マーラーの交響曲の変な(!?)ポイントについて書きながら((169) (170))、マーラーよりももっとずっと変てこりんな、いえ大胆で独創的な交響曲についてまだきちんと書いていないことを思い出しました。それは《幻想交響曲》。すでに何度か触れているので一部重複しますが、この曲についてまとめてみます。

フランスの作曲家エクトル・ベルリオーズが1830年に作りました。遅いテンポの序奏部付きアレグロ、ワルツ、緩徐楽章、マーチ、フィナーレの5楽章構成とか、コーラングレや Es管クラリネットの持ち替えとか、ハープが2台必要とか、ティンパニ奏者は4人も必要とか、そういうことはちょっと脇に置いて。

変てこりんなポイントその1は、ひとつの旋律が形を変えながら全ての楽章に現われ、全体を統一していること。ロマン派音楽で盛んに使われる循環形式の、出発点ですね。ポイントその2は、この曲が「ある芸術家の生涯におけるエピソード」であり(副題)、それを説明する標題(プログラム)がついていること(=標題音楽。英語ではプログラム・ミュージック)。「失恋して絶望した若い芸術家がアヘンを飲んで自殺を図るが死に切れず、奇怪な夢をみる」というような曲全体の標題だけではなく、楽章ごとの標題も(ベルリオーズは標題を何度も改訂し、《幻想》が演奏される時はパンフレットとして印刷しました)。

詳細に書かれた標題を音楽で表現するのに重要なのが、ポイントその1の循環する旋律。しかし、ただ何度も戻って来るだけではありません。この旋律は、芸術家が崇拝している女性の幻影「イデー・フィクス idée fixe(固定楽想)。ポイントその3です。第1楽章の初出ではチャーミングでエレガントな旋律が、終楽章の魔女たちの宴では、装飾音がごちゃごちゃ加えられ、甲高いEs管クラリネットが担当するグロテスクな旋律に。ポイントその1とその2は、いずれもベートーヴェンが先駆ですが(前者は《運命》、後者は《田園》)、ポイントその3の、旋律に特定の意味を持たせるのは交響曲では新しい試み!

ベルリオーズがこのような変てこりんな、いえ大胆で独創的な交響曲を作った直接の発端は、1827年9月11日に見た、イギリスのシェイクスピア劇団による《ハムレット》公演。オフィーリア役のハリエット・スミッソンに一目惚れしただけではありません。全くわからない英語による上演であったにもかかわらず、ベルリオーズはシェイクスピア劇のもつ壮大さ、崇高さ、劇的構想の豊かさに衝撃を受けました。

もうひとつ重要なのは、1828年3月に初めて、ベートーヴェンの第3番と第5番の交響曲を聴いたこと(アブネック指揮パリ音楽院演奏協会)。それまで声楽中心だった彼の音楽世界(ベルリオーズが音楽の道に進むきっかけとなったのはオペラ((103) ベルリオーズの人生を変えた音楽参照)。1830年にローマ大賞を受賞するまで26年から毎年、課題曲として作っていたのはカンタータでした)。それが、器楽の持つポテンシャルに気づいたことで、大きく広がります。

ベートーヴェンへの敬意の表明だったはずなのに、このような変てこりんな、いえ、大胆で独創的な交響曲になってしまった理由は? いろいろ考えられますが、たとえば交響曲では用いられなかったハープや鐘、コーラングレは、オペラでは以前から用いられていました。また、ベルリオーズは音楽を、表現力豊かで劇的な芸術と考えていて、《幻想》も「ベートーヴェンの交響曲の枠組みの中に、劇的および詩的なアイディアをうまく入れ込もうとした慎重で意図的な試み」と捉えることができます1。それに、《幻想》だけではなくご本人も、かなりエキセントリックな性格だったようですね。

  1.  Macdonald, Hugh, ‘Berlioz,’ The New Grove Dictionary of Music, 2nd ed., 3, Macmillan, 2001, 387.
17. 5月 2012 · (81) 交響曲の中の冗談 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , , , , , , ,

