03. 6月 2015 · (239) opus, WoO, Hess:ベートーヴェンの作品番号 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , ,

ベートーヴェンが作曲した4つのトロンボーンのための《3つのエクヴァーレ WoO 30》をご紹介したら((238)「塔の音楽」)、「WoO って何?」「大文字 O と小文字 o の組み合わせはなぜ?」と質問されました。これはドイツ語で「作品番号の無い作品」を意味する Werke ohne Opuszahl の頭文字。英語なら work without opus number です。ドイツ語では、名詞を大文字で書き始めるのでしたね。これもついダブリュー・オー・オーと読みたくなりますが、ドイツ語ですからヴェー・オー・オー。

ベートーヴェンの作品番号で最も良く使われるのは、もちろん op.。 ラテン語で「作品」を意味する opus(オプス、英語読みするとオーパス)の省略形です。出版社が番号をつけるときに使われます。ですから出版順で、必ずしも作曲順ではありません。

ベートーヴェンは、「一貫性をもって作品番号を付けた最初の作曲家」1。主要な作品に自分で番号を付け、出版しました。いくつかの死後出版も含め、op. は138番(序曲《レオノーレ》第1番)まで。op. 1 の 3つのピアノ・トリオ(1795) のように複数の作品を含む番号もあるので、138番までで172曲分。

かなり多くの作品が出版されたベートーヴェンですが、未出版の作品もたくさん! この未出版=「opus 番号の無い作品」用の番号が、WoO 番号。ゲオルク・キンスキー(1882〜1951)が収集した資料をハンス・ハルム(1898〜1965)がまとめて出版した、いわゆるキンスキー=ハルムの『ベートーヴェン主題目録』(1955)で、WoO 1から205まで整理されました。この中には有名な《バガテル》イ短調 WoO 59も。えっ、そんな曲知らないって?! 別名《エリーゼのために》。ピアノ初心者あこがれのこの曲も、生前は出版されませんでした。

この opus と WoO の他に Hess 番号もあります。ヴィリー・ヘス(1906〜97)が1957年に『旧全集に含まれない作品目録』(1957)を出版。キンスキー=ハルムの WoO 番号1〜205と、その補遺 Anh. 1〜18(Anh. については (237) 参照のこと)とは別に、opus 番号の無い作品を整理。断片的な作品も含め、Hess 番号は1〜335まで。他に、疑わしい作品および偽作を収めた補遺が Hess A 1〜66。キンスキー=ハルムの WoO と重複するものは WoO 番号を使いますが、重複しないものは Hess 番号で示します。

opus、WoO、Hess、キンスキー=ハルムの補遺、ヘスの補遺。ベートーヴェンの作品番号、ややこし過ぎ!などと怒っている場合ではありません。目録化してくれた先人たちに感謝!です。

  1. 大村典子「作品番号」『音楽大事典2』平凡社、1982、967ページ。

Comments closed