21. 10月 2015 · (256) かわいそうなメンデルスゾーン はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , ,

生まれたときから亡くなるまで裕福だった作曲家って、もしかしたらメンデルスゾーンくらい? ただ金持ちだっただけではありません。祖父は高名な哲学者。両親や一流の教師たちの下で教育された神童で、ヨーロッパ各地に旅行し、さまざまな音楽や音楽家に接し、吸収したのは神童の先輩モーツァルトと同じ。自宅では私的な音楽会が開かれ、芸術家たちも出入りしていました。38歳の若さで亡くなりましたが、物質面・精神面においてかなり恵まれた一生だったと言えるでしょう。

ベルリンで J. S. バッハの《マタイ受難曲》を復活演奏したのは、1829年。バッハ再評価のきっかけになりました(この業績だけでも、私たちは彼に大いに感謝しなければなりません)。1835年にはライプツィヒのゲヴァントハウス管弦楽団の指揮者に。1843年開校のライプツィヒ音楽院ではピアノと作曲を教えました。音楽界の第1人者として、生前そして死後しばらく、非常に高い評価を受けていたメンデルスゾーン。

しかし、その後現在に至る彼の音楽史における位置付けは、決して高いとは言えません。

ひとつに従来のヨーロッパの18〜19世紀のドイツ音楽史がともすればウィーンを中心とする南ドイツ、オーストリアにかたよりがちであり、北ドイツでの流れをしばしば不当に低く評価するか、ともすれば見過ごしがちであったこと(中略)一方、同世代のリストやショパンと対照的に、メンデルスゾーンは(中略)ロマン派特有の激しく燃焼するような劇的なものに欠けており、接する者を強くその作品や人となりへひきつける要素が少ない1

なんだか言い訳じみていますね。やはり一番の原因は、彼がユダヤ系だったことでしょう。19世紀後半以降の反ユダヤ主義の影響で、メンデルスゾーンや彼の音楽が不当に低く評価されたのです。ナチスによって彼の作品演奏が禁じられたことは知られていますが、それどころではないダメージをもたらしました(本人は1816年、両親も1822年にルター派プロテスタントに改宗したのですが)。第2次世界大戦後は、東西ドイツの分断により資料研究が遅れることに。かわいそうなメンデルスゾーン。

そのため、世間一般のメンデルスゾーンや彼の作品イメージは、「こんにちでも先入観に侵された表面的な理解が蔓延っている」2。確かに私も長い間、交響曲第4番の第1楽章は陽光あふれるイタリアを思い起こさせるとか、苦労せずに育った「ええとこのぼんぼん」的な(!?!)、伸びやかだけれどあまり深みが無い曲とか、通り一遍に捉えていました。

しかし、メンデルスゾーンが自作を徹底的に推敲し、納得したものしか出版許可を与えなかったことや、「イタリア」交響曲は没後出版で、納得どころか第1楽章(最も特徴的)を大幅に書き直すつもりであったこと((213) こんなはずではなかった?!  メンデルスゾーンの「イタリア」参照)、イタリア旅行中にインスピレーションを得たものの、本人は公の場では決してイタリアと結びつけて語らなかったこと((214) 「イタリア』ではなかった!! メンデルスゾーンの「イタリア」参照)などを知って、びっくり! もしも彼が、納得できない第1楽章のまま出版され、自分の意図に反して「イタリア」と呼ばれ、さらにそれが自分の代表作とみなされている現状を知ったなら、どれほどショックを受けることか! 一方で「満足できる形で後世に残す」という彼の志やそのための努力は、現在ほとんど知られていないのです。かわいそう過ぎ。

聖フィル第14回定期演奏会では、メンデルスゾーンの交響曲第3番を取り上げます。この機会に、メンデルスゾーンや彼の音楽の理解を、少しでも正当な方向に近づけたいと思います。まずは、交響曲を正しく理解しよう!というわけで、突然ですが質問です。生誕200年の2009年に出版されたメンデルスゾーン作品総目録にリストアップされたメンデルスゾーンの交響曲は、全部で何曲でしょうか?(続く)

  1. 吉田泰輔「メンデルスゾーン」『音楽大事典5』平凡社、1983、2521ページ。
  2. 星野宏美『メンデルスゾーン:交響曲第3番イ短調作品56、ミニチュア・スコア解説』音楽之友社、2010、ivページ。
01. 4月 2015 · (231) 1年中で1番特別な1週間 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , ,

聖光学院がある横浜も私が住む東京の郊外も、桜が満開です。まだ咲いていない地域や、桜が無い地域で読んでくださっている方には申し訳ないのですが、まさに春爛漫。だから、今週は1年中で1番特別?! いえいえ、キリスト教徒にとってのお話。次の日曜日4月5日は、十字架にかけられて亡くなったイエスの蘇りを祝うイースター(復活祭。東方教会では4月12日)。その前の1週間だからです。

