04. 4月 2012 · (75) 《レ・プレ》とソナタ形式 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: ,

(74) ミステリアス、《レ・プレ》で書いたように、リストの交響詩《ラマルティーヌの『詩的瞑想』によるレ・プレリュード》には、作者の意図を示す標題(プログラム)が付いています。フランス語の序文は、人生は死に至る一連の前奏曲であると始まり、人生における愛、嵐、自然、闘いを語ります。リストは《レ・プレ》において、譜例1(クリックで拡大します)にあげた旋律を使いながらこの標題を表現した……はずなのですが。

譜例1:リスト作曲《レ・プレリュード》主要旋律

譜例1:リスト作曲《レ・プレリュード》主要旋律

実はこの序文、作曲後に加えられたもの1 。つまりこの曲は、標題に沿って作られたのではなく、もともと音だけで構築されたのです。しかも、私たちがよく知っている形式を使って。今回はソナタ形式の考え方シリーズ④として、《レ・プレ》に隠された(??)ソナタ形式について考えます。

冒頭の神秘的な旋律が第1主題、ホルンの愛の旋律が第2主題。続く激しい嵐の部分が展開部、自然を表す6/8拍子の牧歌の部分が再現部で、第2主題(愛の旋律)が再現されます。その後の闘いの行進曲がコーダ。ハ長調で始まりハ長調で終了。

でも、ソナタ形式として考えるには、突っ込み所満載! 主調はハ長調ですから、第2主題は5度上のト長調で提示され、ハ長調で再現されるはずなのに、それぞれホ長調とイ長調です。展開部では、提示部で使われた素材ではなく、新しい嵐の旋律が使われます。しかも、大切な冒頭主題が再現されません。ソナタ形式の基本((74)参照)は様々に変形されますが、こんなの(!?)までソナタ形式とみなして本当に良いの?

譜例1をもう一度よく見ると、愛の旋律や嵐の旋律などが、冒頭主題の「ドーシーミ」という、一度下がってから上がる音型を踏まえていることがわかります(◯印の音に注意)。実は、これらは冒頭主題から導き出されたもの。冒頭主題を Aとすると、愛、嵐、行進曲の旋律はそれぞれ B、C、D というよりもむしろ、A1、A2、A3 と考えられます。

したがって展開部では、冒頭主題 A の変形 A2 を展開し、再現部では、冒頭主題とその変形の両方を再現せず、簡素化して変形 A1 だけを再現したとも考えられます(ちょっと苦しい?)。とにかく、この愛の旋律 A1 の再現がポイント。2回とも本来の調ではありませんが、提示部のホ長調が、再現部のイ長調の5度上という、ソナタ形式の基本の関係を維持しています。

実は、ソナタ形式だけではありません。《レ・プレ》は、交響曲の多楽章形式を使ったと考えることもできるのです。最初のアンダンテの部分が第1楽章、テンポが少し上がる嵐がスケルツォ楽章、ゆったりと感じられる牧歌が緩徐楽章、そして闘いの部分がフィナーレ(通常の緩徐楽章とスケルツォ楽章の配置が逆になっていますね)。4つの楽章すべてを、1つの楽章に押し込んでいます。

《レ・プレ》を弾いたり聴いたりしていると、テンポや拍子の変化によって、雰囲気が大きく異なるいくつかのセクションが、それぞれ自己主張している印象をうけませんか。これも、4つの楽章を途切れなく続けた形と考えれば、納得できます。それらの一見(一聴?)関連のない旋律を統一しているのが、下がって上がる「ドーシーミ」音型。

リストは、序文のストーリーを音楽で表現する「ふり」をしながら、旧来の形式を土台に《レ・プレ》を構築したと考えられます。ソナタ形式と多楽章の形式を1つの曲に同時に使うのはシューベルトの例がありますが、リストは「ドーシーミ」の変奏形式も組み合わせました。《レ・プレ》で感じられる異質さは、この多層構造にも関係しているのでしょう。

難しいですか? 難しいですよね。でも、それならリストの狙いは成功したことになります。「わかりそうでわからない」ことも、ロマン派時代の大衆に芸術性をアピールするための、大切な要素でしたから2

