23. 12月 2015 · (265) クリスマスに聴きたい音楽 part 8 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , , , , ,

例年にない暖冬で油断しているうちに、2015年も残りわずか。気忙しい年の瀬ですが、なんだか静かにオルガン曲を聴きたい気分。クリスマスに聴きたい音楽 part 8(昨年の (215) クリスマス以外にも聴きたい音楽《そりすべり》を part 7 と考えてくださいね)は、ヨハン・ゼバスティアン・バッハの《パストレッラ》BWV 590にしました。パストレッラはパストラーレの指小語。小さなパストラーレという意味。

ベートーヴェンも《田園交響曲 シンフォニーア・パストラーレ》として使ったパストラーレは、音楽用語として2つの意味があります。ひとつは、16世紀の「牧歌劇」。「田園という理想郷(アルカディア)を舞台に牧童たちが繰り広げるのどかな恋物語」で、 17世紀初頭に成立するオペラの、演劇上の母胎の1つとなりました1

もうひとつは「田園曲」。バグパイプ風のドローン(飛ばす方ではなく、保続低音の方!)の上で、6/8 や 12/8 拍子3分割リズムの2声の旋律が、3度(あるいはカノン)で進行する音楽。コレッリのクリスマス・コンチェルト最終曲を思い浮かべてください((59) クリスマスに聴きたい音楽 part 3 参照)。このような音楽がクリスマスと結びつけられたのは、聖書の記述と関係があります。

天使たちが天に去ると、羊飼いたちは、「ではベトレヘムに行って、主の示されたその出来事を見よう」と相談し、急いでマリアとヨゼフとまぐさおけに寝かされたみどり児を見に行った。それを見て彼らは、この子について天使の話されたことを知らせたので、それを聞いた人々はみな、羊飼いの話を不思議に思い、マリアは注意深くそのことを心にとどめて考え続けた。羊飼いたちは、天使が話したとおりのことを見聞きしたので、神をあがめ、たたえながら帰っていった(ルカによる福音書第2章15〜20節)2

かつてイタリアでは、この記述に倣って、クリスマスの日に羊飼いたちがバグパイプを吹きながら各都市に贈り物を運ぶ民俗儀礼があったそうです3。その音楽の特徴が、キリスト降誕や羊飼いのイメージとともに田園曲に引き継がれたのです。

4つの短い楽章から成る《パストレッラ》ヘ長調。バッハが1723年からカントルを務めたライプツィヒのクリスマス礼拝で、何らかの形で使われたはずですが、確かなことはわかりません。第1楽章では、両手でゆったりとした12/8の旋律、足鍵盤でドローン(初めファ、次にド)を演奏します(下の動画では、足鍵盤の音はそれほど聴こえませんが、ファからドに替わるのは 0:55くらい。スコットランドの画家デイヴィッド・ロバーツのリトグラフ『ベツレヘム』から、オルガ・ミンキナの演奏風景に戻るあたりです)。残りの3楽章は、手鍵盤のみ。キリスト降誕を静かに思い浮べてくださいね。

来週はコラムお休みします。みなさま、どうぞ楽しいクリスマスと良い新年をお迎えください。2016年も、聖フィル♥コラムをよろしくお願いいたします。

  1. 加藤拓未「パストラーレ」『バッハ キーワード事典』春秋社、2012、269ページ。
  2. 『新約聖書』バルバロ訳、講談社、1981、147ページ。
  3. 加藤、269-70ページ。
29. 5月 2013 · (135) トリオはトリオじゃなかった? はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , , , , ,

ついこの前、トリオはトリオだった (133) と言っていたのに、今度は逆か、嘘つき!とお怒りの皆さま、すみません。あれは交響曲のトリオの話。第3楽章の中間部トリオのもとをたどると、3重奏で作曲されることも多かった、バロック時代の2つ目の舞曲(第2メヌエットなど)へ行き着きます。でも同じ頃、3重奏ではないトリオも存在していました。今回はそのお話。

バロック時代の最も重要な室内楽形式、トリオ・ソナタ。器楽の中でおそらく最も人気が高く、アマチュアを中心にヨーロッパ中で盛んに演奏されました。編成は、旋律楽器2つと低音楽器(譜例1参照)。イタリアでは17世紀後半から、旋律楽器として専らヴァイオリンが使われましたが、ドイツでは管楽器も好まれ、オーボエ、フルート、リコーダー、ファゴット、コルネットなどが用いられました。低音楽器は、チェロやヴィオラ・ダ・ガンバ、ヴィオローネ(コントラバスのご先祖様)などです。

