18. 2月 2015 · (225) 波瀾万丈ヴァーグナーの生涯:お尋ね者編 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , , , ,

リガでの借金を踏み倒し、パリにやって来たヴァーグナー((224) 夜逃げ編参照)。しかし、赤貧にあえぐ惨めな2年半(1839年9月〜42年4月)の後、この大都会での成功をあきらめ、《リエンツィ》上演が決まったザクセン王国の首都ドレスデンへ。大好評により、ベルリン初演の予定だった《さまよえるオランダ人》もドレスデンで初演されました(前作ほどの好評は得られず)。しかも、当地の宮廷歌劇場 第2指揮者のポストが空き、定職を手に入れます(43年2月)。29歳にしてはじめて生活が安定し、波瀾万丈を卒業。

彼の仕事は、オペラやオーケストラの指揮と、宮廷の特別な機会のための作曲。イギリスで亡くなったヴェーバーの遺骨が1844年12月15日にドレスデンに改葬された際、ヴェーバーの《オイリアンテ》の2つの動機による葬送曲(吹奏楽)や、《ヴェーバーの墓前に》という無伴奏男声合唱曲を作っています。宮廷家劇場では、グルックの《アルミーダ》や《オーリドのイフィジェニー》などを指揮。

さらに重要なのは、1846年の枝の主日(イースター前の日曜日)コンサートで、ベートーヴェンの交響曲第9番を取り上げたこと。《第九》は当時もまだ、近寄りがたい謎の作品とみなされていていました。当然、上層部は反対。でも、財政的にも芸術的にも大きな成功を収めることができました(ヴェーバー、グルック、ベートーヴェン、いずれもドイツ作曲界の重鎮たちですね)。相変わらず借金は多かったものの、《タンホイザー》や《ローエングリン》を完成。

彼を波瀾万丈な人生に引き戻したのは、1848年のパリ二月革命、ウィーン三月革命に影響された、ドレスデン蜂起(49年5月3日)でした。劇場改革や、国民劇場の計画(監督の選出、演劇学校の設立、宮廷楽団の充実、自主運営組織など)に関する提案が当局に却下され、不満が募っていたヴァーグナー1。ロシア人無政府主義者バクーニンに影響され、「あらゆる支配権をぶち壊す……権力を、法律の力を、私有財産を破壊する」というような物騒な檄文を書くのですが……2

図1:ヴァーグナーの人相書(1853)

図1:ヴァーグナーの人相書

国王軍の軍事力は圧倒的で、反乱はすぐに鎮圧。5月16日、首謀者の1人とみなされたヴァーグナーの逮捕状が出されます。「当時の宮廷楽長(ママ)リヒャルト・ヴァーグナーは、当市に起こった反乱に全面的に荷担したかどにより、取り調べを受けることになっているが、もっかのところ行方不明である……ヴァーグナーは37、8歳、中背、頭髪は茶色、眼鏡を着用」3。お尋ね者ヴァーグナーは、ヴァイマール宮廷楽長リストに匿われ、偽のパスポートでスイスに亡命。追放が完全に解除されたのは、1862年のことでした。

  1. Millington, Barry, ‘Wagner: (1) Richard Wagner,’ The New Grove Dictionary of Music, 2nd ed., vol. 26, Macmillan, 2001, p. 934.
  2. 西原稔『クラシックでわかる世界史』アルテスパブリッシング、2007、247ページ。
  3. 前掲書、246ページ。
02. 7月 2014 · (192) こんなにある! オルフェウスのオペラ はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , , ,

(143) オーケストラの起源で取り上げたモンテヴェルディの《オルフェオ》(1607)は、ギリシア神話のオルフェウスの物語。オルフェウスは、鳥や魚も耳を傾けるほどのたぐいまれな歌い手+竪琴の名手。紀元前3世紀の『アルゴナウティカ』には、オルフェウスの歌と竪琴が、航海する人を美しい声で惑わす海の怪物シレーヌ(セイレーン。上半身は人間の女性の姿)や他の危機から、仲間の乗組員たちを救ったと書かれています。

蛇にかまれて死んだエウリディーチェを、黄泉の国から取り戻すチャンスを与えられるエピソードは、モンテヴェルディ以外にもオペラの題材として取り上げられています。楽譜が現存する最古のオペラ《エウリディーチェ》(カメラータのメンバーであるペーリとカッチーニによる共作、1600年、フィレンツェ)も、このストーリー。オペラ成立期に限りません。グルックの《オルフェオとエウリディーチェ》や、オッフェンバックの《地獄のオルフェ(天国と地獄)》が有名ですが、実は主要なものだけでもこんなにあるのです!1

17世紀:ペーリ(1600)、カッチーニ(1602)2、モンテヴェルディ(1607)、ベッリ(1616)、ランディ(1619)、ロッシ(1647)、レーヴェ(1659)、サルトーリオ(1672)、ロック(1673)、クリーガー(1683)、ドラーギ(1683)、シャルパンティエ(c1685)、サバディーニ(1689)、リュリ(1690)、カイザー(1698)、カンプラ(1699)

