聖フィル♥コラム 最新記事


032 第九の楽しみ方④:《第九》の要、第4楽章冒頭部

バックナンバーは こちらから


第26回定期演奏会の御礼と第27回定期演奏会のお知らせ


9月18日の第26回定期演奏会は、台風の接近で荒れ模様の風雨の中、
多くのお客様にご来場頂き、誠にありがとうございました。
前半はフランスの作曲家イベールとプーランクのあまり取り上げられることの多くない作品にチャレンジしました。
特にプーランクのチャーミングな「シンフォニエッタ」はアマチュアにとってはなかなかの難曲で、前日の練習まで厳しいものがありましたが、本番では我々にでき得る最高の演奏ができたのではないかと思います。
後半のブラームス交響曲第3番では、哀愁のある第3楽章の美しいメロディや、ブラームスらしい重厚な響きをお楽しみ頂けたでしょうか。


さて来年4月9日の第27回定演は、今を時めくチェリスト宮田大さんとドボルザークのチェロ協奏曲を演奏します。
既に多くのお客様からご期待の声を頂いていますが、私共もこの共演を大変楽しみにしており、今まで以上に良い演奏を目指して頑張ってまいります。
どうぞお楽しみに。
(団長 長田邦裕)

第27回定期演奏会
2023年4月9日(日): 聖光学院ラムネホールにて
リスト(ドップラー編曲)  ハンガリー狂詩曲第2番
ハイドン  交響曲第101番「時計」
ドボルザーク  チェロ協奏曲
チェロ独奏:宮田大
指揮:田部井剛