譜例1:コレッリ作曲トリオ・ソナタ op. 1, no. 1, 第1楽章

譜例1:コレッリ作曲トリオ・ソナタ op. 1, no. 1, 第1楽章冒頭

トリオ・ソナタの音楽的な特徴は、3つの声部、特に2つの上声が音楽的にほぼ対等だったこと。現在のオーケストラ曲や室内楽曲では、ファースト・ヴァイオリンの方がセカンド・ヴァイオリンよりも音域が高いので、ファーストが旋律、セカンドが和声付けあるいは伴奏ということが多いですよね。トリオ・ソナタでも同様ですが、ときには1つのメロディーを2つの旋律楽器が代わる代わる弾いたり、途中でセカンドの音域がファーストより高くなって、メロディーを受け持ったりしました。

でもこれなら、トリオ・ソナタも3重奏でトリオ? いいえ、(132) 楽譜どおり演奏しても足りない場合をお読みの方は、低音声部の上に書かれた6や7などの数字にお気づきですよね。そうです。これは、和音の種類を示す数字。バロック時代の伴奏法、通奏低音です。通奏低音では、低音旋律楽器以外にハープシコードやオルガンのような鍵盤楽器が必要。左手で低音旋律を弾きながら、数字を読み解いて右手で和音を充填して行くのです。したがって、譜例1のトリオ・ソナタを演奏するには、奏者が4人必要1

トリオ・ソナタとは3重奏のソナタではなく、譜例1のように、独立した3つの声部から成るソナタという意味。奏者は4人と限りません。バッハのオルガン用トリオ・ソナタは、1人用(両手+足鍵盤で3声)。同じくバッハの、オブリガート・チェンバロ(両手の旋律が作曲された=即興で右手の和音を補う通奏低音ではないチェンバロ・パート)を伴う独奏楽器ソナタ(フルート用やヴァイオリン用など)は、2人用(独奏楽器1+チェンバロの両手で3声)。トリオが、3重奏つまり3つの楽器編成を意味するようになるのは、古典派以降です。

  1. (133) トリオはトリオだったで例に挙げた中で、リュリの《アルミード》とバッハの《ブランデンブルク協奏曲》第1番のトリオ部分は、3人で演奏する3重奏ですが、《ペルセ》のトリオ部分(第2パスピエ1回目と2回目)は通奏低音付き。4人で演奏します。
08. 5月 2013 · (132) 楽譜どおりに演奏しても足りない場合:通奏低音 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , , ,
譜例1:Corelli 作曲 Concerto Grosso op. 8, no. 6

譜例1 コレッリ:コンチェルト・グロッソ op. 6-8(クリックで拡大します)

季節外れですみませんが、譜例1は(59) クリスマスに聴きたい音楽 part 3(61) 楽譜どおり演奏してはいけない場合:バロック音楽の付点リズムでご紹介した、アルカンジェロ・コレッリ作曲《クリスマス・コンチェルト》原典版スコアの冒頭。上3段は独奏楽器であるヴァイオリン2つとチェロ((61) 譜例1はこの部分)、下4段は伴奏楽器群(ヴァイオリン2つとヴィオラ、バス)。この6小節間は、1番上と4段目のヴァイオリン I、上から2段目と5段目のヴァイオリン II、チェロとバスの楽譜は、それぞれ全く同じです。

コレッリが書いた7パートを演奏すれば音楽が完成するか? 実はこれだけでは足りません。CDを聴きながら耳を澄ますと、チャカチャカとかポロポロとか、弦楽器以外の音が聴こえます。そう、バロック音楽にはチェンバロ(ピアノのご先祖さまの鍵盤楽器。英語ではハープシコード)が付きもの。でも、スコアにはチェンバロ・パートはありませんね。どこを弾くの?

