17. 12月 2014 · (216) モーツァルトの《そりすべり》 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , ,

《そりすべり》と言えば、ルロイ・アンダーソン以外に(よりも?)モーツァルト。アンダーソンの奥さんの回想にも登場しましたね((215) クリスマス以外にも聴きたい音楽参照)。3つのドイツ舞曲 K.605 第3曲のトリオ(A−B−AのB部分。(133) トリオはトリオだった参照)が、《そりすべり》のタイトル付き。

モーツァルトは1791年初め(同年12月に没)頃、舞曲をたてつづけに作りました。全自作品目録((23) 意外に几帳面だった(!?)モーツァルト参照)によると、ドイツ舞曲を作った2月12日には他にも2つのメヌエットK.604、その1週間前の2月5日には4つのメヌエットK.601、4つのドイツ舞曲K.602、2つのコントルダンスK.603、さらに1週間前の1月29日には6つのドイツ舞曲K.600を完成させています1

モーツァルトに限らずウィーンの人々は大のダンス好きでしたが、彼がこんなに舞曲を作ったのは、1787年12月7日付けでヨーゼフ2世に、グルックの後任として宮廷作曲家の称号を与えられたから。レント(復活祭前の悔い改めの時期。カトリックとプロテスタントでは四旬節、聖公会では大斎節)前の舞踏会シーズンに、宮廷舞踏会用の曲がたくさん必要だったのです。洗練されたメヌエット、より庶民的なドイツ舞曲やコントルダンス。いずれも彼の時代によく踊られました。

《そりすべり》が含まれる第3番のドイツ舞曲は元気に始まりますが、トリオでは、ファゴット以外の木管楽器やティンパニ、トランペットはお休み。代わりに、ド、ミ、ファ、ソ、ラの音程の鈴と、2種類のポストホルンが、ウィーンの冬の風物詩だったそりすべりの楽しげな様子を描写します。元気な部分が戻った後にコーダ。そりが遠ざかっていくように、最後は鈴とポストホルンだけが残ります。宮廷舞踏会で演奏されたら、さぞかし「うけた」ことでしょう。

ところで、お父さんのレオポルトにも《そりすべり》があるのをご存知ですか。ヴォルフガンクが生まれる前年1755年作曲の《音楽のそりすべり Musikalische Schlittenfahrt》です。続けて演奏される12の部分から成るヘ長調のディヴェルティメントで、《そりすべり》は2曲目。やはりド、ミ、ファ、ソ、ラの鈴が使われます(上の動画)。

あれれ、この動画の曲、自分が知っているレオポルトの《そりすべり》と違う!という方がおられるかもしれません。楽譜を調べたところ、そちら(下の動画の音楽)はレオポルト・モーツァルト作曲《音楽のそりすべり》を Franz Theodor Cursch-Bühren(1859-1908)が編曲した『子供のための交響曲』。雰囲気は似ていますが、よく聴くと、これでも編曲?!と驚くほど違いますね。

  1. 全自作品目録には2つのドイツ舞曲として記入。《そりすべり》の第3番は含まれていません。でも、同年にK.600、K.602とともに出版された《12のドイツ舞曲》には含まれています。藤本一子『モーツァルト事典』東京書籍、1991、383。
21. 5月 2014 · (186) ダ・カーポ後の繰り返し はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , , , , ,

先日、モーツァルトの交響曲の講義で、トレヴァー・ピノック指揮イングリッシュ・コンサートによる40番ト短調 K.550 のCDを使いました。オリジナル楽器(ピリオド楽器とも)やそのレプリカによる、作曲家が生きていた頃の響きや、彼らがイメージした響きを知って欲しいと思うからです。第3楽章の授業後、「さっきの演奏団体はどこですか?」と何人も質問に来ました。「フルートの音がリコーダーみたいだった」。そりゃそうでしょうね。モーツァルトの時代(や19世紀)、フルートは木製でしたから。

ところで、第3楽章メヌエットでは、トリオ((133) トリオはトリオだった参照)の最後にD.C.と書かれ、2回目のメヌエットの記譜は省略されます(D.C.はダ・カーポ Da capo の略。イタリア語で「頭から」という意味)。メヌエットもトリオもそれぞれ2部分から成り、どちらも反復記号付き。ただ「ダ・カーポ後は繰り返しせずに1回ずつ演奏し、Fineで終わる」ものだと思っていたのですが……。

ピノックのCD、ダ・カーポ後のメヌエットも繰り返しています。ジョン・エリオット・ガーディナー指揮イングリッシュ・バロック・ソロイスツのCDも同様。クリストファー・ホグウッド指揮エンシェント室内管弦楽団や、フランス・ブリュッヘン指揮18世紀オーケストラによるベートーヴェンの交響曲第3楽章でも、ダ・カーポ後のスケルツォ2部分がそれぞれ繰り返されます。

