07. 9月 2016 · (289) コラム番外編 トーマス教会とバッハ はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , , ,

行って来ました、ライプツィヒ((288) ライプツィヒとバッハ参照)!! 東ドイツの一部だったことが信じられないほど、おしゃれで魅力的な街でした。今回のコラム番外編は、写真を添えたご報告です。

写真1左は、西日に映えるトーマス教会正面。1723年から亡くなる1750年まで、ヨハン・ゼバスティアン・バッハがカントルを務めた教会です。この右側面にあたる教会南側の広場(写真1中)には、オルガンの前に立つバッハ像(写真1右、1908年ゼフナー作1)。記念撮影の観光客で、朝から大にぎわい(ライプツィヒ在住20年以上の友人が勧めてくれた宿が、この像の真向かいでした)。右手に丸めた楽譜を持ち、指揮しようとしています。

写真1左:ライプツィヒのトーマス教会正面、中:トーマス教会南側広場、右:バッハ像

写真1

祭壇に向かって右側の窓には、ステンドグラスが施されています。バッハの肖像画(写真2左と中上)はもちろん、バッハと同様ライプツィヒに縁の深い、マルティン・ルター(写真2右)やメンデルスゾーンの肖像画(写真2中下)のステンドグラスもありました。

写真2

写真2

写真3左上は教会内部。向こう側=東側に祭壇があり、内陣にはバッハの墓(写真3左下)。第2次世界大戦で破壊されたため、1949年からここに置かれています。祭壇に向かって左側の2階には、2000年に設置されたバロック様式のオルガン(写真3中下)。祭壇の反対側、会衆席後ろの2階にあるオルガン(写真3右下)はロマン派様式で、礼拝などでは左側面のオルガンを弾いていました。

トーマス教会では、夏休みなどを除く毎週金曜6時からと土曜3時から、トーマス教会少年合唱団の公演が開かれます。金曜は無伴奏。土曜はゲヴァントハウス管弦楽団のメンバーが伴奏に加わったカンタータも。バッハの時代も、この2階後ろの聖歌隊席(写真3右上)でカンタータが演奏されたそうです。

いずれの公演もオルガン演奏で始まり、会衆も一緒に歌う聖歌やコラールを含む礼拝形式で行われますが、途中に入るのは説教というよりむしろスピーチに近い短いもの(写真3中上は、2公演と日曜礼拝のプログラム)。私が行った金曜(8/19)のコンサートには、通奏低音の伴奏が加わっていました。また翌土曜の公演では、バッハのカンタータ33番などの演奏前に、新しいトーマスカントル(ゴットホルト・シュヴァルツ氏)の就任式があり、18世紀にバッハが担っていた伝統が、21世紀の現在まで引き継がれていることを実感させられました。

写真2

写真3

  1. ライプツィヒ観光局のサイトより。
10. 8月 2016 · (288) ライプツィヒとバッハ はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , , , , ,

ドイツのライプツィヒと言われて思い浮かべる作曲家は? 1835年にゲヴァントハウス管弦楽団の常任指揮者になった、メンデルスゾーン? 長くライプツィヒで活動したシューマン? ライプツィヒ生まれのヴァーグナー? 縁の作曲家は多いのですが、ヨハン・ゼバスティアン・バッハも忘れないでください。1750年に没するまでの後半生を、ライプツィヒで過ごしました。

図1:ライプツィヒ

図1:ライプツィヒ

ケーテン公の宮廷楽長から、ライプツィヒ市主要教会のひとつトーマス教会のカントルに転職。社会的地位はカントルより宮廷楽長(カペルマイスター)の方が上。さらに、前任者ヨハン・クーナウ(1660〜1722)の死去に伴い、ライプツィヒ市参事会が後任の第1候補にしたのはゲオルク・フィリップ・テレマン(1681〜1767)、第2はクリストフ・グラウプナー(1683〜1760)でした。2人が辞退したため、3番目のバッハがカントルに。

トーマスカントルの職務は2種類。ひとつは、トーマス教会付属学校で教えること。バッハは音楽は自分で教えましたが、ラテン語の授業は自費で代理を雇っていました。もうひとつは、ライプツィヒ市の音楽監督。礼拝における教会カンタータの演奏の他、結婚式や葬式などにも音楽を提供しました。

1723年5月末にライプツィヒに移ったあと、バッハは初めの6年間に、教会暦5年分の教会カンタータを作ったようです(激務に関しては (159) バッハの一週間参照)。カンタータは1年間で約60曲必要ですから、5年分でおよそ300曲1!!!(散逸が惜しまれますね)。カンタータの他に、《ヨハネ受難曲》(1724)や《マタイ受難曲》(1727)も作曲。1729年以降は、コレギウム・ムジクムの活動を精力的に行いました。

