21. 12月 2016 · (299) クリスマスに聴きたい音楽 part 9  はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , , , ,

聖フィル♥コラム12月恒例、クリスマスに聴きたい音楽その9は、ヨハン・ゼバスティアン・バッハのクリスマス・オラトリオ BWV 248です。バロック音楽好きのオケ奏者には(もちろんバロック音楽好きに限らず)、1番人気の名曲でしょう。お待たせしました!

オラトリオはイタリア語で「祈祷所」の意味。「宗教的または道徳的な性格を持つ劇的な物語を、独唱・合唱・管弦楽のために作曲した作品」をオラトリオと呼び、「舞台装置、衣装、演技などを伴わず純粋に音楽的に演奏されるのが通例」です1。クリスマスに聴きたい音楽で最初に取り上げたヘンデルの《メサイア》は、英語のオラトリオの例ですね((6) part 1 参照)。

確かにバッハのクリスマス・オラトリオも、上記2つの条件を満たします。でも、オラトリオという名前にもかかわらず実際は、ルター派プロテスタント礼拝のための教会カンタータ集。コンサートやCDで一続きに聴くことが多いと思いますが、本来は分けて演奏されるべき6つのカンタータです。

なぜ6回分?? 教会暦では、クリスマスから1月6日エピファニー(不思議な星に導かれてベツレヘムに来た東方三博士が、イエスに礼拝した日。ルター派プロテスタントでは、顕現日 けんげんび)までの間を、降誕節と呼びます。この間、教会カンタータが必要な日が6回あったのですね。それぞれの内容は:

  1. 降誕節第1祝日(12月25日)用:主の降誕
  2. 降誕節第2祝日(12月26日)用:羊飼いへの告知
  3. 降誕節第3祝日(12月24日)用:羊飼いの礼拝
  4. 1月1日用:主の割礼と命名
  5. 新年の第1主日(日曜日)用:東方三博士の旅
  6. エピファニー(1月6日)用:東方三博士の礼拝

各カンタータは、曲数やレチタティーヴォ((102) 話すように歌うレチタティーヴォ参照)コラールなどの構成だけではなく、調や伴奏楽器の編成も異なります。もっとも編成が大きいのは、クリスマス第1祝日と第3祝日用で、トランペット3、ティンパニ、フルート2、オーボエ2(持ち替えでオーボエ・ダモーレも)、ヴァイオリン2、ヴィオラ、通奏低音((132) 楽譜どおりに演奏しても足りない場合参照)。もっとも編成が小さいのは第1主日用で、オーボエ・ダモーレ2、ヴァイオリン2、ヴィオラ、通奏低音です。もっとも曲数が多いのはクリスマス第2祝日用で、器楽のみのシンフォニーア(礼拝音楽の幕開けを告げる音楽ですね。(16)「交響曲」は開幕ベル参照)を含む14曲。

先日教会暦の説明をしたら、「クリスマス・オラトリオの謎が解けた」と感謝されました。クリスマスが終わった途端に新年の準備が始まる日本で暮らしていると、年明け6日のエピファニーまでクリスマスが続くなんて想像できないのも無理ありません。クリスマスではなくエピファニーにプレゼントをもらう国もありましたよね((217) クリスマスとは何か参照)。

ちなみに、クリスマス・シーズンである降誕節は、12月25日(正確には24日の日没)から始まり、エピファニー前日に終わるのだそうです2。だから、クリスマスからエピファニーまでを指すのに「クリスマスの12日 Ttwelve Days of Christmas」なのですね。皆さま、どうぞ楽しいクリスマスを。

  1. 服部幸三「オラトリオ」『音楽大事典1』平凡社、1981年、345ページ。
  2. 八木谷涼子『キリスト教歳時記』平凡社新書、2003年、42ページ。
07. 9月 2016 · (289) コラム番外編 トーマス教会とバッハ はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , , ,

行って来ました、ライプツィヒ((288) ライプツィヒとバッハ参照)!! 東ドイツの一部だったことが信じられないほど、おしゃれで魅力的な街でした。今回のコラム番外編は、写真を添えたご報告です。

写真1左は、西日に映えるトーマス教会正面。1723年から亡くなる1750年まで、ヨハン・ゼバスティアン・バッハがカントルを務めた教会です。この右側面にあたる教会南側の広場(写真1中)には、オルガンの前に立つバッハ像(写真1右、1908年ゼフナー作1)。記念撮影の観光客で、朝から大にぎわい(ライプツィヒ在住20年以上の友人が勧めてくれた宿が、この像の真向かいでした)。右手に丸めた楽譜を持ち、指揮しようとしています。

写真1左:ライプツィヒのトーマス教会正面、中:トーマス教会南側広場、右:バッハ像

写真1

祭壇に向かって右側の窓には、ステンドグラスが施されています。バッハの肖像画(写真2左と中上)はもちろん、バッハと同様ライプツィヒに縁の深い、マルティン・ルター(写真2右)やメンデルスゾーンの肖像画(写真2中下)のステンドグラスもありました。

写真2

写真2

写真3左上は教会内部。向こう側=東側に祭壇があり、内陣にはバッハの墓(写真3左下)。第2次世界大戦で破壊されたため、1949年からここに置かれています。祭壇に向かって左側の2階には、2000年に設置されたバロック様式のオルガン(写真3中下)。祭壇の反対側、会衆席後ろの2階にあるオルガン(写真3右下)はロマン派様式で、礼拝などでは左側面のオルガンを弾いていました。

トーマス教会では、夏休みなどを除く毎週金曜6時からと土曜3時から、トーマス教会少年合唱団の公演が開かれます。金曜は無伴奏。土曜はゲヴァントハウス管弦楽団のメンバーが伴奏に加わったカンタータも。バッハの時代も、この2階後ろの聖歌隊席(写真3右上)でカンタータが演奏されたそうです。

いずれの公演もオルガン演奏で始まり、会衆も一緒に歌う聖歌やコラールを含む礼拝形式で行われますが、途中に入るのは説教というよりむしろスピーチに近い短いもの(写真3中上は、2公演と日曜礼拝のプログラム)。私が行った金曜(8/19)のコンサートには、通奏低音の伴奏が加わっていました。また翌土曜の公演では、バッハのカンタータ33番などの演奏前に、新しいトーマスカントル(ゴットホルト・シュヴァルツ氏)の就任式があり、18世紀にバッハが担っていた伝統が、21世紀の現在まで引き継がれていることを実感させられました。

写真2

写真3

  1. ライプツィヒ観光局のサイトより。