12. 8月 2015 · (249) 今と同じ?! 16世紀の楽譜 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , , ,

申し訳ありませんが、来週と再来週の聖フィル♥コラム、お休みします。今年もリサーチ・トリップに行くためです。昨年は旅行中ボストンからコラム番外編をアップしましたが、今夏は研究に専念。大英図書館やロンドン大学図書館、フィレンツェ国立中央図書館、ボローニャ国際音楽図書館などで資料研究の予定です。いったい何しに行くのかという疑問にお答えすべく、今回は自分の研究について書きます。

私の専門は、16世紀イタリアの宗教曲。ペンネームとして名前をお借りしているパレストリーナご本人(c.1525〜94)ではなく、その後任としてローマ教皇庁の楽長を勤めたジョヴァンニ・アニムッチャ(c.1520〜71)という作曲家について、博士論文を書きました。ルターの宗教改革に対するカトリック側の改革を話し合ったトリエント公会議の最中や終了後にローマ教皇庁の音楽を司っていたのに、「公会議でポリフォニー音楽が廃止されそうになったとき《教皇マルチェルスのミサ曲》を書き、それを救った」と早くから神格化されたパレストリーナ(史実ではありません!)の影に隠されて、研究が著しく遅れています。私が現在進めているプロジェクトは、博士論文で現代譜にしたアニムッチャのミサ曲集の出版。

現代譜にしなければならない16世紀の楽譜とはどのようなものか? 譜例1は、アニムッチャのミサ曲集(ローマ、1567)の見開き2ページ。大きい四角は、歌詞〈キリエ〉のイニシャル K。4つあるのは、4声のミサ曲だから。左ページにソプラノ(上)とテノール、右ページにアルトとバスが印刷されています。弦楽四重奏の各パート譜を、一緒に印刷した感じでしょうか。ペトルッチが多声音楽の印刷に成功した((183) ペトルッチありがとう!参照)後も、楽譜は高価。聖歌隊員は、1冊の楽譜を囲んで歌いました。

譜例1:ジョヴァンニ・アニムッチャ作曲《ミサ・アヴェ・マリス・ステッラ》冒頭

譜例1:ジョヴァンニ・アニムッチャ《ミサ・アヴェ・マリス・ステッラ》のキリエ(ミサ曲集第1巻、ローマ、1567)

クリックで拡大してみてください。450年も前の楽譜なのに、音符や♭、拍子記号など、現在とほぼ同じ。ソプラノのト音記号、バスのヘ音記号(1段下に付いていますが)、残り2声のハ音記号も、形とはちょっと違いますが見当がつくでしょう。ただ、小節線が無い! パート別ですし、このままでは歌えません。

博士論文では、ファクシミリ版をもとに現代のスコアの形に直して分析。スコアは付録にしました。これを、合唱だけではなく学術研究にも使えるレヴェルで出版するには、ミサ曲集がどのようなものでどのように使われたか、現存する楽譜を調べる必要があります。小節線が無いのでミスプリントは致命的(そのパートだけ、最後までずれてしまいます)ですが、何らかの形で訂正が施されているかどうか。歌詞が書き換えられたり、省略された臨時記号が書き加えられていないか。ミサ曲集の紙の透かしも調べなければ。アニムッチャのオリジナル楽譜を直に見るのは初めてなので、ドキドキです。

幸いにも、資料研究のための研究費をいただくことができました。本当は、アニムッチャが勤めていたローマのヴァティカン図書館に現存する2冊を最初に調べたかったのですが、9月半ばまで2ヶ月夏期閉館! 今回はお預けです。仕事と図書館の都合を考えると8月末しかスケジュールが合わず、聖フィルの集中練習も欠席(すみません〜)。みなさま、2週連続更新無しでも、聖フィル♥コラムを忘れないでくださいね。

Comments closed