25. 11月 2015 · (261) 続・オーケストラの楽器配置(ロンドン、1840) はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , , ,

前回に引き続き、19世紀前半のロンドンのオーケストラ配置について。ベルギー出身の音楽評論家フェティス(François-Joseph Fétis, 1784〜1871)は、1829年にロンドンのフィルハーモニー協会オーケストラを聴き、パリのオーケストラ(パリ音楽院演奏協会や、コンセール・スピリテュエルなど)と異なる点を指摘しています1

    1. ひな壇が急。他の人たちのほとんど頭の上の位置で演奏する者も
    2. 指揮者が奏者ではなく聴衆のほうを向いている
    3. 全てのコントラバス奏者が最前列にいる。ただし、演奏する位置は他の楽器奏者よりも低い

1の高低差についてフェティスは、「自分の上や下で行われていることが、奏者にほとんど聴こえない」と批判。でも、3の「フランスの音楽家たちがきっとすごく驚く」であろうコントラバス配置は、「音響学の原理に反する」にもかかわらず、「思ったほど不快ではない」と認めています。理由は1と関連していて、おそらく後ろのヴァイオリン奏者たちがコントラバス奏者よりずっと高い位置で弾いているために、彼らの音がコントラバスの音に妨げられないからと分析しています。

コントラバス最前列の理由は、演奏の拠り所となる低音を目立たせるためでした2。指揮棒の普及とともに、良いアンサンブルを保つための低音重視の慣習は廃れていきます。コントラバスがステージ最前列を占めることもなくなり、前回 (260) 図1でご紹介したように、左右後方2か所に配置されることに。ただ、位置は完全には定まっていなかったようです。下の1843年のロンドンのオーケストラ((260) 図2を再掲)では、左端最前列に2台のコントラバスが見えます。

このオーケストラのイラスト、興味深いですね。歌い手がいなくても、指揮者は舞台の中央に位置していて、前にかなりの数の楽器奏者がいます。(141) どこを向いていたのか? 指揮者のお仕事図2のルイ・ジュリアンも、中央で指揮していました。ここが指揮しやすかったのでしょうか? それとも、1番手前に立つと何人もの奏者が聴衆から見えなくなるから?

フェティスの報告のように、指揮者はこちら=聴衆のほうを向いていますね。長い指揮棒を振っているので、指揮者の後ろ側の奏者がタイミングを合わせることは可能かも。でも、指揮者の手前でこちらを向いて座っている奏者はどうするの? 背中で指揮者の気配を感じる? 指揮者の鼻息に合わせる? 慣れないと(慣れても?!?)かなり難しそうですね。

図2:ロンドンのオーケストラ、1843年

ロンドンのオーケストラ、1843年

  1. Koury, Daniel J., Orchestral Performance Practices in the Nineteenth Century. Univ. of Rochester Press, 1988, p. 211 (source: Fétis, François-Joseph, Curiosités historiques de la musique, complément nécessaire de la musique mise à la portée de tout le monde, Paris, Janet et Cotelle, 1830, 186-88).
  2. Ibid., op.cit.

Comments closed