答えは、1番下のバス・パート。これはコントラバスのバスではなく、Basso Continuo (イタリア語。バッソ・コンティヌオと読みます)のバス。継続される低い音ということで、日本語では通奏低音と呼びます。バロック時代の特殊な伴奏法で、コラムでも既に(詳しい説明をしないまま)何度も使いました。この1番下のパートは、チェロやファゴット、ヴィオラ・ダ・ガンバなどの低音旋律楽器が弾くパートで、チェンバロ奏者も左手で弾きます。

右手で弾くべき楽譜はありません。右手も左手と同じ音をユニゾンで弾く……わけではなく、右手は遊んでいる……わけでもなく、右手は左手の低音旋律に合う和音を即興で弾くのです。譜例1のように、多くは弾くべき和音が数字で示されます。ジャズなどで使うコード・ネームのようなものですね。

譜例1の数字の読み方を簡単に説明します。数字が書かれていない場合は、右手で低音の3度上と5度上の音を弾きます(たとえば1小節目のソにはシ♭とレ)。6と書かれていたら、3度上と6度上の音(たとえば3小節目のシ♭の上には、レとソ)。縦に56と書かれていたら、3度上と5度上と6度上の音(たとえば3小節目の2拍目のシ♮には、レファソ)。いずれも、左手の音も弾いてオーケー。また即興ですから、弾きやすい音域の弾きやすい形で弾きます。たとえば1小節目のソシ♭レの和音は、レシ♭でもシ♭レでもシ♭レソでもレソシ♭でも構いません。

数字に♯♭♮が付いていたら、臨時記号に従ってその数字の音を半音変化させます。♯の代わりに+がついたり、2小節目のように数字に重ねて斜線が書かれることもあります(2小節目ラの上に弾く音は、6♯なのでファ♯とド)。数字が無いところに♯♭♮が書かれていたら、3度上の音を変化させよという意味。

もちろん、指定された和音を延ばすだけではなく、主旋律をまねしたり合いの手を入れたり、長い音符を分散和音で飾ったり、和音の中で自由に即興します。ハープシコード以外に、オルガンやリュートも使われました。通奏低音は記譜の手間が省けますし、楽器によって異なる特徴を活かした伴奏ができます。

というわけで、バロック時代の作曲家はチェンバロ・パートを作曲しませんでした1。現在の演奏用パート譜に含まれるチェンバロの楽譜は、校訂者が(数字から)和音を補ってくれたもの。一つの例に過ぎませんから、時代様式に合う趣味の良い内容であれば、自分なりの即興に変えて弾いてもよいのです。通奏低音はバロック時代のあらゆる編成の曲に使われましたが、古典派の時代になると衰退してしまいました。

  1. チェンバロをオブリガート楽器として使ったり、協奏曲の独奏楽器として使った場合を除く。

12月15日の聖光学院新講堂こけら落とし公演に向けて、《第九》の練習が始まりました。ファースト・ヴァイオリン ・パートの人たちは、一息ついていることでしょう。ついこの前まで練習していた《新世界》に比べて、《第九》は音域がずっと低いからです。

それにしても《新世界》のファーストは、高音域が多かったですよね。ト音記号の五線の中に納まっているのは数音だけで、ほとんどが上にあふれている段もありました。ボウイングを書き入れようにも、加線が何本も重なって五線と五線の間にすき間がほとんど無い。真ん中のドから3オクターヴ上のドも登場。ト音記号の上に加線2本を補ったドの、さらに1オクターヴ上です。日本語で4点ハ音と呼ばれるこの音が《新世界》の最高音かと思えば、さにあらず。第3、4楽章ではその上の4点ニ音(レ)も使われています。加線は6本! 何の音か、とっさに読めません。

一方、《第九》のファーストの最高音は、ドどころかその3度下のラ。第7ポジションまでです。《第九》に限らず、ベートーヴェンはヴァイオリン・パートでシ♭以上を避けています。

彼がこのように慎重だった最大の理由は、おそらく、当時の楽器が現在の、あるいはドヴォルジャークの時代と異なっていたためでしょう。19世紀初期にはまだ、弦楽器用の肩当てはもちろん、あご当ても無かったのです。あご当てを発明したのはシュポーア(1784〜1859)で、1820年ごろですが、一般に普及するまで時間がかかりました1。肩当ては、ピエール・バイヨ(1771〜1842)が1834年に「厚いハンカチかクッションの一種」を推薦したのが最初2

つまり、《第九》の時代のヴァイオリンやヴィオラは、(86) 見た! さわった!! ヴィオラ・ダモーレの図1のように、本体だけ。しっかりと挟み込んで楽器を構えることができず、不安定でした。これでは左手のポジション移動も制限されてしまいますし、高音域の演奏も容易ではありません。

