29. 7月 2015 · (247) 《運命の力》序曲に使われた旋律 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , , ,

《ニュルンベルクのマイスタージンガー》第1幕への前奏曲のように(234)、《運命の力》序曲にもオペラ本体から旋律が引用されています。序曲の前半で、フルート、オーボエ、クラリネットがユニゾンで奏する、悲しげな旋律がありますね(譜例1)。これは、第4幕のアルヴァーロとカルロの2重唱〈アルヴァーロ、隠れても無駄だ Invanno Alvaro〉の一部です。

譜例1:《運命の力》序曲 61小節〜

譜例1:《運命の力》序曲 61小節〜

インカ王国の末裔アルヴァーロ(テノール)は、カルロ(バリトン)の妹レオノーラ(ソプラノ)と駆け落ちしようとして、誤って彼らの父親カラトラーヴァ侯爵を殺してしまいます。無抵抗を示すために投げ捨てたピストルが、暴発したのです。逃げる間にアルヴァーロとレオノーラは離れ離れに。復讐のためアルヴァーロを執念深く捜すカルロは、修道僧になったアルヴァーロを見つけ、2人は決闘することに。

〈アルヴァーロ、隠れても無駄だ〉は、その決闘前に歌われます。でも、仇同士の歌にしてはずいぶん感傷的ですよね。不思議に思いませんか? どんな内容を歌っているのでしょう?

この2重唱は、とうとうアルヴァーロを見つけたことを喜ぶカルロの独白で始まります。僧侶姿のアルヴァーロが登場(下の動画の1:15)。「ドン・カルロ!」(1:31)と驚くアルヴァーロに、カルロは決闘のため、2本の剣のうちのどちらかを選べと歌います。後悔している、ここで罪を償っている、放っておいてくれと頼むアルヴァーロ(2:30)。臆病者と言われてかっとします(3:10)が、すぐに自分を押さえて「主よ、私を助けたまえ」と祈ります。序曲に引用されるのは、それに続く部分(3:35)。

挑発にのらず、「おお兄弟よ、慈悲を、慈悲を! O fratel, pietà, pietà!」と繰り返しますが、カルロは同じ旋律で、妹を棄てたとなじります(5:03)。それを否定し、レオノーラを愛していた、今も愛していると歌う部分は、長調に(5:36)。跪いて許しを乞うアルヴァーロの家名を傷付け、侮辱するカルロ。我慢に我慢を重ね、手に取ってしまった剣を投げ捨てて、立ち去るよう頼むアルヴァーロ(7:53。引用旋律が再登場)。でも、平手打ちされ(8:42)遂に決闘を受け、死へ赴こうと2人一緒に歌います。

《運命の力》最大の聴きどころ、聴かせどころ。緊迫したドラマティックな2重唱ですが、決闘を迫っているのはカルロだけ。アルヴェーロは避けようとしています。それに、序曲に使われるのは、決闘と直接関係がない歌詞につけられた旋律(アルヴァーロが許しを乞う部分や、カルロが妹を歌う部分)。このため、決闘前の2重唱ながら、争いや殺し合いから遠い性格の音楽になっているのです。

さて結末は? 決闘に勝ったのは、アルヴァーロ。瀕死のカルロは再会したレオノーラを刺し、彼女は〈先に天国に行っております Lieta poss’io precederti〉と歌って息を引き取ります。絶望したアルヴァーロが自殺し、主役3人全員が亡くなる初演のエンディング(ペテルブルク帝室歌劇場、1862)は悲惨過ぎると、再演時(ミラノ・スカラ座、1869)に改訂されたのでしたね。

Comments closed