14. 9月 2016 · (290) 標題「ロマンティッシェ(ロマンティック)」について はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , ,

インターネット上のフリー百科事典「ウィキペディア」。必要な情報を手軽に得られるので、私もよく閲覧します。しかし、以前から指摘しているように、少なくとも西洋音楽関係の記事(article)に関しては、注意が必要ですよ。例えば、ブルックナーの交響曲第4番。概要に続く「副題について」という部分に:

副題は原語では「Die Romantische」である。しかしこの副題は出版されている譜面には添えられていない点に注意しなければならず、ブルックナー自身が「Die Romantische」という標題を付けたかは分からない。(以下略)

でも実際には、《ロマンティッシェ》という形容詞はブルックナー自身が、1874年の初稿の段階からすでに用いているのです(譜例1参照)。なぜウィキペディアには逆が書いてあるのかな??

譜例1:ブルックナー:交響曲第4番終楽章1874年稿自筆譜(A-Wn, Mus.Hs.6082)タイトルページ

譜例1:ブルックナー:交響曲第4番1874年稿自筆譜(A-Wn, Mus.Hs.6082)タイトルページ

この第4番交響曲でブルックナーが表そうとしたことの手がかりは、「ロマンティックな」という形容詞だけではありません。例えば、1878年にこの曲を改訂する際、ブルックナーが評論家タッペルトに宛てた10月9日付の手紙によると1

私は今第4、ロマンティッシェ交響曲(1、2、4楽章)を、まったく新しく、そして短く書き直しました。これでこの曲は十分な効果を発揮することでしょう。新しいスケルツォだけはまだ出来ていません。これは狩を描写します。またトリオは、狩人たちの前で食事の間に演じられる舞曲を示すものです。

興味深いのは、作曲後かなりたった1890年に、ブルックナーがパウル・ハイゼに宛てた手紙の中の記述。他の人の空想による解釈ではなく作曲者本人が、「ロマンティッシェ」の内容を具体的に説明しているのです(12月22日付)2

ロマンティッシェ第4交響曲は、第1楽章では町の庁舎から一日の始まりを告げるホルンが意図されています。それから生活が展開されます。歌謡的な楽段のテーマは、シジュウカラの「ツィツィペー」という鳴き声です。第2楽章は、歌、祈り、小夜曲。第3は狩りと、トリオでは森での昼食の間に手回し風琴が奏される様子を[描いています]3

音楽との結びつきは明らか。第1楽章のシジュウカラの鳴き声は、ヴァイオリンによる第2主題の対旋律((280) 主題が3つII? ブルックナーのソナタ形式参照)。ウィリアムソンによると第2楽章の3つは4

  • 歌:3小節目からのチェロの第1主題
  • 祈り:練習番号B(25小節)からの弦楽器のコラール風部分
  • 小夜曲:練習番号C(51小節)からのヴィオラの第2主題((285) ヴィオラの出番!!参照)5

このような標題的な要素はいずれも、この「ロマンティッシェ」交響曲の雰囲気や状況と矛盾せず、解釈の助けとなっています。また、ブルックナーが第3楽章スケルツォを作曲する前に、その標題について触れている(上記1つ目の引用)ことも重要。標題は、曲が完成してから後付されるものではなく、予め定められそれに沿って作曲されるものだからです。全体の内容を示す説明は添えられていないものの、第4番交響曲は標題音楽に近い性格を持っていると言えます。

最近のアマチュア演奏会のプログラム解説は、ネットの情報を使ったものが多いようですが、西洋音楽に関してはウイキペディア日本語版は要注意。ネットの情報を使うなら、最低限、署名入りのものを6。来週のコラムは、都合によりお休みさせていただきます。

  1. 根岸一美「ブルックナーの交響曲における標題性」根岸一美&渡辺裕編『ブルックナー/マーラー事典』東京書籍、1998、280ページ。
  2. 前掲書、281ページ。これとよく似た標題内容が、1884年12月8日付でヘルマン・レーヴィ宛てにも書かれているそうです。
  3. 文中の手回し風琴については、(291) 《ロマンティッシェ》第3楽章トリオの「手回し風琴」とは?をご覧ください。2016/9/28 追記。
  4. Williamson, John, ‘Programme symphony and absolute music, Williamson, John, ed., The Camgridge Companion to Bruckner. Cambridge University Press, 2004, p.113.
  5. ウィキペディア日本語版のように、この楽章をロンド形式と捉えることもできますが、私はむしろソナタ形式に近いと考えます。どちらの形式にも当てはめない解釈もあります。
  6. 私パレストリーナのプロフィールは、(0) 聖フィル♥コラム始めますに入れてあります。