私事で恐縮ですが、一昨年夏のボストン、昨夏のロンドンとフィレンツェ、今春のローマとパリ((271) ヴァティカン図書館で調査してきた!!参照)に続いて、今夏はライプツィヒで資料研究をしてきます((249) 今と同じ?! 16世紀の楽譜参照。研究費をいただけるのは今年度が最後)。短い滞在ですが、州立図書館で写本調査をしながら、バッハやメンデルスゾーンが暮らした街を目に焼き付けたいと思います。ライプツィヒの後、ブリュッセルとコペンハーゲンの王立図書館でも資料調査するため、聖フィル❤コラムは3週続けてお休みさせていただきます。みなさま、どうぞ良い夏をお過ごしください。

  1. Stauffer, George B., ‘Leipzig,’ The New Grove Dictionary of Music, 2nd ed., vol. 14, Macmillan, 2001, p. 314.

コラールと言われたらみなさんは、ブラームスの交響曲第1番終楽章、序奏部のトロンボーン(とファゴット族)3重奏を思い浮かべるでしょうか。あるいはブルックナーの、たとえば第4番《ロマンティッシュ》第1楽章展開部終盤で、トランペット&トロンボーン&テューバがffで吹き鳴らすところ(305小節〜)? 第5番終楽章には、ブルックナーご本人が「コラール」と書き込んだ部分(583小節〜)もありますね。

でも、このようなコラールは正確には「コラール風」(あるいは「コラール的」)楽節。本物のコラールではありません(このようにな「コラール風」もコラールと呼ぶことがあるのでややこしいのですが)。

譜例1:J. S. バッハ:カンタータ BWV 140《目覚めよと呼ぶ声が聞こえ》より終曲(第3節)

譜例1:J. S. バッハ:カンタータ BWV 140《目覚めよと呼ぶ声が聞こえ》より終曲(第3節)

バッハの声楽作品に詳しい方は、本物をご存知ですよね。コラールは、ルター派プロテスタントの賛美歌。4声体のホモフォニーの形で(譜例1参照)、教会カンタータや受難曲の核になっています。上記「コラール風」楽節の元ですね。ただこれは、いわば成長した大人のコラール。もともとはモノフォニー(単旋律)でした。

カトリックの典礼音楽の歌詞は、聖職者以外は理解できないラテン語。聖歌隊が歌うお経のようなグレゴリオ聖歌や、複雑で難しいポリフォニーを、意味もわからずありがたく拝聴しているだけ。

宗教改革者マルティン・ルター(1483〜1546)は、「会衆を礼拝に積極的に参加させようとする意図から歌唱による祈願や賛美を重視」1。みんなで歌うには、母国語であるドイツ語の歌詞の曲が必要と考えました。単旋律なら、楽譜を読めない人も聞き覚えて歌えます。無伴奏のユニゾンで歌われたこのような曲は初め、geistliche Lieder(宗教的な歌)とか christliche Gesäng(キリスト教の歌)と呼ばれていました2(グレゴリオ聖歌の旋律を指す「コラール」という語で呼ばれるようになったのは、16世紀後半)。

1524年にヨハン・ヴァルター(1496〜1570)がヴィッテンベルクで、聖歌隊用に3〜5声に編曲した Geystliches Gesangk Buchleyn を出版(図1参照)。宗教改革の発端となった、ルターの「95か条の論題」発表から、わずから7年という早さに驚かされますが、考えてみると聖歌隊は、ついこの前まで壮麗なポリフォニーの宗教曲を歌っていた(し、信者たちだって、歌詞の意味はわからないながら聞いていた)のですからね。旋律1本を斉唱するだけでは、音楽的におもしろくなかったのでしょう。

図1:Johann Walter, Geystliches Gesangk Büchleyn, Titelpage, Wittenberg, 1524

図1:Johann Walter, Geystliches Gesangk Büchleyn, Titelpage, Wittenberg, 1524

ルターの序文が付いたこの最初の賛美歌集には、32の聖歌の詩用の35の旋律が、38種類に編曲されて収められています。カトリックの宗教曲のような複雑なポリフォニー様式と、旋律と同じ動きで和音を連ねる(より新しい)和弦様式の、2種類の編曲法が使われました。後者が、大人のコラールの出発点。