もちろん、チェロのエンドピンもまだ考案されていませんでした。教則本がエンドピンの使用を初めて提唱したのは1880年頃3。それまでは基本的に、ヴィオラ・ダ・ガンバのように脚で支えながら演奏していたのです。両足で挟み込み、主に左のふくらはぎで支えるだけで中空に保つのですから、やはり楽器が安定しません。《第九》の最高音(ト音記号の五線の真ん中のシ)が《新世界》よりも3度も低い(2楽章の最後にレ♭が登場)のは、このような事情の反映と言えます。

最後に、時代はかなり遡りますが、17世紀後半のヴァイオリン演奏図をご紹介しましょう。オランダ生まれのヘリット(ヘラルド)・ドウ(1613〜75)が1665年に描いた「ヴァイオリン奏者」に基づくリトグラフ。典型的な胸置きポシションです。(59) クリスマスに聴きたい音楽 part 3 で《クリスマス・コンチェルト》をご紹介したときにも書いたように、コレッリ(1653〜1713)の作品のヴァイオリン・パートは、ほとんどが第3ポジションまでで弾けるそうですが、彼が12歳の時に描かれたこの図像を見ると納得。ヴァイオリンをこのように構えたのでは、忙しいポジション移動や高音域での演奏は、ほとんど無理でしょうから。

図1:ヘリット・ドウ『ヴァイオリン奏者』(1665)クリックで拡大します

  1. R. Stowell, ‘Violin,’ The New Grove Dictionary of Music, 2nd ed., vol. 26, Macmillan, 2001, p. 724.
  2. 同上。
  3. T. Russell, ‘Endpin,’ The New Grove Dictionary of Music, 2nd ed., vol. 8, Macmillan, 2001, pp. 198-9.
29. 12月 2011 · (61) 楽譜どおりに演奏してはいけない場合:バロック音楽の付点リズム はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , , , , , ,

私たちにとって楽譜とは、書き付けられた作曲家の意図を、そのとおりに再現すべきもの。でも、例外もあります。今回は、楽譜どおりの演奏が正しくない場合についてです。

譜例1は、(59) でご紹介したコレッリのクリスマス・コンチェルトの原典版スコア1。フラットが1つ足りない調号や2つ並んだ拍子記号など、現代の書き方と違っていておもしろいですね。これを見ながら、 (59) でもご紹介した動画を聴いてみてください。楽譜と違うところがあります。

譜例1 コレッリ:コンチェルト・グロッソ op. 6-8、原典版、冒頭ソロ声部

譜例1 コレッリ:コンチェルト・グロッソ op. 6-8、原典版、冒頭ソロ声部

まず、ピッチが違いますね。バロック時代は、現在に比べて低いピッチで楽器を演奏していました(バロック・ピッチについては、改めて書くつもりです)。他には? 3小節目に注意して聴いてみてください。最後の八分音符が、八分音符の長さよりも短く演奏されています。これは、わざとそう弾いているのです。

バロック時代の音楽には、楽譜どおりに演奏すべきではない場合があります。その代表例が、クラヴサン(=フランス語でチェンバロ)音楽で用いられる、イネガル(=不均等)奏法。同じ長さの音符、たとえば八分音符が6つ記されていても、譜例2の下声のように長短または短長を付けて不均等に演奏します。

譜例2 付点とイネガル奏法

譜例2 付点とイネガル奏法

その影響で、「付点の音型では、長い音符をより長く、短い音符をより短く弾く」という習慣がありました。譜例2では、上声と下声が同時に最後の音を出すべきだからです2。付点の代わりにタイや休符が使われていても構いません。譜例1の3小節目は、八分休符で音を切らずにそのまま前の音を延ばしていると、譜例2の上声と同じ形になります。複付点の記譜法が知られていなかったこの時代。付点を複付点のように演奏するのは常識でしたから、説明を加える必要もありませんでした。

楽譜どおりに弾く時代になると、このような伝統は途絶えてしまいました。しかし、17、18世紀に記された音楽理論書や教育書の研究によって、当時の演奏実態が解明できます。最近では、この動画のようなオリジナル楽器を使う団体に限らず、現代楽器のオーケストラやアンサンブルでも、作曲家が生きた時代の演奏習慣を研究し、それを取り入れて演奏する団体が増えて来ました。音楽学者として、嬉しく思います。