  1. Bonner, “Liszt’s Les Préludes” 19th-Century Music, 1986, p. 95など。
  2. 田村和紀夫・鳴海史生『音楽史17の視座』(音楽之友社、1998年)、127ページ。
21. 3月 2012 · (73) 協奏曲のソナタ形式 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , , , , , ,

ベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲の最初って、とてもユニークですよね。ティンパニの、主音レのトントントントンに続いて、オーボエ、クラリネット、ファゴットが、静かに優しく第1主題を奏でます。このピアノ&ドルチェ(&木管)は、普通は「ようこそ」の第2主題のために、取っておかれる組み合わせ((72)参照)1。ベートーヴェンさん、定型から微妙にはずして始めましたが、続きはどうでしょうか。今回はソナタ形式の考え方シリーズ ③ として、この第1楽章を例に、協奏曲のソナタ形式について説明します。

古典派の協奏曲も交響曲も、ソナタ形式の本質は変わりません。提示部・展開部・再現部の3部分構成。2つの主題が提示され、再現されます。転調する先も同じ。この協奏曲はニ長調(レから始まる明るい感じの調。ファとドに♯)ですから、5度上のイ長調(ラから始まる明るい感じの調。ファとドとソに♯)に転調し、またニ長調に戻って終わるはずです。

ただ、提示部に違いがあります。古典派の協奏曲は通常、まずオーケストラだけが始めて大切な素材をひと通り提示し、その後ソロが加わって、もう一度最初からやり直しします。協奏曲に使われるソナタ形式(協奏ソナタ形式、あるいは協奏風ソナタ形式と呼ばれます)は、この二重提示が特徴。初めから2つありますから、交響曲のように提示部を繰り返す必要はありません。

第1主題と第2主題は、両方の提示部で提示されます。ポイントは第2主題。オーケストラだけで演奏する第1提示部ではそのまま主調で提示され、ソリストが加わった後の第2提示部で初めて、転調した調で提示されます(表1参照)。第2提示部は主調で始めるのがお約束。その前に転調してしまうと、主調に戻すために第1提示部が長くなってしまうのです。協奏曲の第1提示部はいわば前座ですから、コンパクトな方がベター(この部分を序奏とみなす解説もあります)。

表1:主調が長調のときの協奏ソナタ形式(ソナタ形式との比較)

ベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲の第1楽章を、この協奏ソナタ形式の図式と比べてみましょう。第1提示部の第1主題と第2主題は、両方とも主調のニ長調。(72)の譜例1は、この第1提示部をスキャンしたものでした。独奏ヴァイオリンが加わり、ニ長調の第1主題を、1オクターヴ高い音域で装飾を加えながら演奏します。クラリネットとファゴットが 第2主題を演奏するときは、さきほどのファ♯ソラではなく、ド♯レミと始まります(スコアでは、クラリネットはA管、ファゴットはテノール記号なのでちょっと混乱しますが、約束どおりイ長調に転調しています)。

展開部の後、第1主題の「ただいま」はニ長調に戻り、独奏ヴァイオリンも含めた全奏(トゥッティ)のフォルティッシモで再現されます。本来の第1主題の提示の仕方です。第2主題は、再びクラリネットとファゴットが、第1提示部と同じファ♯ソラのニ長調で再現。カデンツァ(ソリストが、伴奏無しで本来は即興で演奏する部分)の後、第2主題も使いながら楽章が締めくくられます。主題間のコントラストは弱く、驚かされる和音や調があちこちで使われているものの、ベートーヴェンは(珍しく)2つの主題を、全て規則どおりの調で提示&再現しています2

もちろん、提示部や再現部は、2つの主題だけで構成されるわけではありません。多くの協奏曲では第2提示部に、ソリストの技巧や音楽性を見せるための新しい旋律が加わります。弾いていても聴いていても、いろいろな要素が気になるのは当然。でも、慣れるまでは最も大切な2つの主題に集中し、出るべき調で出ているかを意識することをお薦めします。