少し古い辞書には、「ダ・カーポの後は反復記号を無視して終止に至るのが慣習となっている。”Scherzo da capo senza ripetizione”(スケルツォの曲首から反復なしにの意)はその反復記号の省略を明記した指定である」1とあります。私が習ったのは、これ。しかしイギリスのより新しい事典には、「古典派の交響曲において、メヌエットやスケルツォのトリオの後には決まって『ダ・カーポ』と記された。作曲家は時に、最初(すなわちメイン)部分の再現の際、内部反復の省略を求め、”D.C. senza repetizione(曲頭から繰り返し無しに)”と書いてこれを示した」2

いつもトリオの終わりまでしかCDをかけていなかった(講義時間は限られているのです)ため気づかなかったのですが、「明記されない場合は、ダ・カーポ後も反復を省略しない」のが普通になったようですね3。逆に、ダ・カーポ後に反復しなくなったのは、いつ頃からでしょうか。資料を捜し続けてみようと思います。

  1. 伴紀子「反復記号」『音楽大事典4』、平凡社、1982、1973ページ。
  2. Westrup, Jack, “Da capo,” New Grove Dictionary of Music, 2nd ed., vol. 6, Macmillan, 2001, p. 829. repetizione の綴りはママ。
  3. ウィキペディア日本語版には「特に注意書きがない場合であっても、伝統的に繰り返し記号は無視して進めることとされる」と書いてありますが、英語版(の譜例)には、省略しないで演奏する、新しい情報が書かれています。
29. 5月 2013 · (135) トリオはトリオじゃなかった? はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , , , , ,

ついこの前、トリオはトリオだった (133) と言っていたのに、今度は逆か、嘘つき!とお怒りの皆さま、すみません。あれは交響曲のトリオの話。第3楽章の中間部トリオのもとをたどると、3重奏で作曲されることも多かった、バロック時代の2つ目の舞曲(第2メヌエットなど)へ行き着きます。でも同じ頃、3重奏ではないトリオも存在していました。今回はそのお話。

バロック時代の最も重要な室内楽形式、トリオ・ソナタ。器楽の中でおそらく最も人気が高く、アマチュアを中心にヨーロッパ中で盛んに演奏されました。編成は、旋律楽器2つと低音楽器(譜例1参照)。イタリアでは17世紀後半から、旋律楽器として専らヴァイオリンが使われましたが、ドイツでは管楽器も好まれ、オーボエ、フルート、リコーダー、ファゴット、コルネットなどが用いられました。低音楽器は、チェロやヴィオラ・ダ・ガンバ、ヴィオローネ(コントラバスのご先祖様)などです。

譜例1:コレッリ作曲トリオ・ソナタ op. 1, no. 1, 第1楽章

譜例1:コレッリ作曲トリオ・ソナタ op. 1, no. 1, 第1楽章冒頭

トリオ・ソナタの音楽的な特徴は、3つの声部、特に2つの上声が音楽的にほぼ対等だったこと。現在のオーケストラ曲や室内楽曲では、ファースト・ヴァイオリンの方がセカンド・ヴァイオリンよりも音域が高いので、ファーストが旋律、セカンドが和声付けあるいは伴奏ということが多いですよね。トリオ・ソナタでも同様ですが、ときには1つのメロディーを2つの旋律楽器が代わる代わる弾いたり、途中でセカンドの音域がファーストより高くなって、メロディーを受け持ったりしました。

でもこれなら、トリオ・ソナタも3重奏でトリオ? いいえ、(132) 楽譜どおり演奏しても足りない場合をお読みの方は、低音声部の上に書かれた6や7などの数字にお気づきですよね。そうです。これは、和音の種類を示す数字。バロック時代の伴奏法、通奏低音です。通奏低音では、低音旋律楽器以外にハープシコードやオルガンのような鍵盤楽器が必要。左手で低音旋律を弾きながら、数字を読み解いて右手で和音を充填して行くのです。したがって、譜例1のトリオ・ソナタを演奏するには、奏者が4人必要1

トリオ・ソナタとは3重奏のソナタではなく、譜例1のように、独立した3つの声部から成るソナタという意味。奏者は4人と限りません。バッハのオルガン用トリオ・ソナタは、1人用(両手+足鍵盤で3声)。同じくバッハの、オブリガート・チェンバロ(両手の旋律が作曲された=即興で右手の和音を補う通奏低音ではないチェンバロ・パート)を伴う独奏楽器ソナタ(フルート用やヴァイオリン用など)は、2人用(独奏楽器1+チェンバロの両手で3声)。トリオが、3重奏つまり3つの楽器編成を意味するようになるのは、古典派以降です。