イースター前の40日間は、レント。日本語では、カトリックとルター派プロテスタントが40日間を意味する四旬節、聖公会が節制を意味する大斎(たいさい)節と呼びます。「イエスが荒野で過ごした40日間の苦しみを分ち合うため」節食・断食を行い改悛する期間です1。この断食期間の前に、好きなものを好きなだけ飲み食いして楽しもう!という世俗のお祭りが、カーニバル(謝肉祭)。

イースター1週間前の日曜日(枝の主日)に始まるレントの最終週が、聖週間(ルター派プロテスタントでは聖週、聖公会では受難週)。「十字架に磔にされたイエス・キリストの受難と死を悼み、その喪に服し、悔恨するための1週間」です2。イエスの最後の晩餐を記念するのが、聖木曜日。ピラトの裁判後、イエスがゴルゴタの丘で十字架にかけられて亡くなったことを記念するのが聖金曜日。聖書によると、午後3時頃に息を引き取り、埋葬されます。聖土曜日にイエスは墓の中で安息し、日曜日に復活。

クラシック音楽ファンにとって、聖週間と言えば受難曲でしょう。ヨハン・ゼバスティアン・バッハの《ヨハネ受難曲》(1824年)、《マタイ受難曲》(1827年初演が定説)は、それぞれ新約聖書のヨハネによる福音書とマタイによる福音書の中の、イエスの受難と死に関する記述を元に構成されています。いずれも聖金曜日の晩課のために作られたものですから、4月3日の日没後に聴く曲ということになります。

ただし、これは2015年だけの話。イースターは年によって日付が変わるのです。「春分の次の満月後の最初の日曜日」というすごい(と思いませんか?!)決め方は、325年の第1回ニケア公会議以来。満月と曜日のタイミングにより、最も早ければ3月22日、遅ければ4月25日と1ヶ月以上も前後します。子どもたちがイースター・エッグ・ハンティングをする楽しい日なのに、クリスマス(やハロウィーン)のように日本に根付かないのは、移動祝祭日のわかりにくさも大きな原因でしょう(西欧でも同じことなのですが)。

というわけで、関東以南で春たけなわのこの時期に聖週間が重なったのは偶然。桜満開の時期に、1番特別な1週間が来るとは限りません。昨年のイースターは4月20日でしたし、来年2016年は3月27日です。

  1. 八木谷涼子『キリスト教歳時記』平凡社新書、2003、108ページ。
  2. 前掲書、119ページ。
10. 7月 2013 · (141) どこを向いていたのか? 指揮者のお仕事 (1) はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , , , ,

問題です。19世紀初め、コンサート指揮者はどこを向いていたでしょうか? わざわざクイズにするくらいだから、現在のようにオーケストラ奏者の方を向いていたのではなかったのかなと考えた方、鋭い! 正解はなんと「聴衆の方を向いていた」。

図1 ヨハン・シュトラウス2世:《コヴェント・ガーデンの思い出》ピアノ独奏楽譜の表紙

図1 ヨハン・シュトラウス2世:《コヴェント・ガーデンの思い出》ピアノ独奏楽譜の表紙

それで思い出したのが、ヨハン・シュトラウス2世がイギリス・ツアーをしたときに作曲&演奏した、《コヴェント・ガーデンの思い出》ピアノ譜(1868出版)の表紙イラスト(図1。(57) ヨハン・シュトラウスは人気者(96) オーケストラの楽器配置に続いて3回目の登場。ロッシーニみたいですみません)。右端で弓を振り上げて指揮しているのが、シュトラウス2世ご本人。どうしてお客さんの方を向いているのかな?と、ちらっと不思議に思ったのですが、あまり気にしなかった私(現在も指揮者が客席を振り向くことがありますし)。でも、イギリスの聴衆への特別サービスではなく、指揮ってこういうものだったのですね。

ステージの最も聴衆側で指揮するとも限らなかったようです。図2左は、1849年にロンドンでプロムナード・コンサートを指揮するルイ・ジュリアン1。こちら側を向いているだけではなく、オーケストラの真ん中に立って指揮をしていますね。コヴェント・ガーデン劇場でオーケストラと4つの軍楽隊のための《イギリス陸軍カドリーユ》を指揮したときも、ジュリアンは奏者の中にいます(図2右)2。もちろん、様々なソロの部分にさしかかるときは、その奏者の方に向いて指示を与えたそうですが。

図2左:ロンドン、プロムナード・コンサート、1849年。図2右:ロンドン、コヴェント・ガーデン劇場でのコンサート、1846年

図2:ルイ・ジュリアンの指揮。左:プロムナード・コンサート、1849年。右:《イギリス陸軍カドリーユ》、1846年

1881年にドイツの音楽学者 Hermann Zopff が、指揮者は全ての奏者を見ることができるように、また彼らが指揮者の顔の表情を見ることができるように(聴衆に背を向けて)指揮するように勧めています3。1889年に同じことを書いている Schroeder によると、多くのコンサート指揮者は軍楽隊やプロムナード・コンサートの指揮者と同様に聴衆の方に顔を向け、可能なときには聴衆の気を引こうとしていたそうです4

