13. 5月 2015 · (236) リサイタルは「暗唱会」だった! はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , ,

コンサートとリサイタル、いずれも演奏会のことですが、使い分けられていますね オーケストラやブラス・バンドによる演奏会は、コンサート。一方、ピアノ・リサイタルとか、ソプラノ・リサイタルのように、ソリスト1人(と伴奏者)の演奏会は、リサイタルです。複数の独奏者が合同で演奏会を開く場合は、ジョイント・リサイタル。最近では、デュオ・リサイタルという言葉も聞きますね。それぞれが独奏を披露するジョイント・リサイタルに対し、連弾や2重唱のような複数の奏者が一緒に演奏する曲が含まれる場合に、デュオ・リサイタルという言葉を使うことが多いように思います(どのようなタイトルにするかは、最終的には演奏者や企画者の判断ですが)。

(67) ミステリアス、リストで書いたように、リサイタルという言葉を初めて使ったのはリスト。1840年にロンドンで、彼1人による演奏会を2回開いたときです。当時、リサイタルという語は、音楽とは関係無い意味で使われていました。なんと、リサイタル=「公の場で、詩を暗唱すること」だったのです。そう言われてみれば、recital は recite + al で「recite すること」という意味。その recite は re(再び)+ cite(引用する)で、「聴衆などに詩・引用などを暗唱すること」という意味。リサイタル=「暗唱会」!

1840年にリストが他の音楽家とともに開いた演奏会も「彼のピアノフォルテのリサイタルの1つ」と呼ばれています1。つまり、リサイタルという言葉は(私たちが思い浮かべるような独演会を示すためというよりもむしろ)、楽譜を見ずに「暗譜で演奏する」ことを意図して使われた可能性があるのです。

余談ですが、演奏会と暗唱で思い出したのが、モンゴメリの小説『赤毛のアン』に出て来る音楽会。収益で校旗をつくるために学校の生徒が催した音楽会(第24章)のプログラムは、合唱が6つと独唱1つに、対話 dialogue と暗唱 recitation と活人画 tableau2。病院を援助するために、「近辺のアマチュアで出演できるものを全部かりだし」て催されたホテルの音楽会(第33章)のプログラムは、教会の聖歌隊員による2重唱、ヴァイオリン独奏、スコットランド民謡独唱、それと暗唱 to recite3。どちらの音楽会 concert にも音楽無しの出し物がたくさん含まれています。20世紀初頭のカナダでは、音楽を広く捉えて(暗唱を歌唱と近いものと考えて)いたのでしょうか。それとも単純に演奏家が少なかったためでしょうか。

  1. Weber, William, The Great Transformation of Musical Taste. Cambridge University Press, 2008, p. 160.
  2. 以下、日本語はモンゴメリ『赤毛のアン』村岡花子訳、新潮社文庫、1954年、英語は L. M. Montgomery, Anne of Green Gables, Bantam Books, 1976, originally published by L. C. Page & Company, Inc., 1908.
  3. 前掲書、379ページ。「暗誦」と書かれています。

Comments closed