25. 3月 2015 · (230) ビゼーの大胆ハーモニー はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: ,

先日、カルメン組曲のご指導中に稲垣雅之先生が、「イ長調の曲が突然ハ長調になるから、当時の人は驚いたはず」という意味のことを言われました。えっ?!とあわてる私。言われてみると確かにハ長調ですが、違和感を持っていませんでした。そう、カルメン組曲第1の終曲〈トレアドール〉の話です。

オペラでは1番最初に演奏される、第1幕への前奏曲。「ちゃんちゃかちゃかちゃか ちゃんちゃかちゃかちゃか ちゃんちゃかちゃちゃか ちゃー」というにぎやかな4小節フレーズが3回繰り返され、4回目も前半は同じですが「ちゃんちゃかちゃちゃか ちゃーちゃん」と終わる冒頭部分(どこが違うかわかるよう、下線を引いておきました)。ファ・ド・ソに♯が付いたイ長調の曲なのに、13、14小節では、1拍目と2拍目の低音がナチュラルのドソドソ(譜例1参照)。ハ長調の1度(=トニック)ド・ミ・ソが響きます。

ハ長調とイ調なら、両方とも♯も♭も付かない平行調で、近い調(近親調。(77) 近い調、遠い調参照)。でも、イ調とハ長調は♯3つの調と調号無しの調ですから、かなり遠い関係。何事も無かったようにすぐイ長調に戻るとはいえ、この2小節でえっ?!と思うべきなのに。聴き慣れてしまって異質さを感じません。

この「ちゃんちゃか」部分には、実はもう1つ大胆な和声進行があります。「ちゃんちゃか」のうち、1回目と3回目(9小節目〜)は主調のイ長調。2回目(5小節目〜)は下属調のニ長調。イ長調とニ長調は、♯が3つと2つの近い関係ですが、4小節目後半のミ・ソ♯・シの和音が、次の5小節目でレ・ファ♯・ラになるのが問題。ミ・ソ♯・シはイ長調の属和音(ドミナント)ですから、トニックに解決しなければなりません。ラ・ド♯・ミ(あるいは6度のファ♯・ラ・ド♯)に進むべきなのに、レ・ファ♯・ラに直行。

ビゼー:〈トレアドール〉冒頭

譜例1:ビゼー作曲〈トレアドール〉冒頭

ビゼーの大胆さには気づいていたつもりでした。ホセがカルメンを刺す場面で登場する「運命の動機」で、ド♯ーシ♭の増音程(歌いにくいので、通常は避ける)を使ったり、〈ジプシーの踊り〉冒頭で、3和音を下にずらしていくハーモニーを使ったりしていますから。でも、聴き慣れた部分にも「普通はやらない」とか「本来やってはいけない」処理が見つかるのです。《カルメン》世界初演について書かれた「おそらく独創性を目指し過ぎて、時には奇妙さに近づいてしまっている。半音の変化が多すぎて、現代派の大胆さに慣れた耳ですら混乱する」という批評は当然でしょうね1

  1. Victorin Jonçières, La liberté (June 8), New York Opera Project: Carmen, Critical Reception (http://www.columbia.edu/itc/music/opera/carmen/reception.html)より。

Comments closed