13. 4月 2016 · (276) 何が悲しくてなぜワルツなのか? 《悲しきワルツ》 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: ,

聖フィル第14回定期演奏会を聴きに来てくださった方々、どうもありがとうございました。名前とは裏腹に(??)しっかり現代的な《古典交響曲》、ほとんどの方が初めて聴いたであろう《エスタンシア》、メンデルスゾーンの最高傑作《スコットランド》、いかがでしたでしょうか? コラム恒例のアンコール・シリーズ、今回はシベリウスの 《悲しきワルツ》について。

短調でひっそりと終わるこの曲は、本来アンコールには向かないはず。指揮者の田部井剛先生が説明されたように、選ばれた理由は楽器編成。今回のプログラムは、3曲ともトロンボーン無し。アンコールもトロンボーンが無い曲になったのです。それにしても、フルート1、クラリネット1、ホルン2、ティンパニ(1個のみ)と弦楽器という不思議な編成はなぜ? 途中にフォルテの華やかな部分もあるのに、弦楽器は全て、最後まで弱音器をつけたままなのはなぜ? そもそも、いったい何が悲しくて、なぜワルツなの?

田部井先生が触れておられたように、《悲しきワルツ》は『クオレマ』という戯曲の、付随音楽の1曲に基づきます。義兄ヤンネフェルトが書いた『クオレマ』上演(1903年)は、成功しませんでした。シベリウスは翌年、6曲の付随音楽のうちの第1曲《Tempo di valse lente – Poco risoluto ゆっくりしたワルツのテンポで – 少し決然と》を改訂1。《悲しきワルツ》のタイトルをつけてヘルシンキで演奏しました。

オーボエ、ファゴット、トランペット無しという小編成は、劇付随音楽だったからですね。新しいタイトルの中の「悲しい」は、曲が悲しそうに始まって悲しそうに終わるからでしょう。それではなぜワルツで、しかもなぜ曲中で何度も雰囲気が変わるのでしょうか?

原曲 《ゆっくりしたワルツのテンポで〜》は、『クオレマ』第1幕の音楽。クオレマは「死」という意味で、第1幕では、主人公の母の死が描かれます。病で床についた女性が起き上がって、次々と現れる幻たちと踊るという内容2。音楽に合わせてワルツを踊るのですね。

曲は、シンプルでメランコリックに始まります。初めは1拍目のバスだけ。次に後打ちの和音、9小節目でもの悲しい主旋律が加わります。ゆっくりなのは、病人が踊っているからでしょう。途中で明るく弾んだ感じになったり、優雅になったり、元の静かで憂鬱な感じに戻ったり、急に活発になったりと、なんだか取り留めがないのは、ワルツのパートナーが変わっていくことを表しているのでしょうか。華やかな部分にも弱音器が外す指示がないのは、現実ではなく幻の華やかさであることを示しているのかもしれません。最後はヴァイオリン4つだけが残って3つの和音を弱奏し、余韻を残して終わります。

  1. Wikipedia 日本語版には義弟と書かれていますが、シベリウスは女男男の3人兄弟の真ん中。brother-in-low は義兄です。
  2. マイケル・スタインバーグによる解説。サン・フランシスコ響のホームページより。ワルツの踊るのは幻たちで、彼らは病気の女性を見ようとしないという説明もありました(Music With Ease やそれを引用した Wikipedia 英語版など)。

Comments closed