バロック音楽の演奏法は例外も多く複雑ですが、ご興味がある方はまず、18世紀の「3奏法」と呼ばれるクヴァンツの『フルート奏法』(1752)、C. P. E. バッハの『クラヴィーア奏法』(1753 & 1762)、L. モーツァルトの『ヴァイオリン奏法』(1756)をご覧ください。いずれも日本語訳が出ています3

  1. Corelli: Concerti Grossi for 2 Violins, Violoncello, Strings and Basso continuo, op. 6/1-12, New Urtext Edition. Eulenburug, 1997, p. 176。初版(1714)を主要資料にしています。
  2. このような下声が無くても、同様に奏されます。ウヴェルチュールの冒頭では、付点音符で記されていても、実際には複付点以上の長さで演奏されることもありました。
  3. 付点の奏法についても、『フルート奏法試論』(シンフォニア、1976)51-2ページ、『正しいクラヴィーア奏法』(全音、2,000)第1部131-2ページ、『バイオリン奏法』(全音、1974)29-30ページで述べられています。

昨年のヘンデルの《メサイア》とパレストリーナのミサ曲《今日キリストが生まれたまえり》に引き続き、今回はアルカンジェロ・コレッリ(1653〜1713)の《クリスマス・コンチェルト》をご紹介しましょう。1814年にアムステルダムで出版されたop. 6には、12曲のコンチェルト・グロッソが納められていますが、「降誕の夜のために作曲された」という但し書き付きの第8番がそれ。

バロック時代には、このような器楽合奏曲が教会の礼拝で演奏されることも多かったのですが、中でもこの曲は、12月25日の夜(キリスト教の暦では前日の日没から1日が始まるので、実際には24日の夜から25日にかけて)の礼拝用に作られたというわけです。

終楽章後半のテンポが緩やかになった部分に、パストラーレ・アド・リビトゥムと書かれています(このアド・リビトゥムが何を意味するのか、何が自由なのかははっきりわかりません)1。パストラーレとは牧歌的な曲を指しますが、降誕→羊飼いたち→草原牧場→牧歌的という連想でしょうか。御使いによって降誕を告げられた羊飼いたちが、馬小屋で生まれ飼い葉桶に寝かされたイエスを訪れるというシーン(ルカ 2.8〜)は、たしかに牧歌的ですよね。12/8拍子や6/8拍子などの、四分音符と八分音符の交代によるターンタターンタのシチリアーノ・リズムがお約束。バグパイプ特有のドローン(持続低音)に支えられて、静かでのんびりとした雰囲気が描かれます2

同時代の人々から「ヴァイオリンの大天使(Archangelo はイタリア語で大天使の意味)」と賞賛されたコレッリ。彼の作品のヴァイオリン・パートは、ほとんどが第3ポジションまでで弾け、重音もごくわずか。派手さはありませんが、わかりやすい和音進行が耳に心地よく、テンポや音量の対比と調和のさじ加減が絶妙です。ヴィヴァルディよりも25歳、J. S. バッハよりも32歳年上のコレッリは、ローマの富裕な貴族をパトロンに持ち、生活のために作曲&出版する必要がありませんでした。12曲ずつまとめられた作品集6つに納められたソナタや協奏曲は、厳選し推敲を重ねた自信作と考えられます3

コレッリのクリスマス・コンチェルトのドラマティックな冒頭部分と、急くようなト短調部分に、暖かい日差しが差し込んだような厳かなト長調ラルゴのパストラールが続く終楽章は、こちらから試聴できます。みなさんがこれまで聴いたり弾いたりした演奏とこれらとの違いについては、また改めて書きます。

  1. 現在では、クリスマス以外の季節にはこの部分を自由に省略できるという解釈が一般的です。パストラーレがクリスマス・コンチェルトの終楽章とは限りません。たとえばマンフレディーニ(1684〜1762)の作品 op. 3, no. 12 では、第1楽章にパストラールが置かれています。
  2. クリスマス・コンチェルトのパストラーレに関して、「キリスト降誕の際に羊飼いたちが笛を吹いたという聖書の記述にちなむ」という説明をしばしば目にします。しかし、聖書の引用部分を記したものを見たことがありませんし、4つの福音書にそのような記述は見当たりません(ご存知の方、教えてください)。
  3. クリスマス・コンチェルトが含まれるop. 6は死後出版ですが、生前、本人がまとめました。