29. 7月 2015 · (247) 《運命の力》序曲に使われた旋律 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , , ,

《ニュルンベルクのマイスタージンガー》第1幕への前奏曲のように(234)、《運命の力》序曲にもオペラ本体から旋律が引用されています。序曲の前半で、フルート、オーボエ、クラリネットがユニゾンで奏する、悲しげな旋律がありますね(譜例1)。これは、第4幕のアルヴァーロとカルロの2重唱〈アルヴァーロ、隠れても無駄だ Invanno Alvaro〉の一部です。

譜例1:《運命の力》序曲 61小節〜

譜例1:《運命の力》序曲 61小節〜

インカ王国の末裔アルヴァーロ(テノール)は、カルロ(バリトン)の妹レオノーラ(ソプラノ)と駆け落ちしようとして、誤って彼らの父親カラトラーヴァ侯爵を殺してしまいます。無抵抗を示すために投げ捨てたピストルが、暴発したのです。逃げる間にアルヴァーロとレオノーラは離れ離れに。復讐のためアルヴァーロを執念深く捜すカルロは、修道僧になったアルヴァーロを見つけ、2人は決闘することに。

〈アルヴァーロ、隠れても無駄だ〉は、その決闘前に歌われます。でも、仇同士の歌にしてはずいぶん感傷的ですよね。不思議に思いませんか? どんな内容を歌っているのでしょう?

この2重唱は、とうとうアルヴァーロを見つけたことを喜ぶカルロの独白で始まります。僧侶姿のアルヴァーロが登場(下の動画の1:15)。「ドン・カルロ!」(1:31)と驚くアルヴァーロに、カルロは決闘のため、2本の剣のうちのどちらかを選べと歌います。後悔している、ここで罪を償っている、放っておいてくれと頼むアルヴァーロ(2:30)。臆病者と言われてかっとします(3:10)が、すぐに自分を押さえて「主よ、私を助けたまえ」と祈ります。序曲に引用されるのは、それに続く部分(3:35)。

挑発にのらず、「おお兄弟よ、慈悲を、慈悲を! O fratel, pietà, pietà!」と繰り返しますが、カルロは同じ旋律で、妹を棄てたとなじります(5:03)。それを否定し、レオノーラを愛していた、今も愛していると歌う部分は、長調に(5:36)。跪いて許しを乞うアルヴァーロの家名を傷付け、侮辱するカルロ。我慢に我慢を重ね、手に取ってしまった剣を投げ捨てて、立ち去るよう頼むアルヴァーロ(7:53。引用旋律が再登場)。でも、平手打ちされ(8:42)遂に決闘を受け、死へ赴こうと2人一緒に歌います。

《運命の力》最大の聴きどころ、聴かせどころ。緊迫したドラマティックな2重唱ですが、決闘を迫っているのはカルロだけ。アルヴェーロは避けようとしています。それに、序曲に使われるのは、決闘と直接関係がない歌詞につけられた旋律(アルヴァーロが許しを乞う部分や、カルロが妹を歌う部分)。このため、決闘前の2重唱ながら、争いや殺し合いから遠い性格の音楽になっているのです。

さて結末は? 決闘に勝ったのは、アルヴァーロ。瀕死のカルロは再会したレオノーラを刺し、彼女は〈先に天国に行っております Lieta poss’io precederti〉と歌って息を引き取ります。絶望したアルヴァーロが自殺し、主役3人全員が亡くなる初演のエンディング(ペテルブルク帝室歌劇場、1862)は悲惨過ぎると、再演時(ミラノ・スカラ座、1869)に改訂されたのでしたね。

06. 5月 2015 · (235) 《アルルの女》第2組曲よりメヌエット はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , ,

先週は聖フィル♥コラムをお休みしてごめんなさい。聖光学院管弦楽団 第12回定期演奏会 on 聖光ホームカミングデー本番当日だったからです。聴きに来てくださった方々、どうもありがとうございました。コラム恒例アンコール・シリーズ、今回はビゼー作曲《アルルの女》第2組曲第3曲のメヌエットについて。

フルートの穏やかなメロディーと、ハープのアルペジオ(分散和音)。ゆったりとしていてなんだか満ち足りた気分にさせる曲ですが、《アルルの女》の劇付随音楽として小編成オーケストラ用に作られた27曲(ほんの数小節のものも含めて)には、含まれていません。

1872年10月1日の初演で音楽が複雑過ぎると批判されたビゼーは、すぐに前奏曲、メヌエット(フルート&ハープのメヌエットとは別の曲)、アダージェット、カリオンをフル・オーケストラ用に編曲1。この《アルルの女》管弦楽組曲、翌月に演奏されて大成功します。2匹目のどじょうの(?!)第2組曲は、数年後に(ビゼーが既に亡くなっていたので)友人のエルネスト・ギローが組んだもの。

