き込んで音を出すからでしょうか。

ところでこのプサルテリウム、意外な楽器のご先祖さまです。何かわかりますか?! この撥弦楽器に鍵盤を加えると……?? そうです。実はこのプサルテリウム、チェンバロのご先祖さまなのです(図3。来週再来週はコラムをお休みさせていただきます)。

図3:原始的なハープシコード。15世紀半ば、collegiate church of S Maria, Daroca

図3:原始的なチェンバロ。15世紀半ば、Collegiate church of S Maria, Daroca

 

  1. 無記名「プサルテリウム」『音楽大事典4』平凡社、1982、2104ページ。
  2. McKinnon, James W., ‘Psaltery,’ New Grove Dictionary of Music, 2nd ed., vol. 20. Macmillan, 2001, p. 521. 図3は同 525ページより。

マーラーの交響曲の変な(!?)ポイントについて書きながら((169) (170))、マーラーよりももっとずっと変てこりんな、いえ大胆で独創的な交響曲についてまだきちんと書いていないことを思い出しました。それは《幻想交響曲》。すでに何度か触れているので一部重複しますが、この曲についてまとめてみます。

フランスの作曲家エクトル・ベルリオーズが1830年に作りました。遅いテンポの序奏部付きアレグロ、ワルツ、緩徐楽章、マーチ、フィナーレの5楽章構成とか、コーラングレや Es管クラリネットの持ち替えとか、ハープが2台必要とか、ティンパニ奏者は4人も必要とか、そういうことはちょっと脇に置いて。

変てこりんなポイントその1は、ひとつの旋律が形を変えながら全ての楽章に現われ、全体を統一していること。ロマン派音楽で盛んに使われる循環形式の、出発点ですね。ポイントその2は、この曲が「ある芸術家の生涯におけるエピソード」であり(副題)、それを説明する標題(プログラム)がついていること(=標題音楽。英語ではプログラム・ミュージック)。「失恋して絶望した若い芸術家がアヘンを飲んで自殺を図るが死に切れず、奇怪な夢をみる」というような曲全体の標題だけではなく、楽章ごとの標題も(ベルリオーズは標題を何度も改訂し、《幻想》が演奏される時はパンフレットとして印刷しました)。

詳細に書かれた標題を音楽で表現するのに重要なのが、ポイントその1の循環する旋律。しかし、ただ何度も戻って来るだけではありません。この旋律は、芸術家が崇拝している女性の幻影「イデー・フィクス idée fixe(固定楽想)。ポイントその3です。第1楽章の初出ではチャーミングでエレガントな旋律が、終楽章の魔女たちの宴では、装飾音がごちゃごちゃ加えられ、甲高いEs管クラリネットが担当するグロテスクな旋律に。ポイントその1とその2は、いずれもベートーヴェンが先駆ですが(前者は《運命》、後者は《田園》)、ポイントその3の、旋律に特定の意味を持たせるのは交響曲では新しい試み!

ベルリオーズがこのような変てこりんな、いえ大胆で独創的な交響曲を作った直接の発端は、1827年9月11日に見た、イギリスのシェイクスピア劇団による《ハムレット》公演。オフィーリア役のハリエット・スミッソンに一目惚れしただけではありません。全くわからない英語による上演であったにもかかわらず、ベルリオーズはシェイクスピア劇のもつ壮大さ、崇高さ、劇的構想の豊かさに衝撃を受けました。

もうひとつ重要なのは、1828年3月に初めて、ベートーヴェンの第3番と第5番の交響曲を聴いたこと(アブネック指揮パリ音楽院演奏協会)。それまで声楽中心だった彼の音楽世界(ベルリオーズが音楽の道に進むきっかけとなったのはオペラ((103) ベルリオーズの人生を変えた音楽参照)。1830年にローマ大賞を受賞するまで26年から毎年、課題曲として作っていたのはカンタータでした)。それが、器楽の持つポテンシャルに気づいたことで、大きく広がります。

