28. 9月 2016 · (291) 《ロマンティッシェ》第3楽章トリオの「手回し風琴」とは? はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , ,

前回のコラム((290) 標題「ロマンティッシェ(ロマンティック)」について)で、ブルックナー本人が第4番交響曲の標題について、友人に説明している手紙を紹介しました。「トリオでは森での昼食の間に手回し風琴が奏される様子」と書いてありましたね。この、手回し風琴とは何か、ご存知ですか? 「風琴」ならオルガン、「手風琴」ならアコーディオンですが。

答えは、ハーディ・ガーディ hurdy-gurdy。と聞いて楽器を思い浮かべることができる方は、少ないのでは? 音を聴いたことがある方は、ほとんどいないかもしれませんね。実は私も、この夏ブリュッセルの楽器博物館で、展示楽器の音を聴くために貸し出されたヘッドフォンで初めてしみじみ聴いてきました。

楽器の形が不思議(図1)。事典には「鍵盤付きの擦弦楽器の一種」と書いてあります1。鍵盤って、どこ? 擦弦って、弓はどこにあるの?

図1:ギター型ハーディ・ガーディ、18世紀半ば、Germanic National Museum in Nuremberg

図1:ギター型ハーディ・ガーディ、18世紀半ば、Germanic National Museum、Nuremberg

ギターやリュートのような形をしたものが多く、リュートのように膝の上に横に置いて(あるいはフォーク・ギターのように首から下げて)演奏します。楽器から突き出たハンドル(図1左側)を右手で回すと、カバーの下の木の円盤が回転。この円盤に松ヤニが塗られていて、上に張られた弦を擦って音を出します。だから「手回し」風琴。響板上に固定された箱の中にあるメロディー弦は、通常2本。同音に調弦され、左手で鍵(一列に並んだ白い四角)を押してピッチを変え、メロディーを演奏します。

この他に、ドローン(持続低音)弦が2〜4本、箱の両側に張られます(手前に2本見えますね)。5度調弦が基本で、曲に合わない音の弦を引っ掛けて、音を止めておくこともできます。また、1番高い音のドローン弦にはうなりを出す仕掛けが付いていて、ハンドルをたくさん回して円盤を早く回転させると、ブーンとかギーというような金属的なうなりが生じます。

大型のハーディ・ガーディ(オルガニストルム)は、ゴシック時代に多くの修道院や教会で、音楽を教えたり、多声宗教曲を演奏したり、歌手に正しい節回しを教えるために使われました2。オルガンにその地位を奪われた後、小型化されて民俗楽器に転化3。ドローンと聞くと、バグパイプのような民俗楽器を思い浮かべますが、「ヨーロッパに現れる前に東洋で使われた証拠となる資料は無い」そうです4

これ1つでメロディーと伴奏和音(?!)を演奏できますから、狩りの合間に楽しむレントラーの伴奏に、もってこい。レントラーは18世紀末、オーストリアや南ドイツなどで人気があった、ゆっくりした3拍子の民族舞踏(映画『サウンド・オブ・ミュージック』でも、マリアとトラップ大佐がテラスで踊るシーンがありますね)。《ロマンティッシェ》第3楽章トリオでは、3度も加わった持続和音が弦楽器によって静かに演奏され、素朴で温かみのある雰囲気を醸し出しています。

レントラーとかなり趣が異なる、Matthias Loibner 演奏の動画です。彼のリュート型ハーディ・ガーディは、弦の数が多いようですね。ソのドローンがずっと響いています5

  1. 江波口昭「ハーディ・ガーディ」『音楽大事典4』平凡社、1982年、1898ページ。
  2. Baines, Francis, Edmund A. Bowles / Robert A. Green, ‘Hurdy-gurdy,’ The New Grove Dictionary of Music, 2nd ed., vol. 11, Macmillan, 2001, p. 878.
  3. 江波口昭、前掲書、1898〜99ページ。
  4. Baines, F. et al., op.cit., p. 878.
  5. https://youtu.be/QHmML7bu-iM