  1. (133) トリオはトリオだったで例に挙げた中で、リュリの《アルミード》とバッハの《ブランデンブルク協奏曲》第1番のトリオ部分は、3人で演奏する3重奏ですが、《ペルセ》のトリオ部分(第2パスピエ1回目と2回目)は通奏低音付き。4人で演奏します。
12. 5月 2013 · (133) トリオはトリオだった はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , , , , ,

交響曲の第3楽章は、メヌエットでもスケルツォでも、AーBーAの形で作られることが多いですね。中間部分Bはトリオと呼ばれ、その後にA部分がダ・カーポ(イタリア語で「頭から」=冒頭に戻る)されます。でも、第3楽章の中間部分って、3重奏ではありませんよね。どうしてトリオと呼ばれるのでしょうか。

17世紀、バロック舞踏のステップ・パターンをひと通り終えるためには、かなりの長さの曲が必要でした。たとえばメヌエットの一連の動作には、120小節もの音楽が必要だったそうです1。しかし、メヌエットにしてもガヴォットにしてもサラバンドにしても、舞曲はそれほど規模の大きいものではありません。1つの曲を踊りが終わるまで何度も何度も繰り返すのでは、踊る人も伴奏する人もつまらない。やがて、同じ舞曲がもう1つ加えられ、最初の曲がそのあとで繰り返されるようになりました。編成や響きが異なる2曲を交代させれば、変化を楽しむことができます。

第2舞曲を3重奏で作曲したのは、リュリ(あの、重い杖を床に打ちつけながら指揮していたときに、誤って自分の足を打ち、その怪我がもとで亡くなった人((18) 「赤ちゃん交響曲」誕生まで参照)。叙情悲劇《アルミード》(1686)のプロローグで、第1メヌエットを弦5声部で作曲する一方、第2メヌエットは2本のオーボエとファゴット用に。《ペルセ》(1682)でも、3声部の第2パスピエを作り、1回目はオーボエ2本とファゴット、2回目はソプラノ2人と通奏低音((132) 楽譜どおり演奏しても足りない場合参照)という異なった組み合わせを指定2。2交代5部構成(A – B – A – B’ – A)で、踊りに十分な長さにしたのです。第2舞曲が3重奏ではなく2重奏や4重奏で作られるときもありましたが、それでもトリオと呼ばれました。

バッハは《ブランデンブルク協奏曲》第1番の第2メヌエット(=トリオ)を、リュリと同じ3重奏編成(オーボエ2とファゴット)にしました。さらに、異なる3重奏編成(ホルン2とオーボエ・ユニゾン)用の2拍子のトリオや、弦楽器のみのポラッカ(=ポロネーズ。メヌエットと違う舞曲!)もはさんで、M – T1 – M – P – M – T2 – M の7部構成に3。舞踏の伴奏音楽ではありませんから、多様性のためでしょう。

初期は3楽章構成だった交響曲の第3楽章としてメヌエットが取り入れられたのは、おもしろみの少ない交響曲を少しでも楽しんでもらうための聴衆サービスでしたね((87) 流行音楽メヌエット。それをベートーヴェンがスケルツォに置き換えたのでした((101) メヌエットからスケルツォへ参照)。実用的な舞曲と同じ、「第1メヌエット – 第2メヌエット – ダ・カーポして第1メヌエット」という形や、第2メヌエットがトリオと呼ばれる慣習が、交響曲に持ち込まれたのも当然。

トリオを2回繰り返して A – B – A – B – A にしたり(ベト7など。《運命》については((81) 音楽における冗談参照)、2種類のトリオで A – B – A – C – A にしたり(シューマンなど)、トリオ部分の拍子を変えたり(《田園》など)するのも、バロック時代に前例があるのですね。また、通常はメヌエットよりも薄い編成で作られたり、弦楽器よりも管楽器を活躍させて趣を変えること(《エロイカ》のホルン3重奏が好例)も、バロック時代からの流れでした(この概念は20世紀でも続きます)。というわけで、現在は名称と概念しか残っていないものの、交響曲第3楽章のトリオの大元は本当に3重奏だったというお話でした。

