10. 8月 2016 · (288) ライプツィヒとバッハ はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , , , , ,

ドイツのライプツィヒと言われて思い浮かべる作曲家は? 1835年にゲヴァントハウス管弦楽団の常任指揮者になった、メンデルスゾーン? 長くライプツィヒで活動したシューマン? ライプツィヒ生まれのヴァーグナー? 縁の作曲家は多いのですが、ヨハン・ゼバスティアン・バッハも忘れないでください。1750年に没するまでの後半生を、ライプツィヒで過ごしました。

図1:ライプツィヒ

図1:ライプツィヒ

ケーテン公の宮廷楽長から、ライプツィヒ市主要教会のひとつトーマス教会のカントルに転職。社会的地位はカントルより宮廷楽長(カペルマイスター)の方が上。さらに、前任者ヨハン・クーナウ(1660〜1722)の死去に伴い、ライプツィヒ市参事会が後任の第1候補にしたのはゲオルク・フィリップ・テレマン(1681〜1767)、第2はクリストフ・グラウプナー(1683〜1760)でした。2人が辞退したため、3番目のバッハがカントルに。

トーマスカントルの職務は2種類。ひとつは、トーマス教会付属学校で教えること。バッハは音楽は自分で教えましたが、ラテン語の授業は自費で代理を雇っていました。もうひとつは、ライプツィヒ市の音楽監督。礼拝における教会カンタータの演奏の他、結婚式や葬式などにも音楽を提供しました。

1723年5月末にライプツィヒに移ったあと、バッハは初めの6年間に、教会暦5年分の教会カンタータを作ったようです(激務に関しては (159) バッハの一週間参照)。カンタータは1年間で約60曲必要ですから、5年分でおよそ300曲1!!!(散逸が惜しまれますね)。カンタータの他に、《ヨハネ受難曲》(1724)や《マタイ受難曲》(1727)も作曲。1729年以降は、コレギウム・ムジクムの活動を精力的に行いました。

私事で恐縮ですが、一昨年夏のボストン、昨夏のロンドンとフィレンツェ、今春のローマとパリ((271) ヴァティカン図書館で調査してきた!!参照)に続いて、今夏はライプツィヒで資料研究をしてきます((249) 今と同じ?! 16世紀の楽譜参照。研究費をいただけるのは今年度が最後)。短い滞在ですが、州立図書館で写本調査をしながら、バッハやメンデルスゾーンが暮らした街を目に焼き付けたいと思います。ライプツィヒの後、ブリュッセルとコペンハーゲンの王立図書館でも資料調査するため、聖フィル❤コラムは3週続けてお休みさせていただきます。みなさま、どうぞ良い夏をお過ごしください。

  1. Stauffer, George B., ‘Leipzig,’ The New Grove Dictionary of Music, 2nd ed., vol. 14, Macmillan, 2001, p. 314.
15. 10月 2013 · (155) 《ライン》と循環形式 (2) はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , , ,

交響曲本来の構成に追加された、荘厳な宗教儀式を思わせる第4楽章。そのジグザグ主題が、それ以前の楽章で予示されていて、さらに終楽章で音楽的に緊張度の高いストレットの形で戻って来る、シューマンの交響曲第3番《ライン》((154)《ライン》と循環形式 (1) 参照)。本筋から外れた挿入部分が要の役割を持つ、意表を突くプランです。でも、これ以外にも循環する旋律があります。終楽章の最後、テンポが上がる直前のホルンとトランペットのファンファーレ(譜例1内声部)、どこかで聴いたような……1

譜例1:シューマン作曲《ライン》第1楽章冒頭

譜例1:シューマン作曲《ライン》終楽章、394〜9小節

そうです。第1楽章1小節目第1拍からの、滔々と流れるライン川を思わせる第1主題の変形。1番最初の音楽が、最後に再登場。全体のフレームになっています。ずっと8分音符8つの動きで流れて来た終楽章に、初めて3連符が使われるのは、冒頭のヘミオラ(3拍子2小節を大きく3拍と取ること)のなごり?? その3連符リズムと主和音(ミ♭ソシ♭)アルペッジョは、テンポを上げたコーダに受け継がれます。

ただ旋律が再登場するだけではありません。シューマンはここで、和音の動きに工夫をこらしています。(149) カデンツを感じると言うことで書いたように、古典派ハイドンの交響曲第88番では、低音が定期的にソ→ドと動き、属和音の緊張状態が主和音で解決されていました。ゆらゆらの吊り橋を渡る不安定感と、岸にたどり着いてしっかりと大地を踏みしめた安定感の交代が、音楽を区切り、前に進めています。

ところが、半世紀(以上)後にロマン派作曲家シューマンが作った《ライン》では、そのソ→ド(V→I)の動きが意図的に避けられています。第1楽章第1主題の低音は、半音も交えながらドシラソファミレと主音からずるずる下がるだけ。譜例2上段、最後の小節の低音レはこの調の導音ですが、主音ミ♭に進まないで次の小節でレ♭に降りてしまいます2。提示部での第1主題は、属和音から主和音へのはっきりしたカデンツが無いままです。

その第1主題が再現部で「ただいま」するときは、さらにすごい(!?)状況。同じ旋律が主調で戻って来ますが(譜例2下段)、低音は主音ド(変ホ長調のミ♭)ではなく、ドミソのソ(シ♭)の延ばし。そこから主音ミ♭に進めばソ→ド(V→I)進行になるのに、和声的な解決は避けられたまま。ゆらゆら揺れる吊り橋は長くて、岸に上がって一息つくどころか、どこに向こう岸があるのかもはっきりわかりません。

