04. 2月 2015 · (223) 何が特別? ミサ・ソレムニス はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , , ,

ベートーヴェンの代表作のひとつ、ミサ・ソレムニス ニ長調 op. 123。「荘厳ミサ曲」と訳されることが多いですね。なんだか偉そうな(!?)タイトルですが、いったい何のことでしょう? ベルリオーズ(1824)やブルックナー(1854)も作曲しています。

現在、ミサ・ソレムニスという用語は、聖書朗読以外の全ての部分を歌うミサ典礼を指します1。でも以前は、司祭1人による通常の形と異なる、司祭以外に複数の助祭が奉仕する大きなミサ、盛儀ミサを指しました(昨年12月、横浜の聖光学院で行われた新校舎竣工記念式典は、この形態だったそうですね)。そのため、音楽用語としてはベートーヴェンのミサ・ソレのような、大規模で厳かなミサ曲に使われます。

ローマ・カトリック教会のミサ(プロテスタントでは聖餐式と呼びます)は、主日(=日曜日)や一定の祝祭日、婚儀や葬儀に行われます。ミサの式次第は、慣れない者にはかなり複雑。聖書朗読(使徒書簡と福音書)のような聞く部分だけではなく、式文を一緒に唱えたり歌ったりする部分がたくさんあります。季節や祝祭日によって変わる式文がミサ固有文、変わらない式文がミサ通常文。

ミサ曲は、その1年中変わらないミサ通常文の中の、歌われる部分を作曲したもの。キリエ(あわれみの賛歌)、グローリア(栄光の賛歌)、クレド(信仰宣言)、サンクトゥス(感謝の賛歌)、アニュス・デイ(平和の賛歌)の5部分から成ります。歌詞はラテン語ですが、キリエは例外的にギリシア語。

キリエ、グローリア、クレド、サンクトゥス、アニュス・デイなら、バッハのロ短調ミサ曲と同じ!と気づいた方、そのとおり。タイトルにはありませんが、実際はミサ・ソレムニスです。ハイドンやモーツァルト、シューベルトもミサ・ソレムニスを作っていますし、ブルックナーがただの(?!)ミサと名付けた3大ミサ曲も、実はミサ・ソレムニス。

教会用か演奏会用かは、関係ありません。ベートーヴェンのミサ・ソレも、当初は盛儀ミサのための実用音楽として構想されました。パトロンであるルドルフ大公が、1819年4月24日に枢機卿に。さらに、モラヴィアのオルミュッツ大司教になる就任式が、翌年3月9日と決定。ベートーヴェンは大公宛の1819年6月初旬の手紙に、「殿下の式典に際し、私の作曲する盛儀ミサ曲の演奏が許されますならば、その日こそ私の生涯でこの上なき最良の日となりましょう」と書いています2。残念ながら就任式には全く間に合わず、キリエ、クレド、アニュス・デイの3章がウィーン初演されたのは、5年後の《第九》初演の演奏会でした。

  1. ‘Missa solemnis,’ The New Grove Dictionary of Music, 2nd ed., vol. 16, Macmillan, 2001, p. 760 (unsigned).
  2. 平野昭「ミサ・ソレムニス」『ベートーヴェン事典』東京書籍、1999、477ページ。

Comments closed