また、反復記号が使われない協奏曲では、展開部の開始部分を見つけるのは難しいですよね。いつの間にか雰囲気が変わっていたと感じられれば、十分です。ちなみにこの曲の展開部は、イ長調から、フェイントでいきなり遠いヘ長調に転じる224小節(練習番号E)から。提示部で使われた素材が、めまぐるしい転調とともに展開されます。

  1. ベートーヴェンはピアノ協奏曲第1番の第1楽章も、静かに始めています。
  2. ベートーヴェンはピアノ協奏曲の第1楽章では、1番から5番までの全てにおいて、本来の調からどこかはずしてあります。19世紀にはこのように、ソナタ形式の基本形が様々に変形されます。
14. 3月 2012 · (72) 第2主題は「ようこそ」の気持ちで はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , , ,

ソナタ形式ってなんだか偉そうに聞こえますが、(66) 再現部は「ただいま」の気持ちでで書いたように、実はとてもシンプル。提示部・展開部・再現部の3部分構成です。序奏部が付いても良いし、ベートーヴェン以降は最後にコーダが加わって4部分に。大切なのは、調のコントラストでしたね。始まりの調(主調)から5度上(あるいは3度上)の調に転調し、主調に戻って終わります。

ソナタ形式の考え方シリーズ②は、主題について。通常、第1主題と第2主題の2つが使われます。提示部は2主題が提示される部分、再現部は2主題が再現される部分です。主題と調の関係を、表1にあげます。

図1:ソナタ形式

表1:ソナタ形式

もともと、ソナタ形式で重要なのは調のコントラストでしたから、主題は1つでも構いませんでした。でも、転調した先で新しい旋律が出ると、冒頭とのコントラストが際立ち、弾く楽しみや聴く楽しみが増えます。その新しさを強調するため、第2主題は多くの場合、冒頭の第1主題と対照的に作られました。

たとえば、強弱(フォルテ ⇔ ピアノ)、音型(細かく忙しく ⇔ ゆったりと)、表情(堂々と ⇔ やさしく)、アーティキュレーション(スタッカートでするどく ⇔ スラーでレガートに)、楽器編成(オーケストラ全体 ⇔ ソロや1種類の楽器)、音域などを変えられますね。前回、提示部を「よろしくお願いします!」と書いたのは、第1主題はたいてい、オーケストラ全体がフォルテで弾くように指定されているため。一方、第2主題は、少数の楽器が受け持つことが多いので、それ以外の人は「ようこそ」と迎えてあげてください1

展開部を経て再現部。提示部と異なり、ここでは第1主題だけではなく第2主題も、主調で再現されます2。ソナタ形式の基本はこれだけ。弾きながら以下の4つを意識できれば、あなたはもう、ソナタ形式のエキスパート!

      • 提示部第1主題:「よろしく」
      • 提示部第2主題:「ようこそ」(転調しているので、臨時記号付き)
      • 再現部第1主題:「ただいま」
      • 再現部第2主題:「ようこそ」(今度は主調)

古典派の器楽曲の第1楽章は、ほとんどこのパターン。ソナタ形式を覚えると、交響曲やソナタを聴いたり弾いたりするのが、とても楽に、また楽しくなります。この先どうなるのか、だいたい予想できるからです。第1主題が主調で戻って来たら、「ただいま」「おかえり」の再現部。折り返し地点を過ぎ、終点が見えて来ます。作曲家たちが作りやすいパターンは、奏者や聴衆にもわかりやすいパターンなのです。

さらに、この基本パターンを覚えると、それからはずれた部分にも気づくようになります。たとえば、今回取り上げるベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲。譜例1を見ると、2つの主題は、どちらも二分音符と四分音符を中心に、上がって降りるラインを描いています。しかも、どちらも最初は、フルート以外の木管によって弱音でなめらかに提示されます。つまり、どちらも「ようこそ」的で、主題間のコントラストはあまり感じられません。ベートーヴェンは、当時の人々が期待したソナタ形式の基本パターンを、微妙に避けていますね。次回は、この協奏曲のソナタ形式について、もう少し詳しく見てみましょう。