ギローは《カルメン》の台詞部分をレチタティーヴォに直し、グランド・オペラにした人でしたね((228) 《カルメン》音楽史クイズ参照)。彼は、《アルルの女》のパストラール、間奏曲、ファランドールに、ビゼーのなぜか《美しきペルトの娘》(1866)からメヌエットを加え、第2組曲としました。

《美しきペルト(英語ではパース)の娘》は、ウォルター・スコットの小説にもとづくオペラ。14世紀、スコットランド王国の首都パースが舞台です。カトリーヌ(英語ではキャサリン)とアンリ(ヘンリー)は恋人同士。でも、カトリーヌは美しいジプシー女マブがアンリの部屋から出て来たのを誤解し、アンリはロスシー公爵に言い寄られたカトリーヌが彼に会いに出かけたと誤解し(実は公爵の愛人であるマブの変装)、2人とも相手が不貞を働いたと絶望。アンリは決闘することになるやら、カトリーヌは狂ってしまうやらの紆余曲折の末、ハッピー・エンドに。

メヌエットの原曲は、第3幕でロスシー公爵がカトリーヌ(の変装をしたマブ)と歌う〈やっと二人きりだ Nous voila seuls〉。でもギローは、大事な二重唱のメロディーを省略。あのしっとりしたフルートや堂々とした中間部が対旋律だったなんて、驚きです(原曲を聴くと、歌が邪魔みたいな不思議な感じ……)。

《美しきパースの娘》といえば、〈小さな木の実〉を思い出す方も多いと思います。原曲は、第2幕でアンリがカトリーヌの愛を取り戻そうと歌うセレナード〈誠実な恋人の声に A la voix d’un amant fidèle〉(旋律は、ビゼーの初期のオペラ《ドン・プロコピオ》からの借用。日本語の歌詞は、オペラとは無関係)。セレナードは前奏曲、行進曲、ジプシーの踊りとともに《美しきパースの娘》管弦楽組曲に収められました。ギローは、メヌエットがこの組曲から漏れているのを残念に思って、《アルルの女》第2組曲に入れたのでしょうか?(下の動画では、メヌエットの原曲は1:28:55〜、セレナードの原曲は1:05:50〜と2:21:40〜。字幕はスペイン語)。

  1. MacDonald, Hugo, ‘Bizet,’ New Grove Dictionary of Music, 2nd ed., vol. 3. Macmillan, 2001, p. 646.
22. 4月 2015 · (234) 《マイスタージンガー》のライトモティーフ (2) はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , , ,

ライトモティーフとは「オペラ、楽劇、標題音楽などにおいて、ある想念、人物、感情、事物などと結び付けて用いられる動機」1。前回 (233) はヴァーグナーの《マイスタージンガー》第1幕への前奏曲冒頭の「マイスタージンガーの動機」について説明しました。前奏曲にはこれ以外にも、オペラに使われるいろいろな動機(モティーフ)が登場します。

和音を連ねて上行する、シンプルで覚えやすいモティーフが、金管主体の「行進の動機」。主調ハ長調の主和音ドミソの響きを多用していて、「マイスタージンガーの動機」と性格が似ています。オペラ第3幕第5場で、マイスタージンガーたちが歌合戦の会場に次々と入って来るときの音楽がこれ。「マイスタージンガーの動機」も続き、これに合わせて主人公ハンス・ザックスが最後に入場します(下の動画で1:09くらいから。ザックスについては (220) を参照のこと)。前奏曲の短縮版という感じも。

前奏曲の中間部、テンポが遅くなってホ長調に転調すると「愛の動機」が登場。ファースト・ヴァイオリンが低音域で甘い旋律を奏でます。堂々としたハ長調の部分と、大きなコントラストを作っていますね。

この「愛の動機」の元の形は、一目惚れしたエーファを勝ち取るために歌合戦でヴァルターが歌う〈朝の光はバラ色に輝き〉の後半部分。歌合戦の優勝者が彼女と結婚できるのですが、騎士ヴァルターは歌の修業をしたことがありません。ザックスはヴァルターを励まし、彼の歌を A―A―B のバール形式に整えてやります。この歌は3拍子ですが、朗々と歌い上げられるB部分の旋律ラインは、前奏曲の「愛の動機」と同じ(下の動画では、2つ目のA部分が1:54〜、B部分は3:17〜。歌詞の日本語訳は註2を参照のこと)2