タイトルから、《エロイカ》交響曲のいわゆる「ホルンのフライング」を思い浮かべた方、いらっしゃるかもしれません。ベートーヴェンの第1番が属7の和音(それも下属調の)で始まるのも、一種の冗談かな((80) 音楽における解決参照)。でも、交響曲にはもっとずっと大掛かりな(!?)冗談がありますよ。答えは……スケルツォ! scherzoって、イタリア語で「冗談」という意味なのです。

ベートーヴェンによって、メヌエットの代わりに交響曲(やソナタ、四重奏曲)に導入されました。基本的に3拍子でトリオを挟む3部分構成という点はメヌエットと共通ですが、異なる点もあります。

  • 踊りの音楽ではない
  • テンポが速い
  • 名前のように、軽くてしばしばユーモラスな性格を持つ

ベートーヴェンは、第8番以外の第3楽章(第9番のみ第2楽章)に、スケルツォを使いました。第1番の第3楽章には Menuetto と書かれていますが、テンポが速い(Allegro molto e vivace)ので、実質的にはこれもスケルツォと考えて良いでしょう。ただし、Scherzoと書き入れたのは第2、3番のみです。第4、6、7番は、トリオが2回入る S – T – S – T – S’ の構成。第5番でも S – T の反復を指示していた時期があったため、5部構成の楽譜(ギュルケ校訂のペータース版)や録音(ブリュッヘンやガーディナーなど)が出ています。

いったい、どこが冗談なのでしょう。第6番《田園》の第3楽章「いなかの人々の楽しいつどい」を考えてみましょう。スケルツォ冒頭の旋律は、スタッカート奏の弦のユニゾン。フラット1つのヘ長調で始まるのに、後半(9小節目から)のスラーの旋律はシャープ2つのニ長調。ヘ長調とニ調なら調号が同じ平行調ですから近い調ですが、ニ調は「遠い調」です((77) 近い調、遠い調の譜例1参照。お隣同士が「近い調」ですが、ヘ長調とニ長調は隣の隣の隣ですね)。しかもそのニ長調の後、何の手続きも無しに、また遠い調ヘ長調のスタッカート旋律が戻って来ます。大胆な転調!

この後、91小節目から始まるのオーボエの旋律は、1拍目が休みやタイのために、伴奏より1拍遅れているように聞こえませんか。ベートーヴェンは「村の楽士たちが、演奏中に居眠りをして、出を間違えそうになったりする様子を描いた」と述べたそうです1。そう言われてみると、クラリネットのとぼけた合いの手(114小節)が、出遅れのようにも聞こえますね。《田園》に限らずベートーヴェンのスケルツォ楽章は、拍がずれたりいびつだったり、強弱の入れ替わりが大きかったりイレギュラーだったりと、ユーモアやジョークが満載(気づいて笑ってあげましょう!)。ゆっくりで静かな第2楽章とのコントラストが際立ちます。

この図式は、85年後に作られた《新世界より》にも受け継がれています。第3楽章スケルツォの主題は、実は3拍子の2拍目からの「うんタタタッタッタッ」。2拍を単位としたリズムなのに、クラリネットやティンパニは、1拍あるいは3拍(1小節)遅れで追いかけます。このはずし加減、《田園》と似ていませんか。前後に、休符無しで1拍目から始まる「タタターン」や「タタタッタッ」、どれとも異なる「タタうんタンうんタタタン」も組み合わせて、冗談をさらに徹底。ドヴォルジャークのにやにや笑いが目に浮かぶようです。

ところで、スケルツォと聞いてショパンの4曲のスケルツォを思い浮かべた方もいらっしゃることでしょう。ロマン派時代には、独立した器楽(特にピアノ)曲のスケルツォも作られました。こちらは、題名からはほど遠いシリアスな内容。ただ、急速な3拍子、真ん中に叙情的なトリオを挟んだ S – T – S の構成は、多楽章中のスケルツォと共通ですね。

  1. Schindler, Beethoven as I knew him: A Biography (ed.  by MacArdle, trans. by Jolly. Faber and Faber, c1966), p. 146.  日本語訳は金子建志「ベートーヴェンとユーモア」『ベートーヴェン全集8』(講談社、1999)、116ページ(誰の訳の引用か不明)。