11. 11月 2015 · (259) フルートは横笛ではなかった!? はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , , ,

前回 (258) サルタレッロってどんな音楽?でご紹介した最初の動画、中世のサルタレッロ演奏の団体名は、Flauto dolce でした。フラウト・ドルチェ(イタリア語。直訳すると甘いフルート)が楽器名であることと、でもフルートではないことをご存じですか? フルートはイタリア語でフラウトですが、フラウトが必ずしも現在のフルートとは限りません。

フラウト、あるいは複数形でフラウティと書いてあったら、それは横笛ではなく縦笛。リコーダーです(動画でも、縦笛が活躍しています)。フラウト・ドルチェ、フラウト・ア・ベッコ(flauto a becco 筒口フルート)、フラウト・ディリット(flauto diritto まっすぐのフルート)などと記されることもありました。ドイツ語ではブロックフレーテ blockföte と言いますが、フレーテはフルート(フラウト)。歌口などをブロックのように取り外せる(中学校で吹いたアルト・リコーダーのような)縦笛という意味です1

リコーダーは英語ですね。record はラテン語の recordari に由来する動詞で「覚えている、思い出す」という意味。リコーダーは、中世の吟遊詩人(ミンストラル)のような(昔のことを)覚えている人や物語る人のことで、さらに意味を広げて彼らの楽器にも使われたと考えられます2。リコーダーが楽器として初めて記されたのは、1388年。後にイングランド王ヘンリー4世となるダービー伯の家計記録でした 3

リコーダーは、親指用の穴1つとそれ以外に(通常)7つの指穴を持つ木製楽器。中世に発明され(あるいはヨーロッパに持ち込まれ)、ルネサンス時代は最も一般的な楽器のひとつでした。バロック時代にも引き続き用いられ、バッハも多くのカンタータなどで使用しています。ブランデンブルク協奏曲第2番と第4番では、独奏楽器として活躍しますね。

それでは、横笛の場合はどうしたのか? およそ1735年ころまで、作曲家が横笛を意図するときは必ず、フラウトの後にトラヴェルソと書き加えていました4。traversoは「横の、斜めの」という意味。不自然な構え方(!!)をする楽器が必要なときは、それを明記したのですね。現在フルートと言えば横笛を指しますが、フルート(フラウト)のほとんどの歴史においては、横笛よりも縦笛のほうが支配的だったのです5

  1. 久保田慶一『音楽用語ものしり事典』アルテスパブリッシング、2010、129ページ。
  2. Lasocki, David, ‘Recorder,’ The Grove Dictionary of Music, 2nd ed., 21, Macmillan, 2001, p. 37.
  3. Ibid., p. 38.
  4. Lasocki, David, ‘Flauto,’ The Grove Dictionary of Music, 2nd ed., 8, Macmillan, 2001, p. 928.
  5. Brown, Howard Mayer, Jaap Frank, and Ardal Powell, ‘Flute,’ The Grove Dictionary of Music, 2nd ed., 9, Macmillan, 2001, p. 31.

Comments closed