ベートーヴェンへの敬意の表明だったはずなのに、このような変てこりんな、いえ、大胆で独創的な交響曲になってしまった理由は? いろいろ考えられますが、たとえば交響曲では用いられなかったハープや鐘、コーラングレは、オペラでは以前から用いられていました。また、ベルリオーズは音楽を、表現力豊かで劇的な芸術と考えていて、《幻想》も「ベートーヴェンの交響曲の枠組みの中に、劇的および詩的なアイディアをうまく入れ込もうとした慎重で意図的な試み」と捉えることができます1。それに、《幻想》だけではなくご本人も、かなりエキセントリックな性格だったようですね。

  1.  Macdonald, Hugh, ‘Berlioz,’ The New Grove Dictionary of Music, 2nd ed., 3, Macmillan, 2001, 387.
06. 3月 2012 · (71) 続・ハープは重い? はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags:

素朴な疑問:弾くとき、ハープはいったいどれくらい重いのか? (70) に続き、突撃取材のご報告です1。まさに、百聞は一見に如かずでした。

たとえば7本のペダル。等間隔、左右対称、左側からドレミファ順に並んでいるのだと思い込んでいたのですが……。左足で操作する3本と右足の4本は、少し離れていました(図1。全ての図は、クリックすると拡大します)。ピアノのペダルよりも細身。左3本は手前からシドレ、右4本は手前からミファソラのペダルだそうです。しかも、こんなところに大きな共鳴孔が!

②:7本のペダル

図1:ハープ、7本のペダル

グランド・ハープには、1810年にパリでエラールが特許を取った、2段階に踏み込める機構が使われています。ダブル・アクションと呼ばれ、ペダルを1段階踏むと半音、さらに踏むともう半音、高い音が出ます2。図2は左から順に、ペダルを踏んでいないとき、1段踏んだとき、2段踏んだときの状態。ピアノのペダルのように踏み続ける必要はありません(慣れないと、角にひっかけるのがむずかしい)。これは左側の3本なので、左の踏んでいないのがレ、1段踏んだのがド、2段踏んだのがシのペダルです。

図1:ハープ、左からペダルを踏まないとき、1段踏んだとき、2段踏んだとき

楽器上部のネック(素朴な疑問その2:なぜここが首なのか?)には、2本のピンを持つ小さなディスクが、各弦に2つずつ付いています。ペダルを踏むとディスクが回転し、ピンが弦をひっかけます。図3は、ドのペダルを1段、シを2段踏んでいる図2の状態のディスク。中央の赤いドの弦は、上のディスクに付いたピンが、その左隣のシの弦は、上下両方のディスクのピンがひっかけていますね(クリックで拡大し、白い→部分をご覧ください)。このため、ドは半音1つ、シは半音2つ分高い音になるのです。ペダルを踏んでいないレミファソラの弦は、ディスクのピンに触れていません(ドの下のディスクのピンも、弦から離れています。に注目)。

④:ペダルを踏んだときのディスク

図3:ハープ、図2状態でのディスク

しくみがわかったところで、いよいよ楽器を構えてみます。このハープの重量は32kg。お米3袋分の重さが、(かつぎ上げるわけではありませんが)片方の肩に寄りかかってくるのー?!  恐る恐る、先生が教えてくださったふうに楽器を傾けると……。あれれっ? 重くない! 重さが肩にかからないように、重心が設計されているのだそうです(「そうでなければ、楽器と人が一体になった演奏はできません」と、西村光世先生)。確かに、ちょっと気が緩んで姿勢が悪くなると、いつの間にか右肩にずっしりと重みが……。

右側の4本のペダルは、楽器の蔭になって全く見えません。どうやって動かすの!? とパニックしていたら、「パイプ・オルガンの足鍵盤と同じ」と先生。なるほど。左右どちら側のペダルも、いちいち足元を見ないで、ちょっと触れて確かめたりしながら感覚で操作するのですね(留学中ずっとパイプ・オルガンを習っていたので、すとんと納得)。

図4:ハープ、ペダルお片づけ

紀元前3000年以上前のメソポタミアやペルシアで描かれた図像が伝わる、長い長い歴史を持つハープ。突撃取材による結論は、「弾くとき、ハープは重くない」でした。百聞は一触(?!)に如かず。ちなみに、ペダルは下に踏み混むだけでなく、上に折れるのだそうです(図4)。ピアノのペダルでは有り得ません。なんだか、かわいいですね。