第1幕への前奏曲後半で、「マイスタージンガーの動機」がトロンボーン、ヴィオラとチェロの演奏で戻って来ます。引き続き、ファゴット、コントラバス、チューバによって低音域で演奏されますが、その上でヴァイオリン1、クラリネット1、ホルン1、チェロが奏しているのは「愛の動機」。そして、ヴィオラ、フルート、オーボエ、クラリネット2、ホルン2、3、4が奏しているのは、短い音価の音符による軽快な形に変えられた「行進の動機」。ライトモティーフの変形や対位法的な処理を伴う、前奏曲の聴き所です。

この後、弦の装飾音型とともに「行進の動機」が元の音価で奏され、最後は「マイスタージンガーの動機」で壮大に締めくくられる前奏曲。この前奏曲のエンディング部分は、オペラ全体のエンディングと呼応しています。マイスタージンガーになることを拒否するヴァルターにザックスがマイスターの重要性を説き、人々がザックスとドイツ芸術を讃えながら幕となるフィナーレ(動画の3:40〜)。幕が開く前に聴いた音楽がほぼそのまま、ハッピーエンドの歓呼の歌声の伴奏となるのです。

[お知らせ] 毎週水曜日に聖フィル♥コラムを更新していますが、来週4月29日(水・祝)は聖フィル第12回定期演奏会当日のため、コラム更新はお休みです。

  1. 「示導動機」『音楽大事典3』平凡社、1982年、1036ページ。
  2. 平尾力哉訳(The Metropolitan Opera のDVD字幕より)。この動画のみ演奏演出が異なります。

    朝の光はバラ色に輝き 花の香りは空に満ちる
    思いもよらぬ喜びに導かれ 私は花園に誘われた
    奇蹟の樹の 枝もたわわな木の実の下で
    熱い思いを叶えると 幸せな夢 見るように約束したのは
    こよなく美しい女性 エデンの園のエヴァ!

    たそがれゆく夕闇に包まれ 険しい道をたどる私に
    微笑みかけて誘うのは ささやく泉の清らかさ
    月桂樹の木陰で 星の光に照らされて
    やさしく清らかな様子で 泉の水を私に滴らせ
    うつつの夢を詩人にみせる こよなく気高い女性
    パルナソス山のミューズ!

    夢から覚めた詩人 その恵み深い日に
    夢にも見た楽園の 清く輝く神々しさ
    そこに至る明るい道を 示した泉の微笑み!
    私の選んだこの地の乙女の 世にも稀な愛らしさは
    尊くやさしく清らかな詩神ミューズとなって現れる
    勇をふるい求婚すれば さんさんと照る太陽の下
    歌の勝利で得たものこそ パルナソス山とエデンの園!

18. 3月 2015 · (229) カルメン第2組曲〈ノクチュルヌ〉 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , ,

(228)《カルメン》音楽史クイズでも書いたように、4月の聖フィル定演では、カルメン組曲を抜粋で演奏します。どの曲かは当日のお楽しみですが、有名な2曲〈ハバネラ〉と〈闘牛士の歌〉は、もちろん入っていますよ。オペラの中で歌われる状況を簡単に説明しましょう。〈ハバネラ:恋は野の鳥〉(第1幕)は、セビリアのたばこ工場の広場にいる大勢の女工たちや兵隊たちの前で、ジプシー女のカルメンが、初めて会った真面目なホセの気を引きながら歌う曲。情熱的で妖しく奔放なヒロインのキャラクターが印象づけられます。一方の〈闘牛士の歌:諸君の乾杯を喜んで受けよう〉は、第2幕で初登場する花形闘牛士エスカミーリョが、闘牛について語る歌。勇ましくて華やかです。下の歌詞の日本語訳を参考にしてください1

今回取り上げるのはポピュラーな曲ばかりと言いたいところですが、実は抜粋の中で、私が知らなかった曲が1つありました。カルメン第2組曲の3番目〈ノクチュルヌ〉。原曲は、第3幕のミカエラのアリア。歌の代わりにヴァイオリン独奏が、叙情的なメロディーを奏でます。ノクチュルヌ=夜想曲ですから、場面は夜のはず。ホセのフィアンセであるミカエラが、どういう状況でどのような内容の歌を歌うの??