18世紀:ウェルドン(c1701)、フックス(1715)、テレマン(1726)、ランプ(1740)、ラモー(c1740)、リストーリ(1749)、ヴァーゲンザイル(1750)、グラウン(1752)、グルック(1762、パリ版は1774)、バーテレモン(1767)、トッツィ(1773)、ベルトーニ(1776)、アスペルマイアー(1780、メロドラマ、消失)、ベンダ(1785)、ナウマン(1786)、ディッタースドルフ(1788)、ライヒャルト(1788、ベルトーニの改作)、トレント(1789)、ハイドン(1791)、パエール(1791)、ヴィンター(1792)、デエー(1793、グルックのパロディー)、ドーヴルニュ(1797前)

19世紀:カンナビヒ(1802)、カンネ(1807)、カウアー(1813)、オッフェンバック(1838)、ゴダール(1887)

20世紀:シルヴァ(1907)、ドビュッシー(1907−16、オルフェウス王)、ロジェ=デュカス(1913)、マリピエロ(1923)、ミヨー(1923)、クルシェネク(1926)、カゼッラ(1932)、バードウィッスル(1986)

えーっ、こんな人も!? というような作曲家(テレマンとかラモーとかハイドンとか)もいますが、名前しか知らない人や、名前も知らなくてカタカナでどう書くのか困った人も3

古代ギリシア・ローマ文化の再生を目指したルネサンス時代に限らず、目に見えない音楽が持つ大きな力の具体化とも言うべきオルフェウスのエピソードが、総合芸術であるオペラの題材として何度も選ばれたのは、当然ですね。オペラ以外でもオルフェウスを題材に、ガレンベルク(1831)やストラヴィンスキー(1948)がバレエ、リストが交響詩(1834、グルックのオペラの前奏曲として。後に2台ピアノ用と連弾用に編曲。さらに同オペラの後奏曲も)、ベルリオーズ(1827)やティペット(1982)が声楽曲を書いています。

図1:トラキア人たちの中のオルフェウス。クラテール(広口のかめ)、紀元前440年、ジェーラで出土

図1:トラキア人の中のオルフェウス。クラテール、紀元前440年、ジェーラで出土

  1. Anderson, Robert, ‘Orpheus, 2: Later Treatments,’ The New Grove Dictionary of Music, 2nd ed., vol. 18, Macmillan, 2001, 753.
  2. 1600年の初演後、ペーリとカッチーニはそれぞれ自作を完成させました。
  3. ウィキペディア英語版の List of Orphean operas(http://en.wikipedia.org/wiki/List_of_Orphean_operas)には、21世紀の作品も含め、さらに多くリストアップされています。
19. 10月 2012 · (103) ベルリオーズの人生を変えた音楽 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , , , , , ,

劇団の看板女優に恋をして、想いが叶えられなかった経験を《幻想交響曲》にしたベルリオーズ(1803〜69)。ロマン派時代にたくさん作られる「標題音楽」の出発点となったこの作品の作曲・初演は、1830年。ベートーヴェンの死のわずか3年後に、このような独創的な音楽が作られたことに、驚かされます(ドイツ音楽とは異なる、フランス音楽の伝統の上に生み出された曲ではありますが)。

エクトル・ベルリオーズは、フランス南部の小村ラ・コート=サンタンドレの、何代も続く旧家の長男として生まれました。父は高名な医者。エクトルも1821年、医学部に通うためにパリに出ます。ところが、もともと医学が嫌いだった彼はオペラ座通いを始め、ついには医学を捨て、音楽の道に進んでしまいます。

いったいベルリオーズは、オペラ座で誰のオペラを見たのでしょう? オーベールやマイヤベーアらがフランス独特の新しい「グランド・オペラ」を作るのは、1830年頃以降のこと。20年代に上演されていたのは、サリエリ、サッキーニ、メユール、スポンティーニ、ボワエルデューらのオペラでした。ベルリオーズは、初期の大規模作品の参考にしています1

でも、彼が深い感銘を受けて心の底から崇拝し続けたのは、グルック。聖フィル第3回定演で《オーリドのイフィジェニー(アウリスのイフィゲニア)》序曲を演奏した、あのグルックです。《幻想交響曲》の斬新さと、とっさに結び付きませんね。でも、1822年にグルックのオペラを抜き書きした楽譜が残されているそうです。

ベルリオーズが生まれて初めて見たオペラのうちの1つが、グルックの《トーリドのイフィジェニー》(1779年、オペラ座で初演)。ギリシア軍の総大将アガメムノン王は、狩りの女神ディアーナの怒りをかったため、順風が吹かず、アウリス(フランス語でオーリド)の港から出陣できません。怒りを鎮めるために、自分の娘イフィジェニーを生贄にするのが《オーリド》のストーリー。《トーリド》はその後日譚で、イフィジェニーはタウリス(フランス語でトーリド)にあるディアーナ神殿の祭司長として生きていて、生贄として連れて来られた弟オレストと再会します。