ただ、譜例1のようにコラール旋律がソプラノに置かれたのは、ルーカス・オジアンダー(1534〜1604)が1586年にニュルンベルクで出版した Fünffzig geistliche Lieder und Psalmen から3。ヴァルターの賛美歌集では、多声作品における最重要声部テノール((85) アルトは高い参照)に、主旋律が置かれていました。

まとめ:ルター派プロテスタントの賛美歌であるコラールは、もともとモノフォニーだった。4声体の編曲では、しばらく内声に置かれていた。バッハがカンタータの中で用いたような大人のコラールになってからも、そのまま引用した場合(たとえばメンデルスゾーンの通称「宗教改革」交響曲。(257) メンデルスゾーンが作った交響曲はいくつ?参照)以外、「コラール風」と呼ぶのが正しい。

来週のコラム更新はお休みさせていただきます。

  1. 辻荘一「コラール」『音楽大事典2』平凡社、1982、938ページ。
  2. Marshall, Robert L. / Leaber, Robin A., ‘Chorale,’ New Grove Dictionary of Music, 2nd ed., vol. 5. Macmillan, 2001, p. 737.
  3. Marshall, Robert L. / Leaber, Robin A., ‘Chorale settings,’ New Grove Dictionary of Music, 2nd ed., vol. 5. Macmillan, 2001, p. 748.
21. 1月 2015 · (221) パッサカリアについて:バッハとブラームス はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , , , , ,

パッサカリアと言われると、ブラームスの交響曲第4番を思い浮べるオケ奏者やオケ・ファンの方が多いと思います。CD解説などに、この曲の第4楽章がシャコンヌまたはパッサカリアの形で作られていると、書いてありますよね。どういうことか、ご存知ですか。

ブラームスは、ヨハン・ゼバスティアン・バッハのカンタータ150番《主よ、わが魂は汝を求め Nach dir, Herr, verlanget mich》第7曲〈わたしの苦難の日々を Meine Tage in dem Leide〉の低音旋律をモデルにしました。この曲はチャッコーナ。イタリア語でシャコンヌのことです。シャコンヌは、3拍子の緩やかなテンポの舞曲。低音旋律に基づく変奏曲で、バロック時代にはパッサカリアとほぼ同義に使われました 1

ロ短調の主音シから順番に5度上行しオクターヴ下がる、シ−シ−ド♯−ド♯−レ−レ−ミ−ファ♯−ファ♯。低声部はこの4小節パターンを何度も繰り返しながら、ニ長調、嬰ヘ短調、イ長調、ホ長調に転調します。ロ短調に戻り、最後はミ−ファ♯−ファ♯の後に主音シが続いて終了。このしつこく繰り返される低音、バッソ・オスティナート(イタリア語で「がんこな低音」の意)の上で、旋律や和声、リズムが変わっていきます。

ブラームスはこの低音旋律の最後に主音を付け加えて、1回毎に完結する形にしました。さらに、ロマン派的にアレンジ。オクターヴ跳躍の前に1音加えてラ−ラ♯−シの半音進行に。この8音1フレーズを、バスだけではなく旋律や和音の中で繰り返します。変奏主題として最初に上声で提示されるときも、主和音で始まらないなど19世紀的。メロディーやハーモニー、リズムやオーケストレーション、時にはテンポも変わっていきますが、8小節パターンを律儀に繰り返すのはバッハのチャッコーナと同じです。

バッハの音源をあげます2。バッソ・オスティナートが何回繰り返されるか、数えてみてください。嬰ヘ短調に転調するあたりで急にメロディーが半音下がり、違和感をおぼえる部分があります(0:56くらい)。歌詞「茨(いばら)」の不快さを、音楽で表現しているのです。その前のニ長調部分で、細かく動くたくさん音をひとつのシラブルで歌う(0:33くらいから)部分は、歌詞「喜び」のうれしさの表現でしょう。バッハは、歌詞の言葉と音楽を密接に結びつけて作曲しています。ロ短調よりもピッチが高いのは、彼らがコーアトーンを使っているということですね((104) a’=440になるまで(1):コーアトーン参照)。

  1. 金沢正剛「パッサカリア」『音楽大事典4』音楽之友社、1982、1863−64。
  2. 歌詞:わたしの苦難の日々を神は喜びに変えて終わらせてくださる、茨の道を歩むキリストの者たちを天の御力と祝福が導かれる。神がわたしの真の守りであられるかぎり、人に逆らわれることなど気にしない。キリストはわれらをかたわらで支えられ、日々、わたしの戦いの勝利を助けられる。
13. 11月 2013 · (159) バッハの1週間(ライプツィヒ、1723年) はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , ,

「 聖フィル♥コラム、始めます」をアップしたのが2010年11月4日。最初の「《運命》と呼ぶのは日本だけ !?」は、同9日付けでした。石の上にも3年。おかげさまで聖フィル♥コラム、当初の目標だった3周年を迎えることができました。読んでくださるみなさま、どうもありがとうございます!

