22. 7月 2015 · (246) テューバのご先祖様その3、チンバッソ はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , ,

先日、聖フィル仲間に「セルパン((194) セルパンってどんな音?)、オフィクレイド((243) オフィクレイドってどんな音?)と来たら、次はチンバッソ? 10月の定演、《運命の力》だし」と聞かれました1。チンバッソって、ジュゼッペ・ヴェルディのオペラに使われている低音楽器ですよね。でも、名前しか知りません。どんな形!?  名前の由来は!? あわてて調べてみました。

図1:チンバッソ(コントラバス・ヴァルヴ・トロンボーン)

図1:チンバッソ(ヴァルヴ付きコントラバス・トロンボーン)

チンバッソはトロンボーン族の低音金管楽器(図1参照)。G. C. ペリッティ(1837〜1903)が、ヴェルディのリクエストに応じて1881年に作りました。B♭管で、正式名は「トロンボーネ・バッソ・ヴェルディ trombone basso Verdi」(実際はバスではなくコントラバス・トロンボーンですが)。ヴェルディは彼のオペラ26作品((245)《運命の力》は何番目? ヴェルディのオペラ参照)のうち、1881年以降の2作《オテッロ》(1887)と《ファルスタッフ》(1893)で、この楽器を使っています。

この後イタリアでは、ほとんど全てのオーケストラにチンバッソが急速に普及。1881年以前に作られた曲の低音パートも、この「トロンボーネ・バッソ・ヴェルディ」が使われるように。1920年代にイタリアでもバス・テューバが採用されますが、チンバッソは20世紀後半まで使われ続けました。

ここで、「ヴェルディのオペラって、最後の2作品以外にもチンバッソ・パートがあるのに??」と思った方、鋭い! それは別のチンバッソ。チンバッソという用語、19世紀イタリアで、複数の低音楽器を指していたのです。

図2:19世紀初めのチンバッソ

図2:19世紀初めのチンバッソ

図2は、19世紀初期にチンバッソと呼ばれていたイタリア特有の楽器。木製の、まっすぐなセルパンの一種。金属製の大きく広がったベルと、1〜4個のキーが付いています。チンバッソ cimbasso の名は corno in basso(低音の角笛、バス・ホルン)の省略形(c. in basso)に由来すると考えられ、simbasso、gimbasso などと綴られることもありました2。ミラノのスカラ座で、1816年にセルパンに代わって使われたとシュポーアが記しています。最初に使ったのはパガニーニ??(1816年のヴァイオリン協奏曲第1番)。ドニゼッティやベッリーニを含む多くのイタリア人作曲家が続きました。

図3:チンバッソ(ヴァルヴ付きオフィクレイド)

図3:チンバッソ(ヴァルヴ付きオフィクレイド)

木製チンバッソは1830年代半ばまで人気がありましたが、その後、この用語は金管の低音楽器を指すようになります。ヴェルディの初期作品のチンバッソは、おそらく図3のようなヴァルヴ付きオフィクレイド。チンバッソ第3世代(!?)の「トロンボーネ・バッソ・ヴェルディ」が発明される1881年は、まだまだ先ですから。

というわけで、チンバッソなんて言葉、初めて聞いた!という方は、イタリアの低音楽器の総称と覚えてくださいね。チンバッソをヴェルディが使った特殊なトロンボーンと考えておられた方は、実はトロンボーンだけではなかったことを押さえておいてください。チンバッソは、19世紀イタリアで、さまざまなリップリード(トランペットのように、唇の振動で音を出す)の低音楽器を指す用語でした。それにしても、テューバが普及するまでの歴史って本当に複雑ですね。

  1. takefmiuさん、ありがとうございました。
  2. Meucci, Renato, ‘Cimbasso,’ The New Grove Dictionary of Music, 2nd ed., 5, Macmillan, 2001, p. 858.

Comments closed