23. 3月 2016 · (273) 管弦楽組曲《エスタンシア》 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , ,

1940年、ヒナステーラの出世作《パナンビ(蝶)》((272) ヒナステラの《エスタンシア》??参照)のバレエ版を初演したアメリカン・バレエ・キャラバンは、彼に新作を委嘱。25歳のヒナステーラは、国民主義のバレエを作ります。1つはアルゼンチン人の生活に基づいた題材を選んだこと。アルゼンチンの大農場エスタンシアにおける、夜明けから翌日の夜明けまでの忙しい活動をバレエにしたのです。

もう1つは、そこで暮らすガウチョ(アルゼンチンなど南米で牧畜に従事する人)の伝統を結びつけたこと。バレエ音楽(なの)に、ガウチョ文学の代表であるホセ・エルナンデス(1834〜86)の2,316行から成る叙事詩『マルティン・フィエロ Martín Fierro』(1872, 1879)の一部を、歌あるいは語りとして取り入れました1 。都会の男と、彼が心を奪われた美しいエスタンシアの女、彼女の周りのたくましいガウチョという三角関係で味付けし、1941年にバレエ音楽《エスタンシア》完成。

初演前にアメリカン・バレエ・キャラバンが解散。ヒナステーラは《パナンビ》のように《エスタンシア》も管弦楽組曲にし、1943年に初演。すぐに評判に(『マルティン・フィエロ』からの引用は、全て除かれました)。3拍子系リズムの変化や、ガウチョにつきものの楽器ギターの模倣など、民俗音楽の直接の影響が見られます。トロンボーンとテューバの無い2管編成のオーケストラと言えば、ベートーヴェンの時代。でも、様々な打楽器とピアノが加わり、カラフルでにぎやかな音楽になっています。

バレエ音楽《エスタンシア》より4つの踊り op. 8a 

  1. 農場で働く人々〉:3小節フレーズ、3小節目だけ拍子の取り方が変わる(6/8拍子で書かれていますが、3小節目は3/4拍子)「ザザザザン、ザザザザン、ザンザンザン」リズムが、準備無しで平行移動する転調を伴って繰り返されます。クラシック音楽とは異質な野暮ったさ。活気に満ちた農場で働く男たちの、野性的で荒々しい様子を表現しているのでしょう。開けっぴろげな雰囲気のまま終了。
  2. 小麦の踊り〉:4曲中この第2曲のみ、ゆったりと静か。印象派の音楽のような響きも。冒頭はフルート、最後はヴァイオリンの叙情的なソロが入ります。それにしても、なぜこのタイトル Danza del Trigo(Wheat Dance)? エスタンシアの生活と小麦、小麦とダンスとこの音楽がどのように関係するのか、わかりません……。
  3. 牛追い〉:タイトルを英語に直訳すると Laborers of Property 土地で働く者。ガウチョのことですね。リズムが特徴的。シンメトリーを避けていて、先が予測できないのです。8/9拍子で始まりますが、3拍子ではなく3/4 拍子1小節の後におまけの3/8拍子部分が付いて、尻切れトンボみたい。このパターンが、3/4拍子や5/8拍子、7/8拍子の部分を挟みながら繰り返されます。なんだか音楽がバタンバタンしている印象。ティンパニのソロの後、勝ち誇ったように唐突に終わります。
  4. 終幕の踊り(マランボ)〉:マランボは急速で激しいアルゼンチンの民俗舞踏。男たちは機敏さと(肉体的な)男らしさを競います。ヒナステーラはマランボで、農場の女の心を得るためにガウチョたちと競争する都会の男を描きました。高域のピッコロで始まり、ギターをかき鳴らすような忙しい伴奏も。後半は同じ主題が何度も繰り返され、熱狂的なお祭り騒ぎに。タンブリンのロールはセミ、ホルン・セクションは象の騒ぎ、フルートは鳥のさえずりなど、自然の模倣も登場します2