毎週ネタを捜すのが大変でしょうと言われます。でも、オケの練習、仕事、音楽会など日常の中に、あれれ、どうして?とか、あらら、書いておかなければ!と思うことがいっぱい。ネタには不自由しません。

一方、ああいうのがさらっと書けていいですねと言われると、言葉に詰まります。さらさらっと書けたらいいのに。テーマを決めて資料を捜すのに2日、それを読んで構成を考えるのに2日、下書きと推敲に3日。合間を縫って、仕事や家事や練習をしている感じ。アップしたらすぐまた次。1週間はあっという間。

でも、290年前のバッハの1週間は、こんなものではなかったはず。1723年、トーマス教会カントル兼市音楽監督として、ライプツィヒに移り住んだ1年目のことです。日曜とそれ以外の主要祝祭日の礼拝で教会カンタータを演奏することが、彼の仕事の1つでした。

バロック時代のイタリアの世俗歌曲、カンタータ(イタリア語で「声楽曲」の意味)。ルター派プロテスタントの礼拝に取り入れられ、ドイツ語の歌詞を持つ教会カンタータに。器楽伴奏付きで、合唱、独唱によるレチタティーヴォ(伴奏は通奏低音のみ。(102) 話すように歌うレチタティーヴォ参照)とアリア、コラール(ルター派の賛美歌)などで構成されます(2重唱や器楽曲が入る場合も)。牧師の説教の前に演奏され(楽章数が多ければ、説教後に後半を演奏)、その日に朗読される聖書の内容を音楽で表わします。この聖書朗読の部分は毎回異なりますから、毎回異なるカンタータが必要です。

バッハの教会カンタータのストックは、あまり多くありませんでした(前任地ケーテンはカルヴァン派プロテスタント。カンタータを使いません)。したがって、1723年5月22日にライプツィヒに到着した直後から、カンタータ作りが始まります。5月30日にライプツィヒ第1作を初演してから、翌1724年5月30日までの1年間に作ったカンタータは、46曲! これだけでもすごいのに、作って終わりではないのです。

バッハの1週間を想像してみましょう。礼拝でカンタータを演奏した日曜日の夜は、さすがのバッハも一息入れたとして(そう思いたいですよね)。翌日から、次の日曜日のカンタータの準備。作曲に月・火・水と3日間くらい? 仕上がった曲から、順次パート譜作り。この作業も火・水・木と3日間くらいかかったのでは? バッハが書いたスコアから、各パート1部ずつ、原則として1人のコピストが筆写したそうです1。主に、バッハが教えていたトーマス教会付属学校の生徒たちが担当しました。ヴァイオリンのように、同じ楽譜が2枚以上必要なパートもあります。正しく筆写されたかどうかをチェックする時間も必要。

演奏譜をそろえて練習開始。週の残りを使って伴奏アンサンブルの練習、合唱の練習、ソリストの練習(ソプラノやアルトの独唱は、トーマス学校の声変わり前の生徒たち。指導に時間がかかったことでしょう)、そして全体練習。

この間バッハには、トーマス学校で音楽などを教える義務もありましたし、時には結婚式や葬儀の音楽やその演奏を頼まれることもありました。しかも、家には5人の子どもたち。長女(15歳)や長男(13歳、ヴィルヘルム・フリーデマン)は頼りになったでしょうけれど、2人目の妻アンナ・マグダレーナとの最初の子クリスティーナ・ゾフィア・ヘンリエッタは、まだ1歳にもなっていません2。お父さんとしても大忙しだったはず。

てんやわんや(想像ですが)で練習し、日曜日の礼拝で本番を終えると、また次週のカンタータの準備。作曲、写譜、練習の1週間が始まります。一息つけるはずの待降節と四旬節(オペラ上演が禁じられたように、カンタータ演奏もお休み。(56) アドヴェントと音楽参照)にも、前者では3日間祝われるクリスマスを含む降誕節のカンタータの準備、後者では聖金曜日に演奏する、カンタータよりもはるかに規模が大きい受難曲の準備がありました。ライプツィヒ2年目も、50曲以上の教会カンタータを作曲しています。毎週、違う曲を演奏するだけでも大変なのに。脱帽。

