26. 10月 2016 · (294) 謎の弦楽器、プサルテリウム はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , ,

(293) 管楽器は弦楽器より偉かった!!? で参照したメムリンクの「奏楽の天使」を再掲します(図1)。キリストから最も遠い(=左端の)天使が奏している不思議な形の楽器は、プサルテリウム(英語ではプサルタリー)。ツィター属の撥弦楽器で、長方形、三角形、台形など、形はいろいろ。平らな共鳴箱に響孔があり、たくさんの弦が張られ、指、または鳥の羽軸などで作られたプレクトラムではじいて演奏します。

図1:メムリンク「奏楽の天使」左パネル

図1:メムリンク「奏楽の天使」左パネル

プサルテリウムは、ギリシア語の psallein(指ではじく)に由来する語。プサルテリオンは直立の角型ハープを指します1。形も構え方もハープそっくりの図像もありますが、今日知られているプサルテリウムは、東洋(イラン)のサントゥール(図2)につながりがあると考えられます。11世紀にムスリム勢力下のイベリア半島で知られるようになったサントゥールは、二等辺四角形。小さなハンマーで弦を打って演奏します(現在では、このような打弦楽器はダルシマーと呼んで、撥弦楽器プサルテリウムと区別しますが)。

図2:サントゥールを演奏する女性(Hasht-Behesht Palace, Isfahan)

図2:サントゥールを演奏する女性(Hasht-Behesht Palace, Isfahan)

サントゥールなどは水平に置いて演奏しますが、プサルテリウムは垂直に縦型に置かれます。メムリンクが描いた、両側が大きく内側に曲がり込んだプサルテリウムは、豚の頭部に似ているとして「豚(の頭)のプサルテリウム」と呼ばれ、14世紀ころ普及しました。楽器を構えやすくしたのですね。一方東ヨーロッパでは、台形を半分にした形の「ボヘミアの翼」と呼ばれるプサルテリウムが使われました。

プサルテリウム psalterium という語は、古くは、聖書に登場する楽器を表すとともに、「弦楽器を持って歌う歌 psalmos」である旧約聖書の詩編(羅: psalmi、英: psalms)も指す言葉でした2。詩編を唱う際の伴奏楽器として、好んで使われたと考えられます。トロンボーンやツィンクのように教会で使われた楽器で、神聖なはずなのに、どうしてキリストから遠いところに(=管楽器よりも低位として)描かれているの?? 楽器のヒエラルキーは、教会での使用の有無で決められたわけではないのかな?? 管楽器が弦楽器よりも高位と考えられたのは、最高位の声楽と同様に人間の息を吹き込んで音を出すからでしょうか。

ところでこのプサルテリウム、意外な楽器のご先祖さまです。何かわかりますか?! この撥弦楽器に鍵盤を加えると……?? そうです。実はこのプサルテリウム、チェンバロのご先祖さまなのです(図3。来週再来週はコラムをお休みさせていただきます)。

図3:原始的なハープシコード。15世紀半ば、collegiate church of S Maria, Daroca

図3:原始的なチェンバロ。15世紀半ば、Collegiate church of S Maria, Daroca

 

  1. 無記名「プサルテリウム」『音楽大事典4』平凡社、1982、2104ページ。
  2. McKinnon, James W., ‘Psaltery,’ New Grove Dictionary of Music, 2nd ed., vol. 20. Macmillan, 2001, p. 521. 図3は同 525ページより。

Comments closed