と言葉で説明しても、ヒナステーラの《エスタンシア》の音楽を想像するのは難しいでしょう。是非聖フィル定期演奏会にいらして、実際に聴いていただきたいと思います。

  1. この傾向は、ヒナステーラよりも前の世代から始まっています。Schwartz-Kates, Deborah, Alberto Ginastera: A Research and Information Guide, Taylor & Francis, 2011, p. 5.
  2. Fleming, Beth, Program Notes, Symphony Sillicon Valley.
09. 3月 2016 · (272) ヒナステラの《エスタンシア》?? はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: ,

聖フィル第14回定期演奏会まで1ヶ月。今回のプログラムには「ヒナステラの《エスタンシア》」という謎の曲が含まれます。もちろん、ヒナステラが作曲家名、エスタンシアが作品名ですが、馴染みが無い方が多いと思います。まずはじめに、ヒナステラ(以下ヒナステーラ)がどんな人か、調べてみました。

1916年生まれ、今年が生誕100年のアルゼンチンの作曲家です。アルゼンチンは、南米大陸の南側。細長いチリの東に位置します。アルゼンチンの音楽といえば、バンドネオンが活躍するアルゼンチン・タンゴ。《ラ・クンパルシータ》などが有名ですが、彼はクラシック音楽の作曲家。

アルベルト・ヒナステーラは、カタルーニャ系の父とイタリア系の母の間にブエノス・アイレスで生まれました。12歳でウィリアムス音楽院に入り、1935年に作曲で金メダルを得て卒業。36〜38年は国立音楽院で学び、41年から同院などで教えます。45年、グッゲンハイム奨学金で家族とともに渡米し、コープランドに教えを受けました。帰国後の48年、現代作曲家協会を設立。71年以降はジュネーヴに定住。

1937年、バレエ音楽《パナンビ(蝶)》の管弦楽組曲が、フアン・ホセ・カストロの指揮でテアトロ・コロンで初演されるという幸運に恵まれます。ヒナステーラは当時まだ学生でしたが、活気のあるリズムや華やかなオーケストレーションのこの作品で名声を確立。これが作品1に。

彼は、アルゼンチンの民俗音楽を用いて芸術音楽を作りました。スメタナやロシア5人組のような「国民楽派」の20世紀版。あるいは、ハンガリー民謡を採集・分析して自作に活かしたバルトークの、アルゼンチン版ですね。特に「客観的民族主義」の時期と分類される初期(1934〜47)の作品には、アルゼンチンの民俗素材がそのまま使われています。

しかし、「主観的民族主義」の時期(1947〜57)以降は民族主義的な要素は優勢ではなくなります。「新表現主義」の時期(1958〜83)には、12音技法((97) ドレミが平等社会だったら参照)や微分音、複調を用いた作品も。晩年はこのような現代語法が弱まり、調性や民俗素材を用いた初期のスタイルも再び使われました1

3つのオペラ、協奏曲(ピアノ2、チェロ2、ハープなど)、3つの弦楽四重奏曲を含む室内楽曲、声楽作品などを作曲。最後の作品54は、ピアノ・ソナタ第3番(1982)。1942年と44年に試みた2つの交響曲は、いずれも破棄しています。10作以上の映画音楽の多くは、辞職を強要されたフアン・ペロン政権時代(1946〜55)に、収入を得る手段として作られました(コープランドの影響で、ヒナステーラは映画音楽を、意思伝達の重要な媒体と捉えていました)。1983年、ジュネーヴで67歳で没。

来週は都合によりお休みさせていただきます。《エスタンシア》については再来週。

  1. 作曲家本人が自作品を3つに分けたのは1960年代後半。このため、第3期が25年以上と長くなりました。ヒナステーラ研究者の Schwartz-Kates は「最後の統合」(1978〜83)という第4の時期の追加を提唱しています。Schwartz-Kates, Deborah, ‘Ginastera, Alberto,’ New Grove Dictionary of Music, 2nd ed., vol. 9. Macmillan, 2001, p. 876.  第1期の最後と第2期の最初が同じ1947年なのは、この資料によります。「objective nationalism」と「subjective nationalism」をそれぞれ「客観的愛国心」「主観的愛国心」と訳したものがありましたが、この場合の nationalism は民族主義(あるいは国民主義)と訳すべきでしょう。