和声的にうやむやのまま「おあずけ」状態だった第1楽章第1主題のカデンツがはっきり解決するのは、勝利の凱歌のように変形されて終楽章に現れたとき(譜例1)。低音のシ♭は 主音のミ♭へ。シ♭レファの属和音がミ♭ソシ♭の主和音に解決、ここでようやく待ちに待った完全終止。向こう岸を踏みしめた、ばんざーい!という決定的瞬間です。この後はテンポを上げて、一気にゴールへ突き進みます。

シューマンの計算され尽くした構成、にくいですね〜。でも、全く正反対の吊り橋感覚を持つ2曲を並べた、今回の聖フィルのプログラムも、にくいでしょう? 古典派とロマン派で大きく変化したカデンツの使い方、不安定→安定の流れの違いを楽しんでくださいね。

譜例2:

譜例2:同上第1楽章第1主題。上:提示部、下:再現部

  1. 譜例1、2とも Horton, Julian, ed., The Cambridge Companion to the Symphony. Cambridge Univ. Press, 2013, pp. 20 に基づく。
  2. 20小節の第1主題が繰り返されるときにソ→ドが1度使われますが、ド(実音ミ♭)から主旋律に変化。低音としての V→I の動きは避けられています。
08. 10月 2013 · (154) 《ライン》と循環形式 (1) はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , ,

第9回定期演奏会で取り上げるシューマンの交響曲第3番変ホ長調作品97は、《ライン》のニックネームでおなじみ。スイス、フランス、ドイツ、オランダを通って北海に注ぐライン川流域には、前古典派時代にヨーロッパ1とも言われる宮廷楽団を持っていたマンハイム、ベートーヴェンの生地ボンなどがあります。

さらに下流のデュッセルドルフにシューマン夫妻が到着したのは、1850年9月2日1。ロベルトが引き受けた同市の音楽監督としての仕事は、10〜5月のコンサート・シーズンに8回ほどの定期演奏会を開く、一般音楽協会オーケストラと合唱協会の指導と、カトリック主要教会(聖マクシミリアン教会と聖ランベルトゥス教会)での、重要な祝祭日の礼拝音楽の采配でした。10月24日のデュッセルドルフ・デビュー演奏会では、妻クララをソリストに、メンデルスゾーンのピアノ協奏曲ト短調(第3回定演で有森先生に共演していただいた曲ですね)を演奏。素晴らしい出来だったそうです。

同じ日にチェロ協奏曲を完成したシューマンは、新しい交響曲に着手。ライン川上流にあるケルン大聖堂を、9月末に初めて訪れたときに受けたインスピレーションに基づくのかもしれないと言われています。作曲期間は11月2日から12月9日まで。当時の楽団員によると、最終的な形(交響曲定型からはみ出す5楽章構成)になったのは、シューマンが11月初旬に大聖堂を2度目に訪問した後。ケルン大司教が枢機卿に任命されたことが、終楽章の前に厳かな儀式を思わせるような楽章を加える動機になった可能性もあります。

図1:ケルン大聖堂、1856年

図1:ケルン大聖堂、1856年

1248年に建設が始められたケルン大聖堂ですが、1473年に中断。再開されたのは1842年。《ライン》作曲6年後の図1のように、まだ、高い塔が完成していませんでした。でも、確かに第4楽章は、聖職者たちが列を作って、石造りのゴシック様式の大聖堂の中を正面の祭壇まで静かに厳かに進んでいくような雰囲気。他の4つの楽章とは明らかに異質です。

おまけのはずのこの第4楽章が、実は音楽的な要。ホルンとトロンボーンが始める主要主題と、8分音符によるその縮小型(譜例1)は、終楽章で戻って来ます2。第5楽章コーダでは、4度上がって2度下がるジグザグ上行型(バッハの平均律クラヴィーア曲集第1巻第7番プレリュードの引用)の音価が拡大され、模倣されます(譜例2)。しかも、前の提示が終わらないうちに次が始まる(ストレットと呼びます)、音楽的に緊張度が高い形での引用です。また、8分音符の短縮形は、スケルツォの第2楽章中間部に予示されています。

このような「多楽章形式の楽曲において、同じ主題材料を全楽章あるいは数楽章に用いて、性格的統一をはかる手法」は、循環形式((92) 《新世界》と循環形式参照)でしたね。すでにリストやドヴォルジャーク、エルガーの例ご紹介しましたが、ロマン派作曲家シューマンももちろんこの手法を使っています。

4つの交響曲で用いられた循環手法はそれぞれ異なっていますが、《ライン》は、どちらかというと《第九》型。第1〜4楽章全ての主題が終楽章に現れるほど、緊密で徹底した使い方ではありませんが、終楽章が総まとめの役目を果たしています。第4楽章のジグザグ主題が、他の2つの楽章に予示&引用されるだけではありません。他にも終楽章で再び現われる主題がありますよね。しかも、ただ単にその旋律が戻って来るだけではなく……(続く)。

譜例1:シューマン作曲《ライン》第4楽章冒頭

譜例1:シューマン作曲《ライン》第4楽章冒頭

譜例2:同上第5楽章271〜9小節

譜例2:同上第5楽章271〜9小節

  1. 以下のデータは、Daverio, John, ‘Schumann.’ The New Grove Dictionary of Music, 2nd ed., vol.22. Macmillan, 2001, p. 785 による。
  2. 2つの譜例は、Horton, Julian, ed., The Cambridge Companion to the Symphony. Cambridge Univ. Press, 2013, pp. 202-3.  縮小型が戻って来るのは、第5楽章99小節目など。