調べてみたら、ミカエラの〈なんの恐れることがありましょう〉は夜に山の中で歌うアリアでした。彼女は、密輸団の仲間に入ってしまったホセに母親の危篤を知らせるためにやって来たのです。案内人を帰した後は、暗い中1人ぼっち。寂しくて怖くて「勇気を与えてください」と神に祈るのが、ホルンの柔らかい前奏で始まるゆったりした部分。短調に変わって(下の動画の1:46くらいから)、ホセを堕落させたカルメンを「近くでみてやりたい」「危険な女、でも美しい」「怖がってはいけない」「きちんと話をしてやる」。ヴァイオリンとヴィオラによる動きのある伴奏(分散和音の3連符やシンコペーション)は、決心したり弱気になったりと揺れる心を表わしているよう。その後、ゆったりした部分が戻ります。

実は、《カルメン》の中でアリアと名付けられた曲はこの1曲だけ(他はシャンソン=歌とか、二重唱など)。また、ミカエラは台本作者たち(メイヤックとアレヴィ)が加えたキャラクターで、原作のメリメの小説には登場しません。このアリアは地味ながら、ホセを想うミカエラの一途さがうまく表現されています。器楽曲としてノクチュルヌを聴いたり弾いたりするときにも、(妖艶なヒロインと対照的な)可憐で健気なミカエラを、思い出してくださいね。

  1. ハバネラ(第1幕、カルメン、合唱と一緒に)。安藤元雄訳(ミカエラのアリア以外の文中も)

    恋はいうことを聞かない小鳥 飼いならすことなんかだれにもできない
    いくら呼んでも無駄 来たくなければ来やしない。
    おどしてもすかしてもなんにもならない お喋りする人黙ってる人
    そのむっつり屋さんの方が気に入った なんにもいわなかったけどそこが好きなの。

    クプレ(〈闘牛士の歌〉第2幕、エスカミーリョ)

    この乾杯のお返しをさせてください。なぜってみなさん 軍人さんと
    闘牛士とはうまが合うもの、どちらも戦いが楽しみだから。

    闘牛場は満員、お祭りの日 闘牛場は満員、上から下まで。
    見物人はわれを忘れて大騒ぎ そのどよめき!
    わめいて叫んで足を鳴らして ついに興奮のるつぼとなる。
    なぜって今日は武勇のお祭り 血気さかんな人々のお祭りだから。
    そうら!構えはいいか!そらそら!ああ!

    トレアドール、構えはいいか トレアドール、トレアドール!
    だが忘れるな 戦いながらも忘れるな、黒い瞳がおまえを見てるぞ
    恋がおまえを待ってるぞ。トレアドール!
    恋が 恋がおまえを待ってるぞ!

01. 10月 2014 · (205) 序曲の作り方:グリンカの場合 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , , ,

ヴェーバーの《魔弾の射手》のように((41) 涼しくなる(?!)音楽参照)、グリンカの《ルスランとリュドミラ》序曲にもオペラ本体の旋律が使われています。どれがどんな場面からの旋律か、ご存知ですか。

まず、序曲の終盤に出てくる全音音階の下降型。ロシア音楽ではグリンカ以降、悪の力の象徴として使われるのでしたね((123) 《白鳥の湖》の物語を音楽で説明するには?参照)。キエフ大公の娘リュドミラが、騎士ルスランとまさに結婚しようしている第1幕で使われる音型です。父王と別れるのが悲しいとリュドミラがカヴァティーナを歌った後、急にまっ暗に。悪い小人チェルノモールが来て、姫をさらって行くときに鳴り響きます(動画の 0:27 くらいから。上記(123)の譜例2Bの部分)。

次は、のびのびとした序曲の第2主題。これは、第2幕第3場のルスランのアリア(直訳すると「おお荒れ野よ、誰が死者の骨をまき散らしたのか」)の一部。ライバル2人とともに、リュドミラを取りもどしに出かけたルスラン。かつての戦いで打ち捨てられた武具や死者の骨がころがる荒れ地で歌います(第2主題の旋律は、1:27 くらいから)。

最後に、最も印象的な序曲の第1主題。これは、第5幕フィナーレの音楽です。チェルノモールは破ったものの、リュドミラは魔術で眠らされたまま。でも、良い魔法使いフィンがくれた魔法の指輪のおかげで、ルスランは彼女を目覚めさせることができました。めでたしめでたしの場面で、序曲の序奏部を含む第1主題が戻ってきます。オペラの1番最初と1番最後に同じ音楽を置いて、枠組みにしたのですね。フィナーレでは、これを伴奏に大合唱。主旋律は、2分音符と4分音符が主体(序曲冒頭タータタのリズムなど)なので、歌う人たちは速くても平気(動画の2:47くらいから)。

この動画(ゲルギエフ指揮、マリインスキー劇場管弦楽団、1995年)のテンポ、2分音符がおよそ188! 序曲も速いですが(指定された2分音符140を目標に練習している私、呆然)、さらにパワーアップしています。ルスランのアリアもフィナーレの合唱も歌詞がわからないのですが、雰囲気を味わってください。おまけとして、同じ公演の序曲の動画も上げておきますね(始まるのは 2:24 くらいです)。