  1. お世話になりました西村光世先生(西村光世音楽事務所)、本当にありがとうございました。
  2.  (70) では説明しませんでしたが、実は、ペダルを全く踏まない状態では、ピアノの白鍵盤のハ長調ではなく、全部の音がそれより半音ずつ低い、変ハ長調の音階が出ます。7つのペダルをすべて1段踏み込むとハ長調、さらにもう1段踏み込むと、嬰ハ長調の音階になります。
29. 2月 2012 · (70) ハープは重い? はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags:

第6回定演の《レ・プレリュード》と《スコットランド幻想曲》で、聖フィルに初めてハープの賛助さんをお迎えするのを記念して、今回はハープに関するイエス /ノー・クイズから。

  1. ハープは低音域を手前(体側)にして楽器を構える。イエスかノーか。
  2. 右手が自由になるように、顔の左側に楽器を構える。イエスかノーか。
  3. ピアノのように、左右10本の指で演奏する。イエスかノーか。
  4. ピアノの鍵盤数と同じ88本の弦がある。イエスかノーか。
  5. ピアノの鍵盤と同じように、白い弦と黒い弦に分かれている。イエスかノーか。
  6. ピアノとほぼ同じ音域を持つ。イエスかノーか。

ハープ奏者が在籍するアマ・オケは、ほとんどありませんよね。オケの経験が長くても、ハープについてはよく知らない方が多いと思います。クイズの正解は……6番以外、全部ノー!

ハープを演奏するときは、長い弦(=低音域)が張られている支柱側ではなく、短い弦が張られている響板(共鳴胴)を、右肩にのせます。遠くの長い弦は、左手しか届きません(低音域を左手、高音域を右手で弾くのは、ピアノと同じですね)。演奏に使うのは、両手の小指以外の8本の指。音階は、左手の薬指から親指まで順にドレミファ、右手の薬指から親指まで順にソラシドと弾きます。オーケストラで使われるグランド・ハープの弦は、47本(1番低い弦の無い46弦も)。ドの弦は赤、ファは青か黒で、これが弾くときの目印。音域はドからソまで6オクターヴ半で、ピアノとほとんど変わりません。ピアノの白鍵盤で考えると、左端ラシと、右端ラシドが足りないだけです。

ここで疑問を感じてくださいね。47本の弦で、88鍵のピアノとほぼ同じ音域をカバーするのはなぜ? 簡単に言うと、ハープはピアノの白鍵盤に相当する弦だけを持つからです(実際はもう少し複雑ですが、後で説明します)。黒鍵盤の音は、ペダルを踏んで出します。

ハープにはペダルが7本(!!)あって、ドレミファソラシを1本ずつ担当しています。たとえば、ファのペダルを踏み込むと、全てのファの弦がファ♯になります。ト長調の曲は、この状態で弾けます。

でも、転調したり臨時記号が付いているときは、途中でペダルを変えなければなりません。一見優雅そうですが、実は手だけではなく足も、(見えないところで)大忙しの楽器なのです。足は2本しかありませんから、一度に3つ以上のペダルを動かせませんし、動かす速さにも限界があります。オーケストラでしばしばハープが2台使われるのは、半音階進行が多い曲の、複雑なペダル操作を分担するためです。

……というような知識は持っていたのですが、実際にハープ(の重さ)を体験してみたくて、突撃取材(!)に行ってまいりました1。フル・コンサート・サイズのグランド・ハープは、背丈よりも高くて堂々としています。台座にペダルがいくつか見えますね(図1。クリックで拡大します)。ペダルを前に(つまり図1では右奥に)椅子に座り、楽器を傾けて右肩にのせます。さて、ハープはいったいどれくらい重いのでしょうか((71) 続・ハープは重い?に続く)。

図①:グランド・ハープ

図1:グランド・ハープ

  1. 突然のコンタクトであったにもかかわらず、グランド・ハープの重さを体感したい、写真も撮らせて欲しいという私の願いを叶えてくださった、西村光世先生と西村光世音楽事務所に、心よりお礼申し上げます。