21. 10月 2011 · (51) 藤森亮一先生のアンコール《森の静けさ》 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , ,

聖フィル第5回定期演奏会においでくださった皆さま、どうもありがとうございました。お楽しみいただけましたでしょうか。藤森亮一先生のドボコン、圧巻でしたね。さらにアンコールが2曲も! バッハの無伴奏チェロ組曲第1番プレリュードを鮮やかに弾かれた後の2曲目は、初めて耳にする方も多かったと思います。今回はこのアンコール曲、ドヴォルジャークの《森の静けさ》について書きます。

もともとはチェロではなく、ピアノ用に作られました。4手連弾のための小品集《ボヘミアの森から Ze Šumavy》op. 68、全6曲中の5曲目です。ドヴォルジャークの連弾曲といえば、後から作曲者本人によってオーケストラ用に編曲された《スラブ舞曲集》(第1集 op. 46と第2集 op. 72)が有名ですね。《ボヘミアの森から》は、その第1集と第2集が作曲される間の1883年8月から翌年にかけて作られ、オーストリア皇太子妃ステファニーに献呈されました。

他の連弾曲集とは異なり、6曲それぞれに《紡ぎながら》《暗い湖のほとりで》《悪魔の宴》《見張りをしながら》《森の静けさ》《嵐の時代から》と、タイトルが付けられています1。このような、題名を持つ叙情的なピアノ小品集は、キャラクター・ピース(性格的小品)と呼ばれ、ロマン派の時代に流行しました。ただ、ドヴォルジャークは題名選びに苦戦。「ふさわしいタイトルは既に全部、シューマンが使ってしまったみたいだ」2。「私は音楽はたくさん持っているけれど、タイトルは全然持っていない」とこぼしたそうです3

ドヴォルジャークがこのピアノ連弾曲集の中の《森の静けさ》を、ピアノ伴奏付きのチェロ独奏曲にアレンジしたのは1891年末。翌年1月3日から5月末まで、ラハナー(ヴァイオリニスト)とヴィハン(後に、彼の求めに応じてドボコンを作曲することになるチェリスト)とともに行った、渡米前のお別れコンサート・ツアー用です。《ドゥムキー 》op. 90 等のピアノ・トリオを中心とするプログラムに華を添える、ヴィハンの独奏用としてでした。

さらに1893年10月にアメリカで、このピアノ・パートを小オーケストラ用に再アレンジ。翌年の秋に、ベルリンのジムロック社から出版されました。第5曲の原題 Klid は、チェコ語で「静けさ」「平穏」の意味でしたが、 Die Waldesruhe(ドイツ語で「森の静けさ」)のタイトルで出版されました。

曲は終始、静かにゆっくり奏されます。A—B—A 形式のA部分は、フラット5つの変ニ長調。シンコペーションのリズムでゆるやかに降りてくるメロディーを、独奏チェロが静かに歌います。B部分はシャープ4つの嬰ハ短調4。三連符が使われて少し動きが出るこの中間部には、独奏チェロが管楽器と短く歌い交わすロマンティックな部分も。シンコペーションによるAのメロディが戻り、最後に三連符のリズム(Bの特徴)で盛り上がった後、すぐに静まって終わります。

チェコ南西部、ドイツやオーストリアとの国境近くに広がるボヘミアの森。ヴルタヴァ(モルダウ)河の水源もこのあたりです。(41) 涼しくなる (?!) 音楽でご紹介した、魔物が住む暗く恐ろしいボヘミアの森の一側面とは全く異なる、静まりかえった平和な情景が描かれた《森の静けさ》は、藤森先生のリリカルで暖かいチェロの魅力を伝えるのに、まさにうってつけの曲でしたね。

  1. これらの日本語タイトルは、『ピアノ連弾の楽しみ:模範演奏編』(Sony Classical, 1995)の濱田滋郎の解説によります。
  2. シューマンは《謝肉祭》や《子どもの情景》など、多くのキャラクター・ピースを作曲しました。
  3. Bartoš, František, Antonín Dvořák: Ze Šumavy (Bärenreiter, c1957) の解説、p. vi.
  4. 難しそうに聞こえますが、変ニ(レのフラット)と嬰ハ(ドのシャープ)は異名同音なので、2つの調はピアノの同じ鍵盤から始まる長調と短調です。