03. 2月 2016 · (270) 庶民はいつからオペラを見られるようになったか はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , , ,

史上初の公開コンサートが行われたのは1672年でした((269) 庶民はいつからコンサートを聴けるようになったか参照)が、オペラは? 王侯貴族の娯楽として始まったオペラ。いつごろから庶民も楽しめるようになったのでしょうか。コンサートより早い?遅い? どちらだと思いますか?

答えは、バッハが生まれる前に始まったコンサートよりもさらに「早い」。ヴェネツィアに最初の公開オペラ劇場「サン・カッシアーノ」が作られたのは、なんと1637年!(西洋音楽史の重要年号の1つ)。実質的な最初のオペラであるモンテヴェルディの《オルフェオ》がマントヴァで初演されたのは、1607年でした((143) オーケストラの起源参照)。そのわずか30年後に、庶民にも解放されたなんて!

フィレンツェのアカデミー「カメラータ」の人々が、古代ギリシア劇を復興しようとして誕生させたオペラ((28) バロック時代はなぜ1750年までか?参照)。《オルフェオ》以来、富と権力を示したい王侯貴族たちに保護され、イタリア諸都市のみならずヨーロッパの他の国々にも広がりました。贅沢でプライヴェートな「セレブの愉しみ」だったオペラが、これほど早い時期に庶民に公開されたのはなぜでしょう?

ヴェネツィアは、地中海貿易で富を蓄えた商人たちの国。彼らは財力で王侯貴族の楽しみを手に入れただけではなく、それを使ってさらにお金を得ようと考えました。商業的なオペラ劇場の運営です。庶民は平土間で立見。座って楽しむならまわりをとり巻くボックス席ですが、入場料以外に権利金を払わなければなりませんでした。この権利金だけで、劇場の建設費を賄うことができたのです。サン・カッシアーノ劇場に続いて、17世紀末までにヴェネツィアには、10以上のオペラ劇場が建設されました。

ボックス席の奥には暖炉付きの控えの間があり、そこは食事やゲームだけではなく「政治上の話し合いや商取引が成り立つ大切な場所」。裕福な市民は複数の歌劇場にボックス席を持ち、「その権利を資産として子孫に伝え」ました。こうして、ヴェネツィアでは人口15,000人にひとつのオペラ劇場がゆきわたるほどになったのです1。庶民も楽しめる公開オペラ劇場の繁栄によって、オペラはその形を変えていくことになりますが、それについてはまた改めて。

来週から2月いっぱい、聖フィル♥コラムをお休みします。(249) 今と同じ?! 16世紀の楽譜で書いたヴァティカン図書館を初め、ローマのサンタ・チェチリア音楽院図書館、パリ国立図書館などに、16世紀の楽譜資料の調査に行くためです。みなさま、3週連続更新無しでも、聖フィル♥コラムを忘れないでくださいね。

  1. 服部幸三『西洋音楽史:バロック』音楽之友社、2001年、55ページ。
02. 7月 2014 · (192) こんなにある! オルフェウスのオペラ はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , , ,

(143) オーケストラの起源で取り上げたモンテヴェルディの《オルフェオ》(1607)は、ギリシア神話のオルフェウスの物語。オルフェウスは、鳥や魚も耳を傾けるほどのたぐいまれな歌い手+竪琴の名手。紀元前3世紀の『アルゴナウティカ』には、オルフェウスの歌と竪琴が、航海する人を美しい声で惑わす海の怪物シレーヌ(セイレーン。上半身は人間の女性の姿)や他の危機から、仲間の乗組員たちを救ったと書かれています。

蛇にかまれて死んだエウリディーチェを、黄泉の国から取り戻すチャンスを与えられるエピソードは、モンテヴェルディ以外にもオペラの題材として取り上げられています。楽譜が現存する最古のオペラ《エウリディーチェ》(カメラータのメンバーであるペーリとカッチーニによる共作、1600年、フィレンツェ)も、このストーリー。オペラ成立期に限りません。グルックの《オルフェオとエウリディーチェ》や、オッフェンバックの《地獄のオルフェ(天国と地獄)》が有名ですが、実は主要なものだけでもこんなにあるのです!1

17世紀:ペーリ(1600)、カッチーニ(1602)2、モンテヴェルディ(1607)、ベッリ(1616)、ランディ(1619)、ロッシ(1647)、レーヴェ(1659)、サルトーリオ(1672)、ロック(1673)、クリーガー(1683)、ドラーギ(1683)、シャルパンティエ(c1685)、サバディーニ(1689)、リュリ(1690)、カイザー(1698)、カンプラ(1699)

