03. 2月 2016 · (270) 庶民はいつからオペラを見られるようになったか はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , , ,

史上初の公開コンサートが行われたのは1672年でした((269) 庶民はいつからコンサートを聴けるようになったか参照)が、オペラは? 王侯貴族の娯楽として始まったオペラ。いつごろから庶民も楽しめるようになったのでしょうか。コンサートより早い?遅い? どちらだと思いますか?

答えは、バッハが生まれる前に始まったコンサートよりもさらに「早い」。ヴェネツィアに最初の公開オペラ劇場「サン・カッシアーノ」が作られたのは、なんと1637年!(西洋音楽史の重要年号の1つ)。実質的な最初のオペラであるモンテヴェルディの《オルフェオ》がマントヴァで初演されたのは、1607年でした((143) オーケストラの起源参照)。そのわずか30年後に、庶民にも解放されたなんて!

フィレンツェのアカデミー「カメラータ」の人々が、古代ギリシア劇を復興しようとして誕生させたオペラ((28) バロック時代はなぜ1750年までか?参照)。《オルフェオ》以来、富と権力を示したい王侯貴族たちに保護され、イタリア諸都市のみならずヨーロッパの他の国々にも広がりました。贅沢でプライヴェートな「セレブの愉しみ」だったオペラが、これほど早い時期に庶民に公開されたのはなぜでしょう?

ヴェネツィアは、地中海貿易で富を蓄えた商人たちの国。彼らは財力で王侯貴族の楽しみを手に入れただけではなく、それを使ってさらにお金を得ようと考えました。商業的なオペラ劇場の運営です。庶民は平土間で立見。座って楽しむならまわりをとり巻くボックス席ですが、入場料以外に権利金を払わなければなりませんでした。この権利金だけで、劇場の建設費を賄うことができたのです。サン・カッシアーノ劇場に続いて、17世紀末までにヴェネツィアには、10以上のオペラ劇場が建設されました。

ボックス席の奥には暖炉付きの控えの間があり、そこは食事やゲームだけではなく「政治上の話し合いや商取引が成り立つ大切な場所」。裕福な市民は複数の歌劇場にボックス席を持ち、「その権利を資産として子孫に伝え」ました。こうして、ヴェネツィアでは人口15,000人にひとつのオペラ劇場がゆきわたるほどになったのです1。庶民も楽しめる公開オペラ劇場の繁栄によって、オペラはその形を変えていくことになりますが、それについてはまた改めて。

来週から2月いっぱい、聖フィル♥コラムをお休みします。(249) 今と同じ?! 16世紀の楽譜で書いたヴァティカン図書館を初め、ローマのサンタ・チェチリア音楽院図書館、パリ国立図書館などに、16世紀の楽譜資料の調査に行くためです。みなさま、3週連続更新無しでも、聖フィル♥コラムを忘れないでくださいね。

  1. 服部幸三『西洋音楽史:バロック』音楽之友社、2001年、55ページ。

Comments closed