22. 4月 2015 · (234) 《マイスタージンガー》のライトモティーフ (2) はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , , ,

ライトモティーフとは「オペラ、楽劇、標題音楽などにおいて、ある想念、人物、感情、事物などと結び付けて用いられる動機」1。前回 (233) はヴァーグナーの《マイスタージンガー》第1幕への前奏曲冒頭の「マイスタージンガーの動機」について説明しました。前奏曲にはこれ以外にも、オペラに使われるいろいろな動機(モティーフ)が登場します。

和音を連ねて上行する、シンプルで覚えやすいモティーフが、金管主体の「行進の動機」。主調ハ長調の主和音ドミソの響きを多用していて、「マイスタージンガーの動機」と性格が似ています。オペラ第3幕第5場で、マイスタージンガーたちが歌合戦の会場に次々と入って来るときの音楽がこれ。「マイスタージンガーの動機」も続き、これに合わせて主人公ハンス・ザックスが最後に入場します(下の動画で1:09くらいから。ザックスについては (220) を参照のこと)。前奏曲の短縮版という感じも。

前奏曲の中間部、テンポが遅くなってホ長調に転調すると「愛の動機」が登場。ファースト・ヴァイオリンが低音域で甘い旋律を奏でます。堂々としたハ長調の部分と、大きなコントラストを作っていますね。

この「愛の動機」の元の形は、一目惚れしたエーファを勝ち取るために歌合戦でヴァルターが歌う〈朝の光はバラ色に輝き〉の後半部分。歌合戦の優勝者が彼女と結婚できるのですが、騎士ヴァルターは歌の修業をしたことがありません。ザックスはヴァルターを励まし、彼の歌を A―A―B のバール形式に整えてやります。この歌は3拍子ですが、朗々と歌い上げられるB部分の旋律ラインは、前奏曲の「愛の動機」と同じ(下の動画では、2つ目のA部分が1:54〜、B部分は3:17〜。歌詞の日本語訳は註2を参照のこと)2

第1幕への前奏曲後半で、「マイスタージンガーの動機」がトロンボーン、ヴィオラとチェロの演奏で戻って来ます。引き続き、ファゴット、コントラバス、チューバによって低音域で演奏されますが、その上でヴァイオリン1、クラリネット1、ホルン1、チェロが奏しているのは「愛の動機」。そして、ヴィオラ、フルート、オーボエ、クラリネット2、ホルン2、3、4が奏しているのは、短い音価の音符による軽快な形に変えられた「行進の動機」。ライトモティーフの変形や対位法的な処理を伴う、前奏曲の聴き所です。

この後、弦の装飾音型とともに「行進の動機」が元の音価で奏され、最後は「マイスタージンガーの動機」で壮大に締めくくられる前奏曲。この前奏曲のエンディング部分は、オペラ全体のエンディングと呼応しています。マイスタージンガーになることを拒否するヴァルターにザックスがマイスターの重要性を説き、人々がザックスとドイツ芸術を讃えながら幕となるフィナーレ(動画の3:40〜)。幕が開く前に聴いた音楽がほぼそのまま、ハッピーエンドの歓呼の歌声の伴奏となるのです。

[お知らせ] 毎週水曜日に聖フィル♥コラムを更新していますが、来週4月29日(水・祝)は聖フィル第12回定期演奏会当日のため、コラム更新はお休みです。

  1. 「示導動機」『音楽大事典3』平凡社、1982年、1036ページ。
  2. 平尾力哉訳(The Metropolitan Opera のDVD字幕より)。この動画のみ演奏演出が異なります。

    朝の光はバラ色に輝き 花の香りは空に満ちる
    思いもよらぬ喜びに導かれ 私は花園に誘われた
    奇蹟の樹の 枝もたわわな木の実の下で
    熱い思いを叶えると 幸せな夢 見るように約束したのは
    こよなく美しい女性 エデンの園のエヴァ!

    たそがれゆく夕闇に包まれ 険しい道をたどる私に
    微笑みかけて誘うのは ささやく泉の清らかさ
    月桂樹の木陰で 星の光に照らされて
    やさしく清らかな様子で 泉の水を私に滴らせ
    うつつの夢を詩人にみせる こよなく気高い女性
    パルナソス山のミューズ!

    夢から覚めた詩人 その恵み深い日に
    夢にも見た楽園の 清く輝く神々しさ
    そこに至る明るい道を 示した泉の微笑み!
    私の選んだこの地の乙女の 世にも稀な愛らしさは
    尊くやさしく清らかな詩神ミューズとなって現れる
    勇をふるい求婚すれば さんさんと照る太陽の下
    歌の勝利で得たものこそ パルナソス山とエデンの園!

Comments closed