さらに、「斜め」という選択も。1829年ベルリンで、バッハの《マタイ受難曲》を復活上演したメンデルスゾーン(当時若干20歳!)。彼は右側をオーケストラに向け、舞台を斜めに見渡す角度で指揮したそうです5。ドイツでは1890年代になっても、ステージの中央ではなく少し右側に立って、左側を少し聴衆の方に向ける指揮の構えが残っていました。聴衆への礼儀(おしりを向け続けているのは失礼?!)と音楽上の必要性のどちらが大切かという問題だけではなく、コンサート・オーケストラが成立するまでの道のりも影響しているように思います。この件については改めて。

  1. Koury, Daniel J., Orchestral Performance Practices in the Nineteenth Century. 1988, Univ. of Rochester Press, p. 81 (Nettel, The Orchestra in England, J. Cape, 1956, p. 137).
  2. Spitzer, John & Zaslaw, Neal, “Orchestra” New Grove Dictionary of Music, 2nd ed., vol. 18. Macmillan, 2001, p. 542 (Illustrated London News, 1846年11月7日).
  3. Koury, 前掲書, p. 80.
  4. 同上。
  5. 同上、pp. 79-80.
26. 6月 2013 · (139) 実はいろいろ! ハ音記号 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , , , , ,

凹んだところが真ん中のドを示すハ音記号。ピアノの楽譜(大譜表)で使われるト音記号(出発点の高さがト=ソ)やヘ音記号(2つの点で挟まれた高さがヘ=ファ)ほど出番は多くありませんが、実は中世から存在していました((82) 1000年前の楽譜参照)。オケ奏者には、ヴィオラの音部記号としておなじみですね。五線の3本目に凹みが向き、五線の中にきれいに収まります。

ヴィオラ初心者は、慣れるまで読譜に一苦労でしょう。なぜわざわざ読みにくい記号を使うのか!とお怒りの方も多いと思います。でも、もしト音記号を使うと、ヴィオラの最低音(真ん中のドの1オクターヴ下のド)を書くには、加線(短い線)が4本も必要。上の音域がはみ出すヘ音記号は、問題外。加線1本だけで最低音を示すことが出来るこの記号、まさにヴィオラのために存在するようなものです。

ところで、ヴィオラの記号=ハ音記号と思っている人が多いようですが、正確にはアルト記号。ハ音記号は他にもあります。チェロ・パートの高音域には、第4線(五線は下から数えます)が凹んだハ音記号も使われますね。これはテノール記号。

アルトとテノールがあるなら、ソプラノも?と思った方、鋭い! もちろんあります。第1線に凹みが向いていて、加線を使わなくても、真ん中のシ(?!)から1オクターヴ+4度上のミまで、書き記すことができます。でも、ハ音記号のバス記号はありません。ヘ音記号がバス記号。

五線のうち、第1、3、4線に凹みが向く記号があるのに、2と5は無いの?と思った方も鋭い! もちろんあります。ソプラノ・アルト・テノール・バス以外にも、まだ声の種類があるじゃありませんか。第2線がドなのはメゾ・ソプラノ記号。第5線がドなのはバリトン記号ですが、実際には下にずれたヘ音記号(第3線がファなので、第5線がドと同じ)が使われます。つまり音部記号は、ト音記号1、ハ音記号4、ヘ音記号2の合計7種類(図1参照)。

図1:音部記号

図1:音部記号(クリックで拡大します)

この一覧表を見ると、大学のソルフェージュ(音楽の基礎訓練。楽譜を見てすぐに歌う「新曲視唱」や、聴いた音を楽譜に書く「聴音」など)の時間に「クレ読み」させられたことを思い出します。「クレ」とはフランス語で音部記号のこと(英語では最後の f も発音するので「クレフ」)。途中でどんどん音部記号が変わっていく旋律を、初見で(見てすぐ)歌うのですが、メゾ・ソプラノ記号やバリトン記号などは特に難しい。当時は、こんな練習がいったい何の役に立つの?と疑問に思ったものでした。

でも、やはり読めた方がよいのです。譜例1、バッハの《マタイ受難曲》自筆譜合唱パートに注目! ソプラノ・パートはソプラノ記号、アルトはアルト記号、テノールはテノール記号、バスはバス記号で書かれています。バッハのハ音記号はKの右上からの線が極端に短いものの、シャープの位置から逆算できます(テノール声部の2ヶ所のシャープは両方ファ)。加線を書く手間が省ける(アルト・トロンボーンやテノール・トロンボーンの場合も同様)各種音部記号、このように当たり前に使われていたのです。

譜例左:バッハ作曲《マタイ受難曲》自筆譜第1ページ第1合唱合奏体部分。譜例右:同左合唱部分。

譜例1左:バッハ作曲《マタイ受難曲》自筆譜第1ページ上半分、第1合唱合奏体部分。譜例1右:同合唱声部部分