譜例1:ベートーヴェン作曲ヴァイオリン協奏曲第1楽章の2つの主題(主調部分、冒頭4小節)

  1. 以前は、第1主題が「男性的」、第2主題は「女性的」と形容されることが多かったのですが、最近はあまり言わなくなりました。
  2. 再現部の第2主題が主調で再現されない形(表1中の*)については、改めて書きます。
03. 2月 2012 · (66) 再現部は「ただいま」の気持ちで はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , , , ,

交響曲や室内楽曲、ピアノ・ソナタなどの第1楽章のほとんどは、ソナタ形式で作られています。この定型をご存知ですか。どんなことを考えながら、ソナタ形式の曲を弾いていますか。今回は、ソナタ形式の考え方シリーズの①です。

歌詞に合わせて作曲する声楽曲や、器楽でも小品の場合とは異なり、交響曲のような規模の曲を、音だけで構成するのは難しいですよね。しかも、コンサートの開幕音楽だった頃の「交響曲」は、ほぼ使い捨て((16) 交響曲は開幕ベル参照)。コンサートをたくさん開くには、交響曲がたくさん必要でした。必要に迫られた作曲家たちによる多くのプロセスを経て、経済的で作りやすく聴き映えがするパターンが完成したのです。それを1830年ころ(ベートーヴェンの死後)にソナタ形式と初めて呼んだのは、ドイツの音楽学者 A・B・マルクスと考えられています。

ソナタ形式:(序奏部) 提示部 ― 展開部 ― 再現部 (コーダ)

ソナタ形式は3部分から成ります。ハイドンのころの交響曲は、提示部の前にテンポの遅い序奏部がつくことが多く、展開部が短いのが特徴。18世紀の末ころから、再現部の後にしばしばつくようになったコーダを、ベートーヴェンは第2の展開部として充実させました。《運命》交響曲第1楽章の提示部、展開部、再現部、コーダがそれぞれ124、123、126、129小節で、1:1:1:1の割合なのは良く知られていますね。19世紀には、むしろこの4部分構成が一般的です。

ソナタ形式で大切なのは、調の変化。最初の調(主調と言います)から途中で転調し、また主調に戻って主調で終わるという調のコントラストです。転調するのは提示部の途中。転調先は:

  • 主調が長調の場合 → 5度上の調(たとえば主調がニ長調の場合はイ長調)
  • 主調が短調の場合 → 3度上の調(たとえば主調がニ調の場合はヘ調)

他の調から主調に戻るところが、再現部。この再現部をより印象的にしているのは、調だけではなく、提示部冒頭の主題も再現されること。提示部を繰り返す習慣がかなり後まで残ったのは、大事な冒頭主題を聴く人にしっかり確認してもらうためでしょう(再現に気づいてもらえなかったら悲しいですから)1

というわけで提案。交響曲の第1楽章を以下のように感じながら弾いたらいかがでしょうか。

  1. 最も重要な提示部の冒頭主題:                            しっかりと大事に「よろしくお願いします!」の気持ちで。
  2. 中間の転調部分(楽譜に臨時記号が多くなる):                    旅を楽しみつつ、故郷(主調)も懐かしむ気持ちで。
  3. 冒頭主題が主調で戻って来る再現部:                         旅を終えて「ただいま!」の気持ちで。

特に、3番目の再現部「ただいま!」が大切。聴いている場合は「おかえり!」ですね。全く同じでは芸が無いので、作曲家はほとんどの場合、再現部を提示部と何かしら変えています(強弱、音域や楽器編成の変化、対旋律の追加など)。また、冒頭主題を主調以外の調で出す、偽の再現にもご用心。再現部で「ただいま!」「おかえり!」と感じる習慣をつけると、交響曲に限らず室内楽曲やソナタなど、ソナタ形式の曲を弾いたり聴いたりすることが、いっそう楽しくなりますよ。

  1. 初期の交響曲(ハイドンやモーツァルトなど)で、提示部だけでなく後半も繰り返すのは、ソナタ形式の元になった古い形のなごりです。