07. 12月 2016 · (298) ストコフスキーの楽器配置 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , ,

20世紀に入ってからも使われていた、オーケストラの対向配置((296) 英語で何と言うのか?参照)。セカンド・ヴァイオリン(以下、ファースト、セカンドはヴァイオリンを指す)を、ファーストに向き合う形で指揮者の右側に置く配置です。ファーストとセカンドを左側にまとめる現在の配置は、ヘンリー・ウッドが先に採用したにもかかわらず((297) 対向配置を変えたのは誰?参照)、「ストコフスキー・シフト」として知られていますね。実はストコフスキーは、これ以外にも様々な配置を試みました。

ユニークなのが、木管楽器と弦楽器の位置を逆にした配置(図1)。半円形に並んだ前2列に木管楽器、その後ろの左側に金管楽器、右側にホルンと打楽器。間にヴァイオリン、ヴィオラ、チェロが座り、一番後ろはコントラバス。Koury はこれを「(いわゆる)upside-down seating 逆さま配置」と呼んでいます1

図1:逆さま配置

図1:逆さま配置

まさか本当に使われたんじゃないでしょ?!と思った方、本当だったんですよ(写真12)。1939年から40年にかけてのことです。当時の音楽において管楽器の重要性が高まったことや、後ろの壁に近い方が、弦楽器の音がより効果的に反響すると考えられたことなどが理由3。最後列にずらりと並んだコントラバスは、なかなか壮観ですね。1940年の全米青年管弦楽団(All American Youth Orchestra)演奏会では、コントラバスの前にチェロも一列に並ぶ「逆さま配置」が使われました。

写真1:フィラデルフィア管弦楽団、1939年

写真1:フィラデルフィア管弦楽団、1939年

写真2は、1957年のヒューストン交響楽団の配置。「逆さま配置」は放棄され、ヴァイオリンが手前左、ヴィオラがその右。ヴィオラの後ろの手前右に木管楽器、さらに後ろに打楽器。金管楽器は中央に並んでいます(左側にテューバが見えますね)。そして、最後部に横1列のコントラバス、その前にチェロが並びます。セリ台はかなりの高さ。コントラバスが乗る最上段は、打楽器奏者の頭ほどの高さです。

写真2:ヒューストン交響楽団、1957年

写真2:ヒューストン交響楽団、1957年

弦楽器を左側、管楽器を右側に分ける配置も試されました(図2)。弦と菅が互いに掛け合うようなフレーズで効果的と考えられたのです。楽器配置だけでなく、平らな舞台のままかセリ台を使うかなども、ストコフスキーの実験の対象でした。また、フィラデルフィア管弦楽団では弦楽器の上げ弓・下げ弓を定めず、個々の奏者に任せる「自由ボウイング free bowing」も採用されました4

ストコフスキーの試みは、このようにかなり風変わり。ただ彼は、奇をてらったり気まぐれでこれらを試したのではなく、より良い響きを求めて工夫を重ねていたのです。ヴァイオリンを左側にまとめるストコフスキー・シフトは、現在世界中のオーケストラのスタンダードですが、当時の人たちはきっと、私たちが図1や図2を見て驚くのと同じくらい驚いたのでしょうね。来週のコラムはお休みさせていただきます。

図2:弦楽器を左、管楽器を右に置く配置

図2:弦楽器を左、管楽器を右に分ける配置

  1. Koury, Daniel J., Orchestral Performance Practices in the Nineteenth Century. Univ. of Rochester Press, 1988, p. 310. 図1と2は同書 p. 311より。
  2. Huffmann, Larry, “Interviews with Leopold Stokowski,” http://www.stokowski.org/. 写真2も。
  3. Koury, p. 310.
  4. Del Mar, Norman, Anatomiy of the Orchestra, Faber & Faber, 1981, p. 77.

Comments closed