それにしてもライプツィヒの人々、ほぼ毎週、バッハの新作カンタータを聴くことができたわけですね。激務が続くバッハに同情しつつ、やはりうらやましいですね。

  1. 久保田慶一『バッハ キーワード事典』春秋社、2012年、p. 44。
  2. 前掲書、p. 28。彼女は3年後に亡くなりました。
31. 7月 2013 · (144) a’=440になるまで (2):カンマートーン はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , , , ,

(104) a’=440になるまで (1):コーアトーンを書いてから早9ヶ月。「(61) 楽譜どおりに演奏してはいけない場合に『バロック時代は、現在に比べて低いピッチで楽器を演奏していました』と書いてあるのに、高いピッチの話しか無かった」とか、「バロック・ピッチってa’=415でしょ、全然触れていない!」などのご不満を解消すべく、今回はコーアトーン以外のバロック・ピッチ、カンマートーンについて書きます。

地域により時代により様々なピッチが使われていたことは既に書いたとおりですが、実は同じ時・同じ場所でも、音楽の種類によって異なるピッチが使われていました。カンマートーン Kammerton とはドイツ語で室内ピッチの意味。教会や劇場ではなく貴族や王の館の一室で演奏される、世俗音楽のピッチです。

もともとは、教会のオルガンのピッチであるコーアトーンよりも、カンマートーンの方が1全音(=2半音=長2度)ほど高かったようです1。しかし、17世紀後半以降、コーアトーンよりも1全音か1.5全音(=3半音=短3度)低いピッチのフランスの新しい木管楽器が、ドイツにも普及。このピッチがカンマートーンに(弦楽器は柔軟に対応可能なので)。カンマートーンの方がコーアトーンよりも低くなりました。

ピッチが違う楽器を、別々に演奏しているうちは良かったのです。オルガンやトロンボーンのような限られた楽器だけが使われていた教会の奏楽((42) 神の楽器? トロンボーン参照)に、世俗の楽器が入り込んできたとき、問題が起こりました。コーアトーンでチューニングされた教会の楽器と、カンマートーンでチューニングされた世俗の楽器をそのまま一緒に演奏したら、音が合いません。

ピッチの差を考えて、2種類の調を使う必要があります。バッハのカンタータ71番《神はわが王》がその1例(譜例1)2。スコアの上から順番に、トランペット3+ティンパニの祝祭楽器(?!)群と、16分音符がたくさん書かれたヴァイオリン2+ヴィオラ+ヴィオローネの弦楽器群は、調号が無いハ長調。ところが、オーボエ2+ファゴット、リコーダー2+チェロの6パートは、シャープ2つのニ長調で書かれています(丸印)。その下の合唱4部+通奏低音のオルガンはハ長調。つまり、

  1. 木管楽器はカンマートーンなので、コーアトーンの他の楽器よりもピッチが1全音低かった
  2. 同じハ長調で記譜すると変ロ長調が響き、複調の音楽になってしまう
  3. 同じハ長調の響きにするため、1全音高いニ長調で記譜した

実はこれ、移調楽器の扱いと同じ。クラリネットを思い浮かべてください。コーアトーンとカンマートーンが1全音違う地域では、バッハはカンマトーンの楽器をB管クラリネットを使うときのように1全音高い調に、短3度違う地域(ワイマール)では、A管を使うときのように短3度高い調に移調して書きました3

というわけで、「バロック時代はピッチが低かった」という認識では全体像を見誤り安いので、注意。ましてや、バロック時代は a’=415だったなんてとんでもなーい! 現在、古楽演奏で一般に使われるバロック・ピッチ a’=415は、便宜上(特にチェンバロのため)の数値に過ぎません。カンマートーンもコーアトーンも土地ごと教区ごとに異なっていたのですから、基準ピッチなど存在しませんでした。バロック時代に使われたピッチの1つカンマートーンは、現在よりもおよそ半音低かったと理解してください。

譜例1:バッハ作曲カンタータ《神がわが王 Gott ist mein König》BWV 71 (ミュールハウゼン, 1708)

譜例1:バッハ作曲カンタータ《神がわが王 Gott ist mein König》BWV 71 第1曲冒頭(ミュールハウゼン, 1708)

  1. B. Hynes, ‘Pitch, §1: Wetern Pitch Standards,’The New Grove Dictionary of Music, 2nd ed., vol. 19, Macmillan, 2001, p. 796.
  2. 橋本英二『バロックから初期古典派までの音楽の奏法』、音楽之友社、2005、208〜9ページ。
  3. Hynes, p. 794.