最近、《トーリドのイフィジェニー》をビデオで見ました2。彼の「オペラ改革」の理念が最も良く表された作品と言われるとおり、歌い手の名人芸を聴かせるイタリア・オペラとはかなり趣が異なります。イフィジェニーは、オレストか彼の親友ピラードのいずれかを生贄に選ばなくてはならず、しかも選んだ方のオレストが自分の弟であることが判明するという緊迫感が、ドラマの推進力。3人が室内で生と死について歌い交わす地味な内容ですが、情感あふれる歌詞とシンプルな音楽が緊密に結びついています。

《トーリド》をはじめとするグルックのオペラに魅せられなければ、両親と不仲になることもなく、送金を減らされ(時に止められ)て貧乏暮らしをすることもなかったベルリオーズ。でも、もし彼がそのまま医者になっていたら、コラムが2つも3つも書けるほど斬新な《幻想交響曲》は作られず、リスト(《幻想》の初演も聴いています)やヴァーグナーらに影響を与えることも無かったでしょう。グルックは、ベルリオーズの人生だけではなく、西洋音楽の歴史も変えたと言えますね。

  1. 以下、Macdonald, ‘Berlioz,’ The New Grove Dictionary of Music, 2nd ed., 3, Macmillan, 2001, pp. 385-6 に基づきます。
  2. kuko-cell さんの提供に感謝いたします。
11. 8月 2011 · (41) 涼しくなる (?!) 音楽 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , , , ,

残暑お見舞い申し上げます。節電で暑い中(被災者の方々のことを考えると、文句は言っていられません!)、聴いて涼しくなる音楽を考えてみました。怪談を聞くとぞーっとして涼しくなると言いますから、その音楽版はいかがでしょうか。ヴェーバー(ドイツ語なので、ウェーではなくヴェー)の《魔弾の射手》第2幕「狼谷の場」です。

このオペラの原作は、アーベルとラウンの『妖怪物語』1。悪魔伝説です。翌日の射撃試合で優勝しなければ恋人アガーテと結婚できないのに、主人公の猟師マックスは大スランプ。悪魔に魂を売り渡したカスパールにそそのかされて、魔物たちが荒れ狂うという狼谷で、真夜中に百発百中の「魔弾」を鋳造することに。

狼谷の場は、精霊たちの不吉な合唱で始まります。彼らのウフーイ! ウフーイ!という叫びは、木管楽器の強奏によって妖しさ倍増です。カスパールと狩猟の悪魔ザミエルの会話の後、深い闇や幻影に怯えるマックスが登場。カスパールが7発の魔弾を鋳造する際は、ひとつ出来上がるたびに、妖怪が出現したり突然嵐になったり、怪現象が起こります。

ヴェーバーは新しい楽器を加えずに、このようなおどろおどろしい雰囲気を作り出しました。楽器の最低音域、弱奏と強奏のコントラスト、旋律性の乏しい同音反復による歌唱ライン、いびつなリズムなどを用いて、闇や暗さ、目に見えない(はずの)ものへの恐怖を、独創的に表現しています。このオーケストレーション無しに、狼谷の場は成り立ちません。

6発目の魔弾が作られた後に強奏される短調の分散和音は、序曲の第1主題としても使われ、悪魔の強大な力を表します。一方、序曲の第2主題(長調のなめらかな旋律)は、第2幕にアガーテが歌う喜びのアリアの一部で、愛の力の暗示です2。再現部では、第1主題よりも第2主題が優位になります。つまり、ヴェーバーはこの序曲で、オペラの内容を予示しているのです。約半世紀前にドイツの先輩オペラ作曲家グルック(聖フィル第3回定期演奏会で《オーリドのイフィジェニー》序曲を演奏しました)が唱えた、オペラ改革のポイントのひとつですね。

参考として、(演出の好き嫌いはあると思いますが)英語の字幕つきの動画をあげます。カスパールがザミエルと契約を交わす前半部分と、魔弾を鋳造する後半部分に分かれています。


深いボヘミアの森を舞台に、そこに住む狩人たちを描いた、真の意味でのドイツ・オペラ第1号である《魔弾の射手》3。魑魅魍魎が跋扈する狼谷の場が終わると、第3幕は晴れやかな射撃試合の日です。最後の魔弾は誰に命中するのか。心の弱さから不正を働いてしまったマックスはどうなるのか。是非、結末を確かめてみてください。

  1. ドイツ語を歌詞とし、台詞が入る《魔弾の射手》は、正確には「ジングシュピール」です。
  2. この特定の旋律に特定の意味を持たせる手法は、後にヴァーグナーが押し進めることになります。
  3. それまでのジングシュピールの舞台は、ドイツではなく異国(モーツァルトの《後宮からの逃走》はトルコ、ベートーヴェンの《フィデリオ》はスペイン)や、メルヘンの世界(モーツァルトの《魔笛》)でした。