2007年12月、聖光学院の創立50周年記念演奏会として、生徒・教員・保護者・OBその他関係者によるベートーヴェン交響曲第9番「合唱付」全楽章の演奏会が行われました。聖光学院管弦楽団(略称:聖フィル、聖光フィル)は、そのときの演奏の感動が忘れられないという保護者・OB・その他関係者(在校生は含みません)によって結成されたオーケストラです。

「紳士たれ!」という校訓に育まれたOB、またその理念に共感して集まった生徒の保護者その他の人々が、厳しい練習を積み重ね、心を一つにして奏でる「聖光サウンド」を、ぜひお楽しみください。