18世紀:ウェルドン(c1701)、フックス(1715)、テレマン(1726)、ランプ(1740)、ラモー(c1740)、リストーリ(1749)、ヴァーゲンザイル(1750)、グラウン(1752)、グルック(1762、パリ版は1774)、バーテレモン(1767)、トッツィ(1773)、ベルトーニ(1776)、アスペルマイアー(1780、メロドラマ、消失)、ベンダ(1785)、ナウマン(1786)、ディッタースドルフ(1788)、ライヒャルト(1788、ベルトーニの改作)、トレント(1789)、ハイドン(1791)、パエール(1791)、ヴィンター(1792)、デエー(1793、グルックのパロディー)、ドーヴルニュ(1797前)

19世紀:カンナビヒ(1802)、カンネ(1807)、カウアー(1813)、オッフェンバック(1838)、ゴダール(1887)

20世紀:シルヴァ(1907)、ドビュッシー(1907−16、オルフェウス王)、ロジェ=デュカス(1913)、マリピエロ(1923)、ミヨー(1923)、クルシェネク(1926)、カゼッラ(1932)、バードウィッスル(1986)

えーっ、こんな人も!? というような作曲家(テレマンとかラモーとかハイドンとか)もいますが、名前しか知らない人や、名前も知らなくてカタカナでどう書くのか困った人も3

古代ギリシア・ローマ文化の再生を目指したルネサンス時代に限らず、目に見えない音楽が持つ大きな力の具体化とも言うべきオルフェウスのエピソードが、総合芸術であるオペラの題材として何度も選ばれたのは、当然ですね。オペラ以外でもオルフェウスを題材に、ガレンベルク(1831)やストラヴィンスキー(1948)がバレエ、リストが交響詩(1834、グルックのオペラの前奏曲として。後に2台ピアノ用と連弾用に編曲。さらに同オペラの後奏曲も)、ベルリオーズ(1827)やティペット(1982)が声楽曲を書いています。

図1:トラキア人たちの中のオルフェウス。クラテール(広口のかめ)、紀元前440年、ジェーラで出土

図1:トラキア人の中のオルフェウス。クラテール、紀元前440年、ジェーラで出土

  1. Anderson, Robert, ‘Orpheus, 2: Later Treatments,’ The New Grove Dictionary of Music, 2nd ed., vol. 18, Macmillan, 2001, 753.
  2. 1600年の初演後、ペーリとカッチーニはそれぞれ自作を完成させました。
  3. ウィキペディア英語版の List of Orphean operas(http://en.wikipedia.org/wiki/List_of_Orphean_operas)には、21世紀の作品も含め、さらに多くリストアップされています。
13. 5月 2011 · (28) バロック時代はなぜ1750年までか? はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , , , , ,

今回は、いつもコラムを編集してくださるつぶ担さんの「(27) 音楽史の時代区分の中で、バロック時代の終わりだけきっかり1750年までなのはなぜ?」という鋭い質問を取り上げます。確かに、16世紀末から18世紀半ばまでと書くべきだったかもしれませんが、あえて数字を書いたのは、私自身がバロック時代(の目安)を1600年から1750年までと習ったからです。

単に切りが良い数字というだけではありません。1600年は、楽譜が現存する最古のオペラ、ペーリとカッチーニ共作による《エウリディーチェ》が上演された年です。一方1750年は、ヨハン・ゼバスティアン・バッハの没年。以前はバロック時代を、この時代(とは限りませんが)の最重要ジャンルであるオペラが成立した年から、この時代最大の作曲家の死までの、150年としていたのです。

現在では、バロック時代の開始をもう少し早めて考えます。オペラは1600年に突然出来上がったわけではないからです。16世紀後半にフィレンツェで、カメラータと呼ばれる知識人たちのグループ(上述のペーリやカッチーニ、地動説で有名なガリレオ・ガリレイの父で歌手のヴィンチェンツォ・ガリレイなどが属していました)が、古代ギリシア劇の復興を目指して、より効果的な音楽表現を探求した結果、オペラが誕生しました1。その試行錯誤の期間も、バロック時代に含めるべきだと考えるようになったのです。

1750年の方はどうでしょうか。たとえば、なぜヘンデルでなくてバッハの没年なのか。バッハとヘンデルは同じ1685年生まれですが、生前は、ローカル作曲家バッハよりも、国際的に活躍したヘンデルの方がずっと有名でした。ちなみに、ヘンデルが亡くなったのは1759年です(区切りに使うには、ちょっと半端ですか?)2。また、バッハは1737年、弟子だった音楽批評家シャイベに「あまりに技巧的で、誇張され混乱した芸術」と、声楽曲を痛烈に批判されました。このエピソードからも、時代は移り変わりつつあったことがうかがえます。

  1. ルネサンスはフランス語で再生という意味ですが、建築や彫刻とは異なり音楽には、再生すべき古代ギリシア・ローマ時代の「音」がありません。そのため、音楽史においてルネサンスという語を使うことが疑問視されたこともありました。しかし、古代の音楽理論を研究していますし、他の文芸と同様に人文主義的な考え方を土台にしています。
  2.  2人は晩年、同じ眼科医ジョン・テイラーに受けた手術がいずれも失敗に終わり、失明しました。