29. 6月 2016 · (283) 弦楽器の穴 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , , ,

弦楽器の表板には、左右に2つの穴が空いています。これが響孔。英語の soundhole の直訳ですね。ヴァイオリン属の穴は f の形をしているので、f 字孔と呼ばれます。響孔は初めから f 字型だったわけではなく、変化を繰り返してきました。

ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバスは、弦を擦って音を出す擦弦楽器。このヴァイオリン属のご先祖様ヴィオラ・ダ・ブラッチョ(イタリア語で「腕のヴィオラ」の意味)や、コントラバスのご先祖様ヴィオラ・ダ・ガンバ(「脚のヴィオラ」。(31) 仲間はずれはだれ?参照))も含まれます。元来、リュートのような指で弾いて音を出す撥弦楽器を弓奏したと考えられます。つまり、初めの響孔は円型。リュートでは彫刻が施され、ロゼッタと呼ばれます(図1参照)。

図1:ハーレムのリュート、賢王アルフォンソ10世の『ゲームの書』、1283より

図1:ハーレムのリュート、賢王アルフォンソ10世の『ゲームの書』、1283より

弓で擦ると、指で爪弾くよりずっと大きな張力がかかります。そのため、弦は駒の上を通って緒止め板に固定されるようになりました。表板の中央に駒が置かれたので、響孔は半円形2つに分かれ(図2左)、やがて細くなります。フィドル(擦弦楽器を指す英語)の図像の多くはこの形(図2右)。

図2左:14世紀の写本に描かれたフィドル弾き。図2右:フィドルとパイプを奏する天使、Francesco Botticini、c.1475-97

図2左:ボエティウス『音楽綱要』の14世紀の写本に描かれたフィドル弾き。右:フランチェスコ・ボッティチーニ、奏楽の天使より、c. 1475〜97

両端の弦を弓奏するときの邪魔にならないよう、楽器本体の側面にくびれがつけられました。響孔の半円形は、くびれに従って逆の向きに。これが、ヴィオラ・ダ・ガンバの C 字孔です(図3)。やがて、その曲がった柄が反対方向にねじれ、f 字形に。「表板の振動力線を最も阻害しない形」になりました1。13〜15世紀にかけてのことです。このような変化は直線的ではありませんし、様々な変種も存在しますが、擦弦楽器の理想を求めて改良が加えられてきたのです(来週の聖フィル♥コラムはお休みします)。

図3:ヴィオラ・ダ・ガンバ

図3:ヴィオラ・ダ・ガンバ

  1. 『図解音楽事典』ミヒェルス編、白水社、1989年(dtv−Atlas zur Musik, Verlag GmbH & Co., 1977, 1983)、38ページ。

Comments closed