  1.  Schwandt, Erich, “Trio” New Grove Dictionary of Music, 2nd ed., vol. 25. Macmillan, 2001, p. 743.
  2. (135) トリオはトリオじゃなかった?註1を参照のこと(13/06/01追記)。
  3. M: メヌエット(ホルン2、オーボエ3、ヴァイオリン2、ヴィオラ、通奏低音)。T1: 第1トリオ(オーボエ2とファゴット)。P: ポラッカ(弦、3/8拍子)。T2: 第2トリオ(ホルン2とオーボエのユニゾン、2/4拍子)。
17. 5月 2012 · (81) 交響曲の中の冗談 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , , , , , , ,

タイトルから、《エロイカ》交響曲のいわゆる「ホルンのフライング」を思い浮かべた方、いらっしゃるかもしれません。ベートーヴェンの第1番が属7の和音(それも下属調の)で始まるのも、一種の冗談かな((80) 音楽における解決参照)。でも、交響曲にはもっとずっと大掛かりな(!?)冗談がありますよ。答えは……スケルツォ! scherzoって、イタリア語で「冗談」という意味なのです。

ベートーヴェンによって、メヌエットの代わりに交響曲(やソナタ、四重奏曲)に導入されました。基本的に3拍子でトリオを挟む3部分構成という点はメヌエットと共通ですが、異なる点もあります。

  • 踊りの音楽ではない
  • テンポが速い
  • 名前のように、軽くてしばしばユーモラスな性格を持つ

ベートーヴェンは、第8番以外の第3楽章(第9番のみ第2楽章)に、スケルツォを使いました。第1番の第3楽章には Menuetto と書かれていますが、テンポが速い(Allegro molto e vivace)ので、実質的にはこれもスケルツォと考えて良いでしょう。ただし、Scherzoと書き入れたのは第2、3番のみです。第4、6、7番は、トリオが2回入る S – T – S – T – S’ の構成。第5番でも S – T の反復を指示していた時期があったため、5部構成の楽譜(ギュルケ校訂のペータース版)や録音(ブリュッヘンやガーディナーなど)が出ています。

いったい、どこが冗談なのでしょう。第6番《田園》の第3楽章「いなかの人々の楽しいつどい」を考えてみましょう。スケルツォ冒頭の旋律は、スタッカート奏の弦のユニゾン。フラット1つのヘ長調で始まるのに、後半(9小節目から)のスラーの旋律はシャープ2つのニ長調。ヘ長調とニ調なら調号が同じ平行調ですから近い調ですが、ニ調は「遠い調」です((77) 近い調、遠い調の譜例1参照。お隣同士が「近い調」ですが、ヘ長調とニ長調は隣の隣の隣ですね)。しかもそのニ長調の後、何の手続きも無しに、また遠い調ヘ長調のスタッカート旋律が戻って来ます。大胆な転調!

この後、91小節目から始まるのオーボエの旋律は、1拍目が休みやタイのために、伴奏より1拍遅れているように聞こえませんか。ベートーヴェンは「村の楽士たちが、演奏中に居眠りをして、出を間違えそうになったりする様子を描いた」と述べたそうです1。そう言われてみると、クラリネットのとぼけた合いの手(114小節)が、出遅れのようにも聞こえますね。《田園》に限らずベートーヴェンのスケルツォ楽章は、拍がずれたりいびつだったり、強弱の入れ替わりが大きかったりイレギュラーだったりと、ユーモアやジョークが満載(気づいて笑ってあげましょう!)。ゆっくりで静かな第2楽章とのコントラストが際立ちます。

この図式は、85年後に作られた《新世界より》にも受け継がれています。第3楽章スケルツォの主題は、実は3拍子の2拍目からの「うんタタタッタッタッ」。2拍を単位としたリズムなのに、クラリネットやティンパニは、1拍あるいは3拍(1小節)遅れで追いかけます。このはずし加減、《田園》と似ていませんか。前後に、休符無しで1拍目から始まる「タタターン」や「タタタッタッ」、どれとも異なる「タタうんタンうんタタタン」も組み合わせて、冗談をさらに徹底。ドヴォルジャークのにやにや笑いが目に浮かぶようです。

ところで、スケルツォと聞いてショパンの4曲のスケルツォを思い浮かべた方もいらっしゃることでしょう。ロマン派時代には、独立した器楽(特にピアノ)曲のスケルツォも作られました。こちらは、題名からはほど遠いシリアスな内容。ただ、急速な3拍子、真ん中に叙情的なトリオを挟んだ S – T – S の構成は、多楽章中のスケルツォと共通ですね。

  1. Schindler, Beethoven as I knew him: A Biography (ed.  by MacArdle, trans. by Jolly. Faber and Faber, c1966), p. 146.  日本語訳は金子建志「ベートーヴェンとユーモア」『ベートーヴェン全集8』(講談社、1999)、116